コーヒープリンス1号店 第6話

6杯目 【気になる存在】
画像
☆感想とあらすじ(ネタバレです)☆
慣れないヒールでコケてしまったウンチャンをナイスキャッチしたハンソンは、お姫様抱っこの状態でお互いの顔が急接近!
ドキッと意識する二人だけど、ウンチャンがピースすると、いつものような二人に戻りました~。

絵の作者を紹介され、ハン・ユジュがハンギョルが思ってるユジュと同一人物と判明し、バレるんじゃないかと大焦りのウンチャン。
いつもと雰囲気の違うウンチャンに、コーヒープリンス1号店の男の子と気付ず、「かわいい子ね」とユジュ。

とりあえずトイレに逃げたウンチャン。
ドレスを着てていても、手拭きペーパーで腋汗を拭く豪快さ^^;
そこで聞こえた噂話で、ハンソンが言ってたBさん=ユジュだと分かり
「ブスが良かったのにーー」とちょっとジェラシーのウンチャン。
手を繋いでるハンソンとユジュを、「ホントにお似合い」とジーっと見てるウンチャンの真横を通り過ぎたハンギョル。
気付かれなかった事をいい事に、陰から様子を伺うウンチャン。
ユジュの絵を切なく見つめるハンギョルの姿に、
「イトコ同志で取り合ってる?」と複雑そう。

隠れてるウンチャンを、「絶対にバレないって」と連れて行き
ハンギョルに紹介するハンソン。
俯くウンチャンに、本当に気付かないハンギョル。
ハンソンに代わって「出会って二ヶ月の彼女だって」と言うユジュは、
すっかり本命彼女の余裕ってカンジ。
それはハンギョルにもヒシヒシと感じた様子で、
「仲直りした?俺は和解調停係じゃない。頼むから仲良くやって」と、
平気なフリをして帰ったのでした。
そんなハンギョルが、痛々しく感じるウンチャン。

送ると言うハンソンを断り、パーティ会場を後にし、
「何でノコノコ着いて来ちゃったんだろ」と自己嫌悪のウンチャン。
ハンギョルとバッタリ会った事で気を悪くしたと思って謝り、
「やっぱり送る」と言うハンソンに、「待ってますよ」と無理して笑うウンチャン。
ユジュオンリーなハンソンを見せつけられて、悲しいのよね。。。
一人で帰ってしまったウンチャンに、どこか寂しそうなハンソン。

慣れないヒールを脱いで歩き、ゴミステーションからサンダルを見つけ、
ドレス姿にサンダルのいでたちで、バス停に立つウンチャン。
その前を車で通り過ぎたけど、気付かないハンギョル。
「A君、Bさん…入り込む余地なんてない」とバスの中で嗚咽するウンチャン。
女の子っぽい格好をして付き合って、まるでピエロ…の気分だよね。。。

絵が売れるのは、嬉しいけど寂しいと言うユジュに、
「スポンサーのDKは?」と、前の彼氏を持ち出すハンソン。
まあ、今の二人はそんな話も笑い話でラブラブだけど~。
「お前の作品を海みたいだって」とか、プレゼントされたと言う新しいゴム手袋の事を楽しそうにウンチャンの話をするハンソンに、少し嫉妬っぽいユジュ。
でも「私ってズルい。結婚はしてもいいと思っても、損得を考えてしまう」と、なぜか結婚には自分から釘を刺すのでした。

高い棚にあるポットを取ろうと手を伸ばすウンチャンの後ろから、
ヒョイと取ってくれるハンギョル。
「髪、洗っておげば良かった」とウンチャン。その気持ちわかる~。
ウンチャンの困った顔を見るのが面白いと、
店の観葉植物をあっちやこっちへ移動させるハンギョル。
営業中も、何かとウンチャンを気にしてるようで、
男だって思っていながらも、何だか惹かれる存在になりつつあるみたい。

あのパーティ以来、家の前で待ってたけど会えなくて、
わざわざウンチャンの家まで来てくれたハンソン。
顔を見るのが辛そうで、会えなかったのは配達の時間が変わったからで、その配達も辞めると言い、「モップちゃんに会えなくなって寂しい」と言うウンチャン。
「僕は?」とハンソン。
「電話すれば会えます。おねえさんが嫌がりますか?」とウンチャン。
「あの日、ハンギョルが来て嫌な思いをしたろ?
一人で帰らせてしまって。ごめんな」
ハンソンの優しい言葉に涙がこぼれ、「違うんです。好きだから。
でも大丈夫、おねえさんは綺麗でカッコイイから諦めます」とウンチャン。
ウンチャンの突然の告白に驚きながらも、
いつものように“おにいさん”の笑顔を向けるハンソン。

疲れてフラフラのままバイクを運転して、車と追突してしまったウンチャン。
そんな様子を店から見て、血相変えて飛んできて、
「そんな気持ちなら二度と運転するな!」と怒鳴るハンギョル。
ハリムの言うように心配から出た言葉なんだろうけど、
頭ごなしに叱られた!とカッカするウンチャン。
そこにハンソンから電話が入ると、ムッとしてた気持ちも明るくなって、
「運動神経がいいから避けた」と楽しそうに説明~。
ハンソンの方も、ウンチャンと話すのが楽しそうで、
途中でユジュから電話が入ると「話し中だから」と保留で待たせたまま。
待ってる方って、すごーく長く感じるのよねぇ、
ハンソンの迎えを待たずに、タクシーで帰ったユジュ。

誰を探してるのか不明だけど、人捜しをしてるソンギ。
どうも、その為にわざわざ日本から来たらしい?

食事中、吐き気がこみ上げるハンギョル祖母に、
病院へ行くように勧めるハンギョル父。
祖母は息子であるハンギョル父にも、末期のガンだと言ってないのね…。

コーヒープリンス1号店は、ネット効果もあって繁盛。
イマイチわかってなかったけど、HPのあらすじによると、
---ウンセがコーヒープリンスたちの様子を撮影(そういやそういうシーンがあった)、ネットへ流すと、イケメン揃いの店はたちまち女性客で大にぎわいに---と。
オープンから一ヶ月が経ち、プリンス達に給料も支払えました。
自分の分はホン社長より少ないと言うハンギョル、
「従業員の為に自分の分は無しか」と、ちゃーんとわかってるホン社長。

ハンギョルはウンチャンの事を「穴が開くほど見つめてる」(ミニョプ談)らしいし、ハンギョルの方もホン社長から「好きなら好きって言え」って言われて、
意識しちゃってギクシャクしてる二人。
出かけるハンギョルに、行き先を聞いても素っ気無いし、
「いじめたり可愛がったり」と、いじけるウンチャン。

ハンギョルが出かけたのは、ユジュに映画に誘われたから。
「たまには友達と観るのも言いかと」と言うユジュに苦笑いと、
エレベーターで二人っきりになると、「一度抱き合いたい」とハンギョル。
その望みどおりに、ギュッと抱きしめてくれるユジュに、
ふわふわした気持ちになったようで、
「良かった。精神科に行かなくて済んだ」とホッとするハンギョル。
ウンチャンヘの気持ちを自覚してたのね~。
「私もありがとう。すべてに」とユジュ。
二人が見てる映画って、もしや『華麗なる休日?』 ←未確認。
スクリーンを見ていても、ウンチャンの事ばかり頭を過ぎるハンギョル。

そのウンチャンは、モップちゃんとハンソンとデート♪
ハンギョルの事を「多重人格みたいで見てられない」と言うウンチャンに、
「カ君はナさんが好きなの?」とハンソン。
「他に好きな人がいます。ナさんはカ君を好きじゃなく、単なる上司。
ナさんは最近素敵な人を好きになった」とウンチャン。
自分の事だとわかってるから、ちょっとテレるハンソン。
目を輝かせて、コーヒーの話をするウンチャンを
「じゃあうちで飲もう」と誘ったハンソン。

汗だくウンチャンにシャワーを勧めて、庭で待ってたハンソン。
するとそこにユジュが現れ、突然の来訪に慌ててると、
「着替えありますか?」とバスタオルを巻いた状態のウンチャンがーー。

借りた服じゃなくて、自分の服で帰ると言うウンチャンに、
「私の置いてあった服があるでしょ」と恋人発言のユジュ。
と言っても敵対心満々ってワケじゃなく、カワイイ妹を見てる感じ。
複雑な事情があって社長には黙ってて欲しいと頼むウンチャン。
おねえさんって呼んでも?と聞くと、快くOKしてくれたユジュ。
ウンチャンの自転車を運んだり、優しい笑顔を向けるハンソン。
「よく笑うわね。好きでしょ」と、嫉妬半分からかい半分のユジュ。

店で何かと用を言いつけるハンギョル。
その言葉の合間に、ケガした腕を見て「薬つけろ」って気遣いも~。
ハンギヨルの言い方に「そんな態度だとやる気が失せる」と、クセである前髪をフーっと吹く仕草をするウンチャン。
その表情は、自分に息を吹きかけた時と同じ…、
「止めろ」とムキになって怒るハンギョル。
ワザとにフーフーとするウンチャンに、
とうとう耐え切れずに腕を引っ張って外へ連れて行くハンギョルに、
女とバレたかも…逃げようか…とドキドキのウンチャン。
「ウンチャン…、一度だけ抱きしめる。これはお前のせいだ」と言い
抱き寄せて、自分の心を確かめるハンギョル。
男相手にドキドキしてるのかも…って悩む姿は「花君」中津みたい~。
ハンギョルの行動に驚きながらも、目を瞑って背中を抱くウンチャン。

“抱きしめてはいけなかった
女だと言いたくなってしまうから…”
そっか・・・、こうなったらこうなったで悩みなのね。。。

「コーヒープリンス1号店」他の回はこちらです。

もっと知りたい!韓国TVドラマvol.23 (MOOK21)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年02月28日 11:59
pandaさん、アンニョン♪
そうそうウンチャンも皆も豪快!けどアジョシの驚き部屋とかはどうも慣れないみたいだわーー(笑)
ウンチャンが髪の毛洗えばよかった!のシーンあるでしょう?私、ふふふ夏の香りを思いだしていました(笑)
ハンギョルもようやく気持ちに気づいて、けど
まだナムジャだと思っているのよね?これからハンギョルがどう行動に出るか!だね♪
2008年03月01日 16:53
so-so♪。さんアンニョン♪

アジョシの二階の部屋、酷すぎるよーー。寝れなくてウうな垂れてたハリムの気持ちがわかるわ!ソンギはスヤスヤ寝てたけど~。繊細そうに見えて意外と神経太かったね。

ウンチャンが髪の毛を気にするシーンって、そっか「夏香」ね。前の髪を結うシーンもだけど、あのドラマへのオマージュ入ってるのかもね♪そうそう、ヨリを戻した翌朝、芝生の上でハンソンの足の上にユジュが足を乗せた時、ついダンスする?と思ったのでした。

男相手に…と思ってるハンギョルが可愛く見えて来ました~。抱きしめて納得したんだろうかね。かえって気持ちが高ぶったんじゃ?と心配になっちゃうわ。ウンチャンも片想いの相手が抱き占めてくれてるのに男のフリなんて辛いわね。

この記事へのトラックバック

  • コーヒープリンス1号店  5・6話(ノーカット)

    Excerpt: 韓国ドラマ コーヒープリンス1号店 1巻 ドラマ・フィルムコミック   うーん、あの衛生観念がどうもダメ、あのマスターのね!ソンギじゃないけど、「ありえねー」と私がぼやきたい(笑)なぜ.. Weblog: diary(徒然なるままに) racked: 2008-02-28 11:57