魔王 第1話

※オリジナルは全20話ですが、これは26話編修版です。
この回は、多分オリジナルの第1話途中まででしょう~。

第1話【真実は友達を自由にしない】
☆感想とあらすじ(ネタバレです)☆

12年前、、、
転がって来たバスケットボールを手にし、不思議な光景が脳裏に浮かび、
引き寄せられるように、廃車置き場に向かったヘイン(「雪の女王」ボラ子役、「ラブレター」ユリ子役)
さっきの光景より詳しい残像が蘇り、
そこには一人の男がナイフで刺されて死んでいたのでした。

---男子高校生たちの冷かすような笑い声の中、財布を抜き取る手。
ナイフを突きつけられ、怯える男子学生(中学生?高校生?)。
必死に近づくナイフの手を止めていたのだけど、
それを振り切って刺した、もう一人の学生。
(亡くなった子が怯えてた子と同じかどうか、私には見分けがつかない…^^;)
リュックの中からこぼれ落ちたのは、被害者の母親の好きなハッカ飴---
チョン・テフン”と書かれた名札は、刺した方なのか刺された方なのか?

ヘインがボールを拾った頃、
同じ制服を来た男子高校生が、「友達が死んだ」と怯えた声で警察に電話。
この人が刺して逃げた人なのか、見てた人なのかは不明。

12年後、大人になったソ・ヘイン(シン・ミナ)は、図書館の司書として働いていました。
人に触れたら残像が見える…という能力は、今でも健在で、
財布を無くし、「あの男が取った」と被害妄想な女に気付かれないように触れ、
本の隙間にあったのを見つけ出し、
「ちゃんと探さないと、無実の人を疑うことに」と笑顔でアドバイス。
このセリフは、意外とこのドラマを物語ってるのかも?

キム・スンギの控訴審の弁護を、自らかって出たオ・スンハ(チュ・ジフン)
「私を信じれば望みが叶うように尽くします」と笑顔のスンハに、
諦めムードから一転、すっかり信頼を寄せているスンギ。
面談が終わり「中学の頃、暴力を受けていたそうで?」と告げるスンハ。
そっかー、そういう人の弁護をしてるのね~と思いきや、踵を返したスンハの冷たい目・・・! 弁護を引き受けたのは企みのようです。

犯人を取り逃がして、すこすごと署に戻る途中の カン・オス(オム・テウン)
信号待ちで隣についたのは、スンハの車。
なぜだか、意味深な表情を浮かべるスンハ。

オスの兄ヒスは、父のホテルの後を継いで、現在社長。
その秘書ソクジンは、オスの同級生。
スンハが弁護するスンギの示談金を「望みどおりに出せ」と言うヒス。
弟の友人とはいえ、一体なぜそこまでしてあげるのかしら?
オスとソクジンの会話も、「スンギが示談になればいいな。俺達友達だろ?」とオス。「…そうだな。俺達は友達だ」と戸惑って答えるソクジン。うーむ…。

ソクジンは、ヒスの妻と不倫中。あらあら…(^_^;)

クォン弁護士(「チャングムの誓い」明の使者、「ホジュン」の村の老人、「パリの恋人」写真のテヨン父のイ・ドリョン)の元に、“審判”のタロットカードとナイフが宅配便で届き、
いつもしつこく電話してくるチョ・ドンソプでは?と思った様子。
そしてオスの元にも、クォン弁護士に届いたものと同じ物が届き、
同封の手紙には“真実は友達を自由にしない”と。

友人ジュヒ(「宮」チェギョンの友人)が経営するタロットカフェから、
ヘインの書いたカードが三組盗まれてしまう事件が。
お金でも、高価なものでもないカードがなぜ?

店のドアノブに触れて見たけど、何も見えなかったヘイン。
「だって何人も触れている」というけれど、見えない事に意味があるのかな?

その日、図書館でスンハと出会い、見覚えがあると感じたヘイン。
自分には記憶にないと笑い、自己紹介して握手の手を出すスンハ。
戸惑いながらも手に触れ、一瞬何かが見えて驚くヘイン。
スンハが見ていた本の題名は、「平気で嘘をつく人たち」
スンハはヘインの能力を知ってて、ワザと手を出したような?

スンハがスンギの弁護を引き受ける事に、気乗りしないチャ・グァンドゥ事務長(「復活」「ローズマリー」「おいしいプロポーズ」等のキム・ギュチョル)
なぜ?と言うスンハに、「因縁というか…私が警察に居た頃に扱った事件の証人でした。刑事という仕事が心底嫌になりました」と。
12年前の、ヘインが残像を見た事件?

「私を脅迫するとは…」とブツブツ言いながら、事務所に戻り、
ソファーに人がいたのに気付いても驚かなかったのに、
振り向いた男を見て、「何してる?どう入った?」と驚くクォン弁護士。
誰かがいる事は予想してたようだけど、彼ではなかったのね。
警察に電話しようとしたけど、はねつけられ、
着信音と共に、メールを受信したとメッセージが流れました。
「俺に頭を下げられないのか?謝れ」と迫ってくる男(後にチョ・ドンソプと判明)、後ずさりしながら、机にあったナイフを手にしたクォン弁護士。

同時刻、電話ボックスから出て来る人影…。
誰?スンハっぽいけど、それだと当たり前過ぎる気も。

クォン弁護士が殺されたとの報せで、現場に駆けつけたオスたち。
入り口ですれ違ったメガネの男は「復活」のアン秘書。
同じビルに勤務?事件に関係してるのかな?

フラフラと現場から去り、我に返って泣き出すチョ・ドンソプに、
「具合でも悪いのですか?」と声をかけるスンハ。

クォン弁護士とオスに同じカードが送られてるって事は、
犯人がクォン弁護士恨んでるチョ・ドンソプチョ・ドンソプだとしたら、
お前と関係があるはず」と言うチーム長(「復活」パク・サンチョルのチュ・ジンモ)
しかしオスには、全く聞き覚えのない名前なのでした。
なんで、クォン弁護士とオスの関係は?って疑わないのかな?

クォン弁護士とオスの一家とは家族同然で、更に、
「お前にとっては恩人だ」と言うオスの父(「冬ソナ」サンヒョクパパ他四季シリーズ、「プラハの恋人」ヨンフン父のチョン・ドンファン)
意味深だわ。。。
それにしてもオスの家って、すごい金持ちなのねーーー!
ドラマとは関係ないけど、どうもオム・テウンのイメージじゃなくって^^;

野菜と写真を届けに来てくれた兄貴分。
スンハの援助で農場のオーナーになったと感謝していて、
スンハの方も、慕ってる様子です。
前に彼の家に行った時、欲しがってた写真を持って来てくれたのに、
その写真を悲しい目でジッと見つめるスンハ。
「あれから12年か…と」と呟く兄貴分が、黄色いシャツの方みたいだけど、
隣のスンハがジッと見てる子は、12年前に刺された子じゃないし、誰?
スンハが見てた子は「復活」中学生のハウン、「ホジュン」子サンファのクァク・ジョンウク)

タロット等の宅配がクォン弁護士に届いたのは、4時頃、
オスには3時頃で、こちらが早いのは予告殺人だと気付いたオス。
しかし、いくら考えても、手紙の文面を読んでも、訳がわからず…。

「魔王」他の回はこちらです。

魔王 DVD-BOX 1
魔王 DVD-BOX 1

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

のり
2008年01月23日 20:52
panadaさんお久しぶりです~!!遅らばせながら「魔王」見始めました!!DVDで一気見の予定です。なかなか視聴作品がpandaさんとあわなくてコメント出来ずにいましたが、ニアミスでの「魔王」、楽しみにしています~。昨年は「ありがとうございます」「犬とオオカミの時間」「「雪の女王」「明朗少女成功記」「きつねちゃん何してるの」「乾パン先生とこんぺいとう」「チュモン」「1%の奇跡」「コーヒープリンス1号店」「銭の戦争」とあとは何本か映画を観ていました。今年も面白い作品に出会いたいなと思いつつ、同じ作品を見る機会があれば楽しいでしょうね!今年も宜しくお願い致します。PS・入り口ですれ違ったメガネの男は「復活」のアン秘書・・・さすがです!私、気がつきませんでした~。
2008年01月26日 00:44
のりさん、こんにちは~。
お久しぶりです&遅くなりましたが今年もヨロシク♪
中々視聴が合わないですよね。共通するものがあれば、またコメントしてくださいね。
アン秘書に会えて嬉しぃ~と思いつつ、殺人事件のビル前ですれ違い、わざわざ声を掛けるって一体(・・・?)と引っ掛かりました。
2008年02月20日 09:20
pandaさん、こんにちわ
pandaさんは「魔王」見終わられたんですね!
遅れましたが、よろしく~
12年前の事件がとても重要そうで、もう1回見直そうと思います。謎が多いですね
>誰かがいる事は予想してたようだけど、彼ではなかったのね。
クォン弁護士、そういえばそうですね!!さすが~
オスの家はかなりの資産家で オム・テウンのイメージじゃない、というのもうなづけました^^。
「復活」とつい比べてしまいますが、先が楽しみになってきました。切ない事が多そうですね。
cocoans
2008年02月20日 09:24
pandaさん、追加です
アン秘書でしたね!!もしかして?と思いましたが嬉しい~です^^
大分アン秘書と違いますね。
オムテウンとチュジフン、まさに対決!という感じで見ていてわくわくです。
2008年02月21日 12:07
cocoansさん、こんにちは~。
12年前の事件がキーとなってるけど一体誰が誰?って分かり辛いのでおさらいするのはいいかも。後の回で回想でチョコチョコ流れるので、そこでこの人が○○ねーーと判明して行きます。

クォン弁護士の動作、引っ掛かるよね?!人がいた時点で驚かないのは、約束をしてた相手がいたのかな?と思いました。
アン秘書の登場も、ここでわざわざオスに声を掛けるって意味深に感じます。
そんな感じでドラマは進んで行くので、私も毎回予想の嵐です。cocoansさんの予想も楽しみにしてますよ~。
オスことオム・テウンさんってどうも庶民的なイメージで、資産家って聞いてもピーンと来ないですよね~。同じく思ってくれて嬉しいわ♪
オム・テウンvsジフン君の対決、緊迫してて良いですよ~。cocoansさんはどっち派になるかしら?

この記事へのトラックバック