魔王 第6話

#6【審判を下すラッパの音を】

※注...オリジナルとは回の切れ間が違います。。。
このレビューはオリジナルの4話の後半辺りから5話途中まで。

☆感想とあらすじ(ネタバレです)☆
画像
ソラの誘拐はデシクが連れ去ったと思い、電話で責め立てるソラの母。
何のこっちゃ?という表情ながらも、
「カネを持って来い。俺はやると時はやる」と怒鳴って電話を切り、
足元に転がってた宅配便に気付いたデシク。
やっぱりデシクが…と思ったようで、怒りの拳を握りしめるソラの母。

チーム長に反対されたのに、ソン・ジュンピョの元へ強行突破に走るオス。
入れ違いに署にやって来て、外で泣いてるソラを見つ声をかけるグァンドゥ。
そこにチェ・ドンソプとの面会を終え、出て来たスンハが。
膝を折り優しい口調で話しかけると、安心して泣きやんでくれ、住所を言ってくれたソラ。
警察に届けた方が…というグァンドゥに、
「家まで送ってダメだったら届けます」とスンハ。

その頃、必死の形相で街中を走っていたソラの母。

やっぱり強行はマズイと止めるミス・ポリスことジェミン。
それでも行こうとするオスに、デシクから電話が入りました。
「これからスンギに会い話をつける」と言い、宅配の荷物をあけるデシク。
ソラが持ってたのに同じぬいぐるみ共に、タロットのカードが入ってました。
カードと思わず呟くデシク。問いただすと宅配で届いたと言うので
嫌な予感がして急いでデシク事務所に向かったオス。

魔界に迷い込んだドロシーをソラに見立てて“オズの魔法使い”の話をし、主題歌のオーバー・ザレインボーを聞かせるスンハ。
安心して眠ってしまったソラを優しく撫でていたのでした。
・・・この迷子もスンハの計画なのかな。

同じ頃、“正義”のカードから見えた残像を思い出し、
なぜ男が少女にぬいぐるみをあげたのか、引っ掛かるヘイン。
“地獄の門”の絵を、吸いつくように眺めていたヨンチョル。

オスが事務所に到着すると、喘息の発作で息が絶え絶えのデシクがーー。
事務所に入った瞬間、匂い(?)で顔をしかめるジェミン。
犯人は、何かアレルギーを引き起こす物質を充満させた?
(私は最初ぬいぐるみに仕込んだんじゃ?と想像しました^^;)
オスの呼ぶ声に僅かに反応し、そのままガクッと息が止まったデシク。
ぶつかった拍子に机からハラリと落ちた“正義”のカードが何とも。。。
病院に運び治療したものの、そのまま亡くなってしまいました。
私も喘息持ちなので、デシクの様子は見てて苦しかった…(>_<)
ホントに息が出来なくなるのよーーー。

逝ってしまった友の顔をそっと撫で、
「やっぱり俺にはお前しかいない」「金を回収したらおでんバーでもやる」と
足を洗おうとしてたデシクを思い出し、嗚咽するオス。

持っていた銃を道端に捨てるソラの母。
↑多分前回宅配で届いた物ね。何かを命じられたのかしら?

病院でデシクの治療が行われ、臨終した頃、
家の前で母の帰りを待ちながら、お話をしたり、ソラの歌を聞いていたスンハ。
真顔になった時は、まるでデシクが死んだと気付いてるように…見える。
ソラへプレゼントをあげると言って出したのは、“ハッカ飴”。。。

呆然とした足取りで戻って来て、ソラの姿に駆け寄る母。
しかし、ソラが持ってたぬいぐるみを見ると、なぜかハッとした顔に。
デシクの所にあったと知ってるのかしら?
また迷子になったら連絡してと名刺をくれた恩人のスンハ、
後ろ姿を見送りながらも、どこか警戒するような面持ちのソラの母。

デシクの死で冷静さを欠いてしまい、
すべてはソン・ジュンピョ記者が仕組んだ事とマンションに乗り込むオス。
「証拠がなければホシが有利になるだけ。
死んだ友人はどうなるの?」と止めるミンジェ。
少し冷静になり、どうしたら…と頭を抱えてると、帰宅したジュンピョが。
犯人を見る目で攻撃的に「今までどこに?」と聞くオス。
オスを止めるように間に入るミンジェ。彼女がいなかったら、大変だったかも。
飄々とした態度のジュンピョに、「必ず証拠を掴む」と凄んで帰るオス。
・・・でも彼は事件に関ってないと思うので、
ちょっと落ち着きなよーー思ってしまった…。


ソラを母に渡し、含み笑いを浮かべて帰路に着くスンハ。
ソラを連れ出した人は、金の催促に来た怖い男=デシクではなく、
ぬいぐるみをくれた優しいおじちゃんだと言うので、怪訝そうなソラの母。

もう一度じっくりと、デシクの事務所を捜索するオス。
空振り…と思いきや、ソファーの下から女物のボタンを発見しました。
届いたぬいぐるみから、ヘインが透視した女の子に結びついたオス。

夢にうなされて目覚めたヘイン。
正義のカード、審判を下すラッパの音を…の文字、
男子高校生の刺された瞬間、刺した高校生の他に3人の姿、
眩しい光の中、振り返った人は今のオス・・・。
ヘインは12年前に見えた残像とこの夢が一致するって、気付いてないのね。

外に出てみると、雨に濡れて立ちすくむオスがいました。
思い出すのは元気だった笑顔のデシク…。
そのまま帰ってしまうオスを追いかけ、傘を差しかけるヘイン。
哀しい表情のオスに、何があったのか聞くヘインに、何も語らないオス。
ヘインに会いたくて来たものの、事情を話せば泣き出しそう。。。
傘をくれたヘインの手に傘を返し、
泣きそうな笑顔を浮かべて走り去ったオス。

スンギの元(ソクジンのマンション)へ行き、事務所へ行ったか尋ねるオス。
「パトカーが止まってたから引き返した。あいつはいずれ捕まると思った」
その言葉にカッとなり、「本当に行ってないのか?」と掴みかかるオス。
興奮した様子に、一体どうしたと「?」なスンギとソクジンに、
部屋を出て行きがてら、「デシクが死んだ…」とやっとの思いで告げたオス。

デシクの死因は喘息で起動が圧迫され…と思われていたけど、
翌日、デシクの遺族が了承したので司法解剖に回すことに。
「殺しかどうか…」と気乗りしないチーム長に、
「部屋に入った時ガス臭かった。デシクの死に関連がある」とオス。

チェ・ドンソプとどう知りあったのか聞くグァンドゥに、
「何となく…偶然」と答え、なぜ聞くのか尋ねるスンハ。
「クォン弁護士の事件が気に掛かり…個人的な事です」とグァンドゥ。
余計に興味が沸きますと笑うスンハ。
その日、謝礼金を持って訪ねて来て、前に紹介したデシクが死んだ事を話し、
「まだ30にもなってないと言うのに」と言うスンギに、顔が強張るスンハ。
スンハが12年前の犠牲者の関係者ならば、
死んだ彼はそこまで生きてないんだ…と言ってるよう。

縁のある方」だから、葬儀に出るというスンハ。

図書館の外で肩を落としているオスを見て、元気づけようと、
「水仙が咲いたんですよ」と笑顔で話しかけるヘイン。
何の花か知らなかったと言い、
「ゆうべ友達が死んだんです。“正義”のカードが届いていて第二の殺人予告の被害者でした。犯人は俺と関りのある人です」と自分を責めるオス。
ヘインに現場にあったぬいぐるみを見せると、透視したものと同じたけど、
ソン・ジュンピョの顔写真には、見覚えがないと。
「刑事さんのせいじゃないです。
どんな理由でも命を奪うことは悪い事です」と励ますヘイン。
オスが12年前の刺した人物なら、この言葉はズシンと来たでしょう。。。
聞きながら目が真っ赤になっていたオス。

ようやくヘインが透視したサイトを発見したミンジェ。
ブログ開設者を調べた結果、それはソン・ジュンピョ記者でした。
・・・同じ編集部にいたヨンチョルが勝手にこの名で作った気が…。
そうだったら日本のドラマ「アンフェア」みたいね~。


ソン・ジュンピョの自宅を家宅捜索し、
監視カメラに映ってたカードキーを置いた男と同じ靴を発見。
事情聴取で、「あれは送られて来たもの。証拠品ならとっくに処分してる。
ブログも知らない。誰でも開設出来るだろう」と反論するソン・ジュンピョ。
「カン・ドンヒョン議員汚職疑惑の事で恨んでいて、他人を使って殺させた。
その後チョ・ドンソプ擁護の記事を書いた」と犯人と決め付けてるようなオス。
「議員本人かその息子を狙う」と挑発するように笑い、
怒ってくってかかるオスに「親父そっくり」とせせら笑うジュンピョ。

ブログの開設はネットカフェからだし、アリバイはバッチリだ、
宅配便を頼まれた人に写真を見せても、ジュンピョではないと言うし、
どうもシロに近くなって来たソン・ジュンピョ。
しかし、最初のクォン弁護士事件に動機があるし、
何よりヘインの見た残像に映りこんだアパートの元の家は、ジュンピョに関係あるから、引っ掛かるののでした。
「アパートの残像…」と言いかけて、ハッとするオス。
犯人はヘインの透視を知っていて、ワザと残像を植えつけたのでは…?と。
という事は犯人はヘインの能力を知っている人物・・・!
ヘインの透視で捜査が振り回されてるのかも?と危惧も生まれてきました。

「魔王」他の回はこちらです。

魔王 DVD-BOX 1
魔王 DVD-BOX 1

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

のり
2008年01月24日 14:12
やっと面白くなって来ました~。始めは登場人物の名前と顔がなかなか覚えられず、珍しく眠くなり作品だと思いつつ視聴していました。デジクは将来を語ったりするので、もしや死ぬのか?と思っていましたが、おでんバー発言で確信しちゃいました。ジフン君怖いですね~。こんな感じの人、よくいますよね。どうなっていくのか楽しみです~。
2008年01月26日 01:22
のりさん、
私も顔が覚えられなくて困りました。登場人物が多いドラマでも、知ってる顔がチラホラいれば馴染むのだけど、今回は知らない顔ばかりだし、印象に残らないし…でした。数回進んでようやくハマリましたよ。
デシクの死を暗示するシーン、結構ありましたね。それでも次の犠牲者とは気付きませんでした(>_<)
ジフン君は怖いのだけど、妙に似合ってますよね。この辺りでは誰かに感情移入するというより筋を追って見てました。もう少しするとある人にドップリと・・・でした。

この記事へのトラックバック