海神(ヘシン) 第47話

【避けられぬ戦争】
画像
清海に戻ったボゴを待っていたのは、陛下から兵を依頼されたことと、その陛下が多分キム・ミョンに殺されたと言う知らせでした。

ヨムジャンから、ボゴが自分の目の上のコブであるキム・ミョンを潰そうとしてると聞き、願ったり叶ったりのキム・ヤン。
複雑そうに頷くヨムジャン。

その夜、色々な思いを断ち切るように、武芸の稽古を励むヨムジャン。
そんな姿を見て、『ヨムジャンは大使に応えようとしてる』とスンジョンが言った事を思い出すけど、やっぱりどこか引っ掛かるようなチョンファ。

新羅第44代王となったキム・ミョンに、
「チャン・ボゴに邪魔されて、唐の皇室からの承認を得られなかった。
陛下は清海鎮を叩くべき。チャン・ボゴを殺すべき」とけしかけるジャミ夫人。
全くーー。チョン・サンギとの縁が切れたのは、
自分が早まって無理なお願いしたからからでしょうにーー


チュンダル曰く「本当の皇帝はジャミ夫人」と言うように、
大勢の貴族がジャミ夫人の屋敷に集まり、
清海鎮を潰すための戦略会議もジャミ夫人が仕切っているほど。
10万の官軍に対して、清海鎮の兵は1万ほど。
たとえ有利でも、向こうは武寧軍の元兵が多いから
侮らないようにとハッパをかける夫人。
武珍州を官軍の本陣に据え、ジャミ夫人の手の内の兵部令を都督につけ
戦闘準備を整えていたのでした。

官軍が南下して来ているのは、清海を潰すため。
長く考え込み、兵を出す事に決めたボゴ。
『平東軍』と書いた書をキム・ウジンに託して跪き、
「侍中様の軍です。侍中様が皇帝についてくだされば、
陛下の願いであった皇室の改革を成してくれると信じてます」とボゴ。
ムチャンもヨンも、必死にお願いし、
その気持ちに応えようと、皇都へ進撃すると決断したキム・ウジン。

謀らずも、キム・ヤンの思惑通りに進んで行くのが何とも。。。

ヨムジャンを呼び、「平東軍の副将にする」と告げるボゴ。
同席してたムチャンもヨンも同意の上で、
「引き受けてくれるか?」と聞くボゴに、しばしの間…、
そして「任務を全うする」と答えたヨムジャン。

ここまで自分を信頼してくれる友。でもここにいるのは恨みを晴らす為。
葛藤し考え込んでたヨムジャンを見て、話しかけるチョンファ。
「長年、大行首様を見てきましたが、
何を考えているのか、お気持ちがまたわかりません。
でも和解が真実であると信じてます。
私を不幸にするのが許せないとおっしゃいましたね。
私も大行首様を苦しめてしまいましたが、今は無事を祈ってます」
チョンファの言葉に涙ぐみ、やはり葛藤しているようなヨムジャン。
でもチョンファの言う通り、ヨムジャンには裏切らないで欲しいなぁ・・・。

官軍と戦うことに不安なチェリョンに、
「波を戻さねば新羅と清海鎮は水葬されてしまう。
お腹の子の為にも避けられない戦争だ。
必ず勝利するから心配しないでくれ」と抱きしめるボゴ。

官軍の先鋒に立つのは、ジャミ夫人の私兵たち。
テボンとミョンチョンに、万歩幢(マンポタン)と師子衿幢(サジャグンダン)の重要な指揮権を与えさせ、すっかり軍まで牛耳ってるジャミ夫人。
おまけに、武器を横流ししてる軍官の処罰を決めるのも、都督ではなく夫人。
しかも首を斬りさらし首って非情だしーー

一方、進撃を開始した平東軍。
しかし皇都へ道は塞がれていてそれを突破するために、
「正面からぶつかるのは危険。武珍州を占領すべき」と言うボゴ。
皇都とは逆方向だと反論するキム・ヤンに答えるボゴを遮り、
「その方が平東軍の戦闘力を倍増させられる。
もし、このまま進撃すれば清海鎮は孤立しして、補給が途絶えて自滅する。
武珍州を占領するという戦略は考えは正しい」と答えるヨムジャン。
イ・サド陣営での苦い敗北が、肥やしとなってるみたいです。

しかし、武珍州を探らせてみたけど、つけ入る隙がなさそうという報告。
それでも、「早期攻撃」を口にするキム・ヤンに、
「攻撃すれば莫大な損失を被ります」といい、戦術を述べるボゴ。
まず、キム・ウジン一行を達伐へ向かわせ敵の目をひきつけておき、
自分が武珍州を攻撃、キム・ヤンたちは武珍州外郭の師子衿幢(サジャグンダン)を攻撃。それが平東軍の損失を抑え、1万の兵で10万の兵に勝つ方法と。
キム・ウジンも、反論したキム・ヤンも納得し、従うことに。

これにまんまと引っ掛かり、達伐に向かったキム・ウジン一行を
平東軍の皇都進撃と思いこんだジャミ夫人&官軍。

師子衿幢(サジャグンダン)の兵が動いたと報告が来て、「ここは私が倒すから先鋒に行け。
お前はもうチャン・ボゴの部下だ」とヨムジャンに告げるキム・ヤン。
さっき自分じゃなくボゴに味方した事に、ムッと来た?

キム・ヤンの命令で戻って来たと言うヨムジャンに、不審そうなボゴやヨン。
この時は、キム・ヤンったら向こう側に着くわけじゃ?と心配でした

ボゴ、ヨムジャン、ヨン、ムチャンでの作戦会議。
ムチャンとヨンの意見に反して、「全面戦は避ける」と言うボゴ。
都督を生け捕りにして武装解除させようと、
そうすれば血を流さずに済むと考えたのでした。

武珍州治所への潜入は、ボゴ、ヨン、ムチャン、ヨムジャン、ペッキョンと、
また、腕の立つすごい人ばかり揃ったもんだわーー!
この5人の武芸シーンは、カッコイイし素晴らしいーーー

ボゴとヨムジャンの背中合わせっていう、いいシーンもありました。
この5人相手では治所の兵達も敵わず、あっさり都督を抑えたのでした。
投降すれば治所の者たちを助けると言われ、従った都督。

武珍州が陥落したと聞き、皇都進撃は囮だったとようやく気付き、
悔しさで、唇をかみ締めるジャミ夫人。

師子衿幢を武装解除し、本営に戻って来たキム・ヤン。
武珍州に無血入場した事を、「なかなかだ」と一応褒めていました。
そこに、「武珍州にジャミ夫人がいる」と報告が来て、
「必ず生け捕りにしろ」とヨムジャンに命じるキム・ヤン。
以前、命を助けてくれたジャミ夫人だけに、
気乗りしない様子ながら、従ったヨムジャン。

ジャミ夫人が屋敷から逃げようとした矢先に、ヨムジャンたちが突入、
夫人を守ろうと私兵達が挑んでくるけど、ヨムジャンたちの兵の方が上で、
とうとうチュンダル、チョンテ、ジャミ夫人に3人に・・・。
血のついた剣を向けられ、一瞬ヒビるジャミ夫人だけど、
殺さないと言うヨムジャンに、
「チャン・ボゴの下で何が得られる?私の下に来れば良い」と気高いまま。
「夫人には望みません。自分で手に入れます」と言い、
以前の借りを返すために、今回は逃がしたヨムジャン。
強がった態度から一転、ホッと胸を撫で下ろすジャミ夫人。

武珍州陥落に報せに怒り、ジャミ夫人に軍を一任し、
「奴らを制圧する方法を考えろ」と命じるキム・ミョン(皇帝陛下)。
一度、死に損なったジャミ夫人は、ここぞとばかりに知恵を発揮。
平東軍に皇都への道を開けさせておいて、
各地の軍を皇都近くの“達伐”に集結させ待ち構える作戦に。
更に清海から出る補給部隊を襲うようにと、校尉に命じたのでした。

ケガして戻って来たテボンとミョンチョンに、自分はジャミ夫人を最後まで守ったと威張りまくるチュンダル(大行首になったそう-_-;)だけど、
「生きていたか」と優しい言葉をかけてくれる校尉。←多分初めての笑顔?

キム・ウジンを慕って投降してくる軍も出て、
平東軍の層が厚くなり、武器も補給することが出来ました。
補給部隊が到着次第、皇都に攻撃を仕掛けようと考えていたのでした。

その補給部隊とはチョンファの商団で、自ら率いて行くと言うので、
スンジョン父子に任せろと心配するチャンギョムやチョ大人。
でも「大丈夫」と聞かず、きっと自分もボゴのお役に立ちたいのよね~。
「あの子は昔から一度言ったら聞かない」と笑っていたチャンギョムだけど、
笑ってる場合ではなかったのでしたーーー!

待ち伏せし、チョンファの商団に襲いかかる校尉たち。
護衛武士も着いてたけど、奇襲作戦に手も足も出ず、
応戦してたムジンも校尉に斬られてしまって、気を失ってしまい、
残りはチョンファただ一人・・・。

いつもながら逃げ足が早く難を逃れ、ボゴに知らせに来たスンジョン父。
自分は助かったものの、チョンファを置き去りにした後悔で、
「私を殺してくれ…」と泣いていたのでした。。。
襲われた場所を聞き、そこに向かったボゴたち。
そしてヨムジャンも、奇襲を受けてチョンファの生死が不明と聞き、
居ても立ってもいられなく、ボゴたちの後を追いかけたのでした。

あちこちチョンファの姿を探すけど、死体の山だけ・・・。
すると生きていたムジンが、チョンファが連れ去られたと告げたのでした。
何で守らなかった!とセリフはないけど、そんな顔のヨムジャン。

本営に戻り、チョンファの言葉を思い出すヨムジャン。
無事を祈ってます…。それは今、ヨムジャンがチョンファに伝えたい言葉。
そしてボゴも、チョンファの生死が心配で、落ち着きません。
襲った中に校尉がいたとムジンの言葉から、
多分ジャミ夫人のところでは?と言うヨン。

屋敷に連れて来られたチョンファの姿に、満足げに笑うジャミ夫人。
「なぜ気付かなかったのだろう。らチャン・ボゴ、ヨムジャン、キム・ウジン、お前を命より大切に思う者たちの胸をえぐる方法なのに。
一時は愛憎の思いだったけど、今は憎しみしかない」と言う夫人を
悲しい目で見つめ、「私は夫人への憐憫な気持ちが残っています。
夫人は哀れな方です」と言うチョンファ。
怒りの平手打ちをし、「誰に向かってそんな事を。
お前を使って復讐する」と叫ぶ夫人。
殴られても、怒鳴られてもひるむ事なく、黙って夫人を見据えるチョンファ。

前回に引き続き、ボゴとヨムジャンが一緒にいる事に、感激~。
でも、いつか裏切るんじゃ?という心配が心の底にあり、
どうも胸がサワサワ…ってなってしまいます。。。


「海神」-チャン・ボゴ-他の回はこちらです。

↓「海神」第1話のDVDが付録に↓
韓国プラチナMagazine Vol.11(DVD付) (AC MOOK)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック