韓国ドラマ『オーバー・ザ・レインボー』 第13話

画像話を立ち聞きし、ヒョクジュが自分の事をこれっぽっちも思ってないと知りショックで、家に帰ってからも落ち込んでるサンミ。
そんなところにレックスから電話が入り、「退屈だから俺を笑わせてくれ」と言われても、相手にする余裕はありません。

雑貨店の前を通ると、髪をかき上げてくれたヒョクジュを思い出し切ないサンミ。
わざわざサンミに会いに来て、「俺の電話を切ったな」と言うレックスだけど、
落ち込んでる様子に、何かあったと気づいたのでした。
話を聞き「ヒョクジュが正しい。
無理しても心は動かない」とハッキリ言うレックス。
「トカゲはいいな。シッポを捕まれると切って逃げて新しいシッポが生えてくる。
切る事が出来るかな…ヒョクジュを」と悲しそうなサンミ。
初めて見せるサンミの弱さに、驚くレックス。
惹かれているように見えるけど、新鮮に映っただけなのかまだわからず。

会社が大変で四枚目のアルバムに予算をかけれないし、
コーディネーターの一人・色々と面倒そうなサンをミリストラする言う社長に、
「トカゲって知ってます?もう一人辞めさせる人が」と自分も辞めると言うレックス。
契約や著作権を持ち出しても、権利は渡すと言うレックスに、
「うちでマネージメントした分の収入すべてもだ」と独立を認めない社長。
「覚えてますか?昔カーネーションをあげたこと。
色々ありましたが、僕にとって社長は父親がわりでした」とレックス。

カーネーションは覚えてないと答えた社長だったけど、
ちゃんと机の中にしまってありました。
“社長に感謝の気持ちを贈ります。キム・レオ”と手書きのリボンがついた花(手作りっぽい)を手にし、机に放りなげて頭を抱える社長。
レックスに厳しい反面、失いたくない気持ちが強いみたいで、
独立=裏切りって思っちゃったみたいです。

講師がいないからって、ふざけてレッスンをサボってるギャングスターに、
「そんなんで最高になれるのか?レックスを越えられるのか?
アイツは遊んでるようでも徹夜で練習していた」と呆れ
そしてレックスを越えられる者だけを残すと宣言した社長。

レックスが独立して活動したら、二重契約で訴えようと準備してる社長。
そうしながらも精神安定剤を飲み、前回のヒスのように不安定な感じ。
社長室に来て、「ヒスと付き合う事にしました。反対するならプライドを辞めます」と言うヒョクジュ。←こういう考えって勝手というか甘いというか…。
「そのせいで追い出した俺に報告で出来て嬉しいだろう」と嫌味を言いつつ、「好きにしろ」と以外な返事の社長。
レックスの独立に頭を割られた気分で、今は干渉する気にならないのでした。

サンミが最近顔を見せないのは、ヒョクジュの事を気にしてるからと気遣い、
ヒョクジュが忘れて行った携帯を届けるように託したマンギョン。
「ヒスを気にするな。当たって砕けろ」と励まされ、
ヒョクジュのいるバッティングセンターへ届けに行ったサンミだけど、
そこに居たのは、楽しくデートしてるヒョクジュとヒスがーー。
しかも「舞台は俺のもの」と叫ぶヒョクジュと答えるヒス、
初舞台の時、その言葉で励ましてくれたヒョクジュだったのに、
自分だけに向けられたんじゃなかったと、悲しくなってしまうサンミ。

バス停のベンチで泣きながら、
「ヒョクジュはヒスを好き。何泣いてるの。バカ」と涙を拭くサンミ。
一人で居たくなくて同居人・ソニョンに「一緒にいて」とお願いするけど、
デートに行くからと切られてしまい、益々悲しくなっちゃって・・・。
再び電話が鳴って、ソニョン?!と思って喜んで出ると、相手はレックス。
「私とチキン食べない?」と言いながら、ポロボロと涙がこぼれるサンミ。

驚いてすっ飛んできたレックスだけど、サンミの前ではクールに、
「更に状況は悪化したか?」とからかい口調。
・・・と思いきや真剣な顔になり、
「切り捨てろよ。俺と行こう。プライドを辞めたんだ。
あいつの事を忘れさせてやるよ」と言うレックス。
ヒョクジュの携帯を握りしめ考え込んでたサンミ。

デートの後、レッスン場にやって来たヒョクジュ。
やっぱりギャングスターで見込みあるのはヒョクジュだけ?
そこで待っていて(きっと来ると思ってたのね)衣装室に連れて行くサンミ。
手足が長すぎでコーディネーター泣かせと愚痴りながらも、
渋いスーツをヒョクジュに合わせ
「こういうのを着せてみたかった。ここにある洋服を良く見て、ダサいと言われないから」とアドバイスするサンミ。
それがお別れの言葉だったと気付かず、
「今日会えて嬉しかった。明日一緒にご飯を食べよう」と笑顔のヒョクジュ。
平気なフリしてたけど、ヒョクジュの後ろ姿に泣いていたサンミ。

翌日、レックスが退社し、サンミも着いて行ったと知ったヒョクジュ。
家の前で待ち、社長に言ってあげると言うけど(社長が聞くハズないでしょ)
「誤解しないで。私も幸せになりたいの。だからもう会わない」とサンミ。
迎えに来たレックスの車で行っちゃったサンミに、寂しそうなヒョクジュ。

一緒に独立しようと誘われても、
「ヒョン…(昔はこう呼んでたのかな?)」とすがるレックスにも、
「危ない橋は渡れない」と断り社長の意のままに動いてたチョン常務。
しかしレックスの独立後、「活動を始めたら二重契約と記事にして、致命傷を与える。そうすれば戻るしかないだろう」と言う社長に、とうとう切れてしまい、
「ナダル産業の株価を操作した証拠を持ってます。
レックスを解放してくれたら返します」と宣戦布告。
「情か?クールな奴と思ってたのに」と呆れる社長、
辞職願を突き付け、レックスの元に来てくれたチョン常務…いや、ここからは「サンヒョンさん」

「ここに来たのは投資」とクールなサンヒョン、
嬉しそうに笑い「ありがとう」とレックス。
照れ隠しで「もう寝ろ」と言うサンヒョンに、子供のように抱き着くレックス。
笑いながらもやめろって、往生際が悪いサンヒョンさん♪
契約金は少ないけど、サポートも万全だし
自由に音楽を作らせてくれる“ミュージックスター”と契約することに。

バックダンサーの売り言葉に乗ってしまい、
殴り合いの喧嘩をしてしまったギャングスター。
ヒョクジュ一人だけ社長に呼ばれ、残りのメンバーたちは反省の正座。
ネットに流れてしまったバックダンサー時代の映像を見せ、
「バックダンサーから歌手、もっと羽ばたく気は?」とソロを勧める社長。
この映像って社長が流したんじゃ(・・・?)と勘ぐり。
仲間と離れないと拒否するヒョクジュだけど、
「君の意見は要らない。
仲間たちに今度揉め事を起こしたら解散と言え」と社長。
それでも「仲間達と離れない」と言い残して出て行くヒョクジュ。

新しい曲は大人っぽいと褒めてくれるし、
衣装は…と一生懸命なサンミに、嬉しそうなレックス。
サンミがいない間に携帯に「元気?」とヒョクジュからメールが入り、
思わず削除してしまうレックス。
携帯に存してるある写真を見てみると、
「ヒョクジュの力」と書かれたツーショット写真がありちょっと嫉妬っぽい。

新しい衣装には、この写真のようなブローチをつけてと言い
似合わないと言うサンミにムッとして「もういい」といじけるレックス。
「ええやめよう。赤ん坊じゃあるまいし気まぐれね」とサンミ。
決してご機嫌取ったりしないところが、サンミの魅力なのかも。
そんな態度を取られると、レックスも正直にメールを消したと告げたのでした。
「勝手にみないで」と怒るサンミだけど、
「忘れると言っただろ。口先だけ強がってあいつの二の舞か?」と言われると図星で、それ以上責める事は出来ません。。。

ヒョクジュと父のテレビ出演を勝手に決めてしまったパク社長。
「ヒョクジュはダメだ」と反対した父だけど、
「息子なんだから協力すべき」と言われると心が動くのでした。
父から話を聞き、最初は「許可を得ないと」と躊躇したヒョクジュだけど
ガッカリする父の姿に、OKしたのでした。
やっぱり甘いわ…ヒョクジュ。ケーブルだからいいと思ったのかな。

ヒョクジュのCMの交渉をしていた社長。
「クールで反抗的なイメージにピッタリ」と、まとまりかけてたのに、
ヒョクジュと父が演歌を歌う姿がテレビで流れ、待ってがかかったのでした。

イライラした気持ちで彼らのレッスン場?に来ると、
呑気に寝てるギャングスターたちにまたイライラの社長。
CMがダメになった損害金一億をヒョクジュに払えと。
それを聞いて、怒鳴りまくる母。
ヒョクジュのギャラを見込んで、住んでる家を売り払って新しいマンションを買ったばかりで、借金も残ってるのに、一億の為に売らなければならないし、
どこで寝ればいいの?と当たる母に、申し訳なたそうな父。

でもCMは流れたわけじゃなかったようで、
一緒に食事をしたヒョクジュを気に入った様子のスポンサー。
あれ( ̄ー ̄?).....??アレ?? じゃあ一億ってヒョクジュをソロにする為の嘘?
それにケーブルだからテープは回収したって言うし。

再びパク社長から、ヒョクジュとの共演を持ち掛けられた父。
断ってたのに押し切られちゃって 
そのレストランのロビーでヒョクジュを待っていたのでした。
ヒョクジュ父、ダメねぇ…でも一億の為って思ったんだろうなぁ。。。

父に声をかけられても、
スポンサーと社長の手前、無視して通り過ぎたヒョクジュ。
ガッカリしながらも、これでいいんだ…って表情の父。
待ってる間、つらそうに後頭部を押さえていたのが気になるわーー。

「オーバー・ザ・レインボー」他の回はこちらです。

オーバー・ザ・レインボー DVD-BOX 9枚組
オーバー・ザ・レインボー DVD-BOX 9枚組

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック