ファンタスティックカップル 第4話

サブタイトル・・・「捨てないで」
↑このセリフがあの人から出るとは・・・。
☆感想とあらすじ(ネタバレです)☆
画像
煙に巻かれて出て来たアンナを、お姫様抱っこして連れ出したビリー。
チュルスの時のようにビリーの記憶が戻る?と思ったけど、咳をゴホゴホしてそれどころじゃなかったアンナ(それとも、こんな風に抱かれる事って一度も無かった?)
「生きてたのか?」と手を差し出したビリーなのに、咳をしたアンナにコン室長と共に「ギョッ!」(笑)

仕事に向かう途中、アンナから電話が来てたから寄ろうか?と言うドック。 
ドック、いい人ね~。

それなのに、「どうせジャージャー麺コール」と断るチョルス。
すると車から煙が見えて、あれ?火事?→俺の家ーー(*_*;と驚き。

煙の中を入って行き、甥っ子3人(クンソク・ジュンソク・ユンソク)を捜し回るチョルス。
「アニキーー」と外で泣き叫んでるドックに、
「おじちゃん、何泣いてるの?」と子供達の声が。
そう、ドックの母が連れて出てたのでした。
使用済みの殺虫剤を発見し、サンシルに怒りがこみあげるチョルス。
でもあなたが邪険にして教えなかったからよ~
消防車も到着し、火事じゃないから散水を止めようとしたけど遅かった・・・。
全身に水を浴びて「アンデーーーー」と叫ぶチョルス(笑)

その頃、アンナを病院へ取れて行こうとするビリーに、
「奥様の帰りをお望みで?」と悪魔のささやき…
…いや現実を見据えるように告げるコン室長。
記憶がないかからと言われても、即答出来ないビリー。
すると二人のネクタイをむんずと掴むアンナ。
これで過去の縛られてた苦々しい思い出が蘇って勝ってしまったのね。
置いて帰ってしまい、その夜は二人は深い関係…と想像が膨らむビリー。
ふと、それなのになぜ離婚を断ったのか?と疑問に思うと、
「奥様は遊びだから素性を隠した。
金もなく記憶もない、相変わらず性悪な奥様(すごい言い方だけど、当たってるだけに可笑しい)にチャンがゾッコンなのは確か」とすかさずフォローのコン室長。

消防署員に注意されて、頭を下げるチョルス。
そこに「何?このザマ」と、相変わらずの口調でノコノコと出てきたアンナ。

お腹から空いて冷凍餃子を見つけたアンナ。
この前子供達が食べてた…と思い出し、自分で焼いてみる事に。
オイオイ、出来るの?と思ったら案の定、フライパンに油を入れすぎるわ、ギョーザを投げ入れるわ、熱し過ぎるわで火がーーー
慌ててフライパンごと床に放り投げたアンナ(大事にならなくて良かったね^^;)
ショワー中(オ・ジホのサービスショット?)にアンナの悲鳴を聞いて出てきたチョルスが、それらを踏んでアチッ!
その拍子に腰のバスタオルがハラリ・・・(/ω\) ハジュカシィー・・・(/ω・\) チロ・・
一瞬凝視しながらも、何も見てないわ~って感じでソッポむくアンナ。
チョルスの方が恥かしがってたみたいで、
「なんであんな奴に?わざと仕組んだ?」と独り言。←ないない(・_・ 三・_・)

洗剤を一袋丸丸入れ(!)、たらいで洗濯してるアンナ、
慣れない上に手首をケガしてて痛い・・・。
ふと呑気に寝てるコッスンに目が行き「人間様が働いてるのに寝てる気?イヌのくせに!」と八つ当たり。蹴られて哀れなコッスン。←演技が上手い!
ただグルグルと回してるアンナを見かねて、足踏み方式を教えるチョルス。
「バンバン踏むんだ」と言われて、楽しそうにリズムに乗ってる二人。
すると足を滑らせて尻餅ついたチョルスに、大笑いのアンナ。
様子を伺って覗いてたビリーは、「アンナが笑ってる…」と呆然。。。
私も同じセリフが頭を過ぎったわ~。
きっと今までビリーに見せた事のない顔…かつて、アンナの為に開いたパーティで、「くだらない事にバカ笑い出来る人はいいわね」と嫌味を言ってたのに。
ショックを受けて肩を落として帰って行き、海で叫ぶビリー・・・。
それなのにコン室長には「チャンに謝礼を出したいくらい。
最初は女王の魅力に魅せられても、怖ろしい魔女と気付く」と。←強がり?

レストラン(映画「イルマーレ」の家のよう♪)で、
友人達に婚約者を紹介する為に待ってたユギョン。
でもずーーーっと待ってるのに来ないらしい。
(友人の一人・ヒョジョンは「波乱万丈ミスキム…」の撮影事務所の助手や「私の名前はキムサムスン」ジノンの見合い相手)

手首が痛いと言うアンナにキツイ事言いながらも、湿布貼るか?とチョルス。
お姫様のように(笑)ソファーにねそべり、手首を出して待ってたアンナ。
しかし湿布は材庫切れ それでも「働きもののお前の為に、高いのを買って来る」とチョルス
それなのに薬局で「一番安いヤツ」と。やっぱりね~
店の蛍光管を交換するのを湿布の代金という事で取り替えてると、
ユギュンの友人達がやって来て、「二度間も待たされたのに。ユギョンはまだ店に」と耳に入り、その郊外の店に向かったチョルス。

婚約者に電話しても繋がらず、涙ぐんでるユギョン。
そんな姿を影から見つめて、自分はしゃしゃり出ることはせず、
先輩(「天国への扉」福祉協会の人)のタクシーを呼んでくれたのでした。
てっきりチョルスが自分の車で送るかと思ったら、意外と見守りキャラなのね~。

友人から「背の高いガッチリした人に聞かれた」と電話が入り、
チョルスを捜しに店の外へ出たユギョン。
そこに普段は通らないタクシーが偶然いたので、
チョルスの気遣いに「バカね」と言いつつ、申し訳なさそうなユギョン。

チョルスが戻らないから、前に見つけたスプレー湿布を捜すアンナ。
すると女物の腕時計を見つけ、自分のだと思いつけてると、
帰って来て激怒してぶん取るチョルス。
でも女物=恋人の自分のものって思っちゃうでしょう、普通は・・・。

アンナの手首治療に病院へ行ったけど、保険証がないから治療費は高い!
「とんだ金食い虫」とブツブツ言うチョルスに臆することなく
「ジャージャー麺食べたい」とアンナ。
「引き取るんじゃなかった。このまま捨てようか…」と言いながら、
アンナがトイレを行ってる間に出て行くチョルス。

チョルスの名前を呼びながら、血相変えてアチコチ探し回るアンナ。
まるで捨てられた子供のよう・・・。
見つかったチョルスは、実は薬を買いに出ただけだったのだけど、
「あんたに捨てられたかと思った。最初の病院でもそうだった」と
怒鳴りながらも、何だか声が震えるアンナ。
迎えに行っただろと背中を向けたチョルスの服を掴み、
「思い出したのはあんたの顔だけ。あんたしか頼れない。
だから記憶が戻るまでは捨てないで」とすがる目のアンナ。
いつも文句ばっかりのチョルスも心にチクリだったみたい。。。
高飛車なアンナだけど、かなり心細いのよね。
それとも幼い日に両親を亡くした事が心の片隅に蘇ったのかな・・・?


帰りに市場で買い物してる間、気に入った服を欲しがるアンナ。
当然「金はない」と断り、残りの金をポケットにねじ込むチョルス。
帰ろうとした時に、「シンクを取り替えて欲しい」と言う客がいて、
アンナを待たせて仕事に向かったのだけど・・・
・・・が!あんなに大事そうにポッケに入れてた金を落としちゃった

それを拾って、ラッキーーーと服やら靴やら買いこんだアンナ。
「30万拾った」と笑顔のアンナに、
「拾った金はすぐ使うべき」と一緒に喜ぶチョルス。オイオイ、警察でしょ^^;
しかし、「車の横に黄色い封筒が。どこかのバカが落としたのね」と言うアンナに、そのバカが自分と気付き「すべて返品しろ!」とチョルス。
逃げながら買ったものを落としちゃうアンナ、拾いながら追いかけるチョルス。

なぜか見つからず、一旦家に帰ったらしいけど、
暗くなってからもう一度捜しに行くチョルス。
するとオバサンパーマヘアでうずくまってるアンナがーーー。
美容室にいたから見つからなかったのね~。
「人をこんなザマにして店を閉めるなんて」とアンナ。
「持ち主を捜さずネコババしたからバチ」とチョルス。
ドックの母にパーマを取ってもらい
「まあまあね。お礼を言うほどの腕前じゃない」とアンナ。
「悲しき恋歌」では美容師役だったドック母のイ・ミヨンなのにね~。
そう言われても怒らず「チョルスの為にパーマかけたのね」と女心に鋭いドック母。

その頃、チョル宅に事情を確かめに来てたコン室長。
「叔父さんはおばさんを捜しに」と聞くと「デートの口実」
「いつも喧嘩」と聞くと、「痴話喧嘩」と二人の親密さに結び付けてしまう室長(笑)
安心して帰ろうとした時、おばちゃんは一ヶ月で帰ると聞き大慌て!
渡米の飛行機に乗ってるビリーに、カムバックの電話をしたのでした。
それを聞き「アンナを取り戻す」と決意するビリー。

子供達のセリフ、「おばちゃんがいなくなったら寂しい。ずっといて欲しい」とは意外で結構好かれてるじゃない!と思ったのだけど後のチョルスのセリフでは、
「誰かがいるだけで楽しいんだ」と。
3年前に兄夫婦が事故で死んだから引き取ったと聞き、
「遺産目当て?」とアンナ。記憶が無くてもアンナにそういう過去が…。
「アニキは金に疎かったから何もない。だから俺が稼ぐ」とチョルス。
金にうるさいチョルスの意外な一面。
大変でしょ?と聞くアンナに「家族だから」とチョルス。
「私も家族だから迎えに来たの?」
「一緒に住んでるからな」
「チャン・チョルス、いいヤツね」と笑顔のアンナ。

拾った品は返品したと言ってたチョルスだったけど、
家に帰るとちゃーーーんとありました!嬉しくて笑顔のアンナ。
それでもお礼は言えず、庭で自転車を直してるチョルスの傍にいくのが精一杯。
子供の自転車をこげて「私、乗れる」と感激し、「車の運転できた?」とアンナ。
「もちろん、超過激にな」と答えるチョルス。
以前だとあの悪夢を思い返してたけど、今は苦笑いに変ってるわ。
自転車でよろけてしまったアンナを支えるチョルス。顔と顔が接近した状態で、
「好きだった理由が少しわかった気がする」と言うアンナ。
あらあら、恋人なんてウソなのに~。好きになりかけてるって事なのかしら?
その言葉に、ギョッのチョルス。

「ファンタスティックカップル」他の回はこちらです。

↓オ・ジホ、オ・ヨンス、キム・ヨンホ、 キム・イル 出演、
二度目のプロポーズ DVD-BOX2
二度目のプロポーズ DVD-BOX2

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年09月17日 16:31
pandaさん、遅くなりました。
ドン引きしていたファンカに参戦して、またpandaさんと同じドラマで楽しめますね!
犬の名前「コッスン」なのね。相関図で何のことだろう?と思ってたの(笑)

>「悲しき恋歌」では美容師役だったドック母のイ・ミヨンなのにね~。
ひえ~全然分からなかったわ~さすがpandaさん~

室長はアンナを怖がってるけど(笑)、ビリーには愛があるから私はちょっとビックリ(でもなんかうれしい)。ただアンナがチョルスに傾いていきそうで、先が気になるわ。


2007年09月18日 23:01
kbkbYさん、こんばんは♪
私も楽しいkbkbYさんと語れるのが嬉しいわ!
実は「バラ色…」も2話だけ見たけど、kbkbYさんと同様で微妙…。でも大泣きドラマと聞くと外せなくて^^;レビューを書いたらお邪魔しますね~。(←何だかノレないまま)

「ファンカ」のHP、ホントだ!「コッスン」って何じゃらほい?っと思っちゃうわね。でも手作り風のあったかい感じの人物相関図♪
私の持ってる雑誌には、コッスン、プリンセス、ソロモン(ご愁傷様…)がそれぞれのペットとして載ってて何だかおかしいです。

ビリーは好きで結婚しただけあって愛情があって私も何だか嬉しいです。でも一度捨ててしまった…というのがネックかな?と想像。
>アンナがチョルスに傾いていきそうで
私はてっきり、チョルスの方から…と想像してたので意外でした~。あのアンナがと思えば意外だけど面白いわね。

この記事へのトラックバック

  • ファンタスティック・カップル#4 07/08/31 Friday

    Excerpt: 22:00 BS-J 第4話「捨てないで」 アンナにドン引きしてしまい、1話からちゃんと見ていたにもかかわらず、これまでレビューが書けずにいました。。。やっとついていけそうになったかも(笑)これ.. Weblog: 韓流のたのしみ! racked: 2007-09-17 16:16