ファンタスティックカップル 第6話

サブタイトル・・・「マッコリとダンス」
画像
前回、ユギョンを抱きしめたチョルスだけど、「具合でも悪いのか?」と意外と鈍感^^;
ホントに具合が悪いのか、ただ送って欲しかったのか、フラ~っとするユギョンの肩を抱いて車に向かうチョルス。
そんな二人を見て「私を置き去りにしてどこへ行くのよ…」と寂しそうなアンナ。
↑こんな顔してたのに、つかつかと車に行き
「仕事はどうするの?急ぎの仕事でしょ?」とキツイ口調。
気まずい空気が流れる中、それでもユギョンを送ろうとするチョルス。
でも「一人で来たんだから、一人で帰れるでしょ」とアンナの言う事に同感!

その頃、コン室長と共に食事をしてたビリー。
「最近やつれてる」「お可愛そう」「純情なのね」と従業員の声を聞くと、
口に運んだ肉(←かなりデカイ)を止め、豆粒ほどの肉を口に入れるビリー(笑)
全然気に病んでなんかいないのに、みんなの期待に応えるのも大変ね~。
しかーし!トイレで大の方に入ってると、男性従業員の噂話が・・・。
「社長が戻ったのは、奥様を殺したから。犯人は現場へ戻るだろ?
やつれた原因は不安。奥様の大切なネコを売っぱらって愛情はなかった」
その言葉に、目と口を見開いて大焦りのビリー。
噂してた従業員が「誰も聞いてないよな?」と見回すと、足を隠して、
殺してないんだから堂々としてればいいのにねぇ

ペットショップで売られてたプリンセスに目が留まるアンナ。
記憶はなくても、何か感じたみたいね。
その猫を抱き上げるビリーを見て、「前に家に来た…」と思い出すアンナ。
大金を払って買い戻したビリーだけど、店から出た途端に逃げたプリンセス。
慌てて追いかけてると、「この子の名前?」と言う声がして振り向くと、
プリンセスを抱くアンナがいてビックリ仰天。
「可愛いわね」と撫でながらもプリンセスを返すアンナの姿に、
うっすらと涙ぐんでたようなビリー。
あんなに家族同然に可愛がってたプリンセスを忘れてるなんてね・・・。
「ネコは一度捨てられると永遠に帰って来ない」と言ってたアンナ。
アンナって猫顔だから、アンナも一度捨てたビリーの元には帰らないとか?

甥っ子たちの長兄ジュンソクが絵で賞を取り、大喜びの弟たちとチョルスとトック。
チョルスのバカでかい声に耳をふさぎながらも「大したことない」と言い、
文化館に展示されてるから、皆で行くと聞いても「私は行かない」とアンナ。
シーンとしてしまいガックリとするジュンソクたち。

しかし!ちゃーんとみんなと一緒に見に行ってくれたアンナ。
「実物も見てないのに!」とチヨルスの叫び声が届いたのかしら。
「三年生の作品と思えない」とうるさいチョルスに「お黙り!」と言い、
絵をジーーーっと鑑賞するアンナ。
そういやアンナ初登場シーンは、高級絵画のオークション、記憶が無くても見る目は残ってるようです。
「平凡よ。特別な天性などない」と言いながらも、
「正当な批判に落ち込んたら成長しない。構図とテクニックは劣るけど、
色彩と表現力は素晴らしい。見込みある」と褒めるアンナ。
しょげてしまってたジュンソクは、ニコッと嬉しそう (^ー^)

甥っ子の美術の先生・ヒョジョンの描いた絵を見て「小学生並み」と正直なトック。
「貧乏臭い人」と怒ってたヒョジョンだけど、
「トックおじさんの家には、牛が100頭いる金持ち」と末っ子グンソクの言葉に、目がキラリーンと輝いてトックに猛接近。どうやら玉の腰を狙ったみたい。
しかしグンソク君、実は3以上の数は数えられないのでした^^;

トイレにいたアンナの耳に「おばさんと結婚するの?」と聞く甥っ子と
「結婚は愛する人とするんだ」チョルスの会話が。
しかし、水の音でかき消され、肝心の部分は聞こえません。
「俺とおばちゃんは他人。家族じゃない」
「結婚しないんだね?」と話してたのだけど。。。

チョルスと女が一緒だったとヒョジョンから聞き、残念そうなユギュン。更に「彼から連絡は?結婚しないって脅かせば?」と言われ、笑いながらも胸がチクチク…。
二人が飲んでる似顔絵入りカップは「秋の童話」のパロディ?

ジャージャー麺を食べに行くと言うアンナに、「おいしそう」と3人の甥っ子。
無視して行こうとしたけど、振り返って「一緒に行く?」
大喜びで着いて行ったけど、子供に合わせず歩くのが早いアンナにヘトヘト。
「おばちゃん、待ってーー」と呼ばれ、
「短い足だこと。子供って面倒」と言いつつも、歩幅を小さくするアンナ

そこに現れたのは、ユギョン!
「一緒にピザ食べに行こう」と誘われ、
ジャージャー麺よりピザが好きだから大喜びで乗る3人。
アンナも誘うユギョンに「おごる筋合いはないはず」と行ってしまうアンナだけど、
「おじちゃんが家族は同じもの食べろって」「おばちゃんとは他人だって。家族じゃないから平気」と甥っ子の言葉が胸に突き刺さったのでした。

おばちゃんは働きに来てるだけと話す甥っ子に、首を傾げるユギョン。
そこに一緒に結婚準備の買い物する約束だったヒョジョンが来て、
「また今度ね」と3人の甥っ子を置いて行ってしまったユギョン。
↑ヒドイ人。ただアンナと甥っ子たちを離したかっただけみたいにも見えるわ。
結婚が白紙になったと言えない手前、こっちを優先するしかないのかな。


ガッカリして家に帰ると、家でジャージャー麺を食べてたアンナを見て、
「お姉ちゃんが裏切った。俺達もジャージャー麺食べる」と子供達。
「私の分よ。よくお聞き。ピザを選んだでしょう?逃がしたごちそうは戻らない。子供達、それが人生よ」とアンナ。厳しいようだけど正しいと思うわ。
それでも子供達には、目の前にあるジャージャー麺に生唾ゴックン、
キレイに無くなると、「お腹が空いたーー」と泣き出しちゃったのでした。

そこにタイミング悪く帰って来たチョルスは、意地悪したと思いこみ、
「子供相手に食い意地張って。本当に人格喪失だ。
俺に対してならいいけど、子供達にはやめろ」と説教。
「追い出す気?」と言うアンナに、「子供達に意地悪するからだ」とチョルス。
「意地悪なのは、帰る家のない人間に“追い出す”と脅すあんた。家族だなんて言わないで」とアンナ。「成り行きだ」と言っちゃうチョルス。
これはアンナが可哀想。。。
アンナはちゃんと子供達の弁当を作っていたのね。それを見て驚き、そして「おばちゃんが怒るのは当然」と言う子供達から成り行きを聞いて愕然。

アンナの事を捜してたくせして、顔を見ると「カンジャといたのか?花なんて持って」といつもの口調になっちゃうチョルス。
アンナとカンジャの会話って無かったのかしら?それともカット?
悪かった…って顔して「ジャージャー麺食べるか?」と言っても
「結構よ」と乗らないアンナ。
そんな二人を見かねたのかアンナを畑仕事に誘うトック母、
「サンシルには出来ない」と止めるチョルスだけど、
「追い出されないように稼がなきゃ」と着いて行くアンナ。

畑仕事が終わると、みんなでトック母特製“マッコリ”で乾杯。
「口に合わないものは飲まない」と突き返すアンナなのに、
次のシーンでは、グビーーーっと一気飲み。←口元に垂れてるよ~。随分と飲んで、酔っ払ってホッペが赤いアンナ。
チョルスの分まで指で混ぜて飲んで、いつもの調子が戻ったと思いきや、
「記憶がないからわからないけど、私を好きで一緒にいると思ってない。
帰る家もないから一緒にいるんでしょ?
あんたって結構いいヤツだから、帰る場所が見つかるまでは、
このままいいヤツでいて」としんみりと告げるアンナに、
チョルスも何か感じたようでした。

その頃、甥っ子たちにピザを届けに来たユギョンは、
チョルスとケンカしてアンナが家出したと聞き、ニンマリ。
しかし、いつまでもピザに手をつけてくれない子供達。
「後でみんなで食べるよ」家族は一緒に食べろって」「一緒に住めば家族。もう裏切らないよ」と口々にする子供達に、不安そう。

それにしても子供達、いい子たちだねーーー(゚ーÅ)

早速チョルスに電話するユギョン。でもチョルスはいなくて着メロが鳴ってるだけ。
その曲と電柱の灯を見ながら、記憶の彼方にあるパーティが蘇るアンナ。
シャンデリアの下で、誰か(ビリーだけどこの顔は思い出せないのね…)に手を取られ、美しいドレス姿で優雅にワルツを踊ってたアンナ。
あの時のドレス同じ緑色のスカートで、心に蘇るシーンと同じように踊ってるつもりだろうけど、酔っ払って足はフラフラ…。
止めようとしたチョルスを相手踊り、お辞儀までして顔をあげると、そこににいたパートナーの姿が記憶の中のビリーから目の前にいたチョルスに重なるアンナ。

帰り道、おぶってやると言っても「無礼な!」と振り払うアンナ。
横に歩いてるからだと言うけど、それなら横向きにさせればいいんじゃ?・・・と思ってたら、土手に落ちて大の字にーー。
その後もチョルスの手を借りずに歩いたのはいいけど、バス停のベンチをベットにして寝てしまい、「休憩して行こう。俺も疲れた」と地べたに座るチョルス。
寒い…と聞くと上着を掛けてやるし、寝返りで落ちそうになるとナイスキャッチして、その後は落ちないように背中で支えてたみたいだし、
何よりそんなサンシルを見て、穏やかに笑うチョルスなんて初めてなんじゃ?

「捨てないで…」と捨てられた猫のようだったアンナや、
さっきの帰る場所が見つかるまで…と言った事を思い出し、
アンナを元の場所へ帰してあげる事に決めたチョルス。←少し寂しそう。
そんな二人を見て、声もかけずに険しい顔で帰って行くユギュン。

朝起きると、なぜか居間の床で寝てたアンナ。
オイオイ、チョルスったらーーーと思ったら、
最初はベットに、次はソファーに、床に布団を敷いて…と気を遣ってくれたチョルスなのに、アンナったら3回ともゲロしちゃったのでした^^;

クルーザーの修理をした時に、電話番号を聞いたから、
アンナの家はすぐ見つかると思ってたチョルス。
しかーし!クルーザーは香港に極秘に処分し停泊記録も抹消させ、
通話記録もすべて消すようにコン室長に指示してたビリー。
よくわからなかったけど、チョルスが接触してくるのを避けたい様子。

・・・というわけで見つけることは出来ず、捜索願いも出ていなく、
「このまま記憶が戻らなければ、
一生面倒見るか、事実を話して追い出すか」と言うトック。

子供達からビザを誘われて、「二日酔いにピザは無理と」アンナ。
「でも一緒に食べようと我慢したんだよ」と言われると、
「じゃあ一切れだけ」と食べてくれたのでした。
そこに戻って来て、「ナ・サンシル。俺もお手あげ。本当に悪かった」とチョルス。

「ファンタスティックカップル」他の回はこちらです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年09月23日 19:17
pandaさん、こんにちは。遅くなりましてm(__)m
「秋の童話」のパロは気付かなかったわ~!
グンソク君が3以上の数を数えられないってのも忘れてた(爆)
ぶりっこユギョンを見るにつけ、凛とした(と見える)アンナのいさぎよい態度がなんだかうれしくなってくる。私もハマってきたみたいだわ(笑)
しかし、泥酔したアンナは横歩きしたり、不思議な生き物でしたわ。。。
2007年09月23日 21:58
pandaさん、こんばんわ
ユギョンの真意が分からないけど、復縁狙っている感じで。別れて早すぎだし、3ソクつきでもいいのでしょうか^^;
ほんと3ソクいい子達ですね。アンナも少し合わせてあげたりしてかなり進歩^^

ビリーもいいですね~怯えたり悲しんだり、忙しいわ。アンナと会った時の複雑そうな顔がまたいいです。
チョルスといい感じでいいんだけれど、そうするとビリーとは・・なんて考えたりして^^はまってきましたよ~
2007年09月25日 22:04
kbkbYさん、こんにちは♪
マグカップ、見逃しちゃったのね~残念。似顔絵っぽい絵が描いたので「秋?」と頭に浮かんだのよ~。

>ぶりっこユギョンを見るにつけ、凛とした(と見える)アンナのいさぎよい態度
そうそう、悪態だけど正直で結構好きなの。コメディだから許せるってのもあるけどね(笑)
ユギョンのタイプは、やっぱり多くの人が苦手って言ってるわね。

アンナの横歩きもそうだけど、あのダンスも「不思議な生き物」(←ナイスネーミング!)だったわ。横歩きのシーンは、「それなら横向ければいいじゃん?」とテレビに向かって言いたくなったよーー。
2007年09月25日 22:15
cocoansさん、こんにちは♪
ユギョンはチョルスに戻ろうと、3ソクから色々と聞き出してましたね。勝手だわーー。そもそも甥っ子を引き取った途端に離れたくせして、その甥っ子に優しい素振りしちゃって、ザワーーっとしてしまいました(;^_^A

3ソクはホントにいい子たち!最初からいい子ちゃんじゃなくて、子供っぽくピザに走り、ジャージャー麺欲しくて泣いたり、でも反省して「悪い」と認めて…と中々脚本が練られてるなぁ~と感心&ハマってます。アンナも変ってきましたよね♪

>チョルスといい感じでいいんだけれど、そうするとビリーとは・・なんて考えたりして
そうなのよね~。一応人妻だからどうなるのかしら?どちらと?又はどっちもダメ?と楽しみなので、元となった映画「潮風の…」はドラマが終わるまで我慢です!

ビリーって普通に考えると妻を捨てて悪い奴なのに憎めなくてあのキャラが好きです (^ー^) 「一度捨てた猫は…」の話のように、アンナはビリーの元には戻らないのかな?と予想。

この記事へのトラックバック

  • ファンタスティック・カップル#6 07/09/14 Friday

    Excerpt: 22:00 BS-J 第6話「マッコリとダンス」 6話も放送されていたんですよね。レビュー遅れ気味でチェソンハムニダ~ 例の灯台、無人島にあるということだけど、チョルスとユギョンの思い.. Weblog: 韓流のたのしみ! racked: 2007-09-23 18:44
  • 『ファンタスティック・カップル』第3~6話

    Excerpt: 韓国ドラマ『ファンタスティック・カップル』第3~6話「私が家事を?」「捨てないで」「島での一夜」「マッコリとダンス」4話もすっ飛ばし=でもとても面白くて些細なやり取りにも笑&泣(特にビリー&秘書カップ.. Weblog: cocoans☆韓流よりみち日記 racked: 2007-09-23 22:00