ファンタスティックカップル 第1話&第2話

#1「“天敵”との出会い」  #2「愛しの恋人よ!」
画像
ノコギリやら鈍器やらを車に積み「準備はいいか?」と、神妙な顔で他人の縄張りに乗り込むチョルス(オ・ジホ)とトック(キム・ジョンウク)
黒ずくめの格好、BGMも何だかそれっぽいけど、ただ銭湯の水周りの詰まりを直しに来ただけね~。
トックの名前は「ハ・ドック」思わず「雪の女王」ハン・ドックを思い出したわ。

南海(ナメ)で建築業を経営するチョルスと従業員のトック。
それだけでは食って行けず、こういう便利屋稼業もしてるのでした。
チョルスは3人の甥っ子(死んだ兄の子)と暮らしていて、
普段この子たちの面倒を見てるのはトックの母(「悲しき恋歌」ファジョン母、「バリでの出来事」イヌク母のイ・ミヨン)
「早く家政婦を見つけないと」と言われてるけど、お金もかかるし。。。

オークションで、高飛車な態度で絵画を競り落とすアンナ(ハン・イェスル)
「父の遺作なのに」と相手に文句を言われても、ひるむ事なく、
(さすがアメリカ育ち、英語が堪能♪)
最後には相手にわからないハングルで「ざまあみやがれ」とイヤーーな態度。
そのアンナが韓国へ向かい波乱が巻き起こるのでした。
飛行機の中(もちろんファーストクラス)でもワガママ放題言いたい放題のアンナ。
降りた途端、被害を被った人達が白い目で見てても気付かない平和なお方^^;
口癖は「…のザマは(コラジハゴヌン~)」

リゾート買収の為に韓国に来て三ヶ月、ワガママな妻から逃れて
ペット(金魚)のソロモンと共に羽を伸ばして平和を満喫してた夫のビリーは、
アンナが来ると電話が入りガックリ・・・。
宿泊してる南海(ナメ)のホテルは、ビリーが社長だけどアンナが所有。

仕事が終わり、トックに飲みに誘われたけど、
甥っ子が待ってるからと車を走らせるチョルス。
この映像は映画「サイコ」(ヒッチコックの他の作品?)であった気が。
その頃、自分で運転してホテルへ向かったものの迷ってしまったアンナ。
コン室長(「宮」チェギョンのジャージ姿を追いかけてた先生)に電話で聞いてもサッパりわからず、側溝に埋まってしまい、
雨の中立ち往生してると、親切に停まったチョルス。
ここで通り過ぎていればねぇ。。。

3万で直すと言うチョルスに、渋々金を渡したアンナ。
チョルスが埋まった車を出そうとしてる間、
アンナはチョルスの車で待つ事になったんだけど、他人の車だっていうのに、荷物を物色してると(←オイオイ)、手に真っ赤な血が!
もちろんこれはペンキなんだけど、後部座席にはノコギリと共にマネキンがあるし、すっかり「死体!血!」と思いこんでしまったアンナ。
雨と雷の中、黒カッパで手にはスコップを持ってるチョルスは、
ホラー映画に出てくる殺人鬼そのものだし~。
自分の服を持ってるアンナを見て、
さっきの仕事でもらった金を盗もうとしてる?と思い近づくチョルス。
でもアンナには自分を殺そうとしてるとしか思えず、
工具で応戦し、最後はチョルスの持ってたスコップで見事ヒット
(このスローの映像は、映画「マトリックス」のパロディらしい~)
金の入ったジャンパーを持って行かれて「俺の金…」とすがるチョルス。

翌日、コン室長がプリンセスのミルクを買いに行ってる間、車で待ってたアンナ。
「すごい高級車!」と見とれてたチョルスに文句を言って
「薄汚いザマ(コラジハゴヌン)」と呟くアンナに言葉に、
車のザマとグチってた夕べの女!と思い出したチョルス。
「オバサン、俺を覚えてるか?路上強盗め」と窓から顔を入れると
他人のフリ&焦って車を出すアンナ。
哀れなチョルスは顔が挟まったまま並走しアタフタ。

トックと一緒に追いかけるチョルスだけど、スピード違反のカメラには写されるわ、停まったアンナからは「証拠がない」と開き直られるし散々。
「ババを引いたと思え」と宥めるトック。
「ババ?!」とムッとするアンナ。そうよ!!あなたはババよ~

「フリンセス、驚いたでしょ?」と後部座席を見ると、いない
プリンセーース!と響き渡るアンナの声。
そのプリンセスは、ゴタゴタの間に窓から逃げて、
チョルスの車に乗り込んでたのだけど、50万ウォンで売ってしまってたチョルス。
まあアンナに損をさせられ、「あいつが撒いた種」と言われればそうだけど

でもアンナにとってプリンセスは家族。
自宅に乗り込んで来たアンナに、シラを切るチョルスだけど、
「1千万のネコよ」と言われ「50万だろ?」と言っちゃってバレバレ
さっきのを買い戻して、もっと高く売ろうと企んだチョルスだったけど、
家に入った隙にチョルス宅の・コッスンを持ち逃げしたアンナ。

海岸の細い防波堤の上で、プリンセスとコッスンの取り引きをし、
(これは韓国の携帯電話のCMのパロディらしい)
「金はいいから謝れ」とチョルス。もちろん聞きいれないアンナ。
「まあいい、二度と会わないだろう」と別れたのだけど・・・。

豪華クルーザーで、プリンセスと共に海を満喫してたアンナ。
そこにシャワーの修理に来たのがチョルス!
マニキュア&ペディキュアをして、カカトでロボット歩きしてたたアンナが、
プリンセスがぶつかってこぼしたオイルで滑って・・・。
私はここで落ちるのかと思ったわ。

プリンセスを捜してるとチョルスがいて、ビックリして引き返そうとするアンナ。
(こんな時でもペディキュアがはげないように歩いてて可笑しい~)
「イヌ泥棒」と言われ、「話しかけない約束でしょ!」と文句を言って振り返ると、濡れた床に足を滑らせて転びそうになったアンナ、
抱きかかえるような格好になったチョルス。(「宮」のダンスシーンみたい~)

そんなチョルスの目に飛び込んで来たのは、アンナの胸元。
「見ないで!」とどついたアンナだけど、かえって胸にチョルスの顔がーー(*_*;
チョルスが悪いわけでないのに、またトバッチリで蹴りの嵐・・・
尾行して来たと思い込んでたからなんだけど、
違うと言っても聞き耳持たず、シャワーの修理代を払うどころか「アンタの修理したのはイヤ。元に戻せ」ってワガママ。
これには怒って、「金があっても、友達も家族もいなくて孤独だろ」とチョルス。
まあ気持ちもわかるけど、実はアンナの傷口をえぐってしまったのでした。
「この性悪女。魔女」と止まらないチョルスにブチ切れて、
クルーザーから突き落としたアンナ。
おまけにチョルスの仕事道具までーーー ←これはヒドイ。
そしてチョルスを置いて、沖へ帰ってしまったのでした。 ←更にヒドイ。

ホテルへ戻ると、忙しいハズの夫・ビリーが宴会中。
いや、宴会ではなく自分の送別会だったのね。
ゴキゲンで歌って社員たちも和んでたのに、
アンナが来た途端、場が凍りついちゃったわーーー

今まで散々な目に遭わされた仕返しに、
アンナのグラスに下剤を入れた従業員の女。
でも、どうせやるなら、ちゃんと溶かさないとーーーー^^;
小細工されたと気付いて「あなたがお飲み」と言い放つアンナ、
「あんまりです」としおらしく苛められてる演技の女、
で、見ていたビリーはアンナを信じず…というか場を収めようと?そのシャンペンを飲み「満足か?」とアンナを冷たい目で見たのでした。

自分を信じてもらえなかった事が悔しくて(悲しくて?)、
証拠のグラスを持って来たアンナに、
「もういい。我慢の限界だ。君は意地悪が趣味だろ」と行ってしまうビリー。
船の上で「誰も寄りつかない」とチョルスの言葉が蘇り、
「行かないで!」とグラスを投げつけるアンナ。
運悪く、ビリーのペット・ソロモンの水槽に命中。
ビリーの掌の中で息耐えてしまったのでした。。。、
堪忍袋の緒が切れて「君の金も名誉もいらない。離婚しよう」と突き付けるビリー。
「ダメよ。やっと出来た家族なんだから。私が死ぬまでない」とアンナ。
↑これは下の方に書いたアンナの背景を知っているから、ちょっとグッと来たわ。

クルーザーに乗って深酒し、結婚指輪を投げつけるアンナ。
コロコロと転がった指輪を見て、「そんな所にいないで、こっちへおいで」。
そう言っても来るハズがなく、拾おうと追いかけていくと、酔ってるからフラフラで
あのオイルがこぼれてた場所で足を滑らせて、中吊りに!
必死に這い上がろうとしたけど、アンデーーーという叫び声と共に、
ボチャーンと海に落ちちゃったのでした。

海に沈みながら(ここは映画「タイタニック」ね~)、もう死ぬ…と思ったアンナ。
そんな時頭を過ぎったのは、自分が死んだ後に
財産を独り占めするビリーの姿(←笑える !)
そうはさせじと、目をパチッと開けて水面に浮き上がるアンナ。

捜索してもアンナの姿は見つからず、クルーザーに残されたのは、靴(這い上がろうとして偶然脱げた)と結婚指輪。
酔った勢いで、海に飛び込み自殺したとしか考えられない状況に。
下剤のせいで、お腹がギュルギュルのビリーはトイレに駆け込み、
「心身共に辛いのです」と代弁するコン室長。
捜査員はそこまで悲しんでると思ったでしょうね~。

アンナに捨てられた工具を拾おうと海に潜り、
溺れてしまって病院に担ぎ込まれたチョルス。
そりゃあ、あんな重いものばっか懐に入れてちゃ…(;^_^A
あの女のせい!と激怒してると、高ピーな文句と
「この病院のザマは(コラジハゴヌン)」という言葉が隣から聞こえ、
カーテンを開けると、髪はボサボサ、顔に傷を作ったアンナが\(◎o◎)/!

記憶喪失で身元もわからないと聞き
知らんフリして苦労させてやろうと思ったけど、ピーンと閃いたチョルス。
損をした130万ウォン分、取り返してやろう・・・。
アンナを自分の彼女と言って家に連れて行き、
家政婦代わりにこき使おうと考えたのでした。

腹下りが止まらず病院に駆け込んだビリー、
アンナとニアミスだったけど、お互い気がつかず。

「君の名前はナ・サンシルだよ~」とニコヤカな顔して心の中で、
「人格喪失に常識喪失、更に記憶喪失で、“私・喪失”だ」と呟くチョルス(笑)
記憶を失っても、性格は変わらないアンナは、
当然こんな男が彼氏の訳ないと思うのだけど、胸元のホクロ(抱きかかえた時アップになったのは、こういう事だったのね~)の事を言われドキッ。
それに病院に来た甥っ子3人も、トックの母も自分を知ってると言うし、
行くところもないから、半信半疑で着いて行ったのでした。
モンペみたいな服装(きっとトック母のね)なのが可笑しい!

着いた家の中を見渡し、記憶はなくても、私がここに住むの?としばし呆然。
服は脱ぎ散らかってるし、吐き出したガムはくっつくし(!)、
BGMは子供たちの騒ぎ声だし、ゴキブリは出るし、
子供達のラーメンにガッツク姿を見て最悪な気分。
テーブルの上は食器の山だし、それをクロスごと纏めて
台所へ持ってく大雑把なチョルス。←食器は割れないのー???

その夜、結婚写真を見つめて、物思いに耽ってたビリー。
アンナの幸せそうな笑顔♪こんな顔する事もあったのね~と思ってたら、
その時の回想・・・。

「死ぬまで一緒だよ」と嬉しそうなビリー、
(きっとこの時点まではアンナにラブラブだった気が)
「死ぬまで?私が先に死んだら迎えに来る」と不吉な事を言うアンナ。
思わず顔が曇るビリーに「笑って」と笑顔のアンナ、でも強張った笑顔のビリー。
そんな瞬間に撮られた写真だったのでした。
・・・で、迎えに来たアンナの夢を見てしまって、怯えてたビリー。
こう書くと不気味なんだけど、笑えるシーンだったわ~。

私の部屋は?と聞くと、連れて行かれたのはチョルスの部屋。
一緒になんて寝れないと嫌な顔してるし、じゃあ居間で寝て」とアッサリ。
翌朝、いつまでも起きないでいると、
チョルスに抱きかかえられて、水桶に放り投げられたアンナ。
ここぞとばかりに、チョルスったら意地悪してるカンジ?
怒ったアンナが石鹸を投げつけて争っていると、
その石鹸で足を滑らせて転びそうなアンナ、抱きかかえるチョルス。
豪華クルーザーの時と同じシチュエーションに、
「アンタを思い出したわ」とアンナ。ハッとするチョルス。
そこに花を持って訪ねて来たユギョンに声をかけられて
思わず手を放ちゃったチョルス。当然ドテッと転ぶアンナ。
このユギョン、中盤のシーンでチョルスニ会いに来て、
「来月アメリカへ行く」と言いに来てたけど、チョルスの元カノなのね。


アンナを見て久しく使ってない「高慢ちき」と言う言葉が浮かびました。
このキャラ、嫌われ者っぽいし実際傍にいたら「ケッ」と思うだろうけど、
意外と嫌いじゃないし許せるのは、コメディだからな~。
みんながすごく嫌ってし呆れ顔するから、ヨシヨシと笑えるし。
それとアンナの背景もわかってるからかも。下の方に↓に書きますが、
今後の展開でそういう部分が出てくるのかもしれないので、
知りたくない方は見ないでね♪でもわかってる方が、ハマれるかも?

    ↓   ↓   ↓








7歳の時に莫大な財産を残して両親が死亡。
遺産を狙う親戚達から、自分と財産を守る為に心を閉ざしてしまった・・・。
唯一の家族はビリーとブリンセス。
ビリーに対しても高飛車だし、離婚を切り出された時もその態度を崩さなかったけど、唯一の家族を失いたくなかったのかな・・・?とも思えて、
プリンセスを売り飛ばしたチョルスに対しての態度も、納得出来ました。

「ファンタスティックカップル」他の回はこちらです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年09月06日 10:24
pandaさん、こんにちわ
甲高い声と不思議なしゃべり方+高ビーなアンナ、一瞬ヒイタけれど、何とか我慢できたのは「雪の女王」ボラのおかげかと・・。今では楽しんでますが^^傍にいたら大変ですね。
ビリーの事は嫌いじゃなさそうなので、これからチョルスといろいろあるのか、と思うとちょっと気がかりですね。まぁコメディなので何とかなるでしょうね~^^
すいすい見れそうで楽しみです。
いろいろなパロディ盛り込まれてたんですね^^
2007年09月07日 21:01
cocoansさん、こんにちは♪
そうそう「雪の女王」ボラにはドン引きだったわーー。あれはシリアスなドラマだから、余計ムカッと来たような気がします。このアンナは何だか笑える(爆)どちらもワガママなのに不思議。
ビリーに離婚を言われた時、一瞬「素」になってたような…。あんな態度を取りつつも、そばにいて欲しいんでしょうね~。言いたい放題のアンナなのに、指輪に「戻っておいで」と言えてビリーには言えないの何ともだわ~。
パロディは韓ドラ、韓国映画、洋画と色々と盛り込まれてるみたい♪今後「サムスン」にも登場した「秋の童話の「いくらいるんだ?」もあるみたいよ~(カットされなければいいわね ^^)

この記事へのトラックバック

  • 「ファンタスティック・カップル」第2話

    Excerpt: 韓国ドラマ「ファンタスティック・カップル」第2話~愛しの恋人よ!~  BS JAPANアンナ、こうなってもチョルスの生活レベルには違和感を感じているようです^^。しゃべり方も変わらないのね。 Weblog: cocoans☆韓流よりみち日記 racked: 2007-09-06 10:25