雪の女王 最終話(第16話)

サブタイトル・・・「永遠のラップランド」
画像
☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆
意識喪失となり集中治療室へ運ばれたボラ。
どうやら安定して病棟へ戻れたようです。
目を開けると、会いたかったテウンがいて「逃げるな」と言い、「ごめんね…」と答えるボラ。
「俺の願いを聞いてくれ。二度と離れるな」とボラの手を握るテウン。

ボラの容態はかなり悪く、手術が不可能の状態。
放射線治療と抗ガン剤が、ガン細胞をやっつけてくれるのを見守るしかないのでした。
医師の話が信じられず、教授を呼べと動揺するボラ父を宥めるゴヌ先生。
「ボラはどこまで知ってるんだ?」と聞く父に、「多分すべて」と答えるゴヌ。
それでも強く「生きたい」と願ったボラを思い、気持ちを落ち着かせる父。

パパに傍にいてもらわなかったのは、治療を見せたくなかったからと話すボラ。
前に抗ガン剤治療を受けた時に、
あの強そうなパパが苦しむ自分を見て泣いてたから・・・。
ボラってホントに強い子だわ。。。
「オッパも治療の時は外に」と強がって、テウンに心配かけまいとしてるみたい。
(抗がん剤の注射に来た看護師は、「復活」病院の受付、「春のワルツ」チェハ母のいる病院の看護師)
その通りに、吐き気がして苦しいのに病室に鍵をかけて、
テウンはもちろん、看護師さえも呼ばず一人で耐えていて、
そんな姿が心配で「ドアを開けろ!」と叫ぶテウン。

汚れた手を拭いてくれるテウンに、「オッパ…」と何度も何度も呼ぶボラ。
「黙ってると一人ぼっちに思えてくる」からと言うボラに、
寂しくないように手を握ってあげるテウン。
「最近ポケベルを鳴らさないのね。暗証番号を“1111”に変えたの。
素数はプライドが高くてカッコイイ数字なんでしょ?
フライドにかけては私も負けてないから変えたの。
連絡つかない時は、私が伝言を残すから」とボラ。
きっと万が一の時には・・・、という雰囲気が。。。

数式を解明したテウンの記事は、
「消えた天才、等差数列の難題を解く」と大々的に報じられてました。
そんな時、また昏睡状態に陥ってICUへ運ばれたボラ。
「心の準備を…」と宣告されるほど、もう....(ρ_;)
泣き崩れる家政婦さん。彼女にとっては娘同然なのよね。。。
そしてボラ父もたった一人の肉親の命の期限を突きつけられ、
立っていられないほどのショックでした。

呆然と空のベットを見つめてる父に、「ボラはまだそのまま」とテウン。
「良かった。まだ生きているんだろ」と悲しい父。
「すまなかった。君を恨んだり反対したり、すべて間違っていた」
ボラ父の言葉に「そうは思いません。だから苦しまないで。
そして心配しないで。ボラは必ず目を覚まし笑ってくれます」とテウン。
ジョンギョの死で、同じ苦しみを共有してたテウンとボラ父、
苦しまないで…と言われるのは、心にしみた事でしょう。。。
意識が戻ったボラとテウンを、旅行に行かせてくれたのでした。
ボラが愛する人と過ごせるように・・・。

そういえば一緒に映画観た事も、写真を撮った事もないとボラ。
「これから出来るよ。心配するな」とテウンの言葉に笑顔…でもどこか寂しそう。
ここって済州島?ブランコを押してあげたり、
鳥に餌をあげたり、テレビだけど肩を並べて映画を観たり・・・。
穏やかに過ごしながらも、常に隣に「死」がうろついていて、
眠ってるボラを見つめて、「神様、もしいるなら連れて行かないで。
どうしても連れていくなら、その時はお許しください…共に行く事を…」とテウン。

うーん・・・。後を追うつもりなのね。
私としては、「もう消えない」と安心して田舎へ行った母を思うと複雑で、でも裏返すとテウンがそう願うのはそれ位ボラを愛してるって事なのでしょうね。


夜中に起きてきて、「怖い夢を見た」と抱きついて泣くボラ。
テウンをいくら探してもいなくて迷子になり、
ずっと先の雪山にいたテウンが、崖から身を投げてしまうという夢。
「怖いから一緒に寝ちゃダメ?」と、言うボラは、とってもはかなげ・・・。
テウンの腕枕で横になり「もしも私が死んだら、お兄さんは…」とボラの言葉を遮り「お前は死なない。バカだな」と言い、
「明日はデートしよう。おしゃれして来い」とテウン。
抱き合って眠りながらも、不安でいっぱいな二人。

車の前で待ってたテウンに「久しぶり。ハン運転手」とおどけるボラ。
今日は後ろじゃなくて、助手席に乗ると言って乗り込み、
運転してるテウンの手を握り、笑顔を向けるボラ。
海辺までドライブし、ボラの肩を抱きしめて歩くテウン。
先頭に貼った「ガイドブック」の表紙は、このシーンだったのね(:_;)

初めて病院で会った時、死にたいと騒いでたボラを
「メチャクチャなヤツだと思った」とテウン。
何度も何度も殴られたと話しながら、「それでも腹が立たなくて、
お前の寂しそうな表情が気になった」とテウン。
ボラに惹かれたのは、自分と似た寂しい心を持った子だからで、
ボラもそんな自分をわかってくれたテウンに惹かれたのよね。。。

「これ以上、思い出を作れなくてごめんね…」と涙がこぼれるボラ。
「そんな事言うな」と制するテウン。
「これを言わずに死んだら後悔すると思って…」と言って帰ろうとするボラに、
「ボラ…愛してる。今までお前のおかげで笑えた。幸せだったよ」とテウン。
「私も愛してる」 涙しながら、強く抱き合う二人。。。

その夜、眠りながら静かに旅立ったボラ。
話しかけても返事がないボラを見つめて、涙が止まらないテウン。

教授に、「アメリカへ留学する」と電話をしながら、
唯一のツーショット写真を見つめるテウン。
航空券を取りに行ったけど、行き先はフィンランドでそれも片道
そう…ラップランドへ行き、ボラの元へ行こうとしてるのでした。

ジムに戻ると、自分宛に小包が届き、開けてみるとあのポケベルが。
これってきっと、ドンナムが送ってくれたんでしょうね・・・。
病室で教えてくれた暗証番号「1111」と押すと、
ボラの声が流れ涙が止まらないテウン。
---このメッセージを聞くのはいつかな?
その頃私は…きっとラップランドにいる。
一緒に行く約束を守れなくてごめんね。
でも私は申し訳ないと思わない。私達はまた会えるから。
お兄さんに言われた事、今度は私が言うわ。
避けて通りたくても目を瞑らないで。逃げないで。生きて…---

ボラの声には涙が出るわ・・・
---ボラ…、見えるか?君に会いに来たよ。見えるか?---
ラップランドの山の上で、涙が流れるテウン。
この場面って「セカチュー」っぽい気が…。

ボラのメッセージで、後を追う事を留まり数学者として生きるテウン。
数年が過ぎたけど、
心はいつもボラを思い悲しみに溢れていたよう。
ラムゼー数を解明し、ファルカーソン賞というすごい賞をもらい、その写真はあのジムに他のボクサーの写真と共に飾られてました。
女らしくなったスンリ。ボラの化粧品のプレゼントのおかげかな~。
それともチュンシクのおかげ?

大学で特別講演を行った後、
「数学が好きな理由は?」と質問する科学高校の後輩。
「昔、好きだった女性に同じ質問をされ、
答えがあるからと答えたけど、
今は違う。幸せだったから。
答えを見つける過程が幸せでした」
「その女性は今?」と聞かれ、寂しく笑うテウン。

ボラとの思い出が溢れてる、懐かしいけど胸が痛む図書館に行き、
あの日と同じように机に伏して、
「あの時は一緒に、ある時は一人で。いつも一緒じゃなくていい。
だけど、君に会いたい…」と呟き、涙がこぼれるテウン。

そしてここも懐かしいバスケのコート。
「オッパ」と言う声に振り向くと、ベンチに座って微笑んでるボラ。
笑顔だけどその目には涙がいっぱい溜まってて・・・。
--僕は何を見たんだろう?目を開けた時に君がいなくても、僕は逃げない--
瞑ってた目を開けると、誰もいないベンチが目に入り、
涙が流れながらも、笑顔を向けるテウン。

.:*^*:.:*^*:.:*^*:.:*^*:.:*^*:.:*^*:.:*^*:.:*^*:.:*^*:.:

第1話のマセガキのボラや、第二話で登場の大人ボラの高ピーっぷりには、
もうドラマの視聴は断念?と思ったけど、
その回でお墓に行き泣いてるシーンから、次の回、父とわかりあい笑顔を見せるようになり、
すっかりボラが可愛らしく見えてきました。
強がってないと、ポキンと折れそうなボラ。
「ヤー、ハン・ドック」と言う鼻にかかった声も、強がってるときに、痛いところを疲れて「えっ?」と焦るところが可愛かったわ。
最後にガンになった時、自分の事よりテウンの事、パパの事を思うボラが、健気で、かなり泣けたわーーー(ノД`);・

いつも流れてたラップランドで泣いてるテウンは、
多分ボラの死後…と想像してましたが、
レビューにも書いたけど、残された母が可哀想だし、
ジョンギュが自殺してテウンや父、ボラが辛い思いをしたように、
辛い思いをして引きずる人が大勢だと思ったから。。。
すごく後を追わなくて、本当に良かった・・・。
愛する人の死を乗り越えて、ボラとの愛を胸に秘めて生きて行こう…
と決めた、最後のテウンの笑顔が美しかったです。

テウンもボラも、最初は冷たい破片が刺さった「雪の女王」のカイのようで
寂しさや辛さの氷が胸に刺さり、心を閉ざして生きていたようで、
二人が出会えて、その氷が融けていったようでした。
テウンにとってもボラにとっても、お互いがカイでありゲルダのようでした。

「雪の女王」他の回はこちらです。

↓この表紙は、多分ラストの二人笑顔ね....(ρ_;)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

2007年08月09日 22:31
pandさん、こちらも
ついに終わりましたね。ラスト、私ももしかしてボラの後を追って?と思っていたので驚きましたが、pandaさんの文にうなづきました。そうですね、本当に思いとどまってくれてよかった。
ポケベルはドンナムがボラから頼まれてたそうです。故人の物を渡すのは、と母に言われたのですが、渡せてよかったわ(涙)。
今も思い出して涙ですが、なぜか特にボラ父が浮かんできます。落ち込む父、見ていてとても辛かった。
>この場面って「セカチュー」っぽい気が…。
あ・そうですね!!あのセカチューのシーン,好きだけど怖くてあまりよく見られませんでした^^;。シチュエーションも似てますね。ヒョンビン凍傷になったとか、頑張りました~

>お互いがカイでありゲルダのようでした。
ここはいろいろ考えて面白かったですね、そうかもしれません。
ボラの高ビー。私も引きましたが、いつのまにか見れるようになりました。テウンの最後の笑顔ほんと美しかった!!

ゴヌ先生もっと見たかったですね~^^
2007年08月10日 12:33
cocoansさん♪
テウンは、ボラを追って?やめてーー!と思ってたので、ボラのメッセージにググっと来たし、留まってくれてホッとしました。後追い…のドラマや映画も嫌いじゃない…いや、結構好きな私だけど、この場合は何だかそうじゃなくて良かった気がします。
ポケベルはやっぱりドンナムだったのね。母の反対を押し切ってボラの思いを叶えてくれて、いい子だわ・・・。

私も今でもこのドラマを思うと、胸が締め付けられる思いです。私はラストのボラの笑顔を思い出すと泣けて来るのよ…。逃げずに生きていく決意をして穏やかな笑みのテウンにも…。
一人残されたボラ父も悲しいですね。ジョンギュの親友を恨んでないと言ったのに拒否して「何?!」と思ったけど、父親としての複雑な感情だったのね…。と今は思えます。

ヒョンビン、凍傷に?そりゃ大変だったのね!遠くのアングルや亡くなった恋人に語るのはセカチューっぽかったですよね~。cocoansさん怖くて…っ事は高い所がダメなのかしらん?

>ゴヌ先生もっと見たかったですね~^^
そうなの!レビューに書き忘れちゃったわ。
2007年09月02日 13:15
pandaさん、地上波も終わりました~
もう号泣、号泣、レビュー書いてても大号泣!ツボに入ってしまったみたいだったわよー。生意気ボラにこんなに泣かされるなんて。。。
でもpandaさんがボラのせいでリタイア寸前?だったとは意外だったわ(笑)私はビニがいるからいいんだけどね(笑)
キュウリパックのドンナム、いい子だったのね!ポケベルシーンはほんとに辛かった~聞いてるテウンの表情が素晴らしくて・・・
しかし、マジでテウンがラップランドの山から飛び降り死すると「母から」聞かされていた私は、思い切りコケましたよ!予想に反して(笑)、いいラストでした。
ゴヌ先生、結局いい人で終わったわね~
2007年09月03日 00:26
pandaさん、アンニョン♪
こちらにもーー!あーーいいドラマだったわーー。私はなぜか自然に涙がという感じで。本当に最後後を追わなくてもよかったな。秋の童話的な最後だったらどうしようと思っていたのよ。
pandaさんの好きなゴヌ先生も最後は医師としてちゃんとみてくれていたね!
2007年09月03日 21:00
kbkbYさん、こんばんは♪
私も号泣でしたーー。今でもバスケコートのラストシーンの二人の表情を思い出すと、胸がキュンとするのよ。。。
生意気ボラに…って同感!私はホントに第二話の高ピーボラに耐え切れず、一度テレビをバチッと消したのよ。思い直して良かったわ(笑)
テウンに…というよりボラにかなり感情移入して泣きました。そういう子だったから余計に、相手を思いやる気持ちが健気に映ったわよ。

ドンナムってボラの唯一の友人だったのよね。死んだ人のものを送るのが縁起悪いってのが、お隣の国なのに意外でした。そういや韓ドラで形見分けのシーンって無いよね。ドンナムのおかげでテウンがボラの思いを知る事が出来て本当に良かった。。。
最終回、そっかーー二人とも死ぬって聞いてたのね。違ってて、良かったような悪かったような…複雑ね^^;

ゴヌ先生、一度「オイオイ」な時があったけど、それ以外はいい人でしたね~。
2007年09月03日 21:10
so-so♪。さん、アンニョン♪
韓国では視聴率が…とか色々とあったけど、いいドラマだったわ。
今日も本屋で「雪の女王(下)」のボラの涙のいっぱい溜まった笑顔を見て、ウルウル来ちゃった^^;
何だかボラのテウンへの思い、パパへの思いに胸がいっぱいになっちゃって…。
最後は後追いしなくてホッ。そうそう「秋…」は、韓ドラ見初めの頃だったし、えーーー?!と衝撃だったわ。今思えばジュンソの思いも何となく理解出来るけどね。

私の好きな(笑)ゴヌ先生、最後は出番が少なかったけどボラの為に医師として診てくれてましたね。涙を堪えてボラに医者として接してる姿(15話だったかな?)にホロッと来ました。
まな
2007年09月17日 23:09
こんばんは。
最終回も…泣きました。
母親も遊びに来ていて2人で号泣。
たぶん今回もカットがあったのでしょうが、話はわかったので良かったです。
本当に病気は辛いですね。せっかく寂しかった2人が普通の小さな幸せを掴むところだったのに(;_;)
スンリが元から綺麗でしたが、お化粧して凄く綺麗になっていましたね。チュンシクと幸せになって欲しいですね。
ファッション 70's の記事にて引き続きよろしくお願い致します(o^^o)
2007年09月18日 23:25
まなさん、こんばんは♪
最終回は、悲しいやら切ないやら、でも生きるようにメッセージを残したボラに一番感銘を受けました。
心を閉ざした二人が、お互い出会えた事で生きる希望を持てて、これから…って時だけに、本当に辛い別れでしたね。それでも死は避けられない運命だったならば、二人が出会えて愛し合えて幸せだったと思います。

「ファッション…」、私はもう大ハマリです!こちらこそよろしく~。
mayutap
2007年10月14日 07:54
pandaさん、お久しぶりです^^
最終回見ましたよ~
正直言って、「秋の童話」「茶母」「ごめ愛」ほど
悲しい気分にどっぷりではなかったんですが。。
テウンが後を追わなかったからかな?いえ、追ってほしかったわけではありません(笑)
数学者として成功したテウンを見て、嬉しかったです。
ボラ父は、ジュンギの死をテウンのせいと決めつけて、
二人を引き離そうとし、挙句はテウンに「どこか遠くへ行ってくれ。」だなんて、そりゃ、ないんじゃ?!と思ってましたが、最後の方は痛々しくて本当に可哀相でした。
映像、音楽が美しくて、さすが「ごめ愛」監督ですね。
あと、私も最後までゴヌ先生派でした(笑)
自分の気持ちが報われなくても、ボラを心身共にささえてあげてて、素晴らしかったわ~(*^^*)


2007年10月15日 11:41
mayutapさん、こんにちは♪
>テウンが後を追わなかったからかな?いえ、追ってほしかったわけではありません(笑)
うん、わかります!思わせぶりなシーンが多かったせいか肩透かし感も残ったような…。それに「死を選ぶ」って現実ではつらいけど、ドラマならではの描き方で見せられると印象に残り続けますよね。
そう思いつつ、後追いしなくて良かったと思うし最後のボラの幻がテウンの生きる希望になってジーンと来たし、不思議な感情が残ったドラマでした。
ボラ父は、中盤テウンのせいじゃなく自分のせいと言いつつ(この父にはジーンでした)、実際現れると豹変して、私もその辺が呑み込めなかったです。でもボラの最後の時間をテウンと過ごさせてくれてホッとしましたよね。早くに子を二人共亡くすなんて一番可哀想なのかも。
ゴヌ先生、見守りキャラが好きな私も大好きなキャラです。ボラの発病後の医者として涙を堪えて支える姿や中盤に自分から諦めたと告げるシーン、良かったです!
私ばビニ堕ちしなかったのは、ゴヌ派だったから?と思えてきちゃうんです(#^.^#)
ドラマ好きおじさん
2008年04月27日 17:40
pandaさんの日記頼りに選んだ雪の女王、DVD
で観ました。これはすごい。とくに、しめくくりが見事。テウンとの幸せな時を願うかたわら、彼の人生を邪魔したくないと願うのもボラの愛、まためぐり合えるからと静かに逝きます。ポケベルの”生きて”に目覚めるテウン、おれはもう逃げないと涙、そして笑顔。12話で、あの可愛い教授が言いますね。人はいつも共に生きてる、あるときは一人で、ある時は隣で、いつも一諸でなくてよいと。テウンも何度となく反芻していまた。ドラマには この言葉が琴線としてピンと張り巡らされていますね。だから悲劇を感じさせない、さわやかな感動をくれたのでしう・ 僕達、同窓のおじさんとその家族計7人の同好会、雪の女王は、冬ソナやチャングムを抜きダントツ1位。ストーリーの緻密な設定と展開、巧みな脚色、BGMも素晴らしく、ああ これはもう とても敵わないという会員続出。ボラ、テウンの好感度は勿論、まずそのコンビの良さに拍手、こんな素晴らしいドラマにまた出会いたいな。いつもpandaさんのあらすじが僕達の頼り。本当に有難う。



2008年04月29日 23:53
ドラマ好きおじさん、こんにちは。
この締め方が本当に印象的でした。テウンに生きて欲しいと願うボラの笑顔。「いつも共に生きている」と教授の言葉どおり、ボラは死んでしまったけど生きて行こうと気付いてくれたテウンの笑顔。涙が溢れた何とも言えない二人の表情がが蘇り今でもジーンと来ます。
ボラとテウンのコンビは本当に秀逸でしたね。俳優さんのイメージにハマり感情移入出来ました。

>同窓のおじさんとその家族計7人の同好会、
ワイワイと話せて楽しそうですね~。
私のレビューを頼りにしてくれて嬉しいです。つたない文ですがこれからも参考になれば…よろしくお願いします。
よっしい
2008年05月20日 20:29
pandaさんお久しぶりです。やっと見終わりましてかなりズレテます。最初に見始めた時あのキンキン感がだめでそのままだったのですが最近CSでサムスンやり始めて久々ヒョンビンで、お~見てみっかと見始めまして、後半すごく良かったですね。韓ドラって、一箇所すごくドキっとするセリフって言うか、人生訓みたいなとこがありますよね。今回もあの先生の言葉良かったです。それが韓ドラに魅かれる理由かな?!最初キツカッタけど、最後まで見てよかったです。
2008年05月23日 12:17
よっしいさん、こんにちは~。

>あのキンキン感がだめで
私もわがままボラのキンキン声に「リタイア」が頭を過ぎったんですよ。韓国で視聴率が良くなかったって聞いてたし、あんまり面白くないんじゃ?とか思って^^;でもボラの抱えてるものがわかると、すっかりボラか可愛くて、そして悲しく見えました。
最後は悲しみを乗り越えた感動が余韻になって、私も
リタイアせず観て良かったーーと思ったドラマになりましたよ~。
ただ、スンリのキンキンは最後まで苦手でした(>_<)
韓ドラのセリフって「詩的」で心にグッと来ますよね。私もそういう所が好きで観続けてます♪
あらすじをみにきた者
2011年12月13日 11:47
どこのよりも一番分かりやすくて詳細で泣き所まで伝わりました!また他のドラマもぜひアップしてください!楽しめました!ありがとうございます!
2011年12月15日 22:55
あらすじをみにきた者さん、
ありがとうございます
このドラマを見たのはもう4年も前ですが、当時涙しながらレビューを書いた記憶がありますし、映像やセリフが蘇ります。
今後もよろしくお願いします~。

この記事へのトラックバック

  • 雪の女王(終)#16 07/08/30 Thursday

    Excerpt: 12:30 テレ東 第16話(終)「永遠のラップランド」 韓ドラ王道系、終わってしまいました! もう大号泣~~~~結構苦手だった生意気ボラにこんなに泣かされるとは~~ そして、お髭のワイルドビニ.. Weblog: 韓流のたのしみ! racked: 2007-09-02 12:57
  • 雪の女王 16話 ノーカット版(最終回)

    Excerpt: 泣いた、泣いた、けどその涙は静かなものだった。号泣ではなくて、ただ涙が流れていた・・・ ボラの気持ちはよくわかる、幼い頃から筋無力症という病気、胸腺をとってもいつ何があるのかわからず、不安なな日々、.. Weblog: diary(徒然なるままに) racked: 2007-09-03 00:23