私の名前はキム・サムスン 第16話(最終話)

~恋せよ 傷ついたことのないように~
     「大切な人には愛してるって言うものよ」


☆感想とあらすじ(ノーカット版・ネタバレです)☆
一週間どころか、二ヶ月経ったのに手紙も電話もくれないジノン。
その間にも、ちゃんとピアノ教室に通ってすっかり上達したサムスン。
ジノンに聞かせたい一心で、不安な気持ちだったろうに、
信じてたから出来た気がします。それとも意地?

---人を理解する事は難しい。彼を理解してるとも思ってなかった。
でも酷すぎる。。自分の事もわからないのに人の事なんてわからない。
彼を待っているのか、諦めたのかもわからない---

お菓子の材料や道具を買い込み、バスを待ってて
ふと目につい看板の詩を読み、ジノンとの日々が蘇り涙が溢れるサムスン。
“愛しなさい 一度も傷ついたことのないように
踊りなさい 誰も見てないかのように 歌いなさい 誰も聴いてないかのように
働きなさい お金が必要ないかのように 生きなさい 今日が最後の日のように” 
---本当にそうしたかった。一度見傷ついた事のないよう、精一杯愛したかった
今この看板を変えたい。「傷つきたくなければ、愛するな」
泣いてるサムスンに声をかけたのは、何とあのちょっとイケてるお見合い相手。
デートの約束をしたと聞き、サムシクを忘れて!とハッパをかける姉。

開店した“サムスンのケーキ屋さん”は、二ヶ月過ぎても注文がゼロ。
ウェブサイトにも店を出してるのだけどクリックさえも、昨日は7件…^^;
まあ、広告も出さずにやってるようだから、最初はこんなモン?
そこに注文が入り大喜びのサムスン姉妹。
心を込めてハチミツムースを作り、“美味しく召し上がれ そして幸せが訪れますように”とカードを添えて、もちろん箱もラッピングも自分で

あのお見合い相手とのデートで車に乗り込み、いざ出発ってところでジノンが!
「二股かけるな。降りろ」と言うジノンに、なんて勝手なーー!と怒ってた私。
無視して映画に行ったけど、心ここに在らずのサムスン。
そこに連れ戻しに来たジノン。止める見合い相手。
映画の最中なのに、周りはかなり迷惑(-_-;)

映画館を出て、スタスタと行ってしまうサムスンに、
「電話しなかったから怒ってるのか?俺だって会いたかった」とジノン。
振り払ってさっさと行ってしまうサムスン。

家の前で待ってたジノンを見て、背中で指輪を外すサムスン。
こういうシーンは「人生は美しい」でもあったわ~。
跪いて許しを請うジノンに、「私だけだと?ママは?事故に遭ったのかと心配して、何度お寺にお参りに行ったか。姉ちゃんだって口は悪いけど心配してた。
ミジュにハガキが来たと聞き、どんなにガッカリしたか。それなのにママは、事故に遭わなくて本当に良かったって。何でこんなに苦しめるんだよ!」
サムスンの言葉に「葉書出したよ」とジノン。 あれ( ̄ー ̄?).....??アレ??

チャイムを鳴らして「お母さん。ホニです」とニコニコと待ってたジノン。
しかし扉が開いた途端降って来たのは大量の塩!
そしてワンコも返されてしまったのでした。

車の中て、ワンコと一緒にずーっと途方に暮れてたジノン。
するとサムスン宅に、箱を届けに来た男が。
「一緒に飲んだ奴が、毎日間違って葉書が届く。
受取人がサムスンって笑うから、ヌナを思い出してもらって来た」と。

そう・・・ジノンは住所を間違えてたのでした

シアトル、ラスベガス、ロス・・・。
どうやらホテルとレストランの勉強の為に、
アチコチのホテルを泊まり歩いてたらしいジノン。
遅れて届いた葉書を読みながら、涙が溢れるサムスン。

「ママが許したら許す」とサムスンに言われ、
母の前でお辞儀をして、二ヶ月もかかった事情を話すジノン。
一人旅もしたかったと言うので、「いかがだった?」と尋ねる母。
「周りの人々の大切さがわかりました。
電話しなかったのは、サムスンの声を聞いたら気弱になって帰りたくなるから」と。
サムスンが許したら許すと言う母と、ママが許したら…と譲り合う二人に
「カラオケに行きませんか?」とジノン。
サムスンの家族に笑顔が戻り、「夕飯は?」と母。これが許しの言葉よね~。
しかし「一晩サムスンをお借りしたい」と言うジノン。

一晩・・・というのは、ベッドインって事なのね
いい雰囲気のところで、「まだ愛してるって言って無い」とサムスン。
すると、「生まれてから一度も言った事がない」と言うジノン(家族にさえ!)
それでヒジンに別れを告げた時に「愛してるの?」としつこく聞かれても、言わなかったのね。
「男だけじゃなく、家族や友達にもちゃんと愛してるって表現しないと。
心で思ってるだけじゃ、誰もわからないよ」とサムスン。
それでも言わないジノンをしめあげて、ようやく言ってもらえたのでした。

そしていよいよってところで、「アレ」が無いと言うサムスン。
仕方なく夜のコンビニ巡りをするハメになったジノンだけど、
品切れ→最後の一個を取られた→ようやく見つけて満足げ~。
高校生たちの目線が気になって、釣銭ももらわずに店を後に…と結構純情。

待ちくたびれるサムスンのところに、アメリカのヒジンから電話が。
お粥の事、ジノンを送り出してくれた事のお礼を言うヒジンに、
「いいお医者さんになるよ。
痛い思いをした人だけが、痛い人の気持ちがわかるから」とサムスン。
そして「もう電話しないで。嬉しくないから」と言い、ヒジンも「私も」と。

復学に向けて勉強中のヒジンに、
念願だった医療ボランティアでのアフリカの行きが決定し、行く事は嬉しいけど、2年も離れるのが「悪いニュース」と表現するヘンリー。
「ラブストーリー・イン・ハーバード」や「1%の奇跡」でもそうだったけど、日本より積極的なのかな?
「待てない?勉強を終えて医者になれたら一緒に行ける」とヒジン。
これ以上ない嬉しい言葉をもらったヘンリーは、ヒジンにチュッ。
笑い出してたけど、ちゃんと目を閉じてたヒジン

マンションに着くと、寝てて起きないサムスン。
その寝顔を見つめながら、一人旅がどんなに寂しかったか語り、
「そのたびにお前を思った。もう二度と一人旅はしない」と当時を思い涙ぐみ、愛しそうに見つめるジノン。

ジノンの心配は、母をどうやって説得するかって事。
前に家を訪問した時は渋々、
でも今日は心からの訪問なので緊張気味のサムスン。
済州島のホテルを経営してる叔父さんも同席してこちらは笑ってるけど、
終始渋い顔つきのジノン母。
前と同じような事を聞かれ、同じように誇らしげに答え、
「ジノンのどこが好きだ?」と叔父さんに聞かれると、
見つめ合って「全部です」とサムスン。
前に心にもないセリフを言っちゃって、吐きそうになってたのにね~。

そこに「ちっちゃいママ!」とやって来たミジュが。
話せるようになってから初めて会うだろうに、懐いてるミジュに驚くジノン母。
ジノンを呼び、「ミジュをダシにしたってダメ」と釘を刺す母に、
望みどおりホテルを継ぐと交換条件を出し、「彼女は妊娠してます」とジノン。
しかしさすがのジノン母「明日知り合いの産婦人科に行きましょう」と。

困ったジノンは、既成事実を作ろうと
「腹ボテでウエディングドレスは嫌だーー」と言うサムスンを無理やりマンションに引っ張っていき子作りをーー。
1日で出来ないと思うのだけど~^^;
ドラマとは関係ないけど、ジノンの背中のシャツがベッチャリ!

今日は、後任の手配を済ませて辞職し、
3年くらいかけて世界一周すると言ってた秘書・ヒョンスクが出て行く日。
ダメだと言い張ってた社長に、
「両親の死後、社長のかおかげで苦労無く年を取るのも忘れてていた。
今出来るのはこれだけ」と決意が固く、自分の甘えを断とうとしてるよう。
ジノン母の方も、きっと娘のように思ってたんでしょうね。
でも素直じゃなくって、寂しいとか行かないでって言えばいいのに
口から出るのは「薄情者」「私を捨てて」と。
それでも聞き入れないヒョンスクに怒り・・・いや、出て行く姿を見たくなかったのかな?部屋に閉じこもってしまったジノン母。
「男が出来ても帰ってきます。本当に行きますよ」
「頻繁に電話しなさい」と涙ぐんでるジノン母。
ミジュには、「1年生になったら帰るから、お祖母さんの言う事聞くのよ」と抱き締めて旅立って行ったのでした。

その夜、ジノンと抱きあって眠ってるサムスンの耳に、
テレビのサッカー中継が聞こえ、行ってみるとくつろいてるパパが!
多分メンバーからすると、この大会ね。
「どうしたの?人の家だよ」
「いいんだよ。夢だ。お前こそ何を?」と聞くパパに、微笑むサムスン。
「嬉しいか?幸せか?人生は大した事ない。好きな人と一緒になればいい」とパパ。
幸せと言いつつ笑顔から一転、涙がこみ上げてくるサムスン。
「すごく嬉しくて、すごく幸せ。でも失うんじゃないかと怖いの」
優しく笑って、「バカだなぁ。先の事を心配してもしょうがないだろ?
振り返らず、先の心配もせず、毎日一生懸命、大切に生きればいい」
パパの「ファイティン」の励ましに、泣き笑いで答えるサムスン。
ファイティン…と寝言を言いながら、ジノンと抱き合い眠っていたのでした。

この夜、三神婆さんの祝福があり(子供が出来た)結婚し、
3人の子に恵まれ…というのは、夢。(この写真は「ラブストーリー・インハーバード」?
ケーキ屋さんも小奇麗で立派に…というのも夢で、
現実のサムスンは、姉と一緒の店で、相変わらずケーキを作り続ける毎日。

でも一つだけ叶った夢、それはジノンに自分のピアノを聴かせる事
弾く曲は、「愛さずにいられない」
家に招かれた時、この曲を弾くジノンに頬が火照るほど魅せられてたサムスン。
今日はポナペティで弾くサムスンを愛しそうに見つめるジノン。。。

子供も出来なかったし、ジノン母の反対で結婚もまだ。
---でも私達は、時にはケンカして仲直りして、笑って泣いて恋愛をしている。
もしかして別れるかもしれない。恋愛ってそんなもの。でも怖れはしない。
今私がすべき事は、一生懸命ケーキを作り一生懸命恋愛する事。
今日が最後の日のように、一度も傷ついたことのないように、
キム・サムスンをもっと愛すること---
手すりを挟んでアッチとこっちで、石段を登っていく二人。
何だかスネているようなサムスンを手招きして、キスするジノン。。。

他のカップル?は・・・店が忙しいってのに、持ち場を離れるキバン。
つかつかとイネに近づいたと思ったら、チュッ
えーー!イネにはファーストキスだってのに(怒)
もう一組のカップル?サムスン姉とイコック長は・・・。
「独りだったらこの先困るだろう?」と結婚を迫るイコック長。
更には、強硬手段で母に「付き合ってるものです」って挨拶に行くけど、
何だか誠意も愛情も見えないのよねぇ。。。
そんな態度に呆れて、「今はケーキを売る事しか頭にない」と毅然として断ったサムスン姉で、私としては拍手かな


最初ガサツで苦手だったサムスン。実は私も言葉遣いが悪くてガサツ。
自分の嫌な部分を見てるようでした
でも回が進むごとに可愛く見えたりもして♪
頷くところもたくさんあったけど、感情移入出来ない部分もアリ。
自分の年齢がサムスンよりかなり上って事も影響してるのかも。
ジノンもどうも、イマイチ掴みどころがなくて・・・。って感じの視聴だったので、
ドップリ…には至りませんでしたが、楽しめたドラマでした

結局サムスンは、ヒジンが胃ガンだった事やそれで姿を消した事を知らないし、
(私はサムスンが知って、悩むんじゃ?と思ったのだけど、
さすがこのドラマは、そういう部分も今までの韓ドラと違うような)

ジノンも、母親の指図で黙って行ってしまった事を知らないままなのよね。
ちょっとヒジンがお気の毒なんだけど、でもなぜか同情沸かなくて…
というのも、突然姿を消した理由をわかっていた私だけど、
帰国して「ジノンは今でも私を愛してるでしょ」って
当然の顔してるのが、どうも苦手でした。
リュウォンちゃん、12回も他のオーディションに落ちた挙句、
この役にキャスティングされたそうだけど、
この「ヒジン」って役は、細い、可愛らしい、守ってあげたいタイプだけど気が強い…とピッタリで、さすが監督さん!
話が逸れたけど、日常ってそういうものなのかも。
自分は幸せだけど、誰かが涙を流してる事に気付かないまま…って事もあるし。
このドラマは、サムスンの時間を切り取って見せてくれたみたいで、
ラストは、結婚が決まり…というおざなりではなく、途中のままだったけど、
「この先どうなるかなんて誰にもわからないけど、今を精一杯生きよう」
とメッセージのようでした。

「私の名前はキム・サムスン」他の回はこちら

↓OSTはジノンのピアノでサムスンが歌った「美しい人」他収録、
 「もっと知りたい韓国ドラマ」は、出演者・監督のインタビューが載ってます。
 (ヒョンビンの単独はないけど、記者発表の模様はあり)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

のり
2007年07月23日 15:21
pandaさん、こんにちわ!お久しぶりです、のりです。
サムスンどうでしたか~?
綺麗なラストで終るよりも、この終り方が良かったと
思えました。
ソナ以外が抜擢キャスティングで、初めから作り上げる感がきっと他のドラマよりも強かったのでしょう。
それだけにキャスト、スタックの関係がとてもよく
ドラマに出ている感じが伝わりました。
ヒョンビン自体にこのドラマで嵌る(後には嵌ったのですが)という訳ではなかったけれど、若いのにセクシーさがでていたりと、可愛らしいシーンが一杯でした。
テンポ良く、サクサクと見れるというのも良かったです。
今のソナ、綺麗になりましたね~。
さすが女優さんだと感心するばかりですが、
サムスンのソナに戻る事はないんでしょうか。
もうこれで完結ですよね。
それは納得ながらも、ちょっと残念!!


よっしい
2007年07月23日 18:21
こんばんわ~。お久しぶりです。お久しぶりの間にもう最終回なんですネ。パンダさんの日本語がわかりやすく楽しく拝見してました。韓ドラは、日本語訳が色々ありますが結構???が並ぶ事あってすっきりしないのです。<私だけかな?>でパンダさんのブログにおじゃまするようになりましたヨ。とってもわかりやすかったし皆さんのコメントもおもしろかったです。有難うございました。ドラマは韓ドラらしくなかったのでとてもおもしろかったです。私は、もうあの涙、いじめ・・・のザ・韓ドラはいっぱいいっぱいだったので新鮮だったし嬉かったです。又新しいドラマに出会ったらおじゃましますネ。
2007年07月24日 00:12
のりさん、こんにちは~♪
ドップリまで至りませんでしたが、テンポが良くて楽しんで見れました。ただ意外にも(?)ドップリには至らず・・・でした。
ラストは「続編」を思わせるより、まだ発展途上の二人…という感じで、こういう終わりもいいかな?って感じですよね。
キム・ソナ以外と3人のキャストに関しては、「もっと知りたい…」に載ってましたが、どのドラマでもよく聞く話だけど、成功する例は監督が推して…というのが多い気がします。「復活」や「チェオク…」も。
ビニの場合は、ソナさんも当初難色を示したようだけど、息がピッタリでしたね。
その雑誌によると、ソナさん「続編はない」とキッパリ言い切ってました。
2007年07月24日 00:19
よっしいさん、こんばんは~♪
BSジャパンでは、まだ終わってないのだけど、自分の視聴スケジュールで最終回まであげました。

>もうあの涙、いじめ・・・のザ・韓ドラはいっぱいいっぱいだったので新鮮だったし嬉かったです
そういう思いの方々や、キャラに共感できたなら、すごくハマったんだろうと思います。
実は私はまだ「涙」という部分は好きです。
理不尽で自分勝手なイジメは嫌だけど、背景がある悪役ってのも割りと好きで・・・。

また他のドラマで共通するものがありましたら、来てくださいね♪
*ソナ
2007年07月29日 22:02
pandaさん最終話有難うございます。
愛しなさい。一度も傷ついたことがないように
いい詩ですね。サムスンでなくともジーンときました。
私このドラマ恐らくピカいちで好きなんです。
サムスンとサムシクのベッドインの場面でもサムスンがとても堂々としている。媚びないサムスンの面目躍如です。健康な男女なら性欲は同じようにある、
受け身でないのがとても好きです。
「キムソナが語る私の~」の本で
ソナさんが云っていましたが、
「コンドームを買ってくる場面は性教育だね。」
まさにそうです。
父親とのサッカー(今回は日本残念でしたね)
を見ながらの会話も涙でした。
親子の会話はどれも良かった。
押しつけではなく、温かく見守っているスタンスが。韓国ドラマの良さかもしれません。
愛するという言葉を表すことの大切さや
自分を大切に日々しっかりと生きていくこと。
毎日このドラマを見返して、しょぼくれた日々も
励まされました。
そして、どこにでもいそうなヒョンビンがだんだん魅力的な男に見え始めたのが不思議でした。
詳しく描写して頂き本当に有難うございました。
2007年07月30日 11:15
*ソナさん、こんにちは。
サムスンと父の会話はどれもジーンと来ました。
パパがとっても暖かい人で、あの優しい笑顔・セリフが良かったです。ただ私だったら、あの後に父がいたら、夢や幻影でもビックリ&恥かしいですが。。。

*ソナさんはこのドラマにすごくハマってらっしゃって、私とは目線が違ったかもしれませんが、いつもコメントありがとうございました。
2007年08月08日 09:44
pandaさん、視聴完了スゴハセヨ~
ほんとに「サムスンの時間」を切り取って見せてくれたドラマだった~!いろいろあって、そして現在進行形のまま。またサムスンらしく生きていくのねって感じね。大好きなドラマになりました~
放送ではかなりカットされてるし(アッパが出てこない)、父からもらったメッセージが最後の語り(これも短くされてたような。。。)につながるみたいでステキでした。
私もヒジンの事情を聞いても同情できず、だった。苦手に近いかも~ポクシル@君☆は大丈夫だけどね。
pandaさんは、ドラマの深い所まで見ていたからかえって共感できる部分が・・ということで躊躇してしまったのかな?と。うまく言えないけど、真摯に向かい合ってた気がするわよ。私などはハナからラブコメと思って、それなりの距離を置いて見ていたから~(笑)オマケのように泣かせてもらえるとかえって感激しちゃったりして、単純だったわ。
最終回は、ミジュと秘書がハグしていたところでジーンときてました。ジノン母のことも思ってね~
ともかく、キレイなビニとヘニーが最高!(爆)やっぱイケメンて大事だわ~
2007年08月08日 22:45
kbkbYさん、こんにちは~♪
なぬ?アッパが出て来ないとはーー。出番が少ないけどいい味出してましたよね。
ヒジンに同情出来ないのは私だけ?と思いつつkbkbYさんもとはホッとしたわ~。何だか強気な態度がねぇ…。すぐヘンリーに頼るし(これはラストがああだから、当然だったんだろうけどね)、「君☆」は写真しか見てないけどいつも笑ってるリュウォンちゃんでカワイイですよね。インタビューを読むと一生懸命ないい子のよう。でもヒジンには…(←しつこい)
ミジュと秘書のハグは私もジーンと来たわ。素直になれなくて寂しそうなジノン母もね。

どっぷり…ではなかったけど、楽しめましたよ~。bkbYさんたちとワイワイ出来たし♪。共感できて心に響くドラマが好きで、私の感性とちょっと違ってたのだけど「真摯に向かい合ってた」と言ってもらえると嬉しいわ。
ビニ君もヘニーもカッコ良かったわね~。そうそう惚れなかったのがハマリ度が落ちたのかも?(イケメンがいなくても「ホジュン」や「チャングム」はハマったけどね:笑)
また他のドラマでよろしゅうお願いします♪

この記事へのトラックバック

  • 私の名前はキム・サムスン#16 07/08/01 Wednesday

    Excerpt: 20:09 BSジャパン 第16話(終)「恋せよ 傷ついたことがないように」 いよいよの最終回ですね~なのにサッカー中継でちょっと放送開始が遅れて、「8時9分~9時4分」となりました。中途ハンパ.. Weblog: 韓流のたのしみ! racked: 2007-08-08 09:28