波乱万丈 Missキムの10億作り 第2話

サブタイトル・・・「貧乏におちいる」
画像
☆感想とあらすじ(ネタバレです)☆
「私の夫になってください」と言うウンジェに「」のムヨル。
ムヨルじゃなくても、何言い出すの?!って感じだけど、同僚達を新居祝いに招かないとならないから、それで夫役をやって欲しかったのでした。
それを聞いて「俺に惚れてるからだろ?」と勘違い度が激しいし、お金でもなびかないムヨルに、「事実を話せばいいだけね」と言い、その後に送るだろう人生を延々と話すウンジェ。
・・・食べていくために貯金を崩し借金は増え、カードに手を出し終いにはニュースに・・・←発展しすぎだってば~!
自分のせいじゃないけど、もしそうなったら…と聞きながら何だか責任感じちゃって、「チャプチェは作れる?」とOKしたムヨルでした。

いよいよ実行の日、大家さん宅にもチャプチャをおすそ分けしたのね♪
舌鼓を打ってる夫の傍らで、「婦人会の旅行に行きたい」とゴネで寝込んでる妻。
遊んでばかりの婦人会なんて解散と聞き耳持たず「このチャプチェはゴマ油がいっぱい…」と言う夫に、生唾ゴックンの妻(笑)

新居を見て「狭いから掃除が楽そう」とちょっとライバル心むき出しのジヘ。
同僚みんなでご飯を食べてると、いよいよムヨルが帰宅~!
「あなた」と慣れないセリフを作り笑顔で吐くウンジェ、
慣れなれなく「会いたかった」と抱きしめるムヨル。←もちろん別室に連れて行かれ「余計な事しないで!」と叱られてました^^
食事してても亭主関白ぶりのムヨルに、顔をしかめるウンジェ。
すると同僚達が「写真は?」と言い大慌てのウンジェに代わり、
ツーショット写真を見せるムヨル。
その写真はモロ合成(爆)&ウンジェはビキニで恥かしいってのに、
「去年二人で地中海に旅行した時に彼女からプロポーズされた。
ゴミ捨て場でゲロを吐いて、汚物のついた唇を近づけて・・・」と
話も再現フィルムもおかしいのだけど、かなり調子に乗ってるムヨルに
「ぶっ殺す!」と叫ぶウンジェ。何とか誤魔化したケド~汗・汗。
みんなを見送った後は、もちろん文句タラタラでした。

いつものようにノンビリとマンションで過ごしてたムヨルに
一本の電話が来たのが、悪夢の始まりでした。父が事業に失敗し
(HPによれば「父親が事業に失敗し、逮捕されてしまったのだ」と)、
担保になってた自宅(ウンジェとヨンフンが前撮りした場所に立つ洋館)を
見るからにワルそうなチェ・ミノ(映画「公共の敵」のソン・ジル)に取られそうで、
「ここはダメ。ここにあなたの兄さんが眠ってるの!」と叫び倒れてしまった母。

病院で目覚めた母はムヨルを見て
「ムジン…あなたがママを置いて行ってしまったかと…一人にしないで」と
兄と重ねて泣いていて、「どこにも行かない」と答えて切ないムヨル。
どうもこのお母さんの亡くした息子を思い悲しむ姿は、
他のとあるドラマを思い出しちゃって、胸が痛みます。。。

自宅の庭の足型を撫でながら、
幼い頃に家族四人でこれを作った日を思い出すムヨル。
あの頃確かに生きていた兄の痕跡なのでした。。。
(ムヨル父は「チャングムの誓い」チャチャンソン、「チュモン」ユファ父のパク・ヨンテ)

母の為もあるだろうけど、自分も家を残したい一心なのでしょうね。
マンションを解約し、スポーツカーもバイクも売り払い
(キーを渡すとき、とっても名残惜しそうでした…)、
チェに金を渡して今月はしのげたけど、来月は・・・。

というワケで、仕事を見つけて金を稼ぐために、
カメラマンの自分を売り込むムヨルだけど、
同じ業界だから彼の女好きな悪い噂をどこも知ってて、中々採用はならず。
身から出たサビとは、まさしくこの事ね~!
それでウンジェの婚礼写真を撮った友人の事務所を頼り、
ウェディングカメラマンとして働く事にしたのでした(「ポップコーン」みたいね)
(事務所の女の子は「私の名前はキムサムスン」ジノンのオ見合い相手、「チャングムの誓い」医女)

最初の仕事は広告のチラシの写真撮り。
現れたモデルは、前回バーでバーテンしてたジニで、
モデルを目指してるんだそう。
カメラマンがムヨルオッパだからか、ホントにいい笑顔でポーズ♪
終わってから二人で食事に行き、
「あなたも大変。ここは私が奢る」と言うジニに、
いいところ見せようと、自分が払ったムヨル。
帰りの電車で、俺ってバカ…と嘆いてももう遅いのよ~。
今住んでる民宿は、寝返りも打てないような狭さだし、
ネオンがチカチカだし、うるさいし。苦労知らずお坊ちゃまのムヨルには辛い…。

誕生日のお祝いにと、高価な天体望遠鏡をプレゼントするウギョン。
これが欲しくて貯金してたから、顔をほころばせながらも
「誕生日は少し先。陰暦」と、あまり女心がわかってないみたいなヨンフン。

ウンジェの方もお金が底をついていて、生活の為に積立を解約する事に。
冒頭ムヨルに話してたのはウソばっかりじゃなかったのね。
そうそうウンジェってよく電卓叩いてたけど、意外とお金がなかったのね^^;
そういや家具一式は自分で揃えたようだし、
結婚式にかかる費用も自分持ちだったのかな?


カレンダーにつけられた、「ヨンフンの誕生日」の印。
思い出のレストランに行き、壁に貼られた写真(去年の誕生日を祝った時の二人)を手にして、涙が溢れるウンジェ。
お手洗いに行き涙を拭いて席に行こうとすると、ヨンフンが!
ヨンフンもウンジェを思い出してたのね・・・。テーブルの写真を見て切なそう。
来てくれた事が嬉しくて、また涙がこぼれるウンジェ。
鏡で身だしなみを整えて行くと、あら?いない!(←すぐ行けば良かったのに^^;)
レストランの外にもいなかったけど、でも来てくれた事が嬉しかったのでした。

アルバイトを探して出勤前に牛乳?を配るウンジェ。
リヤカー引いて、階段を駆け上がり、筋肉痛になっても頑張ってるのは、
ヨンフンを取り戻すために、お金を溜める!の一心でした。
ウギョンの車で出勤したヨンフンを待っていて、
「私、諦めない。あなたが何に関心持ってるか気付かなくてごめん」とウンジェ。
もうお前には関係ないと言うヨンフンに、
「ならなぜ夕べあの店へ?私、お金を稼ぐ。
私、自信があるの。あなたを選んだ私に」と宣言するウンジェ。

今日のムヨルの仕事は、ウェディングカメラマン。
しかし新婦を見てビックリ!ウンジェの同僚ジヘだったのでしたーー。
隠れても仕方ないって感じで、ジヘに取り付く島を与えず、
「今日は一番美しい姿を写真に…」とクサイセリフだけどナイスなムヨル。
最近のウンジェがバイトしたりケチになったのは、ムヨルが無職で、カメラマンは新しい仕事と思ったジヘ。
翌日ジヘと話しながら、ようやく結婚式に夫に逃げられたとわかってもらえたと、
それで今生活が苦しいと分かってくれた…と感激の涙だったウンジェは、
やっぱりムヨル=夫と思ってたと気付きガクッ。

着々と二人の結婚の計画を進めてるウギョンに、黙って従ってるヨンフン。
二人の食事に招かれたムヨル。
なぜ?と思ったら、ムヨルの自宅を売って欲しいと交渉するためでした。
そうそう、ヨンフンはここに住みたいと目を輝かせてたものね。
売る気はないとバシッと告げて、ステーキは完食していくムヨル。
ヨンフンをどこかで見たような?と振り返るけど、思い出せないのでした。
すれ違ったくらいだもんね、多分。
ヨンフンがダメならと、物件を押さえてるチェ・ミノと直接交渉するウギョン。

ヨンフンとヨリを戻そうと決めたからには、
婚礼写真も受け取っておこうと思ったウンジェ。
その中味の新郎・新婦を見てビックリ&ニヤニヤのムヨル。

スーパーで高いイチゴを迷ってるウンジェを見て、
「俺に任せろ」とうまくタイムサービスでゲットしてくれた大家の息子・ポンギュ。
色々とスーパーのノウハウを知ってて、ウンチクを語るので
「その能力でロトでも買ったら?」と感心するウンジェ。
「“金を持ち過ぎるのは、持たないより苦しい”byハイネ。
金持ちになりたいと思わない」とカッコ良く決めるポンギュ。
あら?でも前回、家族3人でロトを手にして
新聞見ながら一喜一憂してなかったっけ( ̄ー ̄?).....??アレ??

家に着くと大家さんと一杯やりながら、
白い歯を輝かせて、意味深に笑ってるムヨルがーーー。

「波乱万丈 Missキムの10億作り」他の回はこちらです。

波乱万丈 ~Missキムの10億作り~ DVD-BOX
波乱万丈 ~Missキムの10億作り~ DVD-BOX

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック