北京My Love  第31話

サブタイトル・・・「ヤンシュエの選択」
画像
☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆
ミングク父と会食し、30年の恨みは水に流してくれたらしいヨンスク祖父。
そして自分達は引退して、ミングクとヨンスクに会社を任せようと。
よく分からないけど、二人が結婚する事が過去を許す条件?
なぜそうなるんだか。。。全然納得出来ない私。
まあ、ヨンスクの思いを叶えてあげたいからなんでしょうが。

「こんな事で愛は得られない」と言うヨンスクに、
「長年の書く札がなくなり、経営問題も解決する」と一方的なヨンスク祖父。
もしミングクが他の女性を選んだら、「中止だ」と頑固な態度。

ヤンシュエとの深い愛を知らないから、手放しで喜んでいるミングク父。
でも一度、ミングクがボロボロだった時に、
ヤンシュエと会ってるミングク義母は複雑そう。
その話を聞いて、吃驚仰天ののミングクだけど、
「これでお前の母親に顔向け出来る」と嬉しそうな父に、
ヤンシュエの事は言い出せなかったのでした。

「気にしないであなたの好きにして。
私はミングクを愛してる。でもこんな形は嫌なの」と言ってくれるヨンスク。
返事が出来なくて「ごめん…」と謝り、「君には謝ってばかりだ」とミングク。
ヤンシュエを愛していても、会社の存続がかかっているから、
否定も肯定も出来なくて、何とも言えない様子ですが・・・。

そしてこちらも悩んでるパク秘書。
---坊ちゃんとヨンスクが結婚すれば韓国電子は会長の願いどおり。
でもヤンシュエとの愛は本物。どうしよう…どちらを取るべきか…---
考えた挙句、ヤンシュエに事情を打ち明けたパク秘書。
そうすればヤンシュエが身を引くと考えたようで
驚いて帰って行くヤンシュエに背中に、
「バカだと罵ってくれ。恨んでくれーー」と叫び、苦渋の選択だったのでした。
酔っ払ってポンス宅にやって来て「俺を殺してくれ…」と潰れてたパク秘書。

前回、ヨンスクが自分の職を投げ打ってまでミングクに尽くした事や、
ミングク父とヨンスク祖父を和解させるために、
二人がコソコソしてた事で心を痛めてたヤンシュエ。
それだけにこの話は、大打撃。
泣きながら、ミングクの為に自分のするべき事を模索してたのでした。

家の前で待ってたミングクを見て、隠れてしまうヤンシュエ。
そのまま家に入れなくて、考え込んでいると、
心配して中にに入るようにと声をかけるヤンシュエ父。
「パパ、世の中ってどう頑張っても不公平ね。欲しいものは手に入らない」
と泣き出しそうなヤンシュエに、
「それが人生だ。この年になればわかる。
すべてを得る事は出来ない」と言って、抱きしめるパパ。
そして「眠れないなら麺でも作ろう」と優しい言葉に、涙が止まらないヤンシュエ。

帰国するヨンスク祖父とヨンスクを見送るミングク一家。
「調印式には出られない。私の出番は終わり」と、
きっとその言葉は辛いだろうに、あえてサバサバした態度のヨンスク。
「これからずっと一緒だろ?」とおめでたいヨンスク祖父。

次の日会社で会って話があると言われても、
「調印式の準備があるから」と、避けるヤンシュエ。
一人になると、指輪を外して机に入れ、号泣・・・。

パク秘書からすべてを聞き出して、憤りを感じてるポンス、テヨン、サラン。
「ミングクはヤンシュエを選ぶ」と楽天的なテヨンに
「そうはいかない。苦労が1日で水の泡になるのかもしれない」とポンス。
格事を言って「ミングクなら愛を貫き通す」とサラン。
その言葉を聞いて、また失業するんじゃ?と心配して、ミングクとヤンシュエの気持ちを考えなかった自分を恥じ、「ミングクを解放してやろう」とポンス。

会社が引けて、ミングクに付き合えと誘い、
「もう一度お前を助けたい」と自分とテヨンの辞表を出すポンス。
「お前を自由にする。ヤンシュエを放すな」と言って。。。

一方のヤンシュエの家でも、
故郷に帰って、夢だった北京料理の店を開く。
娘は大人だから、ここで一人立ち出来るだろう言うヤンシュエ父。
親に構わず、娘には自分の為の道を行って欲しい…という意味と思ったのだけど、北京にいるのが辛いだろうヤンシュエの為に、地方に行く事にしたのかな?
そんな父の思いに、涙が止まらないヤンシュエ。

いよいよ韓国電子と中華電子の合弁の調印式の日。
それにしてもすごい大かがりね。
ヨンスクのいた会社とチャン社長の騰龍公司の時は、
ここまで盛大じゃなかった気がするけど。
パーティの最中、会場の外で涙してたヤンシュエに驚くチャン社長。

途中でいなくなったヤンシュエを探してたミングクだけど、
あと一歩のところで、タクシーに乗って行ってしまいました。
ミングクの為に、身を引いたものの、タクシーの中で涙が止まりません。

家に着くと、待っていたのはミングク。
きっと先周りしているだろうと思ったけど、
まさかチャン社長が車で送るとは思わなかったわーー
チャン社長、カッコイイじゃない


「韓国電子をあなたの手で変えるのよ」とヤンシュエ。
「でも君がいないと意味がない。君さえいればいい。何があっても俺を信じろ」
ミングクの言葉に、「自分の命よりあなたを愛してる」とヤンシュエ。
そして二人は、初めてのキス

「北京My Love 」他の回は、こちらです。

北京My Love BOX 2
北京My Love BOX 2 [DVD]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック