北京My Love  第30話

サブタイトル・・・「雪解け」
画像
☆感想とあらすじ(ネタバレです)☆
「社員達が楽しく働ければ、誰が経営してもいい」と言うミングク。そんな風に考えるミングクを温かい目で見つめて、「一緒に働いてわかった。能力を引き出す力は下手な専門家より彼らが数段上」とミングクと仲間達に感心し、「私達、チングよね」と言うヨンスクに、「友達(ポンヨ)」と中国語でと答えるミングク。
で、何でヨンスクの手を握らないとダメなの~?
緊張で汗ビッショリだったらしいけど。

世紀ホテルの入札の結果、チャン社長のところの合弁会社YK電子、韓国電子、そしてもう一社にしぽられました。
入札の会議の中で、すごく韓国電子を気に入って押してくれる人が一名いるけど、価格が高いのがどうしてもネックなのでした。

それ見越してたのか、自社の会議で、
「入札を落としたら、韓国電子と共同で進めたい」と提案するチャン社長。
彼らの製品は最高…というのはわかります。
でも、「あえて価格を高くして品質をアピールしてた。
そんな誇り高い企業があるだろうか?」と言うのは・・・(汗)

すると価格云々と言う役員に「入札をきっかけに技術を学び、韓国電子を作り上げる。これが我が社の利益」と。 ←うん、これなら納得だわ~

入札結果を待ち、試験結果よりドキドキすると言うミングク。
どうしても勝ち取りたい理由は、親父の為でもあり、
母を犠牲にして大きくした会社だから、母の為でもあるのでした。
そして親父のワンマン経営を変えれたら、親父を許せるようになると言うミングクの手を握り、「あなたなら必ずやれる」と励ますヤンシュエ。

その言葉どおり、見事入札を取った韓国電子。
ただし、YK電子との共同納品だったけど、
天下の世紀ホテルに納品出来るというのは、すごい事でみんな大喜び!
ここの入札を取った事で、大手の電子会社から合弁の申し込みが殺到し、
願ったり叶ったりの展開に。

韓国の自宅で、ジッと喜びをかみ締めると共に、
息子の成長が嬉しくて、「これで死んでもいい」と目が潤むナ会長。

みんなで乾杯してお祝いの最中、
ヤンシュエに「ミングクを借りてもいい?」とヨンスク。←後からじゃダメなの~?
外へ連れて行き、黒幕は自分の祖父・ファン会長だった事、
ミングクの父と自分の母の因縁を話したのでした。
そして、「ここに戻ったのはミングクとナ会長を守る為じゃなく、自分を守る為。
ヤンシュエが去った時友達以上の関係になれるかと思ったけど、
彼女理愛の深さを知ったの。だから今、その傷を治療中」と笑うヨンスク。
そしてある計画を持ち掛けたのでした。

ミングクに会ったら抱きしめるために、左半身のリハビリ中のナ会長。
↑ホロッと来るセリフだわ…
そこにミングクから北京に来るように電話があり、
ファン会長の元にも、北京に招待したいとヨンスクから電話が。

会社を辞めて、エンジニアの資格を取ったら、改めて入社すると言うテヨン。
どうも自分だけが役立たずと言うコンプレックスがあり、
そんなテヨンに「今の気持ちをミングクに伝えて」と怒るサラン。
その通りミングクに伝えると「ありのままでいいんだ。自分を誇りに思え。
両立して働きなが勉強すればいい」と。
ミングクならそう言うと読んでて、ニッコリのサラン。

フロントで予約してるヨンスクに声を欠けるヤンシュエ。
「ミングクに頼まれた。聞いてない?」とヨンスク。
話してないとわかると、「関係ないから」とそれ以上の事は言わないのでした。
別に話せばいいのに・・・っていうか、
ミングクったら何でヤンシュエに言わないのよーー


ヤンシュエ抜きで会いたいとチャン社長に呼ばれたミングク。
特に話というわけじゃなく、家に呼んで友好を深めたかった?
彼が恋敵だったと知らないハズなのに、
「恋を失って友を得たようね」とチャン社長の母。
今までの態度を、中国語で謝るミングク。ちゃんと練習したのね。
途中でメモを見ながらだったけど、誠意はちゃんと伝わりました。
「ヤンシュエの事がなければ、友達になりたはず」と言うミングクに、
「これからは友達だ」と握手の手を差し出すチャン社長に、
「友達(ポンヨ)」と中国語で答えるミングクでした~

北京のホテルに着いた車椅子のナ会長に、
「飛行機は疲れたろ?」と真っ先に体を気遣うミングク。←変わったね~^^
韓国電子の展示(←入札は終わったのに、一体いつまで…)を
父と義母に見せるミングク。
そこにはファン会長もいて・・・これがヨンスクたちの作戦。
立ち去ろうとするファン会長に、まだ辛いだろうに自分の足で立ち
「恩をかけてもらったのに、娘さんを愛してしまった」と過去を詫びるナ会長。
「親父、愛は罪なのか?本当に罪は愛を妨害する事だ」とミングク。
そうそう!よく言ってくれたわ。
そんなミングクを止めて、ファン会長に
「罪は私だけに。子供達に責任はない」と頭を下げるナ会長。
「死んだ人間は?」と呟くファン会長に、一同シーン・・・。

二人が鉢合わせした事で、もう内緒にする必要もないと思ったのか、
ヤンシュエに二人の因縁を教えるパク秘書。
ヨンスクが祖父に反発し、仕事を辞めてまで
ミングクの力になったのかわかったヤンシュエに、
「力どころか、ミングク坊ちゃんとナ会長にとって恩人です」と
余計な事を言っちゃうパク秘書。 まぁホントかもしれないけど。

指輪を外してジッと見つめ、パク秘書の言葉が蘇るヤンシュエ。
自分よりヨンスクの方が相応しいと、思ってるんじゃないでしょうね?

ミングクって、いつの間にかマンションに引っ越してたのね~
確かにポンスが結婚して、あそこには住めなくなったけど。
ホテルじゃなくてここに泊まると言って夫婦で来て、
更に「一人で寝たい」と言う義母。二人を一緒の部屋にしたかったのね・・・

ミングクのベットで、初めて枕を共にする父子。
照れちゃって…というか涙を見せないように(?)
寝ると言って背中を向ける父に、「ありがとう。中国に送ってくれて」とミングク。
涙を隠すために「眠れん。話しかけるな」と父。
「約束だよ。長生きして」
ミングクの言葉に泣いている父。 今回はミングク父で結構泣いたわ(゚ーÅ)

「ミングクを愛してるのか?」と尋ねると「愛してます」と強い意志のヨンスク。
ヨンスクの目は、昔の娘と同じ。
「これはワシの罪だ。安心しろ。お前の娘を泣かせはしない」と呟き、
ナ会長と会う事を決めたのでした。
それにしてもファン会長って、ナ会長を恨んでた割には、
娘とナ会長のツーショット写真を大切に持ってたのね^^;
笑ってる写真はこれしかないって言ってた気がするけど(ホントにそういうセリフがあったか不明)私だったら、真ん中から切っちゃうかも。


ポンスとヨンヒのんが出来ました~
胸を押さえて苦しそうなもんだから、てっきりまた病気?と
焦って会社に飛び込んで来たナラちゃん。
前はおばさんと呼んでたけど、今はちゃんと「お母さん」と呼んでたわ~
そして妹か弟が出来ると知り、大喜び♪
「こんな奴と結婚なんてボランティア精神だ」とブラックジョークのパク秘書(爆)

「北京My Love 」他の回は、こちらです。

北京我的愛(北京わが愛)オリジナルサウンドトラック
北京我的愛(北京わが愛)オリジナルサウンドトラック

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年07月06日 11:39
pandaさん、こちらも~
「雪解け」いろいろありましたね、私はチャン社長とを書いたけれど、こちらでミングー親子の雪解けにホロリときました。ほんと、ミングー大人になった!!父に対する気遣いがいろいろあったんですね~まだ素直じゃない二人だけどこれから安心できそうです^^
こういうまとめは嬉しいですよ~
でもヤンシュエが心配。なんでヤンシュエに秘密にしてたんでしょうね。
2007年07月06日 22:29
cocoansさん♪
ミングー父子のシーン、良かったですよね。特にミングー父の気持ちになって、息子の成長が嬉しくてホロリと来ましたよ~それでもまだミングーに思い入れは微妙な私。。。ヤンシュエを追いかけて韓国に帰った時に、バトルもありましたね。懐かしい・・・。似たもの同士、みれから親子関係を築いていきそうです。

ヤンシュエに秘密にしてるのは、ナゾです。別に話してもいいのにねぇ。。。ただ単にこじらせる為の設定に思えて来ました(汗)

この記事へのトラックバック

  • 「北京MyLove 北京我的愛」第30話

    Excerpt: 韓国ドラマ「北京MyLove 北京我的愛」第30話~雪解け~いろいろなところで雪解けが。見つめ合ってたチャン社長とミングーにもでした。 Weblog: cocoans☆韓流よりみち日記 racked: 2007-07-06 11:40