私の名前はキム・サムスン 第9話

---あなたは私があげた心をオモチャのように…---
     「私を怒らせたら 全員丸焼きにしてやる」


☆感想とあらすじ(ノーカット版・ネタバレです)
前回のBSジャパンでは、サムスンパパの幻影登場で続く…、なぬと思ったけどなるほどね~。
この回が、「心臓がカチカチだったらいいのに」(もしやBSジャパンは「心が石みたいだったらいいのに」かも?)の続きからだったからね。

「パパは心臓がカチカチになって死んだんだ。心臓に血が流れ、好きな男のせいで痛くなる。お前の心臓が丈夫そうで嬉しいな」と笑顔で励ますパパ。
幻だけど生きていたらこう言ってくれたんだろうなぁ。。。
告白しないのか?と言われて、嫌いって言われたらミジメ…と答えるサムスン。
「嫌いって言われたら一発殴ってやればいい」
パパの言葉に吹き出して、「さっき殴ったよ」と大分元気になりました。
気がつくと、パパが座ってた席に座るサムスン姉。
「さっきパパが来たけど全然老けてなかった。
私達だけ年を取るんだね…」としみじみ。

帰りに、我慢できなくてトンネルで用を足し(!)てると、ジノン母から電話が入り、
「明日迎えに行くから用意して待ってなさい」と、有無を言わません^^;
サムスンに決めたのではなく、ヒジンから離したいだけと、
秘書・ヒョンスクに告げるジノン母。

ジノンの耳掃除をしながら、いつの間にか出来たホクロに気付いたヒジン。
3年という月日は、こうやって変わってる…ってカンジ。
ジノン母に会って、病気の嫁はいらないと言われたと話すヒジンに、
ヘソ曲げてるだけだと慰めるジノン。

サムスンを迎えに来た車の後部座席には、仏頂面のジノン母とヒョンスク、
真ん中のミジュだけが笑顔で手を降ってくれたけど~
今日はミジュの両親・ジノンの兄夫婦の命日で法事だったのでした。
サムスンが来ていて、目を丸くするジノン。

ジノン母、ジノンが車を運転してるのを見ても驚かないわね( ̄ー ̄?).....????
これもレストランのスパイから聞いてたのかしら?

「ホテルを継がせなかったら長生きしたのかも…」と後悔を口にするジノン母に、
「私はバイクを買ってあげた事を後悔します」とオ支配人。
第7話の事故の回想シーンで、あのバイク青年はどうなったの?と気になったのだけど、亡くなったのね…。それがオ支配人の一人息子。
事故から1年後、開店するレストランの支配人をやって欲しいと言われたそう。
一人息子を亡くし、教師を定年退職して抜け殻だったオ支配人を
心配して気遣ってくれた、ミジ王だけど本当は思いやりがある優しいジノン。

「彼女と別れたから、もうこういう事しないで」と言うジノンに、
「立派な女だと連れて来たのは少し前なのに身勝手。(←確かに)
ヒジンのせいなら絶対反対」と聞き耳持たないジノン母。

母がダメならサムスンって事で、「俺の言う事だけ聞け」と告げるジノン。
「いやよ。ヒジンさんの事でお母さんと冷戦中みたいだけど、
巻き込まないで。ナ社長でもあなたでも言う事は聞かない」と言い、
退職届を突きつけて、さっさと帰ってしまうサムスン。

送ってもくれず、さっさと車で帰ってしまうジノンに、
「ホントにミジ王」とムッとして、バスで帰ったサムスン。
するとバス停にいたのはジノンでした。
花束を渡して「キム・サムスンさんにではなく、パティシエに贈る。
店を辞められては困る」と言うジノン。
「跪かないと」と言い、しないとサッサと行ってしまうサムスン。
追いかけて渋々ながら、映画のようなポーズのジノン。
「随分嬉しそうな顔ね」とサムスンが呆れるくらいイヤーな顔で(笑)
肩膝ついて手を差し出すポーズは「ねるとん」を思い出しました。

花は受け取ったけど、「心が動かない」と辞める決意は変わらないサムスン。
勝手に辞めるなんてプロ意識がないし、面接のチョコの箱の話はウソ?
責任を取るかウソつきかどっちだ?と言い出すジノン。
生意気!とゲンコツして、イネを教育する二週間だけ残ると答えるサムスン。
叩かれても「残る」の一言に嬉しそうなジノンでした~。

ジノン母に会いに行き、「お昼をご馳走して」と甘えるヒジン。
もちろんダメでしたが、代わりにヒョンスクを誘って、
食事はちゃんと食べられるってところをアピール。

ジノンと別れた事を聞きつけてやって来たチェリ。←早っ!
あーだこーだとうるさいけど、ヒョヌに戻らないのが心配みたいな?
ヒョヌの事を「オッパ」と呼ぶようになって、本気なのね~
あまりにもうるさいのでキレて、小麦粉をぶっかけて追い出し、
「オーブンで焼いてやる!」と叫ぶサムスン。

「誰でも私を怒らせたら、シロップと卵を混ぜて食ってやる!」
とブツブツ言ってトイレに向かうサムスン。チェリじゃないけど八つ当たり?
トイレに入ってオナラをブッのサムスンに、隣で顔をしかめるジノン。
紙を使おうと思ったら、ない!隣のサムスンに紙を頼むけど、
もちろんくれるハズがなく、こっちも切れたとか、
血液型によって対応が違うとか言って、行っちゃうサムスン。
結局ジノンは、靴下を使ったのかしら?

店の従業員を誘ってクラブに行き、ナンパされたんだけど、
サムスンとチャンチーフは置いてきぼりで可哀想~
その頃、違うクラブで濃厚なキスしていちゃついてるジノンとヒジン。
ヒジンへの電話が通じず、寂しそうなヘンリーは、必死に韓国語の勉強中。

ロマンチックなセリフを言うヒジンに、「文例検索サイト?」とジノン。
サムスンとの事を思い出したのか、ニコニコ笑ってたのでした
そうそう「モモ」の話も何気なくしてたし、サムスンが浸透してるカンジ。

酔って帰ってブランコに乗って歌うサムスン。
歌詞になぞって、「そう…欲張らずにあなたみたいな人を愛しなさい…」
ジノンの事を思い出して泣いてたサムスンに、帰宅して驚く母。
ホウキを持ってサムスン姉を脅して、ジノンとの事を知り、
ベットで泣いてるサムスンに「いつもフラれてばかり!」と怒る母。
そして、ジノンの顔を見に行くから連れて行けとすごい剣幕で、
止めるのに必死だけど止まらず、「契約恋愛」と言ってしまった姉。

サムスンの部屋には、ジノンからもらったバラの花束が。
ドライフラワーにするために逆さに吊るしてましたね♪

翌日、レストランに乗り込み「社長を出せ」と言う母に、
「出かけてるから私に御用を」と答えるオ支配人。
イラついて、オ支配人に対して、「オバサン」とか
「クレオパトラのような髪しちゃって」とか失礼なサムスン母。
店に出勤して来たジノンを見つけると、すごい勢いで叩き出し、
それを止める支配人と掴み合いのバトルにーーー
二人の喧嘩を止めたのは、駆けつけたサムスンと姉の声でした。

姉のアパートが売れるまでの担保に、家の権利書を渡し、
「今日からサムスンは出勤させない」と告げる母に、
えっ?!って顔のジノン。二週間の間に引きとめようって思ってたのかな?
ジノンと話があると言うサムスンを置いて、姉と帰る母。
「私に息子がいたら、あの若造を放っておかない」とブツブツ。
確かに五千万で娘を買ったなんて、いい気しないでしょう。

とにかく約束どおり二週間は出てもらうと、譲らないジノン。
でも素直じゃなくて、「辞めて行くアテがない」とか、
「出たり入ったり職場は遊び場じゃない」とか言うから、
サムスンにはジノンの心の奥底にあるだろう気持ちは伝わらず、
今日付けで辞めると言って出て行き、ため息のジノンでした。

今日でお別れの「キムサムスン」のネームプレートのついた白衣を手に、
涙ぐむサムスン。 イネに自分のレシピを渡し(後で返してねと)、
店を出るサムスンを、整列して待っててくれた従業員たち。
その中でも、チャンチーフが寂しそうだわ。。。
「別れの挨拶は苦手だから」と一人で出て行くサムスン。
少し間を置いてから、外に出て見送る仲間たちでした。
そして窓の外から、寂しそうに見つめてたジノン。

「私の名前はキム・サムスン」他の回はこちら

私の名前はキム・サムスン OST Vol. 2 - The Memories of My Lovely Sam Soon (韓国盤)
私の名前はキム・サムスン OST Vol. 2 - The Memories of My Lovely Sam Soon (韓国盤)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

のり
2007年06月14日 01:26
ヒジン登場前の、契約といいながらも気になる関係の二人も良かったけれど、登場後の関係もなかなか良いです。あんなに好きだった人に対しての想いが誤解が解けたことで復活するのもわかるし、なんか気がかりなサムスンに対しての気持ちもわかるし・・・。「文例検索サイト」のくだり、大好きです~!比較してるわけではないけど、なんとなく思い出しちゃったりして。
2007年06月14日 11:31
のりさん、
ヒジンと元サヤに戻ったジノンだけど、いざサムスンが離れるとなると微妙な感情が芽生えてきてますね~
>「文例検索サイト」のくだり、
きっとサムスンとの事を思い出してたんでしょうね。ヒジンが入り込めないジノンサムスンの世界みたいな・・・。
私もここは好きだけど、サムスン母が「今日で辞めさせる」と言った時のオドロキ顔が好きです。もう会えなくなる?!それはイヤだよ~って感じでした。
よっしい
2007年06月14日 18:13
コンバンワ
今回よかったですネ。ヒジンとのベタベタシーンは、嫌だったけどちょっとずつサムスンとのことを思いだしつつだったので・・まっいいかと
今回は父はもちろんだけど母がすごくいい味だしてましたね。母も姉も本当イイね。
<もう会えなくなる?!それはイヤだよ~>私も好きです。絶対そう思ったよね・・それなのにあくまでも仕事の関係だけのつもりでいるジノンって。そんなに鈍感なの?!自分の気持ちなのにって思ったヮ!ドラマだから
いいんだけど韓ドラって自分の気持ちに気ずかないって
話多くない?お国がらなのそれとも純粋、鈍感な人が、多いのかな~?!まっそれでハマッテしまうのだけど。
次回ジノンはどうするのかな~?

2007年06月15日 22:51
よっしいさん、こんばんは。
ヒジンとのラブラブシーンは、もういいわ~って感じですね。深い関係の恋人だったから仕方ないですけどね。
さりげなくサムスンの事を思い出して、微笑んでるジノンが良いですね。
でもまだサムスンへの思いには気付いてなくて、確かに鈍感?と思っちゃうけど、長い付き合いの恋人・ヒジンがいるし、その思いとはまた違うんでしょうね。
えこ
2007年06月16日 00:07
pandaさん、こんばんは!
ヒジンとラブラブしてたとこって「美日々」でヨンスがミンチョルの似顔絵描いてたライブハウスですよね(ミンチョル素敵だった~)。
今回はソナ姉さん、下ネタに体張ってましたね~。
トンネルのもリアルだったし(妙に長かったけど、ジノン母の電話には聞こえてなかったのかしらん)、ジノンへの紙なしの対処の仕方なんか爆笑!
「知り合いの肛門科紹介しましょうか?」なんてしっかりジノンへの復讐果たしてました(笑)
そのジノンもサムスンがボナペティ去るときには複雑な顔をしてましたね~
2007年06月16日 17:42
えこさん、こんにちは~
>「美日々」似顔絵描くシーンは覚えてますが、あれってカフェでしたか~?!すっかり忘れてました^^; ミンチョルの目、鼻、口…とカメラがアップになるのが印象的です(イ・ジャンスニムの「天階」でも似たシーンが…)

ソナ姐さん、下ネタ全開でしたね!韓ドラではトイレシーンって当たり前のようにあって、演ずる俳優さんたちに毎度驚きます。トンネルのシーンはレビューで書かなかったけど、多分だけど電話してる間止めてたんですよ!!切ってからまた音がしてました~
>ジノンへの紙なしの対処の仕方
ハッと指を見るジノンが可笑しかったです♪
2007年06月18日 16:51
pandaさん、こんにちわ
サムスン父との会話、よかったです。とっても優しそうで、生前はあの暴力母といいバランス保たれてたんでしょうね。
トイレネタ、確かに多いです^^;そして長い・・その後ジノンがどう脱出したか知りたいわ。指見てたって事は・・なんて~^^;ジノンB型だったんですね。
モモやサイトのところ、サムスンの影響力を感じました。そう、サムスンとの時間がきっと体にしみこんじゃってるんだわ~!


2007年06月20日 00:00
cocoansさん♪
サムスン父との会話はジーンと来ましたよ~
心配そうに見てたパパが、「心臓が丈夫で安心下』って笑ってくれるなんてね。
そうそうあのホウキを振り回すサムスン母と夫婦なのよね。不思議だけどそういやいいバランスなのかも (^ー^)

トイレネタ、多いですよね。「威風堂々の彼女」でも多かったけど、このドラマもよくトイレに向かってますよね。
ジノンの脱出方法知りたいわ~出て来た時に足元が映らないかなーーと靴下チェックをしたかった私。
サムスンの事が浸透してるジノンを見るたび、顔が綻んでました。早くサムスンへの気持ちに気づいて欲しいわ~

この記事へのトラックバック

  • 「私の名前はキム・サムスン」第9話

    Excerpt: 韓国ドラマ「私の名前はキム・サムスン」第9話(ノーカット)「あなたは私があげた心をオモチャのように」なかなか胸につきささるサブタイトルにしんみり・・・花束シーン、どこかで見ててっきりラストあたりのラブ.. Weblog: cocoans☆韓流よりみち日記 racked: 2007-06-18 16:53