私の名前はキム・サムスン 第6話

【キスのカロリー 愛のカロリー】
    「女だって1人で飲みたい時があるんです」

→髪を下ろしていてもジノンとテウン(@雪の女王)じゃ違いますね~今は頬やアゴのラインがかなり痩せてワイルドなカンジ。

☆感想とあらすじ(ネタバレ)☆
ヒジンのオデコにチュッするヘンリーを見てしまったジノン。
追いかけて来たのに代わりの男がいるって、複雑だろうね。。。
ヒジンの涙は自分の為だと気付いたのかどうか・・・?

バスから降りたサムスンを待ってた元カレ・ヒョヌ。明日は婚約式だっていうのにーー電話に出ないから来たんだそうで
「ケーキを作らせてごめんな」とヒョヌ。 「いいよ。ツバ入れるから」とサムスン。
「いいけどバレないように」と笑うヒョヌ。 
ポンポン物言うサムスンと笑って聞くヒョヌ、二人の3年間ってこんなカンジだったのかな?

「ジノンと別れて俺と付き合おう」と勝手な言い分のヒョヌを
トンネルに連れ込んで、「根性を叩きなおしてやる!」と、持ってた傘でボコボコにするサムスン。想像?と思ったら現実でした~
「俺を愛してるだろ?」と言うヒョヌに、
「愛でも未練でもない。私の青春の3年を一瞬で消すことは出来ない。
苦くて可哀想で…。でも懐かしくないし戻りたくない」とサムスン。
そう言われても、「チェリと結婚しても、お前と恋愛したい。浮気じゃない。
ジノンと一緒にいるお前を見て“愛してる”と悟ったんだ」と勝手な言い分のヒョヌ。
怒りというより、勝手すぎてやっぱりおかしい( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

「やり過ごしたらいいのに。人の心を逆撫でして…」と呟くサムスン。
その言葉どおりに、翌日の婚約式では、
イネちゃんが声を掛けられないくらい、真剣にケーキ作りするサムスン。
“祝・婚約”と書いたチョコプレートを乗せては涙ぐみ、
二人の姿を影から見ては涙・・・
パリのカフェで、ヒョヌと初めてキスした幸せだった日を思い出し、
---一杯のコーヒーは5kカロリー。キスの5分の1。
3年間のキスのカロリーは?愛の熱量はどこへ?---
そう心で呟くそんなサムスンに「大丈夫か?」と心配そうに声をかけるジノン。

唐辛子をたくさん混ぜたケーキを食べて苦しむヒョヌ&チェリや招待客
それを見てほくそ笑むサムスン・・・しかしそれは想像だけでした~
(チェリの母は「春のワルツ」ホテルでウニョンを泥棒扱いしたオバサン)

パーティが終わると「店を出してやる」とかって馴れ馴れしいヒョヌ。
「思い出を壊さないで。カッコよくクールに去って」と涙を堪えて去るサムスン。
二人の会話を聞いていて「今婚約したのに」とジノン。
「あなたたちが似合わないから」とヒョヌ。
胸ぐらを掴んで「俺の女に手を出したら許さない」と怒るジノン。
恋愛契約云々って事より、泣いてるサムスンが可哀想だったのよね。。。きっと。

用意した大量の唐辛子をトイレに流し、ずっと泣いていたサムスン。
本物の唐辛子はかなりノドに来たのね^^;かなり 咳き込んでたソナさん~

屋台で酔っ払ってるチャンチーフが店の子たちに、
いい男に巡り合えない理由を1から10まで並べて話してた頃、
ポナペティで飲みながら、ピアノをたとたどしく弾いてたサムスン。
「ヘタクソ」と言いながらも横に座って、「俺の真似して弾いて」と言うジノン。
文句を言いながらも大分弾けるようになり、
今度はジノンの伴奏とサムスンの演奏で連弾することに
一つの椅子に座って弾く二人は、何だか可愛らしい~

さっき泣いてた理由はヒョヌを好きだから?と聞くジノン。
「私が考えてた永遠の愛はこの世にないと思ったら悲しくて…」とサムスン。
飲んでる酒代は給料から引く。俺の分も持ってきたら引かない」と言うジノンに、
「くれって言えばいいのに。カッコつけて」とサムスン。←激しく同感♪

厨房でおつまみやら洋酒やらを手際よく準備するサムスン、
その間流れてるBGMはジノンが弾くピアノのメロディ、この演出良いわ~
お盆に乗せてフロアーに行こうとしたサムスンは、
ピアノを弾くジノンの後ろ姿に、足が止まってしばし見つめていました。

ビアノの椅子に腰掛けて、色々な話をするサムスン。
ヒジンという名は、姉二人が通ってたピアノの先生の名前。
貧乏で習わせてもらえなかった三女サムスンを不憫に思って、
指一本で弾ける曲を教えてくれた優しいヒジン先生に憧れて、“キム・ヒジン”。
「てっきり…」と苦笑いのジノン。

外は雨が振って来て、その音が店内に響いて何だかいい雰囲気。
小さくても韓国で一番おいしいケーキ屋と言われる店を出したいとか、
父のように生きるのがイヤで、パリ行きのチケットや勉強するための金をバイトした事、時々注目される生き方をしたい…と話すサムスンに、
「この店では特別」とジノン。
おっ!いい事言うわ~と思ったら「一番の年長でデブ」って
いやいやこれは照れ隠しのセリフ?からかってるようにも見えるわ~

次はヒジンの事を尋ねるサムスン。
でも答えずに、何気なくピアノを弾くジノン。
その曲を知ってると言い、ナントカおじさんがつけてくれた詩を歌い、
ジノンのピアノの演奏で歌うサムスン。 素朴でカワイイ歌い方
歌い終わってケーキを食べたサムスンは、口元にクリームが。
それを見て笑うジノンを見て、バカにしたと怒るサムスン。
「クリームが」と言われても、どこ?と中々拭けなくて、指でぬぐってくれたジノン。
お互いハッとして、意識しちゃって妙な空気が流れていました。

立ち上がってよろけてしまったサムスン、
ジノンが庇った拍子に抱きかかえる格好になってしまいました。
サムスンが離そうとしてもきつく抱いて、顔を近づけ
「今日は目を瞑らないの?」なーんて言ってたのに、
チュッとして来たサムスンに、ビックリのジノン。
一度離れたけど、もう一度長く熱いキスを交わす二人。。。

しかし!我に返って自分がした事に驚いて、雨の中出て行くサムスン。
自分でもなぜそうしたのか、わからない様子のジノン。

数日経ったらしく、今日は従業員総出で、ボナペティの大掃除の日。
イネちゃんに「社長とキスした事ある?」なんてタイムリーな事を聞かれたり、
チャンチーフの妄想やコキブリ事件(これは気持ち悪い。北海道にゴキブリはいないけど~)などの後、
サムスンに「社長室に」とメールを送るジノン。
あれ以来避けてたらしい二人。
ジノンの第一声は「あのケーキに理性を失わせるものを入れた?」
オイオイ、それはないでしょーーと思ったら「悪かった」と謝ったジノン。
でも謝られるのも、サムスンにとって、何だか複雑なんじゃ?
「私が先にしたから、謝るのは私」とサムスン。

バックを返してもらって帰ろうとすると、
「まさか俺の事好きになったのでは?」とジノン。
契約の事を持ち出して、恋愛のフリをするけど決して恋愛しないと念を押し、
キスしたのは理性を失ってたからと言ったジノンに、
「片付けたのは社長?理性がなかったのに」とサムスン。
「理性を失っても1%は残す」と苦しい言い訳のジノンは、
酒癖が悪いのにに飲ませた俺が悪いとか、
今度から店で一人で飲まないように。誘ってって言ってるようだとか、
キツイ事を言うジノンは、ワザと突き放すように言ってるみたいだし、
自分から過ちって言ったものの、サムスンが「過ち」って言ったから、カチンときちゃったみたいにも見えます。
「女だって1人で飲みたい時がある」と声を荒げるサムスン。
「俺もその口調真似しようかな」と笑って、
明日済州島へ行くから、正装してくるようにとジノン。

ヘンリーのママは7歳の時に養子でアメリカへ行ったんだそうで、
そして目が見えないのでした。
それなのにヒジンったら、「チョゴリの色が」なーんて言うから、
「ママの目が見えないって何千回も言ったよ」とヘンリー。
それでも怒ってなくて、おどけたように。
それにしても、それって悲しいけど、全然関心持たれてないって事だよね~
ハッキリ「あなたには特別な感情を持てない」って言ってたヒジンに、
悲しそうに笑うヘンリーでした。
ママの故郷の済州島へ行きたいと言うヘンリーに、
どうやら一緒に行くらしいヒジンは、新聞記事を見て、「ここに泊まりましょう」と。
“ソウルホテル済州島”のオープンを伝える記事でした。

そのホテルのオープン記念のパーティに出てたサムスンとジノン。
ジノン母と秘書も一緒です。
(挨拶してるホテルの社長は「威風堂々の彼女」ウニ祖父、その陽射が私に…」ヨヌ祖父、映画「ラストプレゼント」父のキム・ソンギョム)

ホテル建築に関ったのはマル建設なので、パーティに来てたヒョヌとチェリ。
そういやここのホテルの設計をヒョヌがしたとかって、チェリが言ってたような。
サムスンとジノン、ヒョヌとチェリ、そしてヒジンとヘンリーも来るし、
こりゃ大変だーーー

ピアノを弾くシーンは、吹き替えではなく自前でやってるヒョンビンは、
撮影三ヶ月前から特訓したそうです
そして、監督さんがちゃんと進捗状況をチェックしてたらしい。
手と体を別々に映して…って事ではなく、
全体を映してちゃーんと弾いてるから、やっぱり絵になるわ~
他の韓ドラでもピアノシーンをよく見るけど
大抵ちゃんとやってるからスゴイ!と感心しちゃいます。

「私の名前はキム・サムスン」他の回はこちら

私の名前はキム・サムスン OST Vol. 2 - The Memories of My Lovely Sam Soon (韓国盤)
私の名前はキム・サムスン OST Vol. 2 - The Memories of My Lovely Sam Soon (韓国盤)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

えこ
2007年05月17日 13:56
pandaさん、こんにちは!
ピアノの前の2人、いい雰囲気でしたよね。
ケーキを取りに行くサムスン、カメラも長回しで一発撮りみたいで自然な感じ。
実際にお酒を飲みながらだったそうで、よろけるシーンのNGシーンを見たことがあります。
フレンチキスから濃厚なキスになって、スポットライトに照らされて素敵な雰囲気。
連弾の「チョップスティック」って映画「ビッグ」でトム・ハンクスが弾いてたのを思い出しました(床の鍵盤を足のステップで弾くオモチャ…ってわかってくれます?)。

済州島のホテル、教育TVでやってた「アジア語楽紀行」でもロケしてたんですよ!
「あ~、サムスンのホテル~!」って一人で興奮してました(笑)
2007年05月17日 21:35
えこさん、こんぱんは~♪
>連弾の「チョップスティック」
トム・ハンクスものは結構見てるけど、「ビック」は未見でした。見てれば「おっ」と思ったかもしれないのに残念!
>床の鍵盤を足のステップで弾くオモチャ…
ハイハイ、わかります~ (^ー^) いつか「ビックを」見たらチェックしますね♪
ピアノの前の二人は、本当にいい雰囲気でした~雨の音がまたgoodでまさしくキスしたくなるのもわかる気も?このままサンスンとジノンがいい方向に?と思いきや、そうもイカンのね。
ケーキと酒を取りに行くシーンは、すべてにおいて上手い見せ方で、監督さんに感心しました。
済州島のホテルは、そうだったんですね~違う番組で見かけると、何だか嬉しくなりますよね。
2007年05月20日 16:33
pandaさん、こんにちは。
いいなあ~北海道、ゴキブリいなくて(笑)
それはともかく、ヒョヌには出てくるたびにガッカリさせられるわ。何なんだ、あの男!(怒)
2度目の長くて熱いキスは5キロカロリー以上あると見た!(爆)
来週の済州島は大変なことになりそうね~(期待)
2007年05月21日 14:57
kbkbYさん、こんにちは。
北海道、いいでしょーー!本州に行ってもホテル宿泊だし、実は生ゴキブリを見た事ないのよ~あんなデカイのがゴソゴソってイヤだね(汗)チャンチーフご苦労さん♪

ヒョヌは、kbkbYさんと共に第一印象良かったのにね。「何なんだ?!」キャラだったわね(呆)
でもその俳優さんのインタビューを読んだせいか、どうも憎めないです。実際いたら蹴りたくなるけどね!
二度目のキスは熱かったねーーー確かにカロリー消費量は多そう。
>来週の済州島
一同に介するなんてね。実はもう見たのだけど、えぇ?!そう来るかーーでした。

この記事へのトラックバック

  • 私の名前はキム・サムスン#6 07/05/16 Wednesday

    Excerpt: 20:00 BSジャパン 「私の名前はキム・サムスン」第6話「キスのカロリー 愛のカロリー」 今回のパロディー、分かりましたよー!お店で二人ピアノに向かってて、ジノンが「足で弾いてる?」て言った.. Weblog: 韓流のたのしみ! racked: 2007-05-19 10:00