プラハの恋人 第17話

サブタイトル・・・「ゆれる運命」
画像

☆感想とあらすじ(ネタバレあり)☆
「ヨンウと結婚する。カプスンとカプトゥルは結ばれない」と涙が流れるジェヒを引きとめ、「お前は俺の所属だと言ったろ」と訴えるサンヒョン。
しかし、「私は誰の所属でもない」と行ってしまうジェヒ。
ただ、切なく見つめているしか出来ないサンヒョンでした。

ヨンウの所に行き、掴みかかり、
「お前の5年に命じて我慢してた。卑怯なヤツとは思わなかったから。
聞こえるフリして彼女を引きとめた」と談判するサンヒョン。
「悪いか?死ぬ気になれば何でも出来る」と悪びれないヨンウ。
でも「結婚式に来い」と言う表情は、どこか切なくて・・・
あら?私の予想どおり、ドタキャンする気で、
まさかそのまま、サンヒョンに譲るつもりかしら?という感じが。


結婚すると言うヨンウに、望みどおりなのに、なぜかビックリし、
承諾は?とか妙何念を押す会長。
えっ、そんな…って表情してるスンウが印象的。
兄さんなら、父の意のままにならないと思ってたのかな。
招待客のリストを渡し「父さんのホテルでやります。最高の演出を」とヨンウ。
「生き返っただけあるな」と言うチ会長に、
「生き返ったら、何でも出来ますね」と答えるヨンウ。
後から思えば、このヨンウのセリフは意味深でした。

サンヒョンから「会いたい」言うメッセージが届いても、行けないジェヒ。
実は、指輪を持って待ってたサンヒョンでした。

「ヨンウと結婚する。でないとずっと罪悪感に苦しむ」と告げるジェヒに、
「同情で結婚するほど、愚かな事はない。
愚かな事は許せても、不幸は許せない」と大統領。
娘が誤まった道に向かわないように、
でも押し付けがましく反対しないのは、娘を信頼してるのでしょうね。

元気がないジェヒに、「ジヒョンを覚えてる?」と切り出すユンギュ。
多分、事故に遭った時の事でしょう、
毎日来て泣いてたジヒョン、しかし段々と来る回数が減って行き
その時、ユンギュに「別れろ」と言ったらしいジェヒ。
その時は激怒したけど、“同情と愛は違う”と気付いたユンギュは、
ジェヒに「あの時と同じ。チ検事を憎むようになる」と言うけれど、
「でも私達は違う」と、ユンギュの説得に耳を貸さないジェヒ。
そこに現れたサンヒョン。

もうヨンウの耳が聞こえてたら?と尋ねるサンヒョンに、
「関係ない。心を傷つけたから」と答えるジェヒ。
「別れるなら、なぜ俺の心を揺さぶった?俺がいなくても生きて行けるのか?
俺は考えただけで息が出来ないのに」とサンヒョン。
「会えないで死ぬなら、私は5年前に死んでた」とジェヒ。
ジェヒの為に買った指輪を置き「もう意味のないもの。捨ててくれ」とサンヒョン。
最初は、ワザワザ置いてくなんて、何だか未練がましいと思ったのだけど、
きっとジェヒの涙を見て、自分への思いがわかったから、あえてそうしたのかな。


店を出たサンヒョンと店の中にいるジェヒ、
ガラス越しに、泣きながら見つめる二人。

将軍夫人の指輪を売った店が見つからず、
「普通の店では無さそうだ」とダルホから電話があった数日後、
サンヒョンがとうとう、その店を突き止めました。
昇進を控えた部下たちが、、宝石やら毛皮やらワイロを送ってたと判明し、
将軍夫人は、お縄となりました。

大統領令嬢とテソングループ御曹子の結婚は、新聞を賑わしていました。
サンヒョンを呼び出して、「諦めるんですか?」とユンギュ。
そして「明日はリハーサルがある」と教えてくれました。
『宮』の結婚の儀でも、リハーサルは無かったのに、
ユンギュの言うように「金持ちは違う」わ~
「行かない」と言うサンヒョンに、焼酎の蓋で指輪を作れます?
外交官試験より難しい男は?カプスンとカプトゥルが結ばれない理由は?
最近僕が彼女の飲み代を払ってます」と言うユンギュ。

家に帰り、“フラない券”を見つめて、考え込むサンヒョン。

リハーサルの日、ウェディングドレスを着ているけど、
左の薬指には、サンヒョンからの指輪をしてたジェヒ。
ジェヒの首に、自分がデザインしたネックレスをつけて、
“グリーンダイヤ”の話をするヨンウ。
「灼熱の場所で25億年耐え、耐え切れなくなったら色が変わる。
それがグリーンダイヤモンド。“この世が終わっても、あなたを愛してます”」
そして「幸せになれ」と。

ヨンウは、自分の思いをグリーンダイヤに託したけど、
それと同時にジェヒのサンヒョンへの思いも、そうなんだろ?と言ってるよう。。。
かなりヨンウびいきな解釈?^^; 
もしかしたら、最後の選択を、ジェヒに託したのかもしれません。

会場のバージンロードを一人で歩くヨンウに、声をかけるジェヒ。
あのネックレスを箱にしまい、「ごめんね。今だけは聞こえなくて良かった。
私は受け取れない。やめよう?責任は私が取る。
私の指には、もう他の人の指輪が」と言うジェヒ。
そこにお色直しの準備が出来たと呼びに来て、行かないジェヒに、
「呼んでるよ。僕には聞こえてるけど、君は聞こえないの?」とヨンウ。

騙してた事を、ようやく告白したヨンウ。
でも半分は事実で、右耳は本当に聴力を失ってたのでした。
「ありがとう。今まで耐えてくれて。だから君の手を離すよ」
ヨンウーーー! それでこそ男だわ~~~
ワルで終わらなくて良かった~(まだ最終回、わかりませんが)
信じて着いて来て良かったわ。かなり疑ったけど(笑)


そこに乱入して来たサンヒョン。
笑顔を浮かべるヨンウ。「式には1日早い。ジェヒは僕の命です。
父のホテルで僕の命を奪うのか?」
「ジェヒなしで、生きられない…」とサンヒョン。
穏やかな目でサンヒョンを見つめ、
「ありがとう、来てくれて。終わらせてくれた。
これで僕達は終わった。ジェヒは行きます、あなたの所へ」とヨンウ。
ヨンウの思いに、泣けて来たわ。。。(:_;)
また、キム・ミンジュンさんの表情が良くて、一層グッときます。


・・・と背中を押された二人だけど、
「これからどうしたら…ヨンウに悪い…きっと罰があたる」と悩むジェヒ。
「俺も一緒に罰を受けるよ」と言い、ジェヒを抱きしめるサンヒョンでした。
でもーー!留守とはいえ、ヨンウのマンションの前で

ジェヒと結婚しない事は、父には言わなかったヨンウ。
新婦側は全員欠席で空席、記者達も大勢押し寄せてフラッシュが焚かれる中、
そんな中で、ワナワナと震えるチ会長。
タキシード姿(どんな思いで着たんでしょ…)で
「この方法しかなかった。父さんと僕が恥をさらせば、彼女を諦める。
もう大統領と親戚になれない」と言うヨンウを、ビンタするチ会長。
「諦めてください。証拠は僕が持ってます。
僕は水槽から海に出ました」と、父と決別するヨンウ。
ヨンウは、サンヒョンが奪いに来なくても、結婚式をしなかったんじゃないかな。
(ヨンウ派の勝手な妄想かもしれません^^;)


「海に出る」というセリフは、第11話で、ヨンウがチ会長に言ったセリフでした。
その時の私は、全然意味不明だったけど、
「父さんの元から離れる」という意味合いだったのね。。。

「覚悟しておけ!」とすごい形相だったチ会長。
ホントにこの人は、息子を何とも思ってない人でした(-"-)
証拠を探すため、別荘を家捜しされていて、荒れた室内に愕然のヨンウ。
凶器を手にした男二名は、ヨンウに「ディスクを出せ」と襲いかかり、
右手をケガしてるヨンウは、戦えないし大変ーーー!でも戦ってました~

そこに、結婚式ドタキャンの騒然としたニュースを見て、
駆けつけたサンヒョンが応戦。ホッ。
しかし、悪の男はナイフを取り出してヨンウを襲おうとして、
それを助けようとしたサンヒョンが、腹を刺されてしまいましたーーー

最終回前にして、そんな!!!! 
でもここでこうなるなら、助かるのでは?と予想しちゃいます。
「ヨンウの申し訳ない」「一緒に罰を受ける」と言ってたジェヒとサンヒョン。
ヨンウを庇った事で、帳消し(←こういう言い方はナンですが、いい言葉が思い浮かばない…)で、ハッピーエンドかしら?

「プラハの恋人」他の回はこちら

プラハの恋人 DVD BOX II
プラハの恋人 DVD BOX II

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年04月22日 19:09
pandaさん、こんにちは。
本当にすごい回でしたよね?!そして、ヨンウが真の姿をとうとう現してくれて本当に良かった!私も散々文句言っちゃったけど・・ミアネ~ヨンウヤー。私もサンヒョンが来なくても、とにかくジェヒとは結婚しないつもり(父を諦めさせるつもり)だったと思うなあ。
テレ東では「一度死んだからもう何でもできます」と父に言ったヨンウでした。どちらにしても意味深よね。
父の台詞は「死にかけただけあったな」でした!これはもう~突っ込んだわよー!そんなこと言う親父がどこにいるー!やっぱりヨンウ父はサンヒョク父じゃなかった・・・もう悪役にもすっかり慣れたわ(笑)
そして、何と言ってもユンギュの「おせっかい」。この役はほんと素晴らしかった!でかしたぞ、土田君~。 
2007年04月23日 23:21
kbkbYさん、こんばんは~
kbkbYさんの、えーー?ギャー!の意味がわかった回でした。
ヨンウはいい人でしたね~(涙) 
でもジェヒを責め立て厳しい事言ってた顔はかなり険しかったから、悪に染まったと思われても仕方ないかもね。
吹き替え版では「一度死んだら」と言ってたのね。それでチ会長ったら、「死にかけただけあったな」って何じゃそれ?!って言いたくなるわーーヒドイ父だ!そうそうサンヒョクパパだって事忘れそうだわ(笑)正義のに生きたクッキ父でもあるのにね。

土田君はいいトコ取りでした~彼がいてくれたからこそ、そしてお節介だからこそ!BS版でのCM見れなかったのね。残念!絶対にkbkbYさんウケてるんじゃ?と思ったのよ~
cocoans
2007年05月01日 11:27
pandaさん、こんにちわ~
ほんとえーー!ぎゃーー!でしたね^^;あと1回とは思えません。
ヨンウ今まで誤解していて本当申し訳ないです。でも今までが迫真の演技でしたから・・(^_^;)さすがウリソンベク^^
ネックレスを渡した時、ジェヒに最後の選択を・・というのはそうかもしれません。この時のヨンウの表情よかったですよね。
[海に出る]は11話だったんですね!あの時は??でしたが、いつか・・と思ってたんだヨンウ(T_T)。今回BSとテレ東見ちゃったんですが、やっぱり「死にかけた」という父の言葉はガーンと来ました。
コトバひとつでだいぶ印象が変わるな~と思ったけど、いずれにしても息子を手に掛けようとする悪父ですね・・
最終回見てまたお邪魔しますね^^全体的にだいぶ遅れてます・・・

2007年05月01日 21:00
cocoansさん、こんにちは~♪
ヨンウ、ウリソンベクだし(笑)、何か策があるハズと信じていて良かったわ。…と言いつつ、私もダークに染まらないで!という思いが過ぎってたけどね。ごめんね、ヨンウ^^; ネックレスを渡して意味を語り「幸せになれ」は好きなシーンです。ジェヒに託したように思え、でも自分を選ばないと分かってたように見えました。

吹き替えの「死にかけた」は父としては言っちゃイケない言葉だよね(-_-;) ハングルがわからないから、どちらに近いのかわからないけど…そしてラストの父の策力にも「えーー!」でした。最終回を見てcocoansさんがどう思ったか楽しみにしてまーす (^ー^)

PS:4月は何だか忙しいし、新しいドラマも色々始まって、大変ですよね。遅れても気楽&気長に楽しんで行きましょうね~♪ファイティーン♪<(゛ー^)ノ^

この記事へのトラックバック

  • プラハの恋人#17 07/04/19 Thursday

    Excerpt: 12:30 テレ東「プラハの恋人」第17話「ゆれる運命」 これが、私の「えーー?の、ぎゃーー!の」と感じた回でございました。最終回手前だというのにこんなことになるなんて大ショック!BSは15~1.. Weblog: 韓流のたのしみ! racked: 2007-04-22 18:42
  • 『プラハの恋人』第17話

    Excerpt: 韓国ドラマ「プラハの恋人」第17話~ゆれる運命~ プラハの恋人 DVD BOX IIチョン・ドヨン (2007.. Weblog: cocoans☆韓流よりみち日記 racked: 2007-05-01 11:29