プラハの恋人 第12話

サブタイトル・・・「五年前の真実」
画像
☆感想とあらすじ(ネタバレあり)☆
家出して来たジェヒは、目がテンのサンヒョンを尻目に、叔母さんが持ってたサンチュで巻いた肉をカブリと食べて、肝が据わってるというか、おかしいわ~
追い返そうと声を荒げるサンヒョンと、留まろうとするジェヒ。
二人の仲裁に入って、ジェヒを泊める事に賛成したのは、叔母さんでした~
怒鳴ったサンヒョンにジェヒが「お腹に響く」と言ったのを聞いて、
「子供?こんなにお腹が出っ張ってるのに!ろくでなし!」と
サンヒョンを叩く叔母さん。
色黒、デコ広に続き「腹が出てる」って、チョン・ドヨン嬢、いいのかい?!
このお腹は元から…って答えてたし、文字通り太っ腹だわ~


でも実は、妊娠してるなんて思ってない叔母さん。
ああでも言わないと、サンヒョンが折れないのがわかって.るし、
外交官が家出なんて、よっぽどの覚悟と買ってたのでした~さすが!

部屋に来て、帰るように説得するサンヒョン。
「すぐ帰るなんて恥かしいし、電話を避けるから来たのよ。
私を何度も見てれば捕まえたくなる」と怯まないジェヒ。

その夜、隣の部屋にいるのが気になって、眠れないジェヒとサンヒョン。
前回予告であった、布団を並べてる二人は、
二画面でした~なーんだ

朝の風景は無かったけど、カット?元から無かったのかしら~?

外務省の屋上から、父に電話するジェヒ。
「今は怒ってない。理解出来る部分もあるが明日は怒りそうだ」と
大統領の話って、ちょっと変わってて面白い~
それでもまだ帰らないと言うジェヒ。
「愛ですべてが許されると思うなよ」
ジェヒの強行策もわかるけど、大統領の言葉は最もだと思うわ。。。


・・・とそこに、缶コーヒーを持って来たヨンウが、話を聞いてしまいましたーー
で、ジェヒも、かなり動揺してるってのは、少しは思いが残ってるから?
たとえ元カレでも、ケジメがついてたら、サバサバしてそうだけど・・・

「聞き違いだろ?元の場所にいてくれ」と言うヨンウに、
「許可はいらないでしょ。戻らない。もう友達も辞めたい」とジェヒ。
怒りに震え、缶コーヒーを投げつけ、
「誰の所属でも、まだ僕の心にいるんだ。前に父に似てると言ったな?
だから戻ってこい。連れ戻す時は所属をぶち壊してやる」とヨンウ。
いくらヨンウ派の私でも、去った人に戻れって言うのは無理よーーーと思います

サンヒョンがジェヒがいる家に入り辛いだろうと読んで、
気を利かせてダルホと外泊すると言う叔母さん。
“男女が一緒に入って、朝出てきて、
部屋がたくさんあって、温泉マークが光ってる…”
↑を聞いて、サウナに行くダルホ。 呆れる叔母さん。
サンヒョンでさえ「ラブホ?」って言ってたのにね~

ジェヒがオンドルの点け方を知らないだろうから、帰ってあげてと
叔母さんから電話を受けて、家の前で迷ってた(!)サンヒョンは中へ。
でも廊下まで来たのに、ドアを開けれなくて、ウブだわ~
それに気付いて、テレビのボリュームを上げるジェヒ、
案の定「下げろ」と中に入って来たサンヒョン。
でも怒鳴るばかりのサンヒョンなので、
せっかくパン(?)を作って待ってたジェヒは、怒って行っちゃいまいした。

ピアノバーのヘジュのところに行って飲みながら、
二人がプラハで会ったのは、ヘジュのせいと言わんばかりのヨンウ。
「僕の5年間を返してくれ。5年間、毎月航空券を買った。
ジェヒと暮らすために、犠牲になったんだ」
そう言いながら、5年前の父とのやり取りを思い出すヨンウ。

5年前、父に呼び戻されたヨンウ。
2年後に行われる大統領選挙の候補の娘ジェヒと別れろと切り出す父。
それは父が、対立候補側の人間だったから。。。
ここまでは想像つきましたが…
この時点で、チ会長はジェヒ父が勝つとは思ってなく、
「候補で終わる男の娘と結婚させない。電話もメールも手紙も禁止する。
誤魔化す方法はあるけどやめろ。手段はいとわないから(←コワッ」とチ会長。
「何も知らずに好きになった。ジェヒを愛してます」と懇願するヨンウに、
「人を総動員してジェヒ父を潰す」と言って、
ヨンウとジェヒが一緒にホテルにいた事を突き付け、
「プロポーズしたければ好きにすればいい。
だが父親の不幸と引き換えに、幸せになれない」と脅し文句のチ会長
ただ同じホテルに泊まって、何もなかったにせよ、
男とホテルと出ればスキャンダル、
イメージダウンでジェヒ父には大打撃だったでしょう(落選したかも…)
きっと証拠写真も撮られてたのかな?
父の言う事を聞き入れ、ジェヒと連絡を取らず、ジェヒ父を守ったヨンウ。。。

それなのに、その5年の間に離れてしまったジェヒの心・・・
やり切れない思いだけが残り、
二人の生活の為に作った椅子やテーブルを投げつけ泣いているヨンウ。。。 
ジェヒの心がサンヒョンに向かって、もうこれは仕方ない事なのだけど、
父親がチ会長だったばっかりに、ヨンウが可哀想。。。


先輩のコネで、大統領補佐官と連絡を取り、大統領に面会を申し込むヨンウ。

翌朝、コンタクトを無くして、すごい度のメガネのジェヒ。
サンヒョンに見られたくなくて隠れてたけど、見つかっちゃいました。
ジュリーの母親が見つかったけど、「会わない」と言ってるとサンヒョンから聞き、
「母親なのに」と憤慨するジェヒ。
「ジェヒに意見する資格はない。お父さんが心配してる。帰れ」とサンヒョン。

その事を聞いたジュリーは、「私を捨てた理由を聞きたいのに、
知らないと恨めないのに、なぜ会ってくれないの?」とハングルで叫び、
いたたまれない表情のジェヒと養母でした。

父の元に行き、「悪いとわかるけど、他に方法が無かった」と言うジェヒ。
ママとの結婚の許しをもらいに行った時、お祖父さん言われた事を話し、
「今ならお祖父さんの気持ちがわかる。悪いが自分はお祖父さんになれない。
彼に話をして、明日は帰るんだ。失望させないでくれ」と大統領。
お祖父さんは結婚させてくれたけど、自分は出来ない、
でも家出する前に、サンヒョンが会いに来てくれたら、また違ってた気がします。

そこに大統領に会いに来たのは、ヨンウ。
一体父に何を話に来たのか、驚くジェヒ。

5年前にジェヒと恋人同士だったけど、
大統領を守るために、ジェヒを諦めた事を話し、
「借りを返してください。ジェヒを堂々と奪う機会をください」と言うヨンウ。
ヨンウ・・・気持ちはわかるけど、
大統領が言うように「借りは私で選ぶのはジェヒ」だよ。。。
でもやり場のない思いを、どうにも出来なくて、
もがいているようなヨンウが哀れたわ。。。


ピアノバーで、自分の部屋(スイートルーム)に誘う酔った客を
瓶で殴ったヘジュ。客は血がタラーー。。。意外とやる事がスゴッ
連行された警察から連絡が入り、迎えに行ったサンヒョン。
(ヘジュとサンヒョンの関係を知ってた友人刑事がいた)

送ると言うサンヒョンに、「あの部屋を引き払って、ホテルのスイートにいる。
また上りつめた」とウソを言うヘジュ。
居場所を内緒にすると、叔母さんと約束したものね。。。

ホテルに着くと「5分だけ時間をちょうだい」と言うヘジュ。
ヘジュが引きとめたのは、バースディケーキの火を一緒に消したかったから、
初めて出会った日、サンヒョンがプレゼントしてくれたから・・・
『今日会わせてくれた事を 最後のプレゼントだと思うわ
もう、彼の人生から私を取り除いて…こんな偶然も、もういらない』
悲しい笑顔を浮かべて、心の中で願い事を呟き、火を消すヘジュ。
ヘジュの心の声は聞こえなくても、切ない目で見つめるサンヒョン。

ヘジュはサンヒョンとの事にケジメをつけました。。。
ヘジュの泣き顔って、どうももらってしまうわ・・・ホロッ(:_;)
あの表情を見れば、まだ未練はあるだろうに、
でも自分が捨てたのだから、仕方ない事だと、自分でわかっているようです。

二人がホテルに入るのを見かけて、追いかけたジェヒが見たのは、
そんな深刻そうな二人でした。

それでサンヒョン宅の中に入るを、ためらってしまうジェヒ。
「カギならあるわ。カギで開かない門もある」
そんなところに車のライトが・・・サンヒョンではなく、ヨンウでした。
サンヒョンと話をしに来たけど、
寒そうなので、ジェヒを喫茶店に連れて行ったヨンウ。
「愛は意地を張る事か?頼みこむものか?」
ヨンウの言葉に、答えられないジェヒ。
サンヒョンに自分はそうなのかと、ズキッと来たようです。
でもヨンウにそっくりそのまま、返してあげたい言葉だわ^^;

二人が喫茶店にいるのを見かけて、中に入って来たサンヒョン。
連れて帰ると言うヨンウと、勝手に連れて行くなと言うサンヒョン。
ジェヒの腕を引くサンヒョンを止めて、
「二度とジェヒを手放さない。僕は卑怯になる。
父の言葉だ。“選ぶのはお前。1日だけ時間をやる”」と何だか怖いヨンウ。

ヨンウの言葉に、戸惑うサンヒョン。
大統領の娘と付き合う事に踏ん切りはつかないけど、手離す事も出来ない…
そんなサンヒョンを見て、
自分の思いが一方通行で、「頼みこんだ愛」だったと出て行くジェヒ。
それは、さっきの親密なヘジュとのツーショットを見たせいでもあり、
追いかけて来たサンヒョンに、そんな思いをぶつけるジェヒ。
「隣の部屋にジェヒがいて、ずっと眠れなかった。毎日自分を抑えてた」
サンヒョンの言葉に、「なら捕まえてよ…」と泣いて踵を返すジェヒを
振り向かせて、キスするサンヒョン。

「プラハの恋人」他の回はこちら

「プラハの恋人」オリジナルサウンドトラック(DVD付)
「プラハの恋人」オリジナルサウンドトラック(DVD付)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年03月16日 18:02
pandaさん、こんにちは。
サンヒョン、火がついたかな~?でも愛は激情よね!ヨンウのように外堀を埋めても、ジェヒの気持ちがないのでは思い合えないわ・・・5年前の事情には同情できたけど(父ってほんとに非情だー!)、タイミングを逸したヨンウは残念ながら愛は得られないかも。
ここにきても、自分がヨンウ派なのかサンヒョン派なのか分からないです(笑)
ヘジュは幸薄い女性ねえ。サンヒョンから離れようとしているけど、今後大丈夫かしら?子供を取り返せれば生き甲斐ができるかも。。。
2007年03月17日 22:17
kbkbYさん、こんばんは~
大統領の娘・ジェヒと距離を置こうとしたサンヒョンだけど、ヨンウとの喫茶店ツーショットに駆け込んで来た時はマジでしたね~ココとラストの隣の部屋にいるのに、我慢してたって叫ぶところがカッコよく見えました~
ヨンウの事情は、ジェヒ父のスキャンダルを守る為だなんて、驚きです。それなのに・・・って思いが消化しきれてないですね。その思いはわかるけど、ジェヒの心は残念ながらサンヒョンなのよーーと言いたくなるわ。ホント困った父を持つと大変(>_<)

>ここにきても、自分がヨンウ派なのかサンヒョン派なのか分からないです(笑)
kbkbYさんは、ジェヒの気持ちなのかもね^^ サンヒョンを好きだけど、ヨンウの事もまだどこか吹っ切れてないような…?
ヘジュの泣き顔は、またもらってしまったわ。幸薄い女性、放っておけない女を演じれば、右に出る人がいない?と思ってしまいます。
>子供を取り返せれば生き甲斐ができるかも。。。
そうなのよ!チ会長なんて子供を愛してなさそうだし、返してあげてよーー
ヘジュの子供を取り返したい思いに、次回・・・
地上波で見たかしら?
2007年04月03日 15:25
pandaさん、こちらも
ジェヒとサンヒョン無事に仲直りできてよかった・・けれどヨンウやっぱり心配ですね。
5年前の事情はとてもかわいそうだったけど、5年間待ったからそちらも、とはいかないですよね。大統領やヘジュなどに殆ど八つ当たりのように責めるヨンウは、なんとも憐れでヤケになってるみたい。顔つきも変わってきたみたいで、最初の頃の笑顔が見たいです・・・
2007年04月03日 22:50
cocoansさん、
ジェヒとサンヒョン、仲直りできてホッとしましたね~~ジェヒの行動力のおかげかしら?
しかし!心配なヨンウ。なんでそんな・・・でしたよ。
5年前、ジェヒと大統領のために父の言う事聞いたのに、その間にジェヒ他の男と・・・やり場のない思いが可哀想でした。
でもこういう運命で食い違ったとはいえ、変わってしまった気持ちは元に戻らないってわかって欲しいわ・・・八つ当たり気味のヨンウは、イヤでした。

>最初の頃の笑顔が見たいです・・・
そうなのよーーー私はオープニングの笑顔を見るたび、胸が痛んでしまいます。。。

この記事へのトラックバック

  • プラハの恋人#12 07/03/15 Thursday

    Excerpt: 12:30 テレ東「プラハの恋人」第12話「五年前の真実」 家出人のジェヒ(笑)「出てけ」と、認めないサンヒョンに対して、叔母さんは何を勘違いしたか(「お腹にひびく」て言葉を深読み?)、「妊婦さ.. Weblog: 韓流のたのしみ! racked: 2007-03-16 17:33
  • 『プラハの恋人』第11・12話

    Excerpt: 韓国ドラマ『プラハの恋人』第11・12話11「大統領の娘」、12「5年前の真実」 &nbsp; Weblog: cocoans☆韓流よりみち日記 racked: 2007-04-03 15:17