復活 最終話

STORY24・・・全ての終わり
画像
全25話編集版のレビューの最終回です。
オリジナル(全24話)最終回の中盤からラストに当たります。
オリジナルの最終回の冒頭部分は、こちらでどうぞ♪


☆感想とあらすじ☆
イ議員とチョン会長の前に「すべては巡り巡って出発点で完結します。
過去の罪は、今ようやくピリオドが打たれます。
僕の名はハウン。そしてガンヒョク。死んだ弟の分身です。
お前達は俺の父と弟を殺し、俺自信も殺した。それも私利私欲のために。
しかし、その金も名誉も、お前達には何も残らない」と告げるハウン。

ハウンを呼びとめ、ヒスが知ってたのか確認し
「お前も我々と同罪だ。正しい事をしたつもりか?」とイ議員。
「俺は与えられた苦しみをそのまま返しただけ」と行ってしまうハウン。

ウナを呼び、灯台を見に行こうと言うハウン。
「灯台は何て思うかな?変わってしまった俺を」と遠い目をして・・・

パク・サンチョルから、「チェ・ドンチャンを始末した」と、電話を受けたカン会長。
「真実を葬り去り、ドンチャンに罪を着せた気分は?」とサンチョルに言われても、
冷静に、残りの金は送金すると言うカン会長。
会話を聞いて、裏切られた事を知り、怒りに震えるドンチャン。

ドンチャンと連絡が取れない事を心配する秘書に、
身を隠してるんだろうと白々しいカン会長。←ホントにタヌキだわ(-"-)
カン会長の裏切りを知っても、警察へ行くと言わなかったドンチャン。
しかしようやく決意が着き、その前に兄貴に電話させて欲しいと頼み、
弟からの電話で、カン会長の裏切りを知ったファン秘書。

カン会長からの高額の報酬を蹴り、ハウンとの取引に応じたパク・サンチョル。
何を提案したのか尋ねるゴンミョンに答えず、別れの握手を差し出すハウン。
その提案とは、イム・デシク兄貴を慕ってたサンチョルの為に、
デシクを殺した連中への制裁だったのかな?
別れの握手はせずに、「すぐに再会できます」と言い、
そして「このまま進むつもりですか」とゴンミョン。

ゴンミョンの言ったように、まだ止まる事をしないハウン。
新聞社に、詐欺の全容と、
詐欺師はイ議員の隠し子か?と送りつけ(ヒスの顔写真はなし)
イ議員とチョン会長を、社会的に抹殺する事を選んだのでした。

新聞一面を飾る父の記事に、涙を流すガンジュ。
新聞を叩きつけ、怒りをあらわにするジヌ。

詐欺事件が発覚した事で、様々な疑惑も噴出し、
詐欺は被害者でも、ワイロの事など検察で調べられ、
議員生命は終わりでしょう。
チョン会長宅の自宅前にも、記者達が大勢押し寄せ、
信用は失墜したろうし、
香港へ送金した分の借金は残ってるし、J&Cの今後は…

まだ、カン会長の罪を証明する仕事が残っていると言うハウンに、
「証明出来るのはドンチャンだけ。
お前はこの私にひれ伏すしかない」と笑うカン会長。
カン会長って、一番のワルのような気がするわ。。。

その頃、イファに、全てを話したファン秘書。
カン会長に直接危害を加えるのではなく、
会長の痛い所を突くとは、やはりこの秘書ってすごいかも。
夫を殺した男と長年夫婦として暮らしてた…
その男は我が子をも殺した… 怒りに震えるイファ。
そして、ハウンの言う通り、出国する事にし、
「悪かったわ。あなたにもシンヒョクにも…」と電話と告げました。

ドンチャンから出頭すると電話が来て、向かう班長とスチョル。
警察が着く前に、ドンチャンに「お前には恩人がいる。殺さないように頼まれた。
その人の名はソ・ハウン」と言い残して、立ち去るパク・サンチョル。
自分が殺すよう命じた男が、自分の命を助けたと知り、ポカンとするドンチャン。

飛行機に乗り込んだヒスは、
横の席の人が読んでる新聞に載ってた詐欺事件に慌てながらも、
偽スティーブン・リーが隠し子という記事を見つけ、離陸直前に降りました。
父に会うために。。。

ヒスが来るのを待ってたイ議員。
「俺の親父なんてウソですよね?」とヒス。
「スヨンが妊娠してるのは知らなかった」と答えるイ議員。
「知ってたら俺は生まれなかった。生きてて良かったよ。
いつか俺を捨てた父に復讐したかった。やっと夢が叶ったよ」
そう叫ぶヒスに、「すまない」と詫びるイ議員。
「謝るな。天にも上る爽快な気持ちなんだ」と怒鳴りつつも涙が込みあげ
背中を向けて行こうとするヒス。
「ヒス…分かってもらえるか?」 父の言葉に返事は出来ませんでした。

車の中で涙が止まらないヒス、
本当は会いたくて会いたくてたまらなかったのに、
口から出る言葉はつい、辛い言葉ばかりなってしまって・・・(ノД`);・

詐欺師と騙される側として会わなければ、
ここまで悪態つく言葉を並べなかった気もします。
でも父子が会えたのは、辿ればハウンなので、また複雑だわ。。。

そしてイ議員も涙を浮かべ、憔悴しきった表情で運転していました。
川べりで車を止めて、下に流れる川を見つめて。。。

悪人なんだけど、悲しい父・イ議員の最期は泣けてきました。
20年前に自分が進んだ道が誤ったものだと思っただろうし、
自分のした事へのケジメだったのかもしれない。
私は、ヒスへの思いを伝える、精一杯の気持ちだったと思いました。
孤児院で育った息子が、自分がした罪を恨んだハウンの片棒になって、
詐欺師になってしまって、申し訳ない気持ちも一杯だったでしょう。
記者達に、詐欺の事を訴えると言ってしまったから、
死ぬ事で、ヒスを守ったのかもしれないし、
ドンチャンが自白すれば、罪が明らかになるだろうから、
死ぬ事で、ガンジュとヒスを犯罪者の子に、したくなったのかもしれません。
・・・でも、これじゃあ、ガンジュもヒスも、可哀想だよーー


取り調べを受けてるドンチャンは、「指示に従っただけ。
自首したから、情状酌量になるはずですな?」と相変わらず
ハウンが自分の命を助けたと知り、変わるのかな?と思いきや、
ドンチャンはドンチャンでした(-_-;)
そこに、イ議員が投身自殺したとの一報が。

ラジオのニュースを聞きながら、号泣してるガンジュ。
そしてハウンは、復讐がこんな形になった事に呆然。
ニュース速報を見て、涙がこみ上げてくるヒス。

イ議員の死を知り、すっかり元気がなくなってるチョン会長に、
「後は僕に任せて。まだこれからです」と、静養を勧めるジヌ。
しかし首を振るチョン会長、尋ねて来た警察にも、潔く応じるつもりのようで、
チョン会長も、20年前に誤った道を立ち止ろうとしているようです。

カン会長が家に帰ると、手紙と結婚指輪が置いてあり、妻の姿はありません。
“夫と息子を殺した男の子を生んだ罪を背負って生きて行く。
それが母親として出来る唯一の役目。
カン・インチョル。あなたと過ごした日を恨みながら、
あなたがどんな最期を迎えるのか、見届けるわ”

空港で見送るハウンには、真実を知った事は言わずに、
心の中で語りかけるイファ。
「ガンヒョク、母さんなら大丈夫。これ以上自分を責めて、一人で苦しまないで」
妻にすべてを知られて、守るべきものが無くなったカン会長、
用意してた拳銃を取り出し、命を絶ちました。
悪役キャラに弱い私だけど、彼の最期には同情も沸きません・・・

ウナと約束した灯台に行く前に、サイコロを取りに会社に寄ったハウン。
そこには土曜日なのに、仕事してたアン秘書がいました。
「君の支えがあって、僕は本当に救われた。ありがとう」
本当に、アン秘書がいてくれたから、シンヒョクでいられた気がします。
カン会長に突っつかれても言わなかったし、
事実を知っても信じて着いて来てくれて、ありがとう・・・
「僕の方こそ、副社長から希望をもらいました。愛情こそが希望だと」
そう答えるアン秘書に、笑顔を向けて「希望が見えたよ」とハウン。

会社を出たハウンの後をつけるヒス。
兄貴~と慕ってた顔ではなく、
自分を利用し、イ議員を破滅に追い込んだ怒りで一杯の表情です。

カン会長が命を絶った事は知らず、ウナを待ってたハウンは、
黄色いサイコロを握り、右手にはお守りのブレスレット。
向こうから歩いてくるヒスに気付いたハウン。
右手にナイフを持ち、怒りと悲しみに満ちた表情で近づくヒス。
このヒスの姿は、復讐に燃えてた少し前までのハウンの姿だわ・・・

「ヒス、俺は…」と言いかけたところで、
ヒスの持ってたナイフが。。。
刺してしまってから、我に返り逃げていくヒス。 
ホントは悪い人ではないのに…兄貴って慕ってたのに…(:_;)

自分が成し遂げた復讐は、
正しいのか間違ってたのかわからないけど、でもこれがその結果。
ハウンとシンヒョクが巻き込まれ、苦しんだように、
ヒスを傷つけ苦しめてしまったことの代償だと、
それが自分で一番よくわかったのでしょう。。。
膝が崩れたまま、ヒスが落としたナイフを拾い、
離れたところまで這っていき、そして指紋を拭き取るハウン。
せめて、ヒスの仕業だとわからないように・・・
やっぱりあなたは、心優しいハウン・・・(:_;)


段々と薄れ行く意識の中で、
向こうか走って来たウナを見つけて、微笑むハウン。
---赤い灯台の元で手を振るウナの元へ行こうすると、
「お兄ちゃん」と泣いてるウナの声。
ウナの姿はどこにもなく、一人取り残されている自分--
そんな夢うつつの中で、
「神様、どうか…お兄ちゃん、ダメよ。目を開けて!」
泣いているウナを見つめながら、目を閉じるハウン。

この後の展開を知っているけれど、それでも泣けて来るわ・・・(ノД`);・
初見時は、ここでハウンが死ぬと思って、号泣でした。


1年後。。。
江陵の昔住んでた家?に住むウナ。
ガンジュはこっちの支社に異動になり、
イファは、韓国に戻り、近くに住んでるらしい。
刑務所にいるヒスの事を「パク・ヒス」と呼んでから、オッパと言い直したガンジュ。
残された兄と妹、すぐには兄妹にはなれないかもしれないけど、
これからは支え合って生きて行くのかもしれません。
ヒスは詐欺事件の事で、ハウンの事を口にしなかったらしい。
ハウンも刺された相手を言わなかったそうです。

すべてを知って、ガンジュもハウンに背中を押された事を知っただろうに、
傷ついただろうに、恨んでる様子はありませんでした。
第8話のチョン会長の誕生パーティの時、
“許すことこそ、本当の意味の復讐”と言ってたガンジュ。
許す事で復讐してるのかもしれないし、
本当に恨んでなく心の底から許した気もするし、見る側に委ねるという感じです。

服役中のヒスの面会に来て、ヒスの母親の住所を教えるゴンミョン。
約束だからとハウンが調べて、手紙をくれたと聞き、
涙ぐみ「兄貴にあったら、“生きていてくれて、ありがとう”と伝えて」とヒス。

今日はハウンの誕生日。お兄ちゃんがうちに来た日。
二日間、生死を彷徨って息を吹き返し、その後いなくなったハウン。
「戻らないだろうと言う人もいるけど、
ここに戻るために、苦しく遠い道のりを歩いているとわかっている」
ハウンにもらった二個のサイコロを握り締めて、
あの灯台の下で待ち続けているウナ。

背中を向けて、続く道を歩き続けてたハウン。
振り向いたその顔は、
以前のハウンでもシンヒョクに成り替わった時とも違う気がします。
ハウンの歩く道の先にいた、二羽の鳥が飛びたち、
穏やかな表情で、その先を見据えるハウン。

監督さんの話によると、
あの二羽の鳥は、父ユ・ゴナとシンヒョクなのだそう。。。
父とシンヒョクに導かれるように歩み、
ソ・ハウンとして、ユ・ガンヒョクとして『復活』した時に
ウナの元へ戻るのでしょう。。。

ラストのハウンの表情、そしてBGMの「無罪」泣けてくるわ・・・

「復活」を見終えての全体の感想はこちら
他の回はこちらです。

監督さんのインタビューの他、ハウン・ウナ・ジヌ・ガンジュ、
イ議員、チョン会長、カン会長、ウナ父のインタビューと中味が濃いです!
  ↓
もっと知りたい!韓国TVドラマvol.14

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2007年03月14日 20:55
もし・・・もう一度イ議員とヒスが話が出来たらと思ってしまいました。
ヒスも少し冷静になって議員の話に耳を貸すことも出来たでしょうし、自分の想いを素直に話すことも出来たでしょう。
ガンジュと名乗りあうことも出来たかも。
そう思うとイ議員の選択は残念です。

ガンジュは一連の出来事をどう受け止めたんでしょうね。
ウナと話す穏やかな笑顔・・・。
チャン刑事が支えてくれていたら・・・なんて♪
2007年03月14日 23:47
sannkenekoさん、
イ議員とヒスは、素性を知らない時は、見えない何かが繋がってる感じだったのに・・・
イ議員には色々な事が重なりすぎて、ああいう最期に・・・(>_<)韓ドラは自ら命を…というのも多いですけど、本当にもう一度…と思ってしまいます。

ガンジュは、一度目に見た時は、許しんだと思いました。復讐の輪廻を断ち切った気がしたのです。
でも二度目には、「許す事が復讐」という言葉が引っかかりました。ハウンがスチョルに対してそうだったような…父のした事は事実でも、自分やヒスを利用した事を許せたのかどうか…

>チャン刑事が支えてくれていたら・・・なんて♪
ウフフ、そうだといいですね~(^^)
チャン刑事、ちょっと秘密漏洩しすぎてたけど、ガンジュを好きだからだったんでしょうね~。
2007年06月07日 18:33
pandaさん、お疲れでした。遅くなってすみません。
いやあ泣きましたね。こんなに泣けるドラマだとは思わず。。。あまりの深さに毎週泣いて、本当に続きが気になったドラマでした!
カン会長が、ハウン母への愛に終始したのがなんだか滑稽のような。。。不思議な男でしたが、ドンちゃんを始末しておいて、その兄に平気でとぼけているなんて、やっぱり悪人でしたね。

>あの二羽の鳥は、父ユ・ゴナとシンヒョクなのだそう。。。
そうですか。またまた深いですね。
ハウンがウナの元へ戻ってくるのを私も祈ってます。

2007年06月08日 11:33
kbkbYさん、こんにちは~
泣いたでしょーー
主役だけではなく脇役陣にも泣けたドラマでした。
ラストは色々な見方があるけど、「復活」して戻ると信じています!

カン会長は、一番の粘着質でしたね。
20年前の悪事は、ハウンママを一途に思う気持ちが一番強かっただろうけど、ゴナへ嫉妬や自分の建設省との癒着も隠そうと画策して一番のワルでした。その拘ったハウンママからの手紙でアッサリ命を断つもろさも持ってた人でした。しかし同情は沸きません…

「復活」を見終えてのレビューに、映画「シルミド」(そういやkbkbYさん、残酷なシーンが多いのはのは苦手でしたね)HPのリンクを貼ってます。ウナ父に見えないウナ父やハウンを見てね~

この記事へのトラックバック

  • 「復活」第25話(最終話)

    Excerpt: 憎しみと怒りが新たな復讐を生み出していく。 『円の法則』に終わりを告げるものは『希望』。 第25話(最終話) Weblog: 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 racked: 2007-03-14 20:14
  • 復活#25 07/05/30 Wednesday

    Excerpt: 22:00 MXtv「復活」第25話(終)「引き返せぬ道」 また貼っちゃいました~「魔王」のハウン&シン君@宮(笑) 本編始まる前に、突然素のオム・テウンが出てきて「この後すぐ」と言って照.. Weblog: 韓流のたのしみ! racked: 2007-06-07 18:11