復活 第19話

STORY19・・・深層の人物
画像
☆感想とあらすじ(ノーカット版)
(※気付いたカットシーンは、紫字で書いてます)

黒幕だったカン会長。いつも手のように指をトントンとしています。
「班長の意識が戻ったけど、カン会長の事は知らないし、
今度こそ始末する」と言うチェ・ドンチャンに、
「お前がケガしないか心配だ」と言いつつ、「お前ならやり遂げる」と、うまくけしかける言い方のカン会長。
そして、シンヒョクとハウンが会ってないのか、念を押して聞き、
やはり、シンヒョクの変化が気になっている様子です。
ハウンを恐れて、殺すように命じたのだろうから、
もし本当の事を知ったら…(((+o+;)))


新たな事実が判明、カン会長の秘書は、ドンチャンの兄でした。
だから、イ議員やチョン会長に忠誠を誓ってるフリをしながらも、
カン会長の指示に従っていたのね。

シンヒョクが殺された時、ドンチャン・イ議員・チョン会長の、
何事もなかったような日常の映像が対比で流れたのに、
カン会長は無かったのになーーと初見時に思った私。
でも、二度目の視聴で、気付きました。
額が外れたて割れた時に、イファの横にカン会長もいました!
ちゃんと映像に盛り込んでたのねーーと感心です。


ハウンの顔を見て「ガンヒョク…」と笑顔の班長。
こみ上げて来て返事をしようとした時、

奥さんが来て、「この人はソ刑事の弟さんよ」と。
「シンヒョクです。おじさん」と挨拶するハウンに、首を振る班長。
ハウンの死を知ったら、ショックを受けるだろうから、
班長には内緒にしておき、出張に出てるという事にしました。


警護に来たチャン刑事は、ハウンに「はじめまして」と挨拶し、
しっかりと握手の手を握るハウン。
前に見逃してくれた事への感謝にも見えます。

病院のロビーで、ドンチャン部下達を見かけ隠れるハウン、
スチョルに気をつけるように電話し、
スチョルはチャン刑事に注意するようにと電話し。
自分も病院へ向かおうとした時に、訪ねてきたウナ。

ウナがスチョルにした話を聞き、切ない思いのハウン。
そこに帰宅したカン会長は、
ハウンを見かけるとニコヤカに話しかけるタヌキぶり。
黒幕を目の前にしても、知らずに笑ってるハウンが哀れだわ。。。

ウナが屋台に来た時に、なにやら迷ってたウナ父。
カン会長秘書から、お礼の金を受け取ってしまったからでした。
「店の資金にと言われ、返したけど、気付いたらここに置いてあった
店を出したいけど、これは受け取っちゃいけないと思う。
金をもらって子を育てる親がどこにいる。ハウンは息子だ」とウナ父。
「やっぱりうちの父さんは世界一」と喜ぶウナ。
返したら礼儀に反すると、名残惜しそうなウナ父を睨むウナがカワイイわ~

『ミン・スヨン』の広告は、便利屋が出したもので、
依頼主はわからないと報告を受けたイ議員。
ガンジュの件もあり、気苦労続きだし、
自分では気付いてないけど、もうすぐ詐欺にあったと知ったら、益々。。。

イ議員宛に届いた花籠は、何だか葬式用っぽい?と思ったら、
『円はいつか始まりに戻ります。先生が20年前に書いた円
その終焉が誓い事をお知らせします』と不気味なメッセージつきで、
恐れて怒りをぶつけるように、花を投げつけるイ議員。

今頃、うろたえてるだろうイ議員を思い浮かべ、
例の復讐の部屋でほくそ笑むハウン。

ヤン・マンチョル妻に、色々と聞き出そうとするガンジュ。
知らないと言いながらも「チェ・ドンチャン」には反応する妻。
その事は、早速ドンチャンの耳に入り、
「余計な事を言ったら、夫の元に送ると言え」と怖い。
ドンチャンは、班長の件は、スチョルを利用しようと考えていました。

先輩から呼び戻されたガンジュ。
以前ガンジュが取材した、証拠不十分で釈放された男が、
建物を映された事で、名誉毀損で訴えると抗議が入り
取材担当のガンジュを停職にするか、
地方に飛ばせば取り下げると言って来たのでした。
もちろん、イ議員がガンジュの調査をやめさせるために仕組んだ事、
地上波では、探るように命じたのはカットなので、まだナゾですね。

後日、「一記者を更迭しろと言うのは、おかしい。
ガンジュの解職が目的では?」と言う先輩でした。

広告の依頼主はわからず、イ議員も必死に探してると聞き、
「広告主がミン・スヨンを捜してるのは、
事情を深く知るものだ」と秘書に話すカン会長。


ハウンを呼んで、キョン班長の見舞いに行こうと誘うカン会長。
反応が見たいのでしょうね。。。会議があると断ったハウン。
そこに金を返しにウナ父が来ました。
「ハウンは私にとって実の息子同然。お金をいただくのは道理に反します」
とお金を返すウナ父に、
「感謝の気持ちを伝えたかったけど、失礼な事をした」と詫びるカン会長。
自分を思ってくれる父親二人のやり取りに、ウルッと来てるハウン。
片方の父は仮面の笑顔なのだけど・・・
「ヤツの明るさは、ソウルタワーの照明を全部つけても敵いません」
私はそんな明るさのおじさんに、ホロリと来てしまうわ。。。

ウナ父を見送った後、ハウンに話があると言うウナ。
「私やスチョルさんに連絡して来たのに、
一番会いたい副社長に連絡しないのはおかしい。
理由はわからないけど、なぜか気になるんです
副社長を見るたび、何かが胸につかえて、ハッキリさせたくて…」
ウナの言葉に、拳を握り締めて感情を抑えながら、
「君は俺の何なんだ?錯覚だ。君はお兄さんを愛してた。
同じ顔でも僕はシンヒョクだ」とキツく言い放つハウン。
「わかってます。あなたはソ・ハウンでないと…」とウナ。

辛い思いをさせてるのに、また傷つけてしまうハウン。
ウナが行ってしまっても、しばらく呆然とその場に立ちすくんでいました。

二人に来た脅迫状も、ミン・スヨンの広告も、同じ人物。
それは、チェ・ドンチャン」と確信してるイ議員。
「でも、ドンチャンは、ミン・スヨンの事を知らないはず、
もしこの女性との事が公になれば、イメージダウン。
死んだ妻と結婚するまで、半同棲してただろ?」とチョン会長。
そんな事実はないと否定するイ議員。
「それはともかく、チェ・ドンチャンをどうにかしないと、共倒れだ」と意見が一致。

スチョルを呼び、キョン・ギド班長の意識が回復したのに、
なぜ知らせなかった?近いうちに仕事を任せたいと不気味に笑うドンチャン。

ハウンに会い、このドンチャンの思惑を利用して、
班長殺害の指示を録音すれば証拠になると言うスチョルに、
「お前は手を引け。ヤツを見くびるな。お前の腹を探っている。
尾行や電話の盗聴にも気をつけろ」とハウン。

ハウンの読み通り、スチョルが従うのには裏があると読んでたドンチャン。
そこに、今までしょっちゅう名前の出てたパク・サンチョルから電話があり、
心配してたと言いつつ、怯えて震えてるドンチャン。
ホテルの経営権とヤクの市場の独占、
ハウン殺しの罪から逃れるために、自分をハメた事を突きつけ、
「イム・デシク兄貴が殺された晩、裏口から出るお前を見た。
親友だと思って黙っていた。デシク兄貴が言ってたように、
ホテルの利益の半分もらえればと。二人の兄貴によろしくな」と
不気味なサンチョル。

サンチョルは、誰かの指示で電話して来たのかしら?
それとも独断?「二人の」って事は、黒幕を知ってるような…


チョン会長の個人口座から、
チェ・ドンチャンに大金が振り込まれてると秘書から聞き驚くジヌ。

ライオンファンドの天然ガスの話は事実で、スティープン・リーは出張中と聞き、
この事業を疑っていたジヌだけど、信用したのかな。

たまたま本物のスティーブン・リーが出張してたから良かったけど、
もしも、連絡がついてたら、ハウンの仕掛けてる詐欺はバレちゃうよね


「買い取った株は全て譲る。
見返りは毎年指定する施設に、収益の5%を寄付する事」と言うゴンミョンに、
「それだけであれだけの株を?」とチョン会長夫人。
「もう一つ条件が…」とゴンミョン。

「J&Cから持ちかけられた、合弁会社への投資は出来ないけど、
うちの投資分50%のうちの20%を負担してくれれば、収益を支払う。
本社からOKが出たら、内密に香港に送金するように」
うまいヒスの話に、乗ったチョン会長。

香港にライオンファンド名義の口座を作り、
着々と、チョン会長の金を搾り取る準備を進めてるハウンとゴンミョン。
あの病院にいては班長が危ないので、
ゴンミョンの知り合いの教会が運営する病院に輸送する事にしました。
帰って来たヒスが、酒やゴルフに誘っても、適当にあしらってたのに、
でも、ヒスが食べたいと言ってた、きな粉のかき氷の出前を頼んでくれたハウン。
しかもきな粉大盛りで(地上波ではフルーツ大盛り)、2個ずつ計4個!

キョン班長を見舞うカン会長とイファ。
しかし体調が悪くて、うなされてた班長。
何か、黒幕カン会長に感ずるものがあるのかしら?
お見舞いと言いつつも、班長を厳しい目で見つめるカン会長。

チャン刑事から、ヤン・マンチョルと最後に面会したのは牧師と聞き、
教会を訪ねるガンジュだけど、その日は海外にいたと答える牧師。
もうすぐ更迭されるかもしれないから、焦っていたのか、
直接班長のところに行き、「彼から何を聞いたのか」と尋ねるガンジュ。
まだ安静が必要な班長なのに、無理に聞き出そうとして、
「ソ刑事を殺した犯人を知ってるんですか?」と言ってしまいました。
ガンヒョクが殺された?と言いながら、容態が悪化してしまった班長。

取材をやめろと言うスチョルに、自分で決める事と聞かないガンジュ。
「どれだけ気を使わせれば…」と口を滑らせたスチョルだけど、
自分とチャン刑事が迷惑してると誤魔化しました。
「あなたはドンチャンと繋がってるから、迷惑がるのでは?」と、
ヒドイ事言うガンジュ。 まあ、半分は当たってはいるのだけど・・・

班長が、ハウンが死んだ事を知ったと聞いて、頭を抱えるハウン。

ガンヒョクが死んだ…と、ずっと呆然としてた班長。
ふとサイドテーブルにあった「慶尚道」から贈られた花を見て、
ハウンと交わした会話を思い出しました。自分とハウンにしかわからない名前・・・ハウンは生きていると気付いたのでしょう。

ガンジュを呼び出し、ガンヒョクの詳しい死の原因を尋ねるジヌ。
「ドンチャンは、うちが買収したホテルの経営を任せる可能性がある。
殺害に関っているなら、任せられない」と言うジヌに、
任せるようとしてるのは、チョン会長?と聞かれても、
父が関ってるとは言えず「理事会が決めた」とジヌ。

知ってるすべてを話し、20年前の建設省課長の自殺事件を調べてたら、
サングク建設の名が出たと言うガンジュ。
「父さんを疑ってるのか?」と言うジヌに、
「まるで迷路。何もかもが疑わしい」とガンジュ。
話題はウナの話やシンヒョクの話になり、
「本気で好きになった。私のものにしたいくらい」と言うガンジュ。
「そうしてくれ。ウナさんはシンヒョクにお兄さんを重ねているけど、
シンヒョクは彼女を思っているようだ。でも諦めない」とジヌ。

ウナに冷たい態度を取ってしまった事に、後悔の色のハウン。
その夜、一人で酒を煽っているハウン。


発信者・シンヒョクの電話に出たウナ。でも掛けてきた人は別人。
酔いつぶれてたハウンを見かねて、バーの人がウナに電話して来たのは、
電話の一番初めに登録されてたからと聞き、驚くウナ。

タクシーの中で、ウナに寄りかかり、酔いつぶれてるハウン。
家の前でタクシーから降りて、ウナがいるのに驚き、
そして思わず抱きしめるハウン。
ようやくこの手に抱けた切ない表情に、ウルッ・・・(:_;)
ハッと気付いて離れ、シンヒョクに戻り家に入った後、苦悩のハウン。。。

ドンチャン部下の見てる前で、検査に向かうフリをして病室を出て、
ゴンミョンの紹介する病院に班長を輸送。
出迎えてくれたシスターに、頬をつねられるゴンミョン。
いつもクールなゴンミョンの意外な姿に、ビックリなヒス。

この事に激怒するドンチャン。
班長の妻が移転させて、警察は知らないと言う手下に、
誰かの入れ知恵だ。そいつを捜せ!と益々激昂。
カン会長も、「やっかいな事になった」と渋い顔。

会社でウナとバッタリ会い、夕べの事を酔ってたと詫びるハウン、
わかってますと素っ気無く行ってしまうウナ。
でもウナは内心、かなり動揺してたみたい。。。

班長の移送先にお見舞いに来たハウンを見て、
奥さんに水を持って来てと言って、外させる班長。
ハウンの手に自分の手を重ね、
「ガンヒョク…死んだのはシンヒョクだろ?」と言う班長に、驚くハウン。
「一人で…つらかっただろう。かわいそうに」
(w_-; ウゥ・・ 班長の言葉に、私も涙だわ。。。
その言葉に、班長の膝に埋もれて泣いているハウン・・・
最近険しい表情が多かったけど、
ハウンの顔に戻って泣いてる姿にも、泣けてきます。。。

「復活」他の回はこちらです。

韓国ドラマスターLIVE (Vol.10)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

のり
2007年03月01日 18:13
ラストの班長の言葉にジーンです!!解っているけど公言しない仲間はいるものの、一人で頑張ってきたハウンには、はっきりとした班長の言葉がド・ストライクだったでしょうね。思わず昔のハウンに戻ったように見えました。シンヒョクを演じてるハウン、今まで抱え込んでいて辛かった苦悩がこの一瞬で表れたと思います。引き込まれる~~!!班長もこの先よきアドバイザーになるのでしょうね!
2007年03月01日 22:51
カン会長も班長のことをかなり気にしているんですね。
それにしてもジヌの秘書といい最近出番のないアン秘書といい秘書さんの情報収集力は尊敬モノです。
あとドンチャンも。
ヤン・マンチョルの奥さんは未だに脅されるなんて・・・。

ところでハウンのウナへの想いもブレーキが利かなくなってきましたね。
シンヒョクだと言い張りながら、思わず抱きしめてしまうハウンとシンヒョクの中にハウンを消せないまま混乱するウナ。
ふたりとも痛々しいです。
2007年03月01日 23:49
のりさん、
班長のハウンへの言葉は泣けて来ましたね。
私も最後のハウンの泣き顔は、シンヒョクを演じてるハウンではなく、以前のハウンだーーと思いました。
背負ってるものが多くて、辛すぎるハウン。
ゴンミョンの言うように、引き返してもいい気もするけど、シンヒョクや父の無念の死を思えば、そんなわけには行かないですよね。
2007年03月02日 00:10
sannkenekoさん、こんばんは。
このドラマの秘書達は、みんなすごい情報力で感心しますよね。そういや今回もアン秘書、出番なしでした。寂しいわ~
班長はゴヌの後輩だし、何かを知ってる可能性もあるから、カン会長にとって脅威なのでしょうね。20年前の事件にカン会長が関ってるかこの時点で不明ですが、知られたくない事情もありそうです。

>ところでハウンのウナへの想いもブレーキが利かなくなってきましたね。
ウナを抱きしめてしまった時は、ハウンの顔でしたよね。泣けて来ました。。。似た人とはいえ本人だから、どうしても「ハウン」を感じるウナも切ないし。グリーンローズの時も思ったけど、ウナにだけは話してあげて!と思ってしまいます。こんな姿を見せたくないハウンの気持ちもわかるけど、毎回二人を見るのが辛いです。

この記事へのトラックバック

  • 「復活」第19話

    Excerpt: 20年前に書き始めた円が始まりに戻ろうとしている頃、 思いも寄らないところで疑いの芽が育ち始めている。 「復活」第19話 Weblog: 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 racked: 2007-03-01 22:05