復活 第23話

STORY23・・・陰謀の裏側
画像
地上波は25話編集版なので、それに合わせてアップします。
このレビューは、オリジナル第23話の中盤までになります。


☆感想とあらすじ(ネタバレあり)

イム・デシクは殺される前に、パク・サンチョルのところに来て、罪を深く悔い、20年前の事件の話をしたそう。
きっと、列車の中でハウンを見かけたのが、きっかけだったのでしょう。
「デシク兄貴は、依頼人の名をチョン会長でもイ議員でもないと言ったが、
誰かは明かさなかった。
デシク兄貴が殺された後、周辺を調べて、行きついたのがカン会長。
ドンチャンの兄がカン会長秘書、カン会長は関係者3人と親しい。
だから、証拠があるとカマをかけたら、取引を持ち掛けてきた」と話すサンチョル。
あの電話は、金目当ではなく、確認したかったからだったのねーー
意外な人物の名に、愕然としているハウン。
全く疑ってはいなかったのでしょうね。

「チェ・ドンチャンは、必死にデシク兄貴が残した物を探している。
それを先に発見される事を恐れたカン会長が、ソ・ハウン殺害を指示した。
この話をするのは、我々の敵が同じだから。20年前の罪の償いもある。
勝手なのはわかってるが、これだけはわかって欲しい。
デシク兄貴は、心の底から罪を悔い、死んでいった」
パク・サンチョルの話を聞き、
「チェ・ドンチャンを殺すな。殺したら全ては闇だ」と言い、立ち去るハウン。

カン会長の言葉が頭を過ぎるハウン。
ゴナに嫉妬し、彼になりたかったと話してた義父、
シンヒョクに成り変わってるから確かめようと、カマをかけてきた義父、
まだ信じられない様子のハウンです。

ウナを呼び出すハウン。
ウナに正体がバレてて良かった・・・
そうじゃなかったら、気持ちを落ち着かせる場所もなく、苦しんだでしょう。。。

何があったかは言わないけど、やつれた様子のハウンを心配するウナ、
ウナを抱きしめて、しばらくの間、気持ちを落ち着けるハウン。

イ議員に飲みに誘われ、バーにやって来たヒス。
「ただ一緒に飲みたくて。実はこの年でも気楽に飲める友達がいない。
君は信用出来る男だ。一緒にいてホッとする」とイ議員の言葉に、
詐欺をした事への後ろめたさを感じるのか、少し戸惑ってるようなヒス。
「もし君の年に戻ったら、今と同じ姿だろうか…
あの時と同じ選択をするのだろうか…とふと考える。
後悔しないように生きろ。道を誤ったと思ったら、その場で引き返すんだ」
息子とは知らないのに、子に語りかけるようなイ議員。
同じ血が流れてる二人、何か通ずるものがあるのでしょうね。
そして、この後悔とは、ゴナの事もあるけど、
ヒスの母親を捨ててしまった事への、後悔にも聞こえます。きっと愛してたのね…


極秘の裏帳簿をコピーするジヌの秘書。
アン秘書とは大違いのこの男・・・ε=( ̄。 ̄;A フゥ…

全てを聞いてしまったから、家に入るのに躊躇するハウン。
意を決して中に入っけど、カン会長から声を掛けられ、厳しい表情に。
しかし平静を装い、「人に会うと、時には思わぬ情報を得られる」と、
精一杯の今の思いを告げるハウン。
夫を殺した男とも知らずに、夫婦でいる母を哀れむけど、
今は何も言う事は出来ず、拳を固く握って耐えるハウン。

「ガンヒョクは簡単に正体を明かさないだろう。
ドンチャンは事を急ぎ過ぎるし失敗も多い。黙っておこう。
問題なのはパク・サンチョルだ。この私の正体を知っている」
と、ドンチャン兄の秘書に告げるカン会長。

訪ねて来たヒスに、捜し人の広告を見せて、
「捜したってムダ。子供を捨てて消えちまった女だ。
それでも母親って言えるかい?」と言うおばあちゃん。
(後で気付いたけど「春のワルツ」第3話で漂流した島のおばあちゃん)
ミン・スヨンが母親で、生きていると知って嬉しそうなヒス。

早く海外に逃亡させたいゴンミョンに、「お袋を捜すから、ダメ」と言うヒス。
広告は、父親が出したものと思っていて、
母親に会いたい気持ちが募ってる様子のヒスを見て、
複雑な表情のゴンミョン。

いつバレるかわからない詐欺だし、
唯一、表に顔を出してたヒスが、いつまでも韓国にいるのは危険、
騙した相手が父親と知る前に、出国するように説得して欲しいと頼むハウンに、
「父親と知ったら、最高の復讐になる。
なぜ復讐するのか、ヒスに話せばわかってくれる」とゴンミョン。
最初にヒスを巻き込んだ時には、
ゴンミョンの言う「最高の復讐」を考えてたのだろうけど、
今は、ヒスが傷つかないようにしたいハウン。

悪い事は重なるもので、
とうとう本物のスティーブン・リーが来韓。 これは、ヤバい!
(スティーブン・リーは「スマイルアゲイン」ジェミョンのイ・ジヌク=ジンウクと表記の場合もあり)

ドンチャンの言ってた「開けてはいけないパンドラの箱」の意味を考え、
父が関ってるのは、トンデモない事だと気付き、悩み顔のジヌ。
そこに「最後の送金を完了した」と言いに来たジヌ秘書。
地上波ではカットされてましたが、偽ライオンファンドへは何度か送金してます。
二度と戻らないだろうお金を・・・

カン会長の父親と秘書の母親は同郷だと調べたチャン刑事。
なぜドンチャンや秘書が、カン会長に尽くすのか、もうすぐ判明しそうです。

ヤン・マンチョルの妻が、夫の遺品(ドンチャンから脅された手紙)を持って来てくれたけど、これは、何の証拠にもならないらしい。
せっかく持って来てくれたのに、残念。。。
それで、自分がクビになっても、
証言を録音したテープを提出すると言うスチョル。
しかし、それでは事件の全貌はわからないので、
今は糸を引く人物を確実に見つけてることが必要だと言う班長。

議員候補の公認は難しいと言うイ議員に、
「すべてをぶちまけても?」とドンチャン。
送り付けられた写真を見せ、
「向こうの目的は、我々を仲間割れさせ、自滅に追い込む事。
君はその犠牲者だ。恨みを買う心当たりはないか?」と言うイ議員。
その人物は、パク・サンチョルだと思い当たるけど、
その名は出さないドンチャン。(どうせ違うってば~)

“ガイコツ”は、妹がパク・サンチョルに誘拐されて以来、行方不明。
「捜せ!」と声を荒げるドンチャン。
“ガイコツ”がサンチョル側につけば、ハウン殺害の罪を被せた事が
警察にバレてしまうからでしょう。

イファに呼び出されたウナ。
「ガンヒョクが生きてる事を素直に喜べなかった。シンヒョクの事ばかり考えて。
ガンヒョクも辛いのに、何も言えなくて…。あの子たちに申し訳ない。
あの子が何をしようとしてるのかわからないけど、信じて待つわ。
でもすごく不安なの。だからあの子のそばで力になって欲しい」
イファの言葉に頷くウナ。

イム・デシクが死ぬ前日に書いた手紙が見つかり、持って来た神父さん。
その内容は、ダヴィンチ・コードの暗号のような文。
聖書の一文のようだが、何かを伝えようとしているらしいと言う班長。

屋上で長いこと、考え込んでたハウン。
そしてカン会長も、どうすべきかと考えを張り巡らせ、
とりあえず、チェ・ドンチャンに、ハウンを尾行させるように命じたようです。

ドンチャン部下の尾行に気付いたけど、うまく巻き、
班長とスチョルの待ち合わせに向かうハウン。
デシクの手紙の内容を聞き、「証拠の隠し場所ではないか?」と言い、
パク・サンチョルから聞いた全てを話し、
「義父は僕の正体を知ってる。黙っているのは、事件に関与してるから。
あの男のせいで父が死にました」と厳しい表情のハウン。
ゴナ殺しは時効が成立していて、法的には裁けないのでした。
「イムの事件に関ってるかもしれないし、シンヒョク殺害を指示したのはカン会長。
それは僕が父の死を調べてたから。でもそこまで父を憎む理由は何なのか」
そう話すハウンに、「あの男は、お前の母の夫で、妹の父。
お前にはソ・ハウンとして捜査を続けて欲しい。
そして正当なやり方で、彼らに罪を償わせて欲しい」と班長。
しかし、「もう遅いです。時効が成立してる今、正当なやり方などない。
何より我慢ならないのは、あの男が母の夫で妹の父親だという事です」
そう言って酒を飲み干すハウン。

その頃、イファとお茶を飲んでくつろいでいるカン会長。
「君が目の前にいるのが不思議な気分。
今が幸せだけど、君が遠くへ行ってしまいそうだ。
君を愛したのはゴナより先だったんだ」と笑うカン会長。
夫や息子を殺した男とも知らないイファが哀れ・・・
それにカン会長、いくらイファを愛してるとはいえ、
よくシャーシャーと、こんな言葉を言えるものだわ・・・


イムの残した手紙の意味を考えてたハウンの元に、
海苔巻きを差し入れに来たウナ。
「今すぐ灯台に行って、父さんと3人で日の出を見よう?
そして昔みたいに、向こうで3人で暮らそう?」と言うウナが健気です。
お兄ちゃんが、昔のようなソ・ハウンに戻るのを願ってるのね・・・
そんなウナを切なく見つめ、キスしてギュッと抱きしめるハウン。
ウナの思いはわかっても、やはりまだ立ち止る事は出来ないハウン。。。

裏帳簿のコピーを渡して、「面白かったわ」とチョン会長夫人。
「あなたの夫が政治家にワイロを渡し、会社を成長させて行った記録が?」と、
皮肉混じり言うゴンミョンに、うろたえる事なく、
「これを公表しても、私の名前は出さないで」と、したたかな夫人。

偽ライオンファンドに送金して、チョン会長とジヌはスッカラカンだろうに、
(借金までして送金してたし)
夫人とその息子にホテルが残るのは、何だか納得出来ないわーー

自分が必ず母親を捜すから、早く出国するように勧めるハウンに、
「死んだハズのお袋が生きてたんだ。兄貴でも捜すだろ?」と拒むヒス。
一週間だけとすがるヒスに、OKしたハウンだけど、
親父も捜して欲しいと言われると、返事が出来ません。。。

前回、ヒスという男が、ミン・スヨンの子だと知ったガンジュ。
もしかしたら兄なのかもしれないと思ったのでしょう、
チャン刑事にお願いして、ヒスの免許証のコピーを見たいと頼み、
そこに写ってたパク・ヒスの顔写真を見て、愕然。
父・イ議員のところで会った男・・・!

「復活」他の回はこちらです。

もっと知りたい!韓国TVドラマvol.14

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

まな
2007年03月08日 22:47
こんばんは!
いよいよ月曜日最終回なんですね(;_;)
ウナと少しでもわかりあえて良かった。
ヒスがかわいそうで…ハウンはやはり復讐するには優しすぎです。
最終回…オム・テウンさんが見れなくなるのは残念ですが、またオム・テウンさんが出演するドラマの放送を願って、きちんと見納めしたいと思います(^^;)
2007年03月09日 22:08
まなさん、こんばんは。
地上波版は25話なので、火曜日が最終回ですよ~でも寂しいですね。。。
ヒスが可哀想ですよね。実は最初はヘラヘラして何者?という感じでした。利用されてるのもそうだし、父親を騙してた事を知ったら、それが慕ってるハウンが仕向けたと知ったら…と思うと(>_<)

オム・テウンさん、このドラマで光ってましたねーー!何度も泣かされました。今となってはUHBでやってた「怪傑春香」を見ておけば良かったかな?とチラリと思います。悪役だそうだけど~
2007年03月10日 20:07
ハウンはウナに正体を明かしていて正解でしたね。
pandaさんも同じこと考えていらしたんですね。
>そうじゃなかったら、気持ちを落ち着かせる場所もなく、苦しんだでしょう。。。
ほんの一時でもウナを抱きしめただけでどれだけ救われたか・・・。

イ議員の子どもたちがどんどん悲しい方向に押し流されています。
・・・実は我慢しきれずに最終回を見てしまいました。
結末は知っていたんですけど、やっぱり衝撃でした。

「怪傑春香」パスしたのは失敗だったかしら・・・。
2007年03月11日 14:55
sannkenekoさん、こんにちは。
母の夫であり妹の父であり、シンヒョクの義父のカン会長が黒幕なんて、あまりにも辛すぎですよね。少しの間でもウナに癒されてホッとしましたよね。。。

おお!最終回見たのですね。
私も衝撃&それぞれの思いに涙・・・でもラストは納得でした。
「怪傑春香」の第1話には、オム・テウンはチラッと出たのは覚えてますが、頑張れば良かったかな。。。と私もチラリと後悔です。彼のインタビューで、「怪傑…」は悪役だったけど、次にいい役を掴むために必死だったと語ってました。
2007年05月20日 16:51
pandaさん、こちらにも。
あの“ガイコツ”というのは、今までに姿は出ました?すっかり忘れてしまいました~。
ウナには、ハウンの気持ちが限界というところで正体が分かって、ほんと良かったんですね。そしてもうウナしか拠り所がない、という感じに会って抱きしめずにはいられないハウン。辛くてうるうるきちゃいます。母の気持ちも辛いのは分かるけど、もっとハウンに優しくして~!会長はハウンの正体を知っているから、夫に息子のことを話してももう大丈夫なわけではありますよね。
イケメン本物スティーブン・リー(笑)登場で、ヒスがヤバいし~。母親を探したい気持ちは分かるけど、早く逃げないと!

「怪傑春香」、最初はリタイアしそうだったけど、結構面白かったわよ。イルトがヨンスクの義父になるわけだけど(笑)おもしろい義父だったし。ハウンは・・粘着質だったかな。

2007年05月21日 15:19
kbkbYさん♪
“ガイコツ”は、スチョルが一人で張り込みしてた時、店でパク・サンチョルの居場所を女(ガイコツの妹)に問い詰めた時に傍にいた気がします(←未確認だけど…)
ウナの正体がわかっていて、ハウンの辛さを少しでも和らげて本当に良かった・・・と思ったわ。
>イケメン本物スティーブン・リー(笑)
今じっくり見れるkbkbYさんが羨ましい!そしてまだ韓国にいるヒス、早く出国しないとマズイけど、親に会いたい気持ちを思うと会わせてやりたくなっちゃいます。かと言って今更イ議員が父だとは言えないし、母親が見つかるのかどうか・・・。

「怪傑春香」は第1話で苦手だったけど、我慢すればきっと面白かったんだろうなぁ…。
↑のコメントにも書いたけど、オム・テウンの役への意気込み(次のステップになるようにと必死だった)を聞いて、余計惜しい!と思ったわ。役名だけはハクドと知ってる私。かなりしつこいんだもんね(笑)
そうそうイルトが警察ってがしっくり来ないわ。彼は悪役って感じだから。。。

この記事へのトラックバック

  • 「復活」第23話

    Excerpt: 真実を追い求めて引き返せない道を歩いて行く。 その向こうに待ち構える物を予感しながら。 「復活」第23話 Weblog: 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 racked: 2007-03-10 19:35
  • 復活#23 07/05/16 Wednesday

    Excerpt: 22:00 MXtv「復活」第23話「陰謀の裏側」 なに?ハウン、キャンプにでも行くの??(絶対違う・・)気になる写真ですねえ。え?まさか江陵で双子が待ち合わせした時の写真じゃないよね?? .. Weblog: 韓流のたのしみ! racked: 2007-05-19 10:18