復活 第21話

STORY21・・・裏切りの交錯
画像
☆感想とあらすじ(ノーカット版)
(※気付いたカットシーンは、紫字で書いてます)
シニョンがしてたブレスレットは、刺繍のイニシャルも同じ、間違いなく自分が作ったものでした。
愕然とし、いたたまれなくて帰るウナ。
そんな様子が、気にかかるイファ。

ハウンが見舞い行くと、早くコンビを復活させたいと、必死にリハビリしてる班長。
父の捜査日誌は、シンヒョクが死んだ日に無くなってしまったけど、
父が江原道で会おうとした証人は誰なのか?と言うハウンに、
事故を起させるための罠だったのかもしれないと班長。
黒幕はイ議員とチョン会長と断言するハウンに、

ゴナ先輩が相棒の自分にさえ教えなかったのに、
チョン会長とイ議員に疑いが向いたと知る事が出来たのが、腑に落ちない班長。

第2話での、20年前の回想シーン、
カン会長が二人に話したのは、ゴナから頼まれたのではなく、
ワザとに教えたのかしら?

証人は本当にいたのか、イ議員とチョン会長がいち早く気付いたのか、
またはもう一人首謀者がいる
それもゴナ先輩が秘密を漏らすほど親しい人、でも動機は…
というところで、班長の奥さんが来て、推理はここまで。

「ガンヒョク…お前がするべきなのは、真実を掴む事だけだ。
裁くのは神だ。お前の背負った辛さは同じ目に遭った者しかわからないだろう。
それでも思い留まって欲しい。俺が恐れるのは、お前が自分を失ってしまう事」
班長の説得にも、「奪われた過去を取り戻すだけ」とハウン。

でも、班長の言う通り、ここのところのハウンは怖いよーーー
復讐の輪廻を断ち切らなければキリがない事を、わかって欲しいな・・・


病院を出る時に、ようやくブレスレットが無い事に気付いたハウン。
そしてウナは、数々のハウンと副社長が符合した事実を思い返し、
あの人はお兄ちゃんと合点が行き笑顔、
でも、なぜ自分にも秘密だったのか・・・、考え込むウナ。

そしてハウンに、「話がある」と電話をかけました。

ドンチャンが誰かに襲われて、大怪我で入院中と聞いたスチョル。
そんなところに、パク・サンチョルから電話がーーー
ハウン殺しの犯人じゃないと、自分の濡れ衣を晴らそうとしてるスチョルに、
「俺を売ろうとしてるのか?」と言って本意を確かめ、
「俺の情報を流せ」とサンチョル。
ソ刑事の弟が協力すると言ってるから、出頭するように言うスチョルだけど、
一方的に電話を切られてしまいました。

電話ボックスから出て「おもしろくなりそうだ」とサンチョル。
この人は、ハウンの敵なのか味方になるのか、よくわかりません。。。(>_<)

スチョルからサンチョルからの電話の内容を聞き、
「再び電話が来たら、ヤツの“カード”によって取り引きする」と言うハウン。

待ち合わせ場所に現れたハウンを見て、みるみる涙が溢れるウナ。
「ようやくわかったの。今まで気付かないなんて…お兄ちゃん…」と、ハウンの顔を撫でようとするウナを静止し、
「ブレスレットは、兄さんからもらった。実は江陵で会った」と誤魔化すハウン。
「わかってるのに、どうして私にまでウソつくの?」と言われても、
「私の目を見て答えて」と言われても、
拳を固く固く握り締めて堪え、冷たく否定して行ってしまうハウン。

背中を向けてようやくハウンに戻り、涙で顔をゆがめ、
動揺する気持ちで車を飛ばし、そして急停車し、苦悩の様子のハウン。。。
その頃、公園で立ちすくんだまま、涙が止まらないウナ。
違うと言われても、「お兄ちゃん」だとわかっているようです。

スチョルを呼び出して、なぜシンヒョクのフリをしてるのか尋ねるウナ。
ウナには話そうとしたスチョル、でも・・・
「今の俺はアイツを悲しませるだけ」と言ったハウンを思い、口を閉ざしました。

バーで酒を煽って、今の自分をせせら笑うハウン。
その様子を可笑しいと言う客と、殴り合いの喧嘩になってしまいました。
家に帰って、傷だらけのハウンを見て、心配するシニョン。
「ブレスレットは机の上に返した。大切な物だからとママに叱られた」と聞き、
「母が?」と驚くハウン。

ブレスレットにウナが驚いてた事で、
益々シンヒョクはガンヒョクなのでは?と思いが募るイファ。

夫に相談しようとしたけど、やはり言えませんでした。 
ホッ・・・。言っちゃダメよーー

妻の様子から、入れ替わりを疑ってると感じたのか、
シンヒョクとガンヒョクが本当に会わなかったのか、
秘書を江陵のホテルに確認させに行かせたカン会長。
更に「ドンチャンに軽率な行動は控えろ。
ホテルの件はチョン会長じゃない」と伝えるように命じ、
彼の行動を見抜いていました。

チェ・ドンチャンの名で送られて来たテープには、
イ議員とチョン会長が、裏工作やワイロの会話がバッチリと!
怒りと恐れに震える二人。
チョン会長は、薬を飲むほど体調が思わしくない様子です。

ドンチャンと話をつけに出向いたイ議員とチョン会長。
総会での一件は知らないと言うチョン会長に、
あのテープの他にも、殺人教唆の証拠を見せると脅し、
チョン会長には300億ウォンを要求、
イ議員には道議会の公認候補の推薦を要求するドンチャン。

しかし、党本部には、ドンチャンの黒い噂の投書が送られて来ていて、
すべて事実だと調べがついているし、
他の議員にも投書を送られてるので、公認は難しいと言う党委員長。

江陵に調べに行った秘書からの報告を待ってたカン会長に、
パク・サンチョルから電話が。
「昔、イム・デシク兄貴と挨拶に行ったもの」と言うサンチョルに、
シラを切るカン会長。
「ユ・ゴナ刑事を江陵に呼び出したのは私。デシク兄貴じゃない。
デシク兄貴は、事件の真相を明らかにする証拠を残した。
ユ・シンヒョクや警察に渡せば、喜ぶでしょう。
その前に、何がこちらの利益になるか、じっくり検討する」とサンチョル。
この人はカン会長と取り引きするつもりなのかしら?

ようやく、江陵のロイヤルホテルを調べてた秘書から、
連絡を受けて、考え込んでたカン会長。
秘書はシンヒョクのお兄さんからの手紙を頼まれた事を聞き出したけど、
副社長はずっと部屋にいたし、ルームサービスを頼んでるとも聞き、
会ってはいないのでは?と言われて、そのように報告を入れたのでした。

スターホテルは、会長派と夫人派と、理事達が真っ二つ。
海外の会社(偽ライオンファンド)へ投資するのに、高額の融資を受けた事でも、
理事達から反発があると報告を受けたジヌは
チョン会長に直訴に。
これ以上の借り入れは無理だし、送金は控えて欲しいと言うジヌに、
イ議員の仲裁で銀行から借りれるし、
天然ガス事業への投資で、金は取り返せると聞かないチョン会長。
体の調子は?と尋ねるジヌに、家に帰って休むとチョン会長。
立ち上がってもフラついて、かなり辛そうで、心配そうなジヌ。

班長に会いに行き、ハウンを助けて欲しいと話すゴンミョン。
「彼は自分で引き返せないところに来ている。引きとめられるのは班長さんだけ。
彼は苦しみの中で、のた打ち回っている。私は止められない。共に進むしか」
ハウンを哀れみ、涙が浮かんでいるゴンミョン。

局長から、企画取材から外れろと言われたガンジュ。
ミン・スヨンの広告を見せて、イ議員と関係があったと噂があった事と、
「彼女が建設省を辞めたのは24年前。
広告に20年前とあるのは、事件を匂わしイ議員を脅す為では?
関係者の君には外れてもらいたい」と言われ、
「父は事件には関係ない。自分の手で証明したい」とガンジュ。
「どんな真実からも目を逸らさずにいられるか?」と念を押す局長でした。
前回、敵と通じてるんじゃ?とチラリと思ったので、ホッとしました~

チャン刑事に調べてもらった「ミン・スヨン」の本籍地に向かい、
母親に会ったガンジュだけど、
たずね人の広告は知らないと追い返されてしまいました。
帰り際、その家を訪ねるヒスを見て、どこかで会ったような…?と不思議そう。
職場に戻ってから、イ議員のところで会った事を思い出しました。
詐欺がバレるかも?

ヒスは、「ヒスの友達」と名乗ってるけど、孫だとわかってるお祖母ちゃん。
お祖母ちゃんに渡すように頼まれた」と高麗人参を渡し、
返事をしてもらえなくても、笑顔でまとわりついてたけど、
お祖母ちゃんが家に入ったら、
「また来るよ」と言いつつ、寂しそうに佇んでいました。

無断欠勤したウナを心配するハウン。
自分のせいで、またウナを苦しめてしまっていると気が気じゃない様子です。
家に確認に行きますと、ナイスなアン秘書♪
おじさんに黙ってるだろうから、それは止めましたが。

居ても立ってもいられないハウンは、夕べ別れた公園に行くけどいません。
その頃、江陵行きの切符を二枚買って、バスターミナルで待ってたウナ。
その後に、ハウンもターミナルを捜すけど、ウナの姿はありません。

ウナが見つからなくて、途方に暮れたまま帰って来たハウン。
すると、家の前で待ってたウナが・・・
無視して家の中に入ったけど、気になってすっ飛んできて、
「電話も取らずにどこに?!僕を待ってたのか?
何度言えばわかる。ソ・ハウンは別人なんだ!」
声を荒げて、ブレスレットも返すと言うハウン。
ハウンの頬を撫でて「もう聞かない。何も言わないのは、何か理由があるのね。
オッパが目の前にいるだけでいいの」と涙が流れるウナ。
行こうとするウナの手を掴み、
「違うって言ってるだろ」と言う顔は、すっかりハウン。
「お兄ちゃんがそう言うなら、正しいのね」
ようやくハウンとウナに戻って、固く抱きしめ合う二人。

二人を見るのが、かなり辛くなって来てたので、良かったーー

「復活」他の回はこちらです。

復活 OST (KBS TV Series) (韓国盤)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年03月06日 22:02
”シニョンのブレスレット”からウナが電話するまでやっぱり過程があるんですね。
予想が当たって何だか嬉しいです(笑)。

スターホテルの内紛もちょっと気になりますがチョン会長はまだ信じきっているんですよね。
そしてガンジュも・・・。
チョン会長やイ議員は自業自得にしても辛い展開になりそうです。

ウナの包み込むような愛にハウンの心が持ちこたえられませんでしたね。
見ている側もホッとしました・・・だからと言って復讐は終わらない。
班長やチョン探偵はハウンを救えるでしょうか・・・。
2007年03月07日 12:07
sannkenekoさん、
おお!予想がピッタリだったのですね~。考え込んで生きてるとわかり嬉しくなった途端に、なぜ?と葛藤しててました。
ずっと自分の気持ちを隠したり辛く当たるハウンや、動揺するウナが痛々しかっただけに、ラストシーンでは、本当にホッとしましたよね。

>チョン会長やイ議員は自業自得にしても辛い展開になりそうです。
この二人は悪事に手を染めているのだけど、悪人の弱い部分が見えるとどうも同情してしまう私。でも裁かれるのは自業自得なのですよね。
復讐するハウンの思いはわかるけど、段々とハウンじゃなくなってる気がして、班長やゴンミョンと共に心配しながら見てました。
2007年05月12日 17:49
pandaさん、こんにちは。遅くなりました~
GW以来、レビューが遅れがちになったりでガタガタしています。
いよいよウナと!の回、泣きました~。毎週泣いてるけどね(笑)
会長がハウン母にすごーく優しいじゃない。それで何でも夫に言ってしまう妻・・・そこまで計算か?!なんて疑ってみたりするほど、会長は怖い!
サンチョル(カンペーさん似との説あり)もまた怖い男。まだこんな脇がいたのかとほんとこのドラマはすごいですね。

>前回、敵と通じてるんじゃ?とチラリと思ったので、ホッとしました~
おお~そこまで考えていましたか!マスコミまで丸めこまれたら不信が募ってしまいますよね。

2007年05月13日 20:18
kbkbYさん、こんばんは~
私もレビュー&視聴が遅れてます。北海道で放送それてる韓ドラをスルーしてるので余裕があるけど、あの「ホジュン」が溜まってます(汗)ボチボチ書いたらお邪魔しますね~

ウナとハウン、良かったよーーレビューにも書いたけど、二人を見るのが辛かったのよ。

ハウン母が夫に話そうとした時はドキッとしたわ。妻に優しいのは本心だろうけど、確かに聞き出そうとしてるみたいに見えるよね。母親なら気付いてるだろ?話せよ…みたいなオーラが出てたみたいな。裏と表の顔がある人って恐ろしいです。

>サンチョル(カンペーさん似との説あり)
キャハハ(≧О≦) おかしすぎる!
今のところ敵なんだか味方なんだか…って感じですよね。

>>前回、敵と通じてるんじゃ?とチラリと思ったので、ホッとしました~
多分地上波ではカットかな?局長は尋ね人広告を見て渋い顔してたのよ。心配しすぎでした~でもこのドラマそういうネタフリがあって面白いです。

この記事へのトラックバック

  • 「復活」第21話

    Excerpt: こんなにも自分の身を案じていてくれる人々がいる。 でも引き返せない道を歩いて行く・・・苦しみながら。 「復活」第21話 Weblog: 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 racked: 2007-03-06 21:24
  • 復活#21 07/05/02 Wednesday

    Excerpt: 22:00 MXtv「復活」第21話「裏切りの交錯」 シンヒョク妹がしていたあのブレスに釘付けのウナ! 「これどこで?」 「お兄ちゃんが持っていたの」 母も怪訝に思っていたようだけれど・・.. Weblog: 韓流のたのしみ! racked: 2007-05-12 17:24