復活 第14話

STORY14・・・罠
画像
☆感想とあらすじ(ノーカット版)
(※気付いたカットシーンは、紫字で書いてます)
陵コンベンションセンター建設の競合で負けて、激励(?)の電話をしたジヌ。
しかし、以前と違って挑戦的な口調のシンヒョクに、電話を切ってから、思いっきり苛立っていました。
シンヒョクの形見の黄色いサイコロを握りしめて、厳しい表情のハウン。
チョン会長の子・ジヌにまで、憎しみをつのらせているように見えます。

勝算のない勝負に勝ったことで、「何がシンヒョクを変えたのか」と、不思議そうに考え込むカン会長。

「シンヒョクを侮るな」と怒るチョン会長に、「次は負けません」と頭を下げるジヌ。
口先だけのヤツに何が出来る!と怒鳴っていたけど、
「男は失敗して強くなる」と、この時は父親の顔に見えました。
日ごと評価が高まってるシンヒョクには、二度と負けないと、ライバル心が燃えるジヌ。

祝勝会を抜けて、おじさんに電話するウナ。
ハウンの目で見つめてたけど、
目が合うと、副社長の顔に戻ってねぎらいの言葉を言い、
席に戻るとついウナに目がいき、顔が綻ぶハウン。
アン秘書が酒を注ごうとしても、気付かないほどです。
ハウンの熱唱の後、
みんなでフロアーで踊っていると、チークタイムに。
戻ろうするウナの手を掴むハウン。
アン秘書を掴まえたのは、ウナの先輩♪かなりベッタリなんだけど~

いい雰囲気になるチークダンスだけど、二人にとっては切ないもの。。。
ギュッと抱きたい手を押さえて、悲しそうなハウン。
目を瞑って踊ってると、灯台で潮の香りがしたお兄ちゃんを思い出し、
我に返って逃げ出して、先に帰ってしまったウナ。

追いかけるハウンだけど、声をかけることは出来ず、ずっと後をつけてました。
青いサイコロを握りしめて、お兄ちゃんを思い、寂しそうなウナ。
そうさせてるのは自分なのに、何もしてあげられなくて、涙のハウン。

ウナの家の近くで待ってたジヌ。
ハウンは家まで、ついて行かなかったのね…^^;
「お願いがある。お腹が空いて死にそうだ」
少し寂しそうなジヌの表情を見て、いつもみたいに突き放さなかったウナ。

ハウンは一人で飲んでました。
戻らないから、捜しに来たアン秘書から、
「ウナさんと前から知り合いでは?彼女に接する副社長がつらそうで」と言われ、
「確かにつらい。俺は武陵建設のユ・シンヒョクだから」と答えるハウン。
部下と上司という意味に捉えて、「好意を隠すべきじゃない」と言うアン秘書、
さっきウナの先輩が、「お兄さんと副社長がソックリだから、
この機会に親しくなれれば」と話すのを聞いたから、プッシュしてくれてるのだけど、
「いつか…」としか言えないハウン。

酔っていて、気付くと育った家の前まで来てて、苦笑いのハウン。
帰ろうとしたら、向こうから来るジヌとウナを見て、慌てて隠れたました。

「今日は母の命日だったんだ」とジヌ。
だから、今日は一人でいたくなかったのね・・・(:_;)
「父の意向で一度も弔った事のない母。僕は母を散々苦しめた。
会いたい人に会えない気持ちはわかる。
君の悲しみが、少しはかる気がするんだ。」と言うジヌに、
「今も私の心の中で生きています」と言うウナ。
「その人を追い出そうとは思わない。忘れるはずないから。
でも、近づくことは拒まないで欲しい」と言って帰るジヌ。 
少ししつこい人思ってたけど、意外と大人で、このシーンのジヌが好き

ウナに近づく男を見ていても、何も手出しが出来なくて、
拳を握り締めて、耐えていたハウン。
ウナは、部屋に飾ってる赤と白の灯台の絵を見つめていました。
心の中のハウンを思い出してるのかな・・・。

ジムで汗を流した後、会社に出勤したハウンは、
前と違った厳しい顔で、以前のシンヒョクのよう・・・。


イ議員に会い、中国に天然ガス引く採掘権を、
ライオンファンドが獲得したと話すハウン。
「共同出資会社設立の為に、アジア支店長のスティーブン・リーが来てる。
ハイプライン設置工事を、我が社が行えるように、口添えをお願いしたい。
北朝鮮を通って中国に入るので、国際問題も絡み、先生の力が必要です。
向こうはJ&Cを念頭に置いてるようだ」と詐欺を信じさせる為お願いするハウン。
ライオンファンドや天然ガスの話は事実なので、
この巧妙な話に興味を持った様子のイ議員。

株価をチェックしてるゴンミョンは、元証券マンらしい。
「親に会いたくないか?」と尋ねるゴンミョンに、
「別に…時々は考えるけど」とヒス。


会社に戻り、ウナとバッタリ会ったハウン。
「勝手に帰ったら皆心配する」とキツイ口調で言ってしまい、
エレベーターに乗ってから、後悔の嵐で涙ぐんでるハウン。
ジヌへのヤキモチが、そう言わせちゃったんでしょうね~

ハウンの第一発見者であるスチョルに目をつけ、
「逃亡中も連絡を取り合ってたのでは?」と尋ねるガンジュに、
「親友の無実を証明する為に、独自で捜査してるから、
そっとして置いてください」と言うチャン刑事。
納得して、イム・デシクとヤン・マンチョルの関係を調べて欲しいと頼むガンジュ。

チャン刑事の言うように独自にパク・サンチョル
(ハウン殺害の容疑者・逃亡中)の居場所を探してたスチョル。
以前ヤクで捕まえた男を脅し、“ガイコツ”の女がサンチョルの妹と聞き、
休暇を取って、その店の前で一人で張りこみをしてました。
ハウンが語った、20年ぶりに会った兄弟の悲しい別れや、笑顔のハウンを捨ててシンヒョクとして生きてるハウンを思って…。

スターホテルの経営権は、妻ではなくドンチャンに譲る事にしたチョン会長。
「借りは返した」と言い、これでドンチャンとはキッパリ縁を切りたい様子です。
ゴンミョンからこの件を聞いたハウン、
「チョン会長夫人に取引を持ち掛けよう」と、次の段階へ進むようです。
そこにアン秘書が来て、再開発の話をするので、
慌てながらも「資料を」と言い繕い、何の話?と首を傾げるハウン。

今度の再開発の工事では、シンヒョクに負けられないジヌは、
武陵が参入出来ないように、早期に手を回すように秘書に指示。
その秘書から、ドンチャンがホテルの次期経営者になったと聞き、
得体の知れない男に譲った事が気になるジヌ。


シンヒョクに会いに、武陵建設に来たガンジュ。
偶然通りかかったウナから、ハウンが江陵にいるとわかったのは、
電話して来たロイヤルホテルの番号からと聞いて、
さっきスチョルと同行してたハム刑事から、「ガセだった」と聞いてたので、
「じゃあ、目撃情報は本物だった?」と、引っかかるガンジュ。
当日のロイヤルホテルの宿泊者名簿を、
手に入れて欲しいと、チャン刑事に頼みました。

ウナに素っ気無い素振りをして、ガンジュと一緒に出て行くハウン。
席に戻ったウナに、ジヌからの電話がありました。
昨日のお礼を言って、切ろうとするジヌに、
「お母さんは分かっていると思いますよ。それ以上、自分を責めないでください。
お母さんは誰よりも、あなたを理解してると思います」とウナ。
ジヌは、益々こんな心優しいウナに惹かれて行くでしょうね~

ハウンに、今までの調べた事を話すガンジュ。
「ヤン・マンチョルが、ハウンをウナ父の元へ連れて行った。
班長はソ刑事がガンヒョクだと知り、彼に会いに行った。
ソ刑事も双子と知ったはずなのに、なぜシンヒョクに連絡がなかったのか」
着々と事実を突き止めるガンジュに、ふむふむと聞いてたのに、
スチョルとハウンが逃亡中も連絡を取り合ってたみたいだと聞いて動揺するハウン。そして、スチョルが、独自に張り込みしてると聞き、驚き。

張り込みの甲斐あり、ようやくパク・サンチョルの女に会えました。
でも、いくら問い詰めても、知らないと言い、
スチョルが出て行くと、早速ドンチャンに電話。
あらあら、ここが繋がっていたのねーーサンチョルを裏切ってドンチャンに協力したようで、ハウン殺害の証拠品が出て来たのも頷けます。
電話を受けて「口を塞いでおけ」と怖い指示のドンチャン。

シンヒョクが最後に読んでた父の捜査日誌は、遺体のそばになかったので、
ドンチャンが持っていると睨んでたハウンに頼まれ、
ドンチャンの留守の間、事務所に侵入しようとしたゴンミョン。
しかし直前に、「その件は後回し」とハウンから電話が入りました。
スチョルが独自の張り込みをしてると聞き、助けに向かわせたのでした。
後悔でいっぱいで、泣いて詫び続けたスチョルを思い、心配になったのでしょう。
許すとは言わなかったけど、友を思う気持ちは変わりません。

その心配どおり、“ガイコツ”の店の前で張り込んでたスチョルの前に、
ドンチャンたちがーーー
どこかの駐車場で、吊られてボコボコにされながらも、
「ハウンを殺したのはお前だ!
イム・デシクを殺したのも、パク・サンチョルに罪を着せたのも」とスチョル。
「俺達は同士。ソ・ハウンを手に掛けたのは、キム・スチョル」と笑うドンチャンに
血のツバを吐くスチョル。よし!よくやったーーと思う反面、ヤバイんじゃ?と思ったら、やっぱり…もっとボコボコに棒で叩かれてしまいました(>_<)
「心が広い俺にも限界がある」って、どこが広いってーーー
今度逆らったら、命がない言い捨てて、行ってしまったドンチャン。
スチョル、殺されると思ったよ。。。

ゴンミョンに助けられて、病院で目を開けたスチョルに飛び込んで来たのは、
哀れむような、昔と同じハウンの顔。
やっとの思いで「ハウナァ…」と呼び、「すまない」と詫びるスチョル・・・(TT)
手を握り、泣いているハウン(TT)

スチョルは、いつかこうなってもいいように、録音機を忍ばせていたのね・・・。
命がけで、ドンチャンに罪を告白させようとするスチョルの声と、
憎憎しいドンチャンの声と共に、殴られる音。。。
屋上で聞きながら、友を思うハウン。

動くこともまままならない体で、捜査に向かおうとするスチョルを止め、
助けたのはソ刑事の弟で、警察にも家族にも言ってないと言うゴンミョン。
「なぜあなたがハウン…ハウンの弟と?」と聞かれ、黙って笑うゴンミョン。

シンヒョクが外泊?と心配してるカン会長とシンヒョク母。
「子供じゃないんだから」とシニョンの言う通りだわ~
会社でシンヒョクに聞いてみてと、心配性なシンヒョク母。

ハウンを呼び、何をしていたのか?と尋ねるカン会長。
気晴らしに夜通しドライブしてたと答えるハウン。
ガンジュと今でも会っていて、酒を飲んだりもすると聞き、
喜ばしい事と笑って「お母さんに電話しなさい」と言うカン会長。 
いい大人が、親に心配してもらってーーーと思うけど、
ハウンにとっては、母親から心配されるのは、初めての事、
嬉しい事なのね~電話する顔は、ニコニコです。


スティーブン・リーとして、イ議員と会うパク・ヒス。
食事をしながら談笑し、同じおかずに箸が行き、好みが似てると笑う二人。
父と子とも知らない二人に、何だか胸が痛みます。。。
さすが詐欺師のヒスは、全然知識もないのに、
教えられた事をスラスラともっともらしく話し、
「相談したい事があるが、また後日」とだけ言って帰りました。
天然ガスの件だと、気付いていて、詳しい事を補佐官に調べさせるイ議員。

着々と復讐が進んでいるのに、浮かない表情のハウン。
そんな様子に気付いてるゴンミョン、
「目的は?あなたは誰です?星になった兄ですか?」
自分が誰なのかわからない。本当の自分はここにはいないからとハウン。

チョン会長とイ議員の会食の席で、
ガンジュがアレコレ調べるらしいじゃないかとチョン会長。
「心配ない。そっちこそスターホテルの件は?
お前の妻も譲らないだろう」とイ議員。


家に戻ると、妻から、「チェに決めたそうだけど、ホテルの件は譲れない。
私にも覚悟がある」と言われ、頭が痛いチョン会長。

痛々しい姿で眠るスチョルを見た後、
前に二人でよく飲んだのでしょう、おじさんの屋台へ行くハウン。
突然の嬉しい来客に、ゴキゲンなおじさん。
「君の顔を見れば、ウリハウンに会えるような気がする」と、
しんみりと言うおじさんに、「すみません」とハウン。
中々来れない事を謝ってるようだけど、
これはおじさんを悲しませてることへのお詫びもある気がします。。。


おじさんの後ろ姿を見つめて、こっそりと帰るハウン。
すると向こうから来たのは、ウナとバッタリ。
父に会いに来てくれたお礼を言い、行こうとするウナの腕を掴むハウン。
とうとう気持ちを、押さえられなくなってしまって、どうなるんでしょ???

その頃、チャン刑事から送られて来たロイヤルホテルの宿泊者名簿に、
ユ・シンヒョクの名を見つけたガンジュ。

「復活」他の回はこちらです。

復活 DVD-BOX 1
復活 DVD-BOX 1

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

のり
2007年02月21日 16:27
社員も前の副社長と違うなと思いつつも、なんだか今が楽しいやというノリで仲良くなっていく様子とはうらはらに、アン秘書が確実に何か感じている様が好きです。ドンチャンが本当にいやらしく見えます。悪顔そのもので喋るたびにゆがめる顔が一段とコ憎たらしい!!ガンジュは確実に道を歩いてきますね!
2007年02月22日 11:57
のりさん、こんにちは。
ドンチャンはホントに憎憎しい表情をしますよね。このドラマでは悪顔そのものに見えるけど、他のドラマで数本良い人の役ばかり見て来たので、何だか新鮮です。
のり
2007年02月22日 12:08
pandaさん、アンニョンです!
私はお初ドンチャンでした。他のドラマ(いい人)はどんなのに出演していますか?今度視聴してみます~!
2007年02月22日 20:30
15話だけコメントさせていただこうかと思いましたが、
『ハウンの熱唱』?
・・・聞きたかったわぁ。
2007年02月23日 00:27
のりさん、
ドンチャン役のキム・ギュチョルさん。
「ローズマリー」でキム・スンウのお隣さん、「おいしいプロポーズ」で若者に混じって料理学校に通う男でした。
「真実のために」では、出番は少ないけど、ホロリとさせていただき、「復活」の署長(「ホテリアー」レオ)と企業相手に戦う姿もあり、二人とも役どころが違いすぎでした~
どれも人がいい笑顔の似合う人だったので、今の不気味に笑顔がなんとも・・・
「クッキ」では笑顔はないけど、正義の検事でした。
2007年02月23日 00:41
sannkenekoさん、
ハウンの熱唱は、著作権がらみでカットだったのかもしれないですね。
2007年03月15日 15:57
pandaさん、こんにちは。
またピアスホール、チェックしなかったよー!(泣)ほんとバボな私・・・

>アン秘書が酒を注ごうとしても、気付かないほどです。
ああ~これ、私の「アン秘書チェック」に入れたかったなあ(笑)アン秘書、どんな顔してました?覚えてます?
それから、ハウンが歌ったの?!熱唱とは~カットが残念。著作権かあ。。。
ドンちゃん、「クッキ」に出てたっけ?!ひゃー覚えてないわ。。。さすがpandaさん!
2007年03月15日 23:47
kbkbYさん、こんばんは~
>またピアスホール、チェックしなかったよ
まだ11話もあるから、ファイティーン☆

アン秘書はね、やっぱり今までのシンヒョクのイメージがあるからか、怪訝そうだったのよ。おや?って感じでした。

ドンちゃんは、結構色々出てますよ~
「クッキ」でもメガネなしでクールだったけど、ドンチャンとは違って正義の検事だったのよ。ミングォンと共に、街金融を告発したり、最終回では法廷で活躍でした~

この記事へのトラックバック

  • 「復活」第14話

    Excerpt: 自分が誰なのかさえわからなくなる。 でもいつまでも本当の自分を隠し通せるはずもない。 「復活」第14話 Weblog: 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 racked: 2007-02-22 20:21
  • 復活#14 07/03/14 Wednesday

    Excerpt: 22:00 MXtv「復活」第14話「罠」 しまった~!またナムジャたちのピアスホールチェックし忘れた~~!(痛恨) 今回、ジヌも沢山出てきたのに・・・ともかく、ハウンに相手にされてないよ.. Weblog: 韓流のたのしみ! racked: 2007-03-15 15:47
  • 復活 14話

    Excerpt: ジヌとハウンの火花が散ってますもちろん入札についてなんですが、今後ウナをめぐっても火花が飛びそうな予感・・・・落札のお祝いでカラオケに行きます。ウナとチークを踊るハウンですが、ウナはハウンのにおい・・.. Weblog: ときどき思いつき日記 racked: 2007-03-18 09:05