勝手にしやがれ 8話&9話

画像
手を繋いでる二人を見て、オイオイと泣き出してしまい、ボクスをボコボコと叩くミレ。
止めるように中に入り、「私が近づきました」と言うギョンと、「俺が付きまとった」とボクス。
二人で庇いあってるのを見たら、ミレは益々ショックだったのでは?
家に帰っても何も食べられずに、ずっと泣いてました。
そしてボクスとギョンは、一晩中一緒だったけど、何も話さないまま。

バンドの練習場にプラリと現れたギョン父。
朝ご飯時に、泣きながら出て行ったまま、外泊だったので、
やっぱり心配だったかな。
小切手を差し出し、「それでまともな物を食え。
母さんはお前の為に言ったのに、あんなに怒らなくても。
お前がいなくなったら、母さんも出て行く。ワシじゃダメ。いないも同然だ。
一生ワシを嫌っても構わないから母さんを大事にしろ」とどこか寂しそうな父。

ギョンが父からもらったお金を「一緒に見たい」と思ってたら、現れたボクス。
これからの二人の事を話し、ボクスの提案は、「ミレの辛さを受け止めるから、それまで隠れて付き合おう。会わないと変になりそう」と。
もう会わないと言われると思ったギョンは、涙がポロポロ。。。
ハンカチを差し出すボクスに「あなたも」とギョン。
泣いてないと言うボクスに「目の奥で泣いてるわ」
ギョンはボクスの気持ちを、よくわかってくれる人なのね。

CMの撮影が終わった後、ミレとご飯を食べに行こうとしてたギョン兄。
でもちょうど妻がやって来て、お流れ。。。
この後、どうなったのか、カットだったのかしら?

買って来た金魚二匹を眺めて、
「どうして金魚は同時に両方と付き合えるのに、人間はダメ?」と言うボクスに、
「どちらも100%愛せるのか?どちらかを寂しくさせる。
寂しくするのはどれだけの罪か。二股かけるな」とナイス&鋭い父。
金魚の名前は、ギョンとミレ。
ギョンの方が可愛い、ミレは痩せすぎと、また鋭いボクス父。

知り合いの音楽楽関係者に、ギョンのバンドを紹介しようと思い着くドンジン。
でも「どんなカラー?」と聞かれても答えられず、
ギョンのバンドの曲を聞いた事も無かった…と少し反省してました。

数日後、ギョンを音楽関係者のところに連れて行き、紹介したドンジン。
申し訳なくて、「どんなお礼をしたらいいか」と言うギョンに、
「戻って来い」と言うドンジン。
でも答えずに、ボクスとのデートに向かうギョン。

毎日泣いてるミレを心配して、あんなに嫌ってたボクスに会い、
「私のせいでしょ?こんな事しないから戻って来て。
女が出来たとしても、姉ちゃんに他に男が出来るまで待って」と頼むミレ妹。
今でタメ口だったのに、ちゃんと「ボクスさん」と呼ぶし、
ここまで言われたら、ボクスも。。。ギョンとの待ち合わせ場所に行かず、
母の店でチキンを持ってミレの家に向かいました。
ボクスを見て何も言わずに、伸びてきた髪を切ってあげるミレ。

一枚しかハンカチを持ってないボクスの為に、ハンカチのプレゼントを買い、
いつものバス停で待ってると、髪の毛にガムがついてしまったギョン。
いくら待っても来ないので、美容室で髪を切る事に。
同じ時間に、別な場所で髪を切っていたボクスとギョンでした。

ギョンに電話して「俺達、あとで会いましょう」と言うボクス。
いつなのかは、言わずに。

「戻って来たの?どのくらいで忘れられる?何年かすれば平気でしょ」とミレ。
暗い表情のまま、「わからない」と答えるボクス。

どうもボクスに固執するミレの気持ちがわかりません。
ボクスがあんなだからではなく(ボクスさん、失礼な事言ってゴメン)、
気持ちが離れた男に、そこまで拘るっていうのが。。。

ミレを選んでしまった事で、自分が許せないのでしょう、
ギョンからの電話にも出れないボクス、
でもギョンの様子を、影から見ていたのでした。
ボクスに気付いて追いかけてくるギョンに「ついて来るな!」と背を向けて、
「髪切ったのか。可愛いじゃないか」と呟くボクス。

次のシーンは、悲しそうな表情で屋上に立つボクス。
まさか自殺?!と思ったら、スタントでした 焦ったわ~

ミレとギョン兄とご飯を食べに行く途中、ギョンを見かけて一緒に行く事に。
ギョン兄は、二人きりが良さそうだったけど~
途中で兄が中座し、ギョンとミレの冷たい空気の中、
「手を繋いだ一度だけ」と切り出すギョン。
「アイツは戻ったけど心は戻ってない。どうすればいい?これと交換して」と
ギョンからもらった時計を返すミレ。
同じビルにいるから顔を合わせる事が多く、
どうしてもギョンに八つ当たりしてしまうミレ、
後から泣いていた事もあったけど、
キツく当たる気持ちもわからないでもないけど、こういう態度は、ちょっと苦手

バス停で、もらった禁煙パイプをポイッとして、
「またダバコ吸おうかな」と呟き、やっぱり拾ってまた加えるギョン。
すると道路の向こう側にボクスが。
カバンからハンカチを取り出して、「ハンカチ買ったの」とギョン。
でも二人の間には、車が行き来してて、距離は離れたまま。。。

BS日テレでは、↑のシーンの合間にCMが入ったんだけど、
このシーンが終わって、次の場面まで1分ない位だったんだから、
続けてくれても良かったのでは(-_-?)

スタントの練習中、鼻血が出て来たボクス。
病気が進行してるのを心配し
「何もせず逃げるのか?卑怯だ」と、病院へ行く事を進めるチャンソクに、
「俺は何も知らねぇ」と聞き耳持たないボクス。

“未完成ノCDプレイヤー、返してください”
そうメモに書き、バス停に貼るギョン。こうすればボクスが見てくれるから。

ギョン母は、とうとうムン教授と対面。
その頃、妻が帰るのを、居間でうたた寝しながら待ってるギョン父。
毛布をかけてくれるギョンには、「暑いからいい」と相変わらずだけど、
ギョンは前みたいにビクビクはしませんね。
「お前はどうして反抗しない?」と言われて、
「隠れてしてます。父さんのホテルで飲んだり、友達を泊まらせました」とギョン。
「胸を張れ。弱弱しく見える。弱いのは母さんだけでたくさん」と父。

帰って来たのに、中に入らず、物思いに耽るギョン母、
そんな様子を見てたギョンは、隣の部屋の父を気にしてました。
しっかりと見ていて、複雑そうだったギョン父。

音楽関係者を紹介してくれたドンジンだけど、
いい返事はもらえなかったらしい“未完成バンド”
それでもまだ紹介しようとするドンジンに、「もういいです」と笑顔のギョン。
二人で歩きながら、会えなくても、どれだけボクスの事を思っているかを話すギョンに、「益々可愛くなって。あのブサイクが羨ましい。」とドンジン。

雨の日に、ギョンを隠れて見てたボクス。
でもミレは、自分を迎えに来てくれたと勘違い。
濡れたままビルを出たギョンが気になり、ミレを誤魔化して追いかけるボクス。

店に入ったギョンを見つけ、
「会わないようにしてたのに、偶然じゃ仕方ない」とボクス。
「会いたかった」と笑顔のギョン。
ようやくハンカチを渡せたらしく、そのハンカチを被って雨を避け、
屋台へ行き、トッポッキを食べる二人。 
服にタレをこぼしてしまったギョンは、
「普段は違うんです」と、何度もいい訳して、何だか可愛い~
「また会えなくなるの?」と聞くギョンに、「ずっと偶然会えばいい」とボクス。
握手して別れようとしたけど、中々手が離せなくて、ずっと繋いでた二人。

ボクスの飼ってた金魚「ミレ」が死んでしまって、もう一匹飼えと言う父に、
「無理やりくっつけても退屈。母さんといて退屈だったろ?」とボクス。
父さんが優しいから、母さんはいつも父さんを怒鳴ってたと思い出すボクスに、
「ワシが毎日酒に溺れてた事は覚えてるか?殴った事は?」と父。
チューされた時に酒臭かったと笑ってたボクスだったけど、みるみる真顔に。
「なぜ殴ったのかわからない。バカだったんだ。
ワシが作ったアザを一生抱えて暮らしてる。
今更どう謝ればいいんだ。自分が一生苦しみながら暮らせばいい」と、
元妻を思い、後悔の念で溢れている父。

母をレストランに連れて行き、その後散歩し、
いい男性と出会って幸せになって欲しい言うボクス。
一度痛みを知ってる母は、
「転ばないように気をつけて生きていかないと。期待をせずに」と遠い目。

そんな父や母の気持ちに、自分の生き方を見つめ直したのか、
堂々とギョンに会いに行き、「今、この瞬間をしっかりと生きるべき。
俺はミレよりあなたが好き。後で後悔しても仕方ない。今を生きる」と。
ギョンも頷き、ミレを呼び出すのに名を叫ぶボクス。
出て来たミレは、ボクスの姿に喜び、二人が手を繋いでるのを見てムッ。
外に出て来ると同時に、倒れてしまったボクス。

「勝手にしやがれ」他の回はこちらです。

勝手にしやがれ DVD-BOX
勝手にしやがれ DVD-BOX

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

のり
2007年01月10日 18:11
何だか振って振られて奪ってという三角関係でも、可愛らしい距離を保つ3人。意地悪方面にいく脚本でないので安心してみていられます。それぞれがそれぞれを想ってる台詞(自分のしたいような台詞でも)がなんともいい印象です。それにしてもドンジンのキャラがぶれてきましたね~。これって必要?とまで思ってきました。ミレは一応綺麗でスタイル抜群という設定らしいのですが、それはさておき、結構ミレは好きです。中卒(一応大検は刑務所で取ったらしい)、前科者のボクスを何故二人も本気で?と思いますが、心の絆が強いのではと思ったりしています。3人とも綺麗な心ですよね~。
2007年01月11日 00:17
のりさん、こんばんは。
ミレはどうも苦手なんです。。。この女優さんが苦手な事もあるし、気持ちが離れてる人に固執するタイプも、ギョンに対する態度もどうもダメで…
>それぞれがそれぞれを想ってる台詞(自分のしたいような台詞でも)がなんともいい印象です。
こう思えるか思えないかで、このドラマへのハマり度が変わる気がします。
ボクスって、ピュアな人だから、ギョンもミレも惹かれるのでしょうね。
ドンジンは、ギョンと真面目に向き合おうとしてるようだけど、時既に遅しという気がします。今回はボクスの事を羨ましいと言ったところは、良かったかな~
のり
2007年01月11日 09:38
私は、勝手に~ついに最終話を視聴です。心情物語だとは思うのですが、ドラマ自体には嵌れませんでした・・・。pandaさんの記事アップ楽しみにますね!!
2007年01月11日 14:07
のりさん、
>心情物語だとは思うのですが、ドラマ自体には嵌れませんでした
ムムッ、この回では私よりずっとノリが良い感じのりさんだったのに、そうでしたか。
実はこの二回は、見るのが疲れた回だった私、ラストまで見続けれるかしら。。。
このドラマは、視聴率は悪かったけど、熱狂的なファンを持つドラマだそうで、ツボにはまればいいのでしょうね。

この記事へのトラックバック