プラハの恋人 第4話

サブタイトル・・・「踏み出した一歩」画像
ヘジュの手を引き、出て行くサンヒョン。
目の前で置いてきぼりにされてしまったジェヒ。

ヘジュの用件は、留学費用を返しに来たのでした。
利息もつけて、「地球を半周して捜した女はこんなもの」と言うヘジュだけど、どうも本心じゃなたそう。
「試してるのか?」と目の前のコップを乱暴に置き、
割れたガラスで血だらけの手のサンヒョン。
そして、「俺の知ってるヘジュは違う。愛した女の事を勝手に話すな」と。

ジェヒと二人、プラハで撮った写真を見つめるヨンウ。
サンヒョンとヘジュが何を話したのか気にして、操り人形に語りかけるジェヒ。

屋上で自転車でグルグルと回ってるヨンウを見て、声を掛けずに行っちゃうジェヒ。
韓国では屋上に自転車は普通?
でもヨンウは気付いてました。コーヒー買ってるジェヒに、
「僕にも一杯。お代は僕の笑顔」とちょいキザなヨンウ。
サンヒョンと何話したか、気にするヨンウに、
「楽しかった。あまり話は出来なかったけど。
あの人、前の彼女と会ってるの。だから諦める」とジェヒ。
「聞いて安心した僕は嫌なヤツ?」と聞くヨンウに、
「ええ。でも正直ね。慰められてたら、逆にイヤだったわ」とジェヒ。

先に帰ると言うヨンウを追いかけ、腕を組むジェヒ。
しかーし、その姿を見てたサンヒョン。ガックリとして「そうだよな…」

サンヒョンの姿を見つけて、ジェヒに言おうか迷ってるヨンウ。
「もしアイツが待ってたら、車から降りるか?」と聞くと、
「女がいても、降りたい」と答えるジェヒ。
「正直だな。ご褒美だ。次は君が先に見つけろ。僕が先なら教えない」とドアを開けたヨンウ。
ヨンウの好感度がアップ
走って追いかけるジェヒの後ろ姿を切なく見つめるヨンウでした。

サンヒョンの車を見つけたのに、なぜか向こうに?と思ったら、
何気ないフリする練習してるジェヒ。
しっかりとサンヒョンが見て笑ってたけど~

酔っ払って、おとぎ話のカプトゥルとカプスンが幸せになれなかったのは、
素っ気無いフリしたからと話すジェヒ。
そして「私はヘンに計算できない。
気持ちを答えて。答えなさいよーーー」と言いながら、
フラーーっと倒れてしまいました。
「答えろって、返事も聞かないくせに」とサンヒョン。

接近してる二人を見て、止めに入るか否か迷ってたSP君。
結局止めに行ったけど、サンヒョンから「身分証」と言われ、
「弟です。石焼きビビンバ店で会いました」と、
ジェヒの身分が知られないように誤魔化してくれました。
さすが、大統領に使わてる人、気が回ります~

子供の顔を見に来ないチ会長にイラつき、
ヨンウ弟のスンウに「彼を呼んで」と電話するヘジュ。

その電話を受けた弟は、ヨンウの大工部屋に居ました。
「父さんが呼んでる」と伝言を言う弟を、
「直接言えばいいのに。お前をつかって」と気遣うヨンウ。
でもそんな気遣いが嫌いだと言う弟に、
「なぜ嫌う?腹違いだけど弟だ。僕はやっと愛する人が出来たのに、
父さんのせいで愛が…他の男が出来てもどうする事もできない。
こんな俺だから、嫌わないでくれ」とヨンウ。

父に会いに来たヨンウ。
「女を連れて来い」と言い出す父。
5年前は、大統領候補だったから反対したようです。
チ会長は、対立候補側だったのかな?
でもヨンウが、なぜそれを聞き入れたのか、わからないわ。。。

いつ辞職?と聞く父に、「検事は自分の力で成し遂げた唯一の事。
父さんの後を継ぐのはスンウです」と出て行くヨンウ。

週末開けておくと、先走りするスンウを叱り、「ヨンウは来ない」と父。
スンウのする事は、なんでも気に入らないみたい。

プラハのホテルで助けたヘジュが、
赤ちゃんを抱いてフロントに行くのを見て驚くヨンウ。
「オーナーは?スイートルームを開けて。私会長の女なの」と言うヘジュに更に驚き、「どういう事です?」と声を掛けるヨンウ。
泣いてる赤ちゃんを見て、悟りました。

ジェヒ弟と仲間が警察に連行され、取調べ官は、偶然にもサンヒョンで、
身元引き受けに来たのはジェヒでした~
弟が言った住所が、青瓦台だったので、
「大統領の娘か?」とサンヒョン。慌てて誤魔化すジェヒ。

弟と警護の男を先に帰して、サンヒョンの所に戻り、
夜食をご馳走したいと言うジェヒ。
それはワイロ…と言いかけたサンヒョンの口を塞ぐ同僚刑事、
というわけで、みんなで繰り出すことになりました。
ジェヒのニックネームは「石焼きギャル」

二次会のカラオケの後、送ると聞かないサンヒョン。
まさか青瓦台に向かうわけにも行かず、
向かったのは同僚のユンギュのマンション。
「弟」と誤魔化すジェヒに、「高いな。ユン・シェヒも住んでる家も。
どうして俺なんかに付きまとうんだ?」と言って帰って行くサンヒョン。
すごい豪華なマンション、住む世界が違うのは明らかで
エレベターの中で複雑そうなサンヒョン。
惹かれてるのね~でもそれ以上の大統領の娘とわかったら???

ヘジュから、渡すように頼まれて、金を預かった交通巡査を叱り、
返すために、宿泊してるホテルに向かうサンヒョン。

そのホテルの駐車場で、車椅子の場所に停めた男を注意するジェヒ。
「知ってる刑事さんもいるのよ」と言うジェヒに、手をあげる男。
助けて、シメてくれたのは、その知り合いの刑事=サンヒョンでした~
会えて嬉しくて、話しかけながらトコトコ着いてくジェヒだけど、
カッカしてるサンヒョンは答えずに、フロントに行き「カン・ヘジュさんの部屋は?」
警察手帳のおかげで、部屋番号を教えてくれ、部屋へ。
ヘジュの名に、ガックリとし悲しそうなジェヒ。

その頃、ヘジュの部屋には、チ会長が来てました。
「父親はあなた、母親は私と認めてください。
世間がこの子に手出し出来ないように。それが望み」と訴えるヘジュに、
「確かに私の子か?」とトンデモない事言い出すチ会長。
みるみると顔が強張り、涙を堪えるヘジュ。

そこにドアを叩くサンヒョンの声が。
男の声に「本当に私の子か?」と繰り返すチ会長に、
「私を守ってくれた人です。刃物で刺されても、私の風邪を心配してくれた人。
全財産をはたいて、私をプラハに送っても、遅くなったと謝った人です。
私は彼を捨ててあの子を生みました。検査すればわかるはずよ」とヘジュ。

もしやヘジュは、サンヒョンのために、お金を作ってあげたくて、チ会長の子を?
どうもヘジュの涙顔を見てると、切なくなります。


ホテルマンに無理やり下に連れて行かれたサンヒョン。
声を掛けたヨンウの言う事を聞き、頭を下げるホテルマンたちを見て、
「偉いみたいだな」と言うサンヒョン。
「チェ刑事を助ける程度に。必要あれば」と言うヨンウを遮り、
行ってしまうサンヒョンを追いかけるジェヒ。
ジェヒの腕を掴み、止めるヨンウ。

つかつかと戻って来て、ヨンウに向かって、
「なぜ知り合ってから終始一貫タメ口なんだ?」とサンヒョン。
サンヒョンらしくて、思わずわらってしまうジェヒに、
「笑うな。男に腕を掴まれて笑うな」と声を荒げるサンヒョン。
こりゃサンヒョンも、かなり惹かれてるみたいねーーー

「プラハの恋人」他の回はこちら

プラハの恋人 OST aka: Lovers in Prague OST(SBS TV Series) (韓国盤)
プラハの恋人 OST aka: Lovers in Prague OST(SBS TV Series) (韓国盤)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

cocoans
2007年02月02日 10:35
pandaさん、こんにちわ♪
>韓国では屋上に自転車は普通?
これびっくりしました、なんというか、狭い屋上をぐるぐるまわっていてかえって忙しそう^^;。
ジェヒがサンヒョンに会う前に隠れて身支度、は恋心が出てますね^^サンヒョンだってジェヒに会いに行っていて・・・でもなかなかうまくはいかなそう。
ヘジュにもヨンウにも、何か深い事情があるのか、こちらも気になってきました。
カプトゥルとカプスンの話は気になりますね。
2007年02月02日 17:22
cocoansさん、こんにちは。
あの自転車のシーンは、ヨンウもジェヒも切ない時に気持ちを落ち着かせようとしてるみたいだけど、どうも引いてしまいます。実は「天国の樹」のハナを思い出すのよですよ~
ジェヒはサンヒョンに一直線!サンヒョンも満更では無さそうなんだけど、二人が恋人になるには、まだ波乱がありそうですね。

ヘジュはなぜ好きなのに違う男の子を?ヨンウはなぜ連絡をしなかったの?と、二人共相手を思う気持ちがいっぱいなだけに、どうも気になります。

この記事へのトラックバック

  • 『プラハの恋人』第4話

    Excerpt: 韓国ドラマ『プラハの恋人』第4話~踏み出した一歩~ テレビ東京(吹替え)冒頭でチェヒにアタックされるサンヒョン、嫌そうでもなく、いい雰囲気でした。が、ヘジュの出現でサンヒョン揺れる?ヘジュは借金返済を.. Weblog: cocoans☆韓流よりみち日記 racked: 2007-02-02 10:38