プラハの恋人 第2話

サブタイトル・・・「過去との再会」
画像
☆感想とあらすじ(ネタバレあり)☆
大使館対抗のマラソンに、「一人でも出る。ユキには負けるけど」と、言いながら、靴ズレのケガに絆創膏を貼るジェヒの前に、当の本人ユキが。
「出た」って、化け物でも見たみたいで、可笑しい言い方のジェヒ~

車椅子でも出ると言うユンギュ。
「あの刑事。今度会ったらぶっ飛ばす」と言ってると、「ええ、どうぞ。でもレースが終わってから」と現れたサンヒョン!
来てくれて何も言えずに、ウルウルとしてるジェヒの靴紐を縛り直しながら、
「理由は聞くな。進めなかった」とサンヒョンに、ようやく笑みがこぼれるジェヒ。

靴ズレが酷くて、ヨロヨロしてくるジェヒ。
すると何と!ジェヒを抱えて走るサンヒョン!
おんぶじゃなくて、肩に抱えて(*_*; 
暴れてるチョン・ドヨン、落ちそうで本気で怖かったんじゃ?

ユキたち日本チームを追い越して、途中でジェヒは降りて、手を繋いでゴール、
抱き合って大喜びする二人でした。
いがみ合ってたユキがゴールすると、握手を差し伸べるジェヒ。
スポーツって、いいわね~

夜、川を眺めながら、酒を飲んでるジェヒとサンヒョン。
サンヒョンの左の薬指の指輪を見て、
「捜してる人が容疑者なんて、ウソ。恋人でしょ?」とジェヒ。
「犯罪者だ。“別れよう 帰らない”って、詐欺師だ」とサンヒョン。
ヘジュとは1年8ヶ月も会ってないと聞き、「それでも恋人かな」とジェヒ。
それは彼に尋ねたんじゃなくて、自分とヨンウのこと。。。

アパートまで送ってもらいながら、マラソンと恋愛の共通点を話すジェヒ。
色々と並べるジェヒに「時には傷つくことも」とサンヒョン。
遠い目をしてたジェヒに別れ際、「薬つけろ。足じゃなくて心に」とサンヒョン。
このセリフ、『パリ恋』の“心の絆創膏”を思い出したわ~
チェコ語で「ありがとう」と告げるジェヒ。

目の前のアパートの中に、探してるヘジュがいるのだけど。。。

アパートでは、つい思い出し笑いをするジェヒだけど、
ヘジュの飾り物を見ていて、中にあったサンヒョンと同じ指輪を見て愕然。
「本名はカン・ヘジュ?」と尋ねるジェヒに、その名前は嫌いだと答えるヘジュ。
施設でつけられた名で、皆と同じく、園長のヘウォンから一字もらった名だから。

そして驚く事に、妊娠してたヘジュ。 
予定日は来月なんだそうで、これが別れを告げた理由なのでしょう。

サンヒョンと会っても、ヘジュの事は言い出せないジェヒ。
「会ったら食事して、散歩して、見つめ合って…」と言うサンヒョンに、
「嫌がったら?抱き合いたかったら逃げないわ。もう捜すのやめたら?
冷めた人の心は無理。強盗とかより始末が悪い」とキツイ事言うジェヒ。
怒りをぶつけるように、テーブルのグラスをガチャンと払うサンヒョン。激しい
「すぐにうずくような傷を最初につけたのは誰よ」と声を荒げて帰るジェヒ。

変な別れ方したのが気になり、ジェヒのアパートに来たサンヒョン。
しかし中から出て来たのは、ヘジュ。二人共驚き顔。
特にサンヒョンは、お腹を見て・・・

平静を装って、会話してたけど、段々と「捜さないでって言ったはず。
何しに来たの?うっとおしい」と冷たい言葉を浴びせるヘジュ。
「止めろ」と怒鳴り、「お前をそんなにしたのは誰だ?殺してやる」とサンヒョン。
涙がこみあげてくるヘジュ。でも口から出る言葉は、
「年上で、欲深くて、女も多い。でもお金もたくさんある。だから彼が好き」

部屋を出てから、嗚咽してたヘジュ。
施設育ちで苦労して、会いはなくてもお金のある人を選んだのかな?
でも表情を見てると、望まない妊娠だったのかな?という気もしてきて。。。


一晩中待ってたサンヒョン、しかしヘジュは戻りません。
朝、部屋を出て行くサンヒョンに、
あのホテルでピアノを弾いていると告げるジェヒ。

大使館を尋ねて来たヨンウ。でもジェヒはいませんでした。
中々会えないですね~この二人。
大使(「12月の熱帯夜」のジファンの恩師の教授?)とヨンウの父は、友人関係だそうで
紹介され、名前を聞いたユンギュは、握手の手を引っ込め、
「ジェヒを知ってますよね?」と。
ジェヒが酔うと、いつも泣きながら口にしてた名前だそうで、
「会うのは止めた方がいい。ようやく立ち直ったんだ」とユンギュ。

川を見つめながら、五年前にここでジェヒと交わした会話を思い出すヨンウ。
父に呼ばれて帰国する事になったと言い、
「明日電話する。あさっては結婚の承諾をもらい、次の日には航空券を買い、
その次の日には、お前の元に戻りプロポーズ」と約束したヨンウ。

父に呼ばれたのは、大統領の娘と付き合ってたから?
プラハに戻れなかったのは、妨害されたのかしら?
それとも電話一本も出来なかった何か理由があったのかしら?


ホテルで待ってたサンヒョン。
「お礼を言ってなかった。留学費用ありがとう。お金は必ず返す」とヘジュ。
思わずビンタし「俺を愛してたのか?」と聞くサンヒョンに、
「いいえ、あなたに愛されすぎて暇がなかった。
あなたも悪い。少しだけ愛せば良かったのに」とヘジュ。
でも本心じゃなさそうな・・・また別れてから、一人泣いてるヘジュ。

急にお腹が痛くなり、座りこんでしまったヘジュに、声を掛けたのはヨンウ。
車を呼ぶと言うヨンウに「私はどこにも帰れない」と首を振るヘジュ。
・・・というわけで、自分の部屋で休ませてくれたヨンウ。
「母親が泣くと、子供も悲しいんだ」と優しい{%arrowup_a%}
あの場所にジェヒがいたと聞き、驚くヨンウ。
昨日は幸せそうな顔してたと聞き(ヘジュは相手がヨンウと思ってるのね)、
自分以外の人が、ジェヒを笑顔にした事に、複雑そうなヨンウ。

指輪を返して欲しいとジェヒに頼み、アパートを出て行くヘジュ。
「あの人よくケガするから、薬を用意しておかないと。
ジェヒさんがいて安心。私もよく笑ったわ…」と寂しい笑みのヘジュ。

指輪を返されて「隠すだけじゃなく、逃がしたのか」と辛口なサンヒョン。
「いい加減にして。来月ママになるって事は、
大分前にあなたを忘れたって事。元には戻らない」と怒ってしまうジェヒ。

サンヒョンがホテルをチェックアウトすると、
「ヘジュさんは私と暮らしてる」とジェヒからメッセージが届いていました。

現地の韓国人の学校みたいなところで、お別れ会のジェヒ。
(髪の長い女の子は「春のワルツ」イナ子役や「海神」の子だわ~)
「先生を見送るのが本当の愛だって、あのおじさんに聞いた」
子供の言うおじさんとは、サンヒョン。
ヘジュの居場所を知っても、見送る事にしたのね。。。
ジェヒに助けてもらったお礼と、誤解を詫びるサンヒョン、
二人のいい雰囲気に「キス、キス」の大合唱の子供達~

『どうせ行くなら振り向くな。もう俺はいない』と書いたメモに、指輪二個つけ、
願いの叶う壁に貼るサンヒョン。
「ここで約束があるから空港に送れない」とジェヒ。
すっぽかされるかも…本当に叶うのかな…叶った」
ヨンウの姿に、切ない顔のジェヒ。

「プラハの恋人」他の回はこちら

プラハの恋人 OST aka: Lovers in Prague OST(SBS TV Series) (韓国盤)
プラハの恋人 OST aka: Lovers in Prague OST(SBS TV Series) (韓国盤)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック