プラハの恋人 第1話

サブタイトル・・・「恋人たちのプラハ」
画像
☆感想とあらすじ(ネタバレあり)☆
プラハ駐在の外交官・ジェヒ(チョン・ドヨン)
もうすぐ韓国に帰国するそうで、その気持ち「矯正器具を外した気分」と、同僚(「パリ恋」ギジュ秘書のユン・ヨンジュン)に笑ってます。
そんなジェヒの元に、父(「美しき日々」ミンチョル父・「復活」「オー!必勝」他たくさんの韓ドラでおなじみイ ・ジョンギル)から電話が。
父のいる場所はすごーい仕事部屋に国旗、後ろのエンブレム、
ヤキモキして電話が終わるのを待ってる秘書。
ジェヒの父は、現役の大統領でした!

大統領から表彰を受ける刑事のチェ・サンヒョン(キム・ジュヒョク)と、
司法試験に合格して外交通商省に入った異色のチ・ヨンウ(キム・ミンジュン)
「愛する人が外交官なので志願しました」と答えるヨンウ。
その愛する人とは、ジェヒなんでしょうね~

同僚刑事たちから、シャンパンで祝福の嵐のサンヒョン。
(その中の一人は「バリ出来」ジェミン秘書・「ラブストーリー・イン・ハーバード」先輩弁護士・「オー!必勝」のキム・スンウク)
同僚に急かされて、恋人のヘジュに電話するサンヒョン。
しかし、声を聞き、黙って泣いたままのヘジュ。
あと三週間で会えると言うサンヒョンに、「帰らない。あなたの所にも韓国にも。
私を捜さないで、忘れて」と電話を切って、嗚咽するヘジュ。

プラハへ留学中のヘジュ。
費用は休日返上で稼いだサンヒョンが出したらしいです。
居ても立ってもいられなくて、プラハへ飛んだサンヒョン、
でも聞いてた住所には、もう住んでなく、途方に暮れていました。
ヘジュの新しい入居先は、ジェヒが出る予定のアパート。

帰国するにあたって、記者達のインタビューに答えてるジェヒ。
一駐在員の帰国ではなく、大統領の娘だからなのでしょう。

ドレス姿のまま、スポーツカーで男性と共にカフェにやって来たジェヒ。
携帯でハングルで喋るジェヒに気付いたサンヒョンは、
窓から見えるジェヒが、お金を受け取ってるのを見て、そういう仕事の人と勘違い…同砲のそんな姿に顔をしかめていました。

財布をスラれてしまい、追いかけて腕を掴むサンヒョンだけど、
犯人の女は「財布を渡しにつかませて、誘った」と言い張り、
そんな騒ぎに、黒山の人だかり。
チェコ語がわからないサンヒョンは、ジョヒに助けを求めました。
財布の中に、刑事の身分証と「捜し人」のメモを見たジェヒは、
「人捜し中なのに、手掛かりを渡すはずない」と言い、すごすごと逃げ出す女。

でもサンヒョンには、この人は男好きだから、
女は買わないと言ったとウソ言うジェヒ。
ジェヒが娼婦と思って、「父親はこの事知ってるのか?」と呆れ顔のサンヒョン。
「誇りを持って頑張れって言ってるわ」と答えるジェヒ。

韓国料理店に行っても、自分に対して態度が横柄なサンヒョン。
泊まる場所を紹介してと頼まれて、高級ホテルに連れて行き、
「スイートしかないらしい」と言うジェヒ。
多分、イジワルしちゃおうと、そこしか無いって言ったのでしょう。
あとは汚くて泥棒のいるホテルしかないと言うジェヒに、
「オレは温室育ちだから」と仕方なくここにチェックインしたサンヒョン。

笑って手を振りながら、「どこが温室育ち」と呟くジェヒが可笑しい~
待ち合わせに来たヘジュから、
「ずっと笑ってる」と言われるくらい、楽しそうなジェヒでした。
ヘジュが、今いる部屋をすぐ出ないとならなくなり、少しの間、一緒に住む事に。
韓国名は好きじゃないから、「クララ」と名乗るヘジュ。

ヘジュは、このホテルでピアノを弾いていたのでした。
灯台下暗しで、まさか、そこにいるとは気付かないサンヒョンとニアミス。

サンヒョンがが着てた“恋人達のプラハ”と書かれたTシャツを見て
自宅にしまってた同じシャツ見つけて来て、5年前を思い出すジェヒ。
---ヨンウとお揃いでこれを着て、プラハの願いが叶う壁に願い事を貼り、
お互いに自分の願いのメモを写真に撮り、
5年後の今日、ここで見せ合う約束をしたのでした。

ソウルで、その事を思い出し、物思いに耽っていたヨンウ。
同僚(「クッキ」ミングォンの秘書・「ラブバード」弁護士・「グリーンローズ」証券会社支社長他の俳優さん)から、ジェヒが戻って来ると聞き、驚くヨンウ。
そして五年前の約束を果たすために、プラハへ。

ヨンウがチェックインしようとしたホテルの部屋は、ちょうどサンヒョンが出た部屋、
高くてブーブー言うサンヒョンと、当たり前のようにスイートに泊まれるヨンウ。

大使館対抗マラソン大会って、プラハで本当に開催されてる?
練習中に、日本大使館のユキに声を掛けられるジェヒ。
どうやら二人は、ライバル視してるみたい。
そして、なぜかハートナーと組んで走らないとダメらしく、
「私のパートナーは、ファン・ヨンジョ選手(黄永祚=バルセロナ五輪男子マラソン金メダリスト)から、サインをもらった」と見栄を張るジェヒでした~
チョン・ドヨン、日本語、中々聞き易くてgoodです。

ヘジュを捜すために、大使館を訪れたサンヒョンは、そこにいたジェヒにビックリ。
大使館職員と言っても、信じてくれないし、
身分証を見せても「偽装は罪」と認めないで、頑固でおかしいです。
ヘジュを捜す手助けをする代わりに、一緒にマラソン大会に出てと頼むジェヒ。
その条件を呑んで、練習に捜索に忙しい二人。

ジェヒのアパートを尋ねたヨンヒ、留守で代わりに応対してヘジュが、
「ジェヒさんを笑わせた人ね」と勘違い。
自分以外にそういう人がいると、ちょっとショックなヨンウ。
あの願い事の壁に行き“僕を見て微笑んで”とメモを貼りました。

行き違いにやって来たジェヒとサンヒョン。
“ヘジュ、もうかくれんぼはよそうよ”と書いて貼ったサンヒョンに、
「心が楽になったでしょ?」とジェヒ。
そして、明日の大会は、絶対に勝ちたい。
出てる半分は泥棒だと思って。半分は本当に泥棒よ。
“男は皆泥棒”と父が言ってた」と言うジェヒに、
「金持ちに見えないから、狙われない」と軽口叩くサンヒョン。
悪口大会なら優勝と顔をしかめるジェヒ。

大会の日、会場へ行く前に、ヘジュを知ってる人に会いに寄った二人。
「ヘジュは韓国人と合わなかった」らしい。
ヘジュのチェコ人の友人に電話したけど出なくて、とりあえず会場に向かう事に。

車の中で、買っておいた運動靴をプレゼントするジェヒ。
そんなところに、ヘジュの友人から電話が入り、「今なら会える」と。
マラソンが終わってからにしてと言うジェヒと、「降ろせ」と言うサンヒョン。
押し問答の末「きっと逃げたのよ」と怒鳴ってしまうジェヒ。
「車を止めろ!」と声を荒げるサンヒョン。

車から降りて、スタスタと行ってしまうサンヒョン。
大事なマラソンが終わってからにしてと言われても、
「たかがマラソン」と言うサンヒョン。 ←普通はそう思うんじゃ?
マラソンの為に買った靴だから、置いて行ってと言われると、
靴を履き替えて行ってしまうサンヒョン。

靴を拾って車を走らせたジェヒだけど、戻って来ました。
それは連絡用に携帯がいるだろうから、自分のを貸すため。
ジェヒが行ってしまった後も、その場に佇んでいたサンヒョン。

「パリの恋人」と同じスタッフのラブコメと聞きましたが、
OPテーマがどこかもの悲しい感じがします。

そして、私の持つイメージでは、
司法資格を持つエリート外交官がキリっとした感じのキム・ジュヒョクで、
熱血な刑事がワイルドな雰囲気のキム・ミンジュン、
何となくその方がシックリくる気がするのは、
ソンベク(@「チェオクの剣」)ことキム・ミンジュンに活躍して欲しいからかも(笑)

「プラハの恋人」他の回はこちら

プラハの恋人 OST aka: Lovers in Prague OST(SBS TV Series) (韓国盤)
プラハの恋人 OST aka: Lovers in Prague OST(SBS TV Series) (韓国盤)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年01月14日 23:08
pandaさん、こんばんわ
「プラハ」見てます♪なかなかはまって来ました。
ジェヒとサンヒョンのやり取りが面白いですね、でもTシャツのあたりはジェヒの悲しい表情が印象深かったです。
なんでヨンウは来なかったんでしょうね。謎です。
最後のイメージは、なるほど!でした、確かに逆いいですね、ソンベクだし^^
私もキムミンジュン派ですが、出番がちょい少なそうで悲しいです。これからよろしく~~
2007年01月15日 22:15
cocoansさん、こんにちは。
BSジャパンさんったら、3話連続だなんて、見て書いて大変でした~でも面白いですね♪

思い出のTシャツを着て、五年前を思い出すジェヒは、切ない表情でしたよね。この時はジェヒはまだヨンウを愛してる?と思った私です。
最後のイメージは、納得してくれてありがとう~韓ドラだと、主役二人がくっつくのが常なので、そういう部分でもキム・ミンジュンが良かったーーと思ってしまいます。たくさん出番があるといいですね~(^o^)
2007年03月18日 16:37
STVで始まりました~ってすっかり忘れていたんですけど(汗)。
オープニングから「パリ恋」を連想させてくれますが、果たしてどうなりますか・・・。
実はチョン・ドヨンが苦手なもので・・・。
でも日本語が上手かったのはオドロキです。
イントネーションも・・・凄い!
2007年03月19日 21:28
sannkenekoさん、こんばんは。
「パリ恋」と同じスタッフだけあって、オープニングはソックリですよね。「パリ恋…」の音楽はワクワクしたけど、こちらの方はどこか物寂しげな感じがしました。
このドラマも「パリ恋」同様、いいセリフがポンポン飛び出して面白いです。

ドヨン嬢、苦手だったのですね。ここに来てくださるドヨンが苦手な方は、このドラマのジェヒはgood~と言ってますが、sannkenekoさんはどうかしら?
そうそう、日本語が上手かったですよね~「ガラ華」ユウイチより上手いじゃない!と思ってしまいました。

この記事へのトラックバック

  • 『プラハの恋人』第1話

    Excerpt: 韓国ドラマ『プラハの恋人』第1話~恋人達のプラハ~ テレビ東京(吹替)プラハでふとした事で出会ったジェヒとサンヒョン。初対面から喧嘩しながらも思い切り打ち解けてましたが、それだけ気が合ったという事でし.. Weblog: cocoans☆韓流よりみち日記 racked: 2007-01-14 23:17
  • 「プラハの恋人」第1話

    Excerpt: 『魔法の街』プラハで出会いは訪れる。 「プラハの恋人」第1話 Weblog: 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 racked: 2007-03-18 16:27