春のワルツ 第9話

サブタイトル・・・「失敗に乾杯」
画像
☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆
チェハにコンパクトのお礼を言うウニョンの話を立ち聞きしたイナは、
ロードマネージャーとしての第一日目だというのに、皆に紹介をせずに完全に無視(←仕事なのに、ちょっと大人げないわ・・・)ミーティングの間、ただ立ってるウニョンを見かねたフィリップが言ってくれて、ようやく紹介したけど、挨拶してる最中にサッサと「演奏曲は決まった?」と遮るし

ロードマネージャに必要なチェハの車は、イナ父が用意してくれたらしく、
「特別な人だから」と、ウニョンに当てつけるような言い方のイナ。
おまけに、「さっきのコンパクト見せて。どこのブランド?」と。
戸惑っているウニョンを見て、「自分で買ったんじゃ無いの?」
ちょっと疑問だけど、チェハは、ウニョンが落としたのと、
同じものをって買ってた気がするんだけど、なぜブランド名を言えなかったんだろ?
誰から?恋人?と、わかってるくせに、ちょっとしつこいイナ。
そして、「今日はもう帰っていい」と素っ気無い。

ロードマネージャーって、掃除とか身の回りの整理もするのね。
作曲中、「他の鉛筆ない?」と言うチェハの為に、ナイフで削ってあげるウニョン。
すごく尖がっていて、感心したように見てたけど、バキンと先を折り、
「楽譜に穴があくだろ?」と笑顔のチェハ。

と、笑顔から一転、ピアノを拭きながら、勝手に弾いてたウニョンに、
「弾けとは言ってない」と態度が豹変。
作曲が進まなくてイライラしてるのを見て、
気分転換に外に出る?とかご飯行く?と、
アレコレ話しかけるウニョンに、つい怒鳴ってしまうチェハ。
前のウニョンだったら、「嫌なヤツ」って言ってたかもしれないけど、
今回は、鍵盤を指差して「見てこの子たち。ビックリして顔が真っ白。
この子は心が真っ黒…この子たちいじめないで」と。
この子って言い方が、ウニョンらしい~
そんなウニョンに、思わず笑い出して、ご飯食べに行こうとチェハ。

結局、何を食べたんでしょ? そのシーンはなくて、買い物しまくるチェハ。
荷物は全部マネージャーのウニョン持ち。

街中で、飲み物買って来てと言うチェハ。
荷物は自分が見てるからと言って待ってる間、
チェハの目に飛び込んで来たのは、
「ガム買ってください」と、足を引きずってる貧しそうな少年。
自分に近づいて来た少年に「引きずる足が変わった」と言いつつ、
お金を渡してガムを全部買い、「もう間違えるな」とチェハ。

少年の後ろ姿を、切なく見つめるチェハ。それは、かつての自分の姿。。。
ヘヘッと笑って足を引きずって行ってしまう自分の幻影に、涙がこぼれるチェハ。
戻ったウニョンは、チェハの涙には気付かなかったようです。
2人が向き合う演出は、上手いですね。ホロりです。
健気に照れ笑いのスホも、何だか悲しくて。。。


チェハ父にインタビューするイナの友人の記者。
政治記者だと思ったら、「チェハさんの幼い頃の話を聞きたい」と言い出し、
あからさまに戸惑うチェハ父。 
ちょっと慌てすぎ。大臣になる気なら、もっと表面に出さないようにしないと~

ホテルに戻って来た二人を見て、顔が強張るチェハ母。
一緒にいたのは、ウニョンがマネージャーになったと聞き、猛反対。
・・・というのも、「ウニョンいう名が気になる。同じ名前の子が傍にいるのも嫌」
ソ・ウニョンが、どこにいるか調べてとチェハ母。

「あの子、ウニョンが生きてると知ったら、私達を捨てる」って
チェハ母って、チェハが本物じゃないって、知ってたのね。
てっきり、母の為にずっと本人に成りすましてるのかと。


スホとの出会いを思い出すチェハ父。
病室で会った後も、コッソリと息子にそっくりなスホを見つめていた父。
ある日、電話してるおばさんの足元にあったバックに目が行き、
思わずひったくってしまったスホ。
逃げ回ったけど捕まってしまい、警察につき出される直前に、
「私の息子です」と助けてくれたのが、チェハ父。

食堂でご飯をご馳走してくれ、がっつくスホ。ずっと食べてなかったんでしょう。
本当にそっくりだ…と懐かしむように見つめ、カナダに住んでいる事を話し、
「おじさんについて来ないか?調べさせてもらったが、生活が大変なんだろ?
しばらくおばさんの傍にいて、病気が治るまで、息子のフリをして欲しい。
治ったらソウルに帰すから」とチェハ父。

ようやくスホがチェハとなった経緯は、少しわかったけど、
「おじさんと行く」と返事をしたシーンは、まだですね。
ウニョンの手術代のナゾも、ハッキリとは触れてません…想像つくけど。

イナに電話して、いつものように、コンサートへは一人で列車で行くとチェハ。
「そうだ。ハンカチ気に入った?」とイナ。 
このハンカチが後々・・・という雰囲気がプンプンでしたね。

チェハを駅まで送ったら、会社に戻って書類整理をとイナに命じられ、
ちょっと残念そうなウニョン。
ホテルから出て来て、駅まで一人で行けると言うチェハに、
「送らせて。気分くらい味わいたいんです」とウニョンが戻って仕事すると知り、
「あの習慣は、前回崩された」と、一緒に連れて行くよと言う意味のチェハ。
オーストリアでの列車の移動を思い出し、ニッコリのウニョン。

もう少しで会場に着くという手前で、前の方で事故が起き、立ち往生。
どうしよう…と言ってるウニョンの向こう側に見える、黄色いスクーター・・・
ふとそれに気付いて車から降り、スクーターで向かう事に。
「急いで着替えて」とウニョンに言われて、戸惑いつつ車中でお着替えのチェハ。
バイクを借りる交渉の場面はなかったけど、ちゃんとしたのでしょうね。
それに、道路に車を置いて行って、大丈夫?

ウニョンの後ろにまたがり、「スクーター運転出来るの?」と怖がるチェハ。
前に出前に行った時に、見てなかったのね。
ブレーキがかかって、ウニョンの腰に手を回す格好に。
ウニョンの髪がなびき、顔にかかるので、
イナからもらったハンカチで、束ねてくれるチェハ。
幼い頃、そうしてくれたスホが、頭を過ぎるウニョン。

ウニョンと一緒に向かってると電話が来て、あからさまにムッとしてるイナ。
おまけに、時間になっても到着しなくて、連絡もなくヤキモキ。
展開と関係ないけど、このテント、すごい緑・・・(*_*;

ようやく到着して、ヘルメットを被ったまま危うく壇上に上がる所だったチェハ。
野外でクラシックコンサートって珍しいのでは?

頼んでもないのに、余計な事したと、ウニョンを責めるイナ。
それを見て、「僕が頼んだんだ。無事に終わったんだから、機嫌直せ」とチェハ。

自分の前でウニョンを庇った事が、益々イラつくイナ。
「ウニョンさんの為に?フィリップとも一緒に行かなかったのに」
そう言われて「楽だった。それだけ」と本音をもらすチェハ。
「私とじゃ、楽じゃない?」とイナ。 ←きっとそうでしょう。
「どうしてそんな事、説明しないとダメなんだ?」とチェハ。

あーあ・・・だから、前にイナに「一からはじめよう」なんて、
言わなきゃ良かったのに。。。


落ち込んでるウニョンを見かけて、声を掛けようとしたチェハ。
でも先にフィリップが酒を持ってきて、「誰でも失敗はあるよ」と。
そして失敗に乾杯と、仲睦ましい姿を遠目から見つめて、
自分の入る隙間はない…という雰囲気のチェハ。

翌日、急な仕事が入り、早い時間に帰る事になったイナとフィリップ。

車に乗るチェハは、昨日は後部座席、今日は助手席です
帰りの道中、鶏を積んだおじいさんのトラックが急に横切り、そのまま土手へ。
トラックに積んでた鶏が逃げ出して、チェハもウニョンも、捕まえるのをお手伝い。
鶏に、いいように遊ばれてるみたいでしたね~
二人共泥だらけだから、キレイにして行きなさいというおじいさん。
なぜか、自分達の車じゃなくて、トラックの荷台に乗ってる2人。
イナ父からのプレゼントなのに、また車、置きっぱなしにしていくのね(^_^;)

家に着いてから、夜になり、帰ろうとする2人に、夕飯をと言うおばあさん。
遠慮していると、お腹がググーーーー。

肉を取ってくれるチェハに、いいですと言ってから、
「うっそー」とイタズラっぽく口に頬張るウニョン。 チェハの顔も綻びます♪
「こんな美味しいサムゲタンは初めて」と感激してるウニョン。
そりゃあ、新鮮だもんね・・・とつい思ったけど、「身がしまってるから」とじいさん。

知り合いが倒れたと電話が来て、
そこに行かなければならない、お爺さんとお婆さん。
お守りをしてる子供と赤ちゃんを、「面倒を頼むよ」と。
いくら何でも他人に( ̄ー ̄?)....
普段から面倒見てるなら、赤ちゃんでも連れて行くでしょうに。

そんな事で、慣れない手つきでミルクを作ったり、抱っこしてりして、
赤ちゃんの面倒を見てるチェハとウニョン。
2人を見て、「パパとママみたい」と言う子供。
携帯が鳴り、その音で赤ちゃんが泣き出してしまったので、
電源を切ったらしいチェハ。
電話をかけたイナは、帰って来ない、連絡が来ない…でまたヤキモキ。
今回は、電話をもってイラつくシーンが多いイナ。

「ちょっと事故って」とようやくチェハから電話が来たイナ。
後ろの方で、ウニョンの声がして、一緒と知りショック。

爺さんは、知り合いが倒れたからかけつけたハズなのに、
どうして酒を飲んで帰って来たんでしょ?
もう帰ると言うチェハたちに、「暗くて道が見えないから、泊まっていきなさい」と。

別々な部屋だけど、仕切りのない見えるところに敷かれた二つの布団。
普通は、別々な部屋にするでしょう。
あ!夫婦だと思われたのかしら?
お互いに意識しちゃって、「こっちに来ないでくださいね」とウニョン。
「引きずりこまれても逃げる」と言って、外へ出て行くチェハ。
「嫌なヤツ」と久々のセリフのウニョン。
チェハは、一晩中起きてたらしく、帰りの車で爆睡してました。

次の日、顔を洗うのに髪が邪魔で、
昨日チェハが縛ってくれたハンカチを拝借して、髪を束ねたウニョン。
そのまま外さないでいたので・・・

ようやく帰って来た2人に、「ウニョンさん、一体どんな運転…」と怒り、
ウニョンの髪を縛ってるハンカチに気付き、すごい剣幕でもぎ取るイナ。
ウニョンにしたら、何が何だか…だよね。
「何するんだ!」とイナに声を荒げるチェハ。

確かにイナはチェハ一筋だし、
一から始めようと言ってもらえて恋人のつもりでいるから、
ショックだし、不安だし、ヤキモチでイジワルな言い方をしてしまうでしょう。
でも・・・なぜか同情が沸かないのは、思い込みが激しいキャラだからかしら…
仕事なのに私情を挟むし、チェハを怒るより、ウニョンへの嫉妬丸出しだし。
チェハとウニョンは、スホとウニョンだから、幼い日の絆を見てきたから、
だからイナは違うのよ、諦めてと思ってしまうからかも。

同じ名なんて、いくらでも居ると言ってたチェハ父だったけど、
取り寄せた戸籍謄本を見て、パク・ウニョンが、ソ・ウニョンと知りました。
チェハとウニョンが近づくたびに、邪魔する人が増えていく気が。
・・・というか、もういい加減、スホに戻してあげては~?
縛りつけるのは、チェハ父母のエゴのような気がしちゃいます。
でも、多分そのおかげで、ウニョンが手術出来ただろうし、複雑。。。

「春のワルツ」他の回はこちらです。

オリジナル・サウンドトラック「春のワルツ」Classic盤
オリジナル・サウンドトラック「春のワルツ」Classic盤

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年12月08日 17:25
こんにちは。pandaさんもやっぱり、ハンカチですね。私も、ハンカチに目をつけました。まずいですよね。これはやっぱり、チェハの不注意です。こんなことされたらイナさんもさっさと違う男に乗り換えた方がいいと思うんだけど。まあ、ドラマだから、そんなわけにもいかないか。今回はイナさんに同情する。ウニョンは何も知らないんだからしょうがないよ。
2006年12月08日 18:21
pandaさん、こんにちは。
面白くなってきた~というのが感想でした(笑)
コンパクトに続き、ハンカチと、イナにとってはイタイもの続きでしたね。その分、チェハとウニョンの距離が縮まっていくの。私はフィリップが心配になるかも?!
サムゲタンはきっと美味しかったのね、締めたて・・
それよりも、チェハ(スホ)の過去もずいぶん分かってきて。そう言えば、チェハ母がウニョンを意識しすぎるって、チェハが本人じゃないと知ってるってことか~?!気づきませんでした、鋭い!pandaさん。
2006年12月08日 23:56
dramadaisukiさん、こんばんは。
チェハからハッキリ「楽だから」と言われたイナ。自分とは楽じゃないの?と気付いたなら、初恋に拘らないで、諦めた方がいいと思うのだけど、そうも行かないようですね。
ハンカチは、せっかくのプレゼントを使ってしまったチェハも悪いけど、ウニョンもすぐ返せば良かったのに。。。でもイナからのと知らないウニョンが、トバッチリで、可哀想でしたね。
2006年12月09日 00:11
kbkbYさん、こんばんは。
コメントの件、ラジャーです♪
ココ、最近コメント入り難いかな?ごめんね~他の方も二重、三重になってしまって…


イナ側から見れば、悪夢の連続ですよね。携帯握りしめるシーンも多々だったし、怒ってばかりの回でした。
でもなぜか同情が沸かなくて、私はチェハとウニョンの距離が縮まって良かったという気持ちが強いみたいです。
kbkbYさんは、フィリップが心配に?!なのね~次回のサブタイトルは「かけがえのない友」
チェハかフィリップか、それとも二人共?愛と友情の狭間で悩みそう。

チェハ母は、「チェハが、ウニョンが生きてると知ったら、私達を捨てる」と言ってたので、実の子じゃないとわかってるのかな?と思いました。

サムゲタンは、やっぱりシメたてだから?ですよね~きっと(^_^;)
2006年12月09日 23:13
pandaさん、こんばんわ
なかなか見がいがある回でした。
ハンカチといい、コンパクトといい(ブランド分からないのは不思議!)朝帰りだし、イナはイライラ続きだったでしょう。「一から始めよう」がひびいてますね、でも私もどうしてもイナが邪魔者に見えてしまうわ~
秘密が多すぎると複雑で。早く分かるといいけれど(そうすると終わっちゃうか)。
スホとチェハのシーンは・・本当に上手いですね。しばらく忘れられないかもしれません。チェハのいろいろな感情が込められていて、ぐっと来ました。やっぱりはまってきた??
チェハ母は何もかも知ってるんですね。そこまで気付かなかったです。う~~あの家族はいつ見てもひんやりしていて、かわいそうになります。
>もういい加減、スホに戻してあげては~?
そうしてほしいですね^^;。

サムゲタンの「うっそー」はかわいかった。誰もチェハにあんな事いえないですよね。
2006年12月10日 11:19
cocoansさん、こんにちは。
私もイナが邪魔者にしか見えなく、同情が沸かなくて…私だけじゃなくて、cocoanさんもkbkbYさんもでホッとしました~
「一から始めよう」って、どうして言ってしまったの?とチェハに言いたいわ。でも言われたイナも、チェハの気持ちが自分にないとわかったら潔くして欲しいです。…でも自分自身イナだったら、きっと出来ないです、ハイ。

小出しの秘密が少しずつ出て来たけど、決定的には教えないのがミソですね。ウニョンの手術代の事にも、まだ触れてないし、スホがどんな風にチェハ父に答えたのか早く見たいです。ウニョンが引き取られた経緯も。
チェハ母の件も「私達を捨てる」って言ってたから、チェハがスホだと知ってると思ったのけど、ハッキリとは描かれてないんですよね。どうも曖昧です。

スホとチェハが向かい合うシーンは、ホロッでしたよね。スホ絡みのチェハのシーンって、どうも来ちゃいます。

ウニョンの「うっそー」は可愛かったですよね♪イナは絶対に言わないですね。思わず笑みがこぼれたチェハも良かったです~

この記事へのトラックバック

  • 韓国ドラマ 春のワルツ 第9話

    Excerpt: 韓国ドラマ 春のワルツ 第9話 感想は上部に、あらすじ(ネタバレあります)は、下部に書いています。 今回のポイントはなんと言っても「青いハンカチ」ですね。 何.. Weblog: 韓流好き集まれ! racked: 2006-12-08 17:19
  • 春のワルツ#9 06/12/07 Thursday

    Excerpt: 22:00 BS2「春のワルツ」第9話「失敗に乾杯」 このスクーターの二人。ハラハラしたけど面白かった(笑)チェハはタキシードにヘルメットだし!「コンサート当日は一人で電車で移動」が決まりだった.. Weblog: 韓流のたのしみ! racked: 2006-12-08 18:07
  • 『春のワルツ』第9話

    Excerpt: 韓国ドラマ『春のワルツ』第9話~失敗に乾杯~スクーターで、ウニョンの髪がチェハの顔に当たるのは「冬ソナ」ですね~最初のソ・ドヨンの歌もいいけれど、最後の歌が流れるとなんだかじーんとします。悲しそうなラ.. Weblog: cocoans☆韓流よりみち日記 racked: 2006-12-09 22:52