火の鳥 第22話

サブタイトル・・・「深い亀裂」
画像
☆感想とあらすじ(ネタバレあり)☆
泣いているジウンと慰めるセフン。
アメリカに帰っても、会社があるから心配ないと言うセフンだけど、
その会社は、ミラン父やソ会長、ジョンミンも乗っ取ろうとしてるんじゃ?

二人に歩み寄り、ジウンをビンタするミラン。
何でジウン?!セフンじゃないけど「何してるんだ!」だわ。
病気のせいなのか、異常なのか、「こんな女」ジウンと会ってるセフンを詰り、
「許さない。二人を殺してから、私も死ぬ」と、また死を口にするミラン。いつもの事で、聞き飽きた・・・でも実行しないでね!

ミランから送られた画像を見て、愕然としたジョンミンは、
家の前で、ジウンを待ってました。
昔の男に会い、涙まで流してた事を責め、
ジウンの心の中にセフンがいるのが許せないと言うジョンミン。
「自分のエゴで、彼を犠牲にするなんで…彼と再会して心が揺れたのは事実。
付き合おうと言ってくるあなたをを見て、昔の自分を見てるようで心が痛んだ。
心を開いたら、いつの間にか、あなたを好きになっていた。
前にセフンさんを辛い思いをさせたから、もう苦しめたくない。
私が大事なら、セフンさんを追い出したりしないはず。
そんな事したら、私達は笑い者になる…」と、気持ちをぶつけるジウン。
「手遅れだ。君を愛した瞬間から、俺は笑い者」と言うジョンミンに、
「お互い考え直した方がいい」と行ってしまうジウン。

もちろん、セフンが目障りなジョンミンだろうけど、
10年前の事を探るセフンが邪魔という気持ちが強いでしょう。
でもそんな事を、ジウンに言えるはずもなく。。。


傷心のジウンに、また追い討ちが。
家に帰ると、マンションの見取り図を見てた母とヨンウン。
ジョンミンが買ってくれたと知り、どうして?と声を荒げるジウンだけど、
結婚するんだから、もらって当然という感じの二人。
「あの時のセフンさんの気持ちがわかる…
パパが死んで、ママとヨンウンに責められて辛かったけど、
貧しい暮らしをさせるのは、自分のせいと思って、ずっと耐えて来たのに…
家族だったら、私がどんな気持ちだったかわかって欲しい」と泣いてるジウン。
いつも我慢してて痛々しかったジウン、
ようやく気持ちを爆発させてくれて、少しホッとしたと同時に、
家族なのに、こんな事言わなければならないジウンが可哀想で。。。


ジウンに、ソリンを辞める事を話したホジンを責めるセフン。
ホジンは、セフンだけが犠牲になるのを見ていられなかったと言うけど、
セフンは、なぜジウンの為に去るのか、自分の思いを口に。
10年前に自分が折れていたら、親の援助を受けていたら…
自分のプライドのせいで、ジウンの人生を狂わせてしまった。償いをしたい…と。
追い出されるセフンの代償は大きい、思い切ってジウンを奪ったら?とホジンに言われても、「もっと相応しい相手がいる」とセフン。

出勤して同じエレベーターを待つ、セフンとジョンミン。
ドアが開くと、ジウンが 何てバツが悪い。。。
二人は乗り込まず、閉まってしまったドア。
目線が合ってたジウンとセフン、それに気付き目を伏せるジョンミン。
副社長室で、ジウンとのツーショット写真を見つめ、
「君を愛していく事が、こんなに辛いとは…
でも悪人になると決めた以上、黙って耐えるしか…」と呟くジョンミン。

会長に呼ばれたセフンとジョンミンに、書類を投げつけるソ会長。
会長が買収しろと命じてた会社からのタレこみで、脱税の調査が入ったので、
買収に反対したセフンに何とかしろと、責任を押し付けるソ会長。
「対策が先決」と言うジョンミンがもっともだけど、
「前が待ったをかけたから」と怒るし、
脱税なのに、大人しく追徴金払おうって気持ちはもサラサラないらしい。
セフンだけを退席させ、「ジェイリバーの株は?」と聞くソ会長に、
「リスクを犯してまで、買う必要はないのでは」とジョンミン。
でもジョンミンは20話で、セフンの会社・ジェイリバーの企業買収の話を、電話でしてたような…?

セフンは、これを機会にクリーンな企業にして、
不正に利益より損失を選んでくださいと進言するけど、聞き耳持たないソ会長。
そこに「ユン会長から電話」と言う声に、マズイって顔のソ会長、訝しげなセフン。

マンションの契約書を出すのを渋ってたママとヨンウンだけど、
ジウンの剣幕にようやく渡してくれたようで、
ジョンミンに返して、「好意はおしつけるものじゃない」とジウン。
でもジョンミンにとっては償いの気持ち。言えないけど…
「君の強情なところが憎しみを感じる時がある」とジョンミンに言われ
「私も一方的なあなたが嫌い」とジウン。
「終わりにしよう」と怒鳴ってしまうジョンミン。

セフンが会社を出たのを見計らって、ジウンの所に乗り込んで来たミラン。
ロビーでジウンを見つけると、書類を叩き落としビンタ。
本当にミランは、おかしい。。。
叩き返したジウンは、やり返そうとするミランの腕を掴み、
そこに、ソ会長やジョンミンが通りかかり。。。
「婚約者がいるのに、人の男を!」と怒鳴りまくるミラン。
それを止めたくれたのは、ジョンミンでした。

別室に連れていかれる間も、騒ぎ続けるミラン。醜い・・・
「留学してたくせに頭いな。(←そうそう!と頷いてしまった)
お前のせいであの二人は益々離れられなくなる。
俺の恋を邪魔するな。セフンが欲しいならジウンに構うな」とジョンミン。
電話で騒動を聞いたセフンは、車をUターンして戻り、「気が済んだか!」と。

騒動を見てたソ会長は、「正気とは思えん」と、ミランの事かと思ったら、
「ジョンミンはアメリカへ出張、イ・ジウンはクビ」と、パク専務に命じました。

セフンに呼び出されたジウン。ミランの事を詫びるセフンに、
「事実だし気にしてない。あなたとの結婚も後悔してないし」と笑顔のジウン。
前回同様、セフンに穏やかに顔を見せるジウンは、本当に可愛いしキレイ・・・
「あの頃、こうしてお互いを思いやる事が出来たら、
ジョンミンさんやミランを傷つける事無かった。
昔、あなたから逃げたけど、もう逃げない。会長のカミナリが落ちても打たれる」
そう話すジウンに、「ジョンミンを信じて、頑張ってくれ」とセフン。

『ジウン、今僕が後悔するのは、一番苦しい時に傍にいてあげられかった事。
突然出逢って、心から愛し合ったのに、こんな形で終わってしまうとは…』
一人になると、心で呟くセフン。

脱税を見逃してもらう為に、長官に根回しを頼んだけど、
何度も見逃してきたし、今度は額も大きいので出来ない来ないと。
困ってしまったソ会長が考えたのは・・・
パク専務がやった事にして、罪を被ってもらおうと。。。!
自分が罪を被ればいいのに・・・(〃´o`)=3

その後は色々としてくれると約束してはくれても、
言う事などを聞くはずもないパク専務。
いよいよ、ずっと前にジウンパパの事故の真相を話した時に、
録音したレコーダーを利用する事に・・・ジウンのバックにそっと忍ばせました。

仲直りしようと、お弁当を差し入れに来たジョンミン。
ジウンももう怒りは見せず、仲直り?と思いきや・・・
机にあったレコーダーを、何気なく再生するジョンミン。
ソ会長の声と、獏専務の声が流れ、
「イ・サンボムを殺すつもりは無かった」と。
慌てて止めるジョンミン、驚いて「もう一度聞かせて」と言うジウンだけど、
その前に消去してしまったジョンミン。

でも、確かにソ会長の声だったと確信するジウン。
聞き違いだと行ってしまうジョンミンは、
一人になると、へたり込んでしまい、顔を覆って号泣・・・
だから隠し事なんて、いつかは綻びが出るのに。。。ピンチのジョンミンです。
でもジウンを失うのは、辛いだろうけど、
秘密を抱えなくていいから、ジョンミンは楽なのかも・・・?


ショックな気持ちのまま、ようやく下まで降りてきたジウン、
向こうから来たセフンを見て、たがが外れたように崩れ落ちてしまい。。。

「火の鳥」他の回はこちらです。

火の鳥 オリジナル・サウンドトラック(DVD付)
韓国オンエアバージョンです

火の鳥 オリジナル・サウンドトラック(DVD付)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年12月23日 15:59
pandaさん、こちらも~♪
>でも悪人になると決めた以上、黙って耐えるしか…」
ジョンミンにはここから間違ってる!と言いたいです。ラストの証拠隠しにはびっくりでした。ジョンミンここまで落ちてしまったんですね~
その後のセフンとジウンに期待大してます。二人も過去を話し合えるようになって、新たな関係が築けそうですね。
2006年12月23日 22:47
cocoansさん♪
そうそう、ジョンミンのこの思いは、ジウンの気持ちを無視した一人よがりですよね。ちょっとキツイけど。
一生バレないわけないでしょーーーと思いました。
でも秘密を抱えるのは辛いですから、これでジョンミンの重荷が解けていい気もしました。

セフンとジウンの復活を願ってるので、穏やかな二人を見るのは嬉しいです。再会した頃の嫌味タラタラのセフン見てるのはイヤだったわーー
2006年12月24日 21:52
こんばんは。
ジウンの父のことがなくてもマンションの件はジウンには重荷だったように思います。
歓迎されない嫁という立場に加えてこれでは爆発するのも当然。
チョンミンの継母にあんなにペコペコしていた母まであれでは・・・。

>でも悪人になると決めた以上、黙って耐えるしか…
ここまで思いつめているのに当のソ会長は逃げの一手。
でもジウンがとうとう・・・。
2006年12月25日 22:59
sannkenekoさん、こんばんは♪
マンションは、そうですよね。ジウン母は継母のジウンへの仕打ちを目のあたりにしたのに、全然わかってくれてませんね。ジウンが言っても「もらって当然」と言う母とヨンウン、爆発してしまったジウンが可哀想でした。

ジョンミンに秘密がバレた時は、高血圧でクラクラして、罪の意識をずっと感じてたなんて言ってたソ会長。
今ではそんな事もあったのに…という感じです。息子は苦しんでるのに。。。

PS:そちらへのTB入れなおしました(゚ー゚;Aアセアセ
23話の方は削除してください(>_<)

この記事へのトラックバック

  • 『火の鳥』第22話

    Excerpt: 韓国ドラマ『火の鳥』第22話~深い亀裂~完全に1週遅れです・・。本当にいろいろなところで亀裂が生じました。 Weblog: cocoans☆韓流よりみち日記 racked: 2006-12-23 16:28
  • 「火の鳥 プルセ」第22話

    Excerpt: 自分の気持ちに気付き覚悟を決めた女の目。 愛する女の目に点った強い光を見据えることが出来る男と 目を見られない男と。 Weblog: 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 racked: 2006-12-24 20:52