復活 第1話

STORY1・・・全ての始まり
画像
☆感想とあらすじ(ノーカット版)☆
(so-netチャンネル版ですので、訳が違う場合があります。
地上波でカットされたシーンは茶字で書いてます)
雨の中、血だらけの少年子脇に抱えて早足で歩く男。
花札賭博で金を貸した男・ジェス(カン・シニル...「グリーンローズ」チョ捜査官・「オー!必勝」ミン専務・映画「シルミド」元ヤクザの班長)に、この子の面倒を見ろと。
雨に打たれながらも、薄っすらと目を開けた少年の目に映ったのは、ニコニコと微笑む少女。
この少年が、主人公のソ・ハウン(オム・テウン)
少女がジェスの娘ソ・ウナ(ハン・ジミン...「ナイスガイ」スンジョン・「チャングムの誓い」シンビ・「オールイン」スヨン子役)
2人は兄弟同然に育ったよう…と思ったら、
同然ではなく、ジェスは、ハウンを正式に養子にしてくれたようです。

ハウンの幼い頃の記憶
---幼い自分の頭を撫でてくれる父(?)が運転する車。
前を走るトラックの窓から出た手には、珍しいデカイ指輪とブレスレット、
追い越すように合図する、その手。
崖下に転落した車の中から、行けと合図する血だらけの手。
呆然と見てるハウン。そして車は爆発して炎上。

20年後、刑事になったハウンは、一度捕まえた男でも、
名前や住民番号をスラスラと言い、記憶力が抜群らしい。

(同僚刑事スチョルは「海神」パンスル・映画「マイ・ボス・マイ・ヒーロー」のストリーキング男のコ・ミョンファン)
呼び出されて下に降りる階段で、すれ違った記者のイ・ガンジュ。
思わせぶりにスローになったのは、何か意味があるのでしょうね~

ウナの尻に触った客を殴って、警察に呼ばれてるウナ父子。
シラを切る客をいきなり殴るハウン。←刑事なのにーーー
「ハウン、暴力はダメって言ったでしょ」と言うウナは、
自分から客の男をボカーン!!(  ̄ー ̄)=○() ̄O ̄)アウッ!
で、仲良く(?)ウナ父子は留置所へ。
ハウンが男を説得してくれて、無事釈放されました~

子供を押し付けられた格好のジェスだけど、
ハウンとのやり取りを見ていれば、本当の父子のように遠慮が無いですね~

ハウンにどこか素っ気無い態度に見えたウナだけど、
高校の頃のツーショット写真を、持ち歩いてて、見つめてニコッ。
しかし父・ジェスは、娘には自分達とは違う生活させたくて、
ウナと医者をお見合いさせるから、ハウンに協力するようにと。
それを思い出し、目が潤みながら運転してたハウンの前に、
飛び出してきたガンジュ、かなり酔っ払ってます。
タクシーと勘違いして、無理やり車に乗り(ロックしてたのに開いちゃったハウン曰く「ボロ車」)、ハウンを見て「シンヒョクじゃない」と言い眠っちいました。
連絡先を見ようと携帯を取ろうとするハウンを、
酔ってても、を蹴飛ばして(足、長っ!)おかしい~


酔ってて埒かあかないから、家に連れ帰ったハウンに、
「家も知らない女に飲ませるな!人身売買する気か?」と怒ったと思ったら、「寝たのか?」と何だかおかしいジェスおじさん。

ハウンの夢に出てきてた、デカイ指輪の男、名前はイム・デシク。
(イ・ハヌィ...「チェオクの剣(茶母)」ペク武官・「秋の童話」「風の息子」「春のワルツ」などetc)
列車の中で見たハウンを見て、呆然。。。
思わず顔を背けながらも、チラチラと確認するように見ていました。
あの時の少年?とわかったからなのか?と思いつつ、
大人になった顔なのによく気付いた…と思ったら、後の回でなぜかわかりました。


ホテルの部屋でその出来事を思い出しながら、
「神様がくださった最後のチャンス…」とメモしてると、
テレビに映ったイ・テジュン議員(「海神」イ大人・映画「箪笥」の父親のキム・カプス)に目が行くイム。
そこに、ドアをノックする音が。

床に倒れているイム・デシク。
傍らに立ってる帽子を目深に被ってる男が。
後からハウンが聞きこみに行ったシーンで、副社長のチェ・ドンチャンと判明。
(「ローズマリー」ヨンド家の隣さん・「クッキ」ヤン検事・「真実のために」「おいしいプロポーズ」などのキム・ギュチョル、今までいい役しか見たことないけど、今回は悪っぽい)

その担当となったのが、ハウンたちのチーム。
遺書もあり、うつ状態服毒自殺の線が濃厚だけど、灰皿の山に目が行くハウン。
そして遺体の指輪を見て、幼い日の記憶がフラッシュバック。
気分を落ち着けようと顔を洗い、横のトイレに残って何かの切れ端を見つけました。(こういうのって鑑識が押収しないのかしら?)

夕べの帰り際、自分の気持ちとは裏腹にお見合いを勧め、
「ウナには俺達みたいじゃない男がいい。おじさんも望んでいる」と言うハウンに、「お兄ちゃんもそう望んでるの?」と言うウナ。
「そいつと結婚しなくても韓国一の男と一緒になって欲しい」と、
無理して笑った自分を思い出し、切ない表情のハウン。
2人はお互い思っているけど、兄と妹ゆえに、押さえているような感じ。。。

席に戻ると、勝手に机の書類を見てる男(「ナイスガイ」神父・「ガラスの華」・映画「達磨よ、遊ぼう!」の兄貴のイ・デヨン)
がいて、相手が誰かも知らず怒るハンウ。
キョン・ギドと名乗る男に、「自分の名は慶尚道(キョンサンド)」と答えるハウン。
でも笑って「弟と同じ名だ」と動じません。
それもそのハズ、ここの新しい班長さんでした。

遺書が本物と聞き、顔が強張る班長は、亡くなったイムに詳しいみたいで、
更に他殺の線を疑っている様子。
手からミカンの成分が出たが、服毒自殺だろうと言う報告に、
遺書が途中で切れているのは変だし、
その最後の文が、誰かに会うと暗示してるようだし、
灰皿の灰が吸殻より多いのは、犯人が自分のを持ち帰ったからとハウン。

荷物整理をしていて出て来た古い手帳を、大事そうに撫でる班長。
“不正の疑いで建設省の課長が自殺”の新聞の切抜きと、
若い班長と友人と息子(幼いハウン?)の写った古い写真を見つめ、
『他殺に見せかけた自殺だ』という誰かの声が頭に響き、
唇をかみ締めていました。

江陵(カンヌン)に行くからと、モーニングコールを二度も頼んでいるし、
顔見知りなら、ドアを開けるかもしれない、自殺は腑に落ちないと、
必死に便器から拾った切れ端を繋げてるハウンを見て、
両親や出身地を尋ね、「ある人を思い出す」と班長。
自分の人生は、ドラマチックでと、ハウンが身の上を話そうとしたところに、
イムの発信記録から、死んだ晩に警察に二度も電話してたと報告が。

目が覚めたら知らない家でビックリし、慌てて会社に向かうガンジュ。
殺されたイムは、ニュースターホテルの社長だそうで、
その事件を取材しないなんてと大目玉。
ガンジュの父は、イムがテレビで見てたイ議員、
そしてガンジュには、武陵(ムルン)建設のユ副社長との縁談があるらしい。
ユ副社長の名前は、ユ・シンヒョク。 
夕べのハウンを彼と思って電話するガンジュ、
しかし電話が鳴ってるのに、出ようとしないシンヒョク。(まだ後ろ姿のみ)
クローゼットに白いシャツがズラーーっと並んで、いかにも几帳面な感じ。

イ議員の出版記念パーティに向かう、武陵(ムルン)建設のカン会長と妻。
(カン会長は「美しき日々」「オー!必勝」「アスファルトの男」他のイ・ジョンギル。
妻は「オールイン」「秋の童話」のお母さん)

妻をとっても愛しそうに見つめていて、自分は幸せものだとカン会長。
なぜシンヒョクは、カン会長の息子なのに、ユという苗字?と不思議でしたが、これも後の回で判明。

道庁の工事の入札を巡って、武陵(ムルン)建設とライバルらしいJ&C。
積極的に動いてるシンヒョクにヤキモキし、「早く動け。実弾はいくらでも支援する。カネは使った分戻るんだ」と言うチョン会長(「オールイン」サンドゥ・「ナイスガイ」パク刑事のキ・ジュボン)の方針は、金で動かすという感じ。
息子の副社長のジヌが、実質的に動いているようです。
副社長室に来てたガンジュ。2人は気心知れた幼馴染っぽい雰囲気で、
一緒にイ議員のパーティ会場に向かいました。
会場に着くと、ちゃんとドレスを用意してくれたイ議員。
「さすがパパ」とガンジュ。


「娘の結婚相手にシンヒョクを選んだのではなく、カン会長を選んだ。
チョン会長は俗物すぎて、犠牲を払おうとしない」と話すイ議員。
↑確かにそう見える!
(聞いてた秘書は、「オールイン」ファルコーネ部下、映画「マイブラザー」ミリョン兄ですね~)

パーティで、縁談は慎重にと釘を差すチョン会長。
政治家とライバル・カン会長が結びついたら、力が強くなりやっかいなのでしょう。
「だから君とは姻族になれない」と言うイ議員に、
「大胆仕事をするヤツが、気が小さい事を」と言うチョン。
ちょっと目が泳いでるようなイ議員。どんな大胆な仕事なんでしょ?

カン会長とチョン会長は、ライバル会社だけど、会話を聞けば友人のよう。
話してると、チェ・ドンチャンからチョン会長に電話が来ました。
イムに親戚がいないので、遺体確認して欲しいとホテルに来たハウンを見て、
明らかに動揺の色を見せてドンチャン。その報告でした。
隣にいるカン会長に聞かれないように、気にするチョン、そして視線はイ議員へ。

パーティ会場のホテルで、何度もウナを見て、惹かれた雰囲気のジヌ。
(ウナはアルバイト)
そのジヌを見つけて傍に行こうとしたカン会長の娘は、
よろけてプールに落ちてしまい、みんなが躊躇する中、
真っ先に飛び込んで助けたのは、ウナでした。

カン会長の秘書が送るというのを遠慮するウナを見て、自分が行くと言うジヌ。
でも「乗用車に酔う」と素っ気無いウナ。
それでも後を追って、「では一緒にバスに乗り送ります」とジヌ。
そんな2人を同僚の誘いを断って、
ウキウキしてウナを迎えに来たハンウが見て、複雑そう。。。

「あの子が生きている。イム・デシクの担当刑事だ」
チョン会長から聞いて愕然とするイ議員。
同じ頃、ホテル前ですれ違ったハンウとハウンにそっくりな男。
お互い気がつかず、多分この男が・・・

普段の時間軸から、回想になったり、
少し前の事を思い出すシーンも多く、凝ってる作りですね。
第1話から、面白い! でも登場人物が多いわ~
脇役陣は知ってる俳優さんが多いから、覚えやすけど、
馴染みがなければ、大変そう。 
ハウンとジェスおじさんは、映画「シルミド」で共演してるんですね~
(実はオム・テウンは覚えてない…^^;)
サスペンスドラマが好きなので、これからも楽しみです~

「復活」他の回はこちらです。

韓国ドラマスターLIVE (Vol.10)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

のり
2006年12月22日 18:08
視聴始めました!回想シーンもうまく入れ込んであって、なかなか惹きつけられる物があります。登場人物が今後どう関わっていくか楽しみです~。
2006年12月22日 22:35
のりさん、こんばんは。
時間軸の流れの中に、少し戻ったり、20年前に戻ったり、うまいですよね。
第1話は登場人物が多くて大変でしたが、これは中々面白いです!
2007年07月23日 22:53
pandaさん、こんばんわ
回想シーンなど謎が多くて面白そう!
初回から展開が速くついていくのが大変ですが、次回楽しみなドラマになりそうです。おすすめありがとうございました^^
脇役も豪華ですね~3人の父親が迫力でした^^;
「シルミド」私もテウンさんは覚えてません、カン・シニルはそこで初めて見て怖かったけれど,意外と砕けた役もお似合いですね。
2007年07月24日 00:33
cocoansさん♪
展開が早いし、登場人物が多いし、本当についてくのが大変ですよね。それだけに次から次へと見てしまってました(イッキ見だったので)週イチだと忘れてしまいそうですよね。
3人の父親がインパクト大ですよね。
ウナ父も別な意味でインパクトありますね。
カン・シニルさんは、私も「シルミド」が所見で、怖い人のイメージでした。その後「グリーンローズ」でもまた真面目な感じ、そして「オー!必勝」見てズッコケました~。でも似合ってますよね (^ー^)

この記事へのトラックバック

  • 「復活」第1話

    Excerpt: 同じ顔を持つふたりの男がその日その場所で交錯する。 「復活」第1話 Weblog: 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 racked: 2007-01-30 21:16
  • 「復活」第1話

    Excerpt: 韓国ドラマ「復活」第1話~全てのはじまり~復活見始めました!展開速くて面白そう。「復活パニック」になるでしょうか Weblog: cocoans☆韓流よりみち日記 racked: 2007-07-23 22:57