ごめん、愛してる(吹替版)第5話のカットシーン

第5話は、カットシーンが多かったです。
オリジナルは結構、長かったのですね~
それでも、繋がりがいいように、考えてカットされてる気がしました。
一つだけ、最後にカットされたシーンだけは、
やっぱり残して欲しかったなぁ…と思います。
※地上派やBSでの字幕版は、これよりカットが少ないようです。

第5話レビューはこちら
その他の回は、こちらです。
(全話あがってますが、KN版ですのでセリフが微妙に違います)

まず冒頭、ウンチェと姉妹のシーンから始まりました。
母がお見合いを持って来たので、
寝てるウンチェに、お化粧してあげてる姉と妹だけど、
ユンを思ってるウンチェは、絶対お見合いなどしないと断言。
でも、ユンを諦めるために、お見合いに乗り気で、結婚してもいいと言い出し、
ホテルで会ったウンチェ。しかし、お見合い相手は、酷い人。
ホテルを出るウンチェ、プール帰りのユンとミンジュとニアミス・・・
ユンたちがいたプールは、ウンチェがお見合いしたホテル。
それで、ムヒョクがぬいぐるみを捨てた時に、
ウンチェがあそこを歩いてたのでした。

でも、前回のラストから、↑をカットして、
ムヒョクとミンジュのシーンになった方が、繋がりがいいですね。
そして字幕では、「俺の前から消えろおばさん」でしたが、
吹き替えでは、「一分以内に消え失せろ、オバン」
またセリフ回しもそれっぽくて、こちらの方が、面白い気がしました。
地上波での字幕版のセリフも、吹き替え版と同じなのかな?
他のシーンでも、
テレ東さんのがKNさんのセリフより、しっくり来るような気がします。

カットシーンに戻ります。
ウンチェが熱っぽいと母が心配したシーンから、
ユンがウンチェに寄りかかって、家から出てくるシーンの間がカットです。
ユンが母と一緒に寝てて、ビックリですが、
鬼の夢を見たからと、明け方ママのベットにもぐりこんだそうです。
ユンが起きないから、ウンチェが起こしに行っても、寝起きが悪いユン。
そこで、こわーい話をするウンチェ。震えて起きたユンでした。

撮影に向かう車の中のシーンがカットでした。
ムヒョクの事を散々に言うウンチェに、
「ウンチェとムヒョク兄貴なら、兄貴を選ぶ」と、庇うユン。

そしてあの食堂では、
入った時からユン母は、鼻をつまんだりして、ゲンナリしてました。
トイレに行ったユンに、ドアの前でファンから守ってるムヒョク。
ファンの子の名札を呼んで怒るムヒョクだけど、
字があまり読めないから、間違ってておかしいです。

夜、食堂で、後片付けをしてたウンチェですが、
その前に、ちゃんと弁償のお金を払って、
腰が痛そうなおばさんの為に、湿布を買って貼ってあげて、
おばさんを休ませて、一人で片付けてました。
ウンチェの人となりが、よくわかりますね。。。
そして、ムヒョクが見に来たシーンに繋がります。

エレベターの前でミンジュとムヒョクが会う前に、
外で、自転車乗ってるミンジュが、
ジョギングしてるヒゲムヒョクを見て、驚いて転倒したシーンもカットでした。

エレベターの中で、
「選ぶ相手が違う」と言ったムヒョクの言葉は、
駐車場でミンジュに言われた言葉を、そのまま返してましたね。
私が見た字幕では微妙に言葉が違ってたので、
こちらの方が吹き替えの方がいいですね~

そして、実はこのマンションには、ソギョンとガルチも一緒でした。
でも、ガルチもソギョンもベットに慣れなくて、床に寝ています。
ガルチをベットに、ソギョンもベットに寝かせたの(抱っこして)
でも、また床に寝るソギョンに、「ベットで寝ろ!」と怒鳴ってしまうムヒョク。
怯えて、「お母さん…お母さん…」とずっと呼び続けるソギョン。
「アンタの弟がいい暮らし出来るようにしてるのに、
俺達の母親は、お前に何してくれた?どこにいる?」と、
益々声を荒げてしまうムヒョク。 
ガルチが助けに入って、「帰ろう…」と泣いてるソギョン。
ムヒョクは、ムヒョクなりに、姉と甥にしてあげたいだけなんだけど・・・
このシーンは、残して欲しかったシーンでした。
母を知らないのに求めるソギョンと、
母を守ろうと食ってかかるガルチと、報われないムヒョクが悲しかったです。

孤児院に双子の事を聞きに行ったウンチェ父の回想で、
赤ちゃんを抱くオ・ドゥリの姿は、
最近の事(2話でカットされたシーン)で、
自分の子を抱いてる姿ではないです。


ごめん、愛してる〈上〉

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック