ごめん、愛してる(吹替版) 15話~最終話のカットシーン&思った事・・・

画像とうとう終わってしまいました。今週、続けて見て、号泣・・・。・゚゚ '゜(*/□\*) '゜゚゚・。
各回のレビューは、こちらから。
(14話以降、回の切れ間が違いますので、ご注意ください)

【15話】
幻影や夢ばかり見る、自分はおかしい…と言うウンチェに、
「夢じゃないよ。今お前のそばにいる」と心臓の音を聞かせるムヒョクの後、
その次の日から、ウンチェを心配して、
どこに行くにも、いつも姉か妹か一緒に行動していました。
そして、ウンチェが行くところ、行く所に、
夢じゃない、本物だよ!と言ってるかのように現れ、笑顔を見せるムヒョク。
ソギョンの家に帰ると途中に、ガルチに見かけて、あんまんを奪ってパクつき、
まだ怒ってる風のガルチの肩を抱いて、
「お母さんに教えてやる時間がないんだ」と話すムヒョクに繋がります。

ミンジュとチェジュドに行っても、何も食べないムヒョク。
ガルチに「まだウンチェはいるのか?」と語りかけた時に、
最後の語りで、「ウリ(俺の)ウンチェ」と言ったのでした。


【16話】
冒頭、少しカットがありました。
子守唄を歌ってるウンチェに、違うとムヒョク。
ウンチェの膝に寝転び、
「母さん、側、横たわる」とムヒョクの言葉に、思い出して歌うウンチェ。
これは、前に車の中で、母がユンの為に歌ってた歌でした。
目を閉じてその時を思い出しながら、聞いていると、、痛みの発作が!

発作が収まると、「驚いたろ?」と笑顔を見せるムヒョク。
首を振るウンチェに、「自分のこんな姿は覚えて欲しくない」と。
「大丈夫。忘れるのは得意。ユンを20年の思いも忘れたから」と答えるウンチェの気持ちに、本当に嬉しそうな笑顔のムヒョク。

ソウルに帰ってから、無理やりウンチェの腕を引っ張って行き、
「どこへ連れていくつもり?」と抵抗してたウンチェ。
その後、カットされましたが、ユンは結婚発表の記者会見を強行したのでした。
縁側でボーっとしてるムヒョクの傍らに置いてた新聞は、
その事を報道してる記事です。

ムヒョクに海苔巻き屋を買ってやると言われて、
どうしてなのか悟り、大泣きしたソギョンとガルチ、
その後も、家に帰ってからも、大好きな『しんちゃん』が流れてても、
見向きもせずに、シクシクと泣いていたのでした・・・(:_;)
そんな中で、ワザと大笑いしているムヒョク、
心の中では、“帰って来るべきでは無かった…”と呟いて。

庭に出たムヒョクは、無表情。
隣の爺さんから、ユンとウンチェの結婚報道の新聞を見せられ、
「出版社と契約したから、本が出ると」言われても、ボンヤリとしています。
“どうせゴミみたいに捨てられた奴。ゴミのように消えるべきだった…”
心で呟くムヒョクが、悲しかったです。。。
そこで、ジヨンが尋ねて来たシーンに繋がります。


【17話】
オードリーがムヒョクに、「家まで送って欲しい」と言ったシーンの前、
少しカットです。
ムヒョクは病院の庭にいて、ユンとバスケをした時の事や、
色々な場面のユンと母の姿を思い出していました。
『僕は養子なんだ。僕の場所を取られるのが怖かった。
僕は元々いい人。こんな風にしたのは、兄貴だよ』とユンの言葉が頭を過ぎり、
ユンからミンジュを奪い、事故の要因を作ってしまった事を、
後悔してるようにも見えました。
そして、『次の世で会いましょう。ムヒョクさんと私、この世ではなかった事なんです』
と言ったウンチェの言葉を思い出すムヒョク。

そしてラスト・・・
オリジナルでは、エンドロールと共に、
ムヒョクの写真が流れたのでした。
泣いて嫌がる赤ちゃんムヒョクを引き取ったオーストラリアの里親、
きっと思い通りの子じゃなかったのでしょう、
まだ幼いのに、外に放り出されてしまい、
その後、ずっと一人で生きて来たムヒョク・・・泣けて来ました・・・(T_T)
ゴミみたいに生きて来た…とムヒョクは言っていたけど、
必死に生きるために、ゴミのようにしか生きる術がなかったムヒョク。


画像
このたびの再視聴では、
実は、オープニングのウンチェを見るたび、泣けて来ていました。
だって…ラストのオーストラリアに向かった時の、ウンチェの姿だなんてーーー
金網を手でなぞるようにするシーンも、ウルッ・・・
うまい作りですね。。。

ウンチェの死を知っていて見れば、
15話で、チェジュドのムヒョクのところに来たウンチェが、
「死ぬって特別じゃない。人はいつか死ぬ…」と語った時、
すぐはムリでも、一ヶ月もすれば忘れられると言ってたウンチェ。
エンディングを知っていて見れば、ウンチェの表情は無理してるようにも見え、
そして、忘れられなかったのね・・・と思えば、泣けて来ました。
初見の時は、ウンチェの言葉を聞いてるムヒョクに、ジーンだったんだけどね~
地下鉄の階段での「愛してる」と繰り返すシーンも、
前は応えられないムヒョクにウルッだったけど、
ウンチェの気持ちに、涙でした。。。

前に見た時は、なぜオーストラリアにムヒョクの墓?と思ったのだけど、
今回見ていて、「戻ってくるべきではなかった」と、何度か言ってたムヒョク。
あんなに泣いてたソギョンやガルチ。
この国に墓が無ければ、どこか外国で生きていると思ってくれるかもしれない。
そんな思いもあったのかもしれない…と。
それに、ウンチェが早く自分を忘れてるためにも、
この国ではなく、オーストラリアだったのかな。
携帯の写真さえも、泣きながら消したムヒョクだったから・・・
そう思えば、オーストラリアというのは、自然だった気がします。

私は、吹き替えは、苦手が多いのだけど、
今回は、上手くやっていたと思いました。
最初、気になってたユンも、最後の告白では泣けてきたし・・・
ムヒョクをやった桐本さん、最終回は、リハから泣いてたそうで、
それ位思いを込めてくれて、ありがとうと言いたいです。
オードリーは、ちょっとイメージが違ったまんまでしたが、
見る人によって好き好きでしょうね~

前にも書きましたが、ムヒョクとウンチェのシーンをなるべく残すようにしたのか、
ムヒョクがオードリーを見つめるシーンが、結構カットされていて残念でした。
憎しみにも見えるけど、どこか懐かしむような慕うようなムヒョクの目。
私は、2人の愛にも胸を打たれたけど、それ以上に
母子愛の部分が好きだったから。。。
ソギョン&ガルチとムヒョクの「家族」という部分も、カットが多かったです。
タダで見れる放送なので、仕方ないですが。。。


ごめん、愛してる オリジナル・サウンドトラック(DVD付)
ごめん、愛してる オリジナル・サウンドトラック(DVD付)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

まな
2006年12月01日 23:26
初めまして。同じく北海道在住のまなです。
実は少し前に、【真実のために】が始まる前に出演者は誰か調べたところ、こちらのブログを見つけまして、それからかなりお邪魔していました。
もちろん【ごめん、愛してる】もこちらのブログを参考にさせてもらい見ていました。
こんなにもカットされているんだなと思いました。
カット部分がわかり本当に良かったです。ありがとうございましたm(_ _)m
【ごめん、愛してる】は本当に毎回泣きました。
4歳の娘もガルチファンになって一緒に見ていました(笑)
ムヒョクのラーメンに始まりチョルの場面、鼻血を出しながら爆走する場面、今までのことを思い出す場面大泣きでした。
ウンチェがオーストラリアで思い出の場所を巡りいろんな事を思い出すところは声を出して泣いてしまいました。
ユンのコンサートでお母さんはお姉さんの隣で仲良くしていましたが、ユンやウンチェやウンチェ父はお母さんにムヒョクやお姉さんのこと教えていないんでしょうか?どうなのかな?
最後にムヒョクの小さい頃の写真とかカットされていたんですか?見たかったなぁ・・・
まな
2006年12月01日 23:38
続けてスミマセン。
DVD買ったり借りたりは難しいのでテレビだけしか見れませんが、これからも参考にさせていただきます。
今は【火花】【ワンダフルライフ】(パンダさんは、この2つは見ていないんですか?)【ラブストーリー・イン・ハーバード】見ています。夜は見れないので【春のワルツ】は見ていません(T_T)
【ごめん、愛してる】の次は【幸せは我々の胸に】でしたっけ?
では又お邪魔させていただきます。
初めてなのにたくさん書いてしまってスミマセンm(_ _)m
2006年12月03日 10:57
まなさん、こんにちは。はじめまして♪
「ごめ愛」良かったでしょう?私も何度見ても号泣…見れば見るほど、薄れるどころか深くなっていきます。カットは、母への思いがもったいないなぁと思ってましたが、そういうシーンが無くても、ラーメンシーンやチョルシーンでも伝わったようでホッとしています。私もここから、ずっと泣きっぱなしでしたよ。ムヒョクの穏やかな満足そうな笑みが、また何とも・・・
エンディングの写真は数枚だったけど、セリフが無くてもそれだけで胸が痛みました。

1年後のオードリーは、事実を聞かされていたのか…というのは、DVDにアニメの中で語られてるそうなので、ここでは書きませんね~ちなみに私は教えてないと思ってました。

うちは、TVHが視聴できない地域なんです。だから「火花」は見れないのです。。。「ワンダフル…」は性に合わなくて見ていません。
「幸せは我々の胸に」も多分見ないと思いますが、また共通するものがあったら、遊びに来てくださいね~ (^ー^)
まな
2006年12月04日 21:27
こんばんは。
パンダさんお返事ありがとうございます。
いろいろ教えていただきありがとうございました。
TVH見られない地域だったんですね(>_<)
私も以前見られない地域に住んでいました。
あの辺かな?(笑)
私も【ワンダフルライフ】ドラマ韓のあらすじを見て悩みましたが(私も性に合わない気がして)
★ネタバレかも★
子供が病気に・・・と言うのを読み見てみようかと思い見ています。
4歳娘・2歳息子がいるので子供がらみは気になりまして。
【幸せは我々の胸に】も悩んでいます。
1話を見て決めようかな?でも1話見たら見たくなるんですよね(>_<)
又長くなってしまいスミマセン。
おやすみなさい。
2006年12月05日 14:05
まなさん、こんにちは。
まなさんも、TVHを見れない地域に住んでた事あるんですね~新聞のテレビ欄に出てるだけに、悔しい思いはたびたび…

「ワンダフルライフ」は、実は主役の俳優さんが苦手なんです…(ファンだったらごめんなさい)
今、彼が出てるBS朝日の他のドラマを見ているけど、どうもやっぱり。。。
たまたま、チラっと見たのですが、女優さんもちょっと苦手な演技で・・・
>子供が
ここは泣けてきそうなポイントですね。

>幸せは我々の胸に
今日からですね。一応第1話は見てみます。
むーちゃん
2006年12月06日 11:39
お久しぶりです。大阪もここ2日寒くなりました。北は、寒いでしょ。。これからですね。スキー行きたいな
北海道。富良野は、若いころ一度、MISAほんと切ないですよね、細かく書かれててすごいわね。PANDAさん
結構放送されてるのね。そちらでは、、tvでみるのは、スカパー加入しないとまず無理だなぁ。dvdチングから、借りれるので、いいのですが、misa何人も進めて貸しました。広めたくて。多少韓ドラ見てるチングイは、はまり、見ていないチングや、母世代は、それほどでないよう、ウンチェがそれほどムヒョクを、好きだったとは思えないんですって・号泣に近いほど、ぼろぼろ泣きでした。これほどはまるものは、なかなかありません

2006年12月06日 17:24
むーちゃんさん、こんにちは。
こちらはとても寒くて、「雪の華」がピッタリな季節です。

韓ドラは、ローカル各局が放送してくれていて、ファンにはありがたいことです。ただ、やはり自分に合わないのは見ませんが・・・

>ウンチェがそれほどムヒョクを、好きだったとは思えないんですって
そう思えないと、ハマリ度が低くなってしまうでしょうね。自分がハマったドラマでも、万人に受けるわけではないから、仕方ないですよね。
前はムヒョク目線で見てたけど、このたびの二度目の視聴では、ウンチェやユンの事がわかっているから、そちらの目線からも見て、また切なかったです。

この記事へのトラックバック