火の鳥 第19話

サブタイトル・・・「愛する資格」
画像
☆感想とあらすじ(ネタバレあり)☆
ジウンの手を引くジョンミンに「放せ!人の心を弄ぶお前に資格はない」とセフン。
「許可がいるのか?」とジョンミン。
「君より深く愛してるから。長く愛したから」とセフン。
↑本当はジウンにとっては、嬉しい言葉なんじゃ・・・
だから何だ?と殴ろうとするジョンミンの手を掴み、「いい加減にしろ」と格好いいセフン!・・・だけど、「手を放して。あなたにも資格はないわ。もう構わないで」とジウン。

ジョンミンの車に乗る時に、チラリとセフンを見るジウン。
一人取り残されたセフンは、フラフラと歩きながら、
幸せだった頃の10年前の数々の思い出と、
さっきのジウンの決別の言葉が蘇り、考え込んでいました。

その頃、セフンの家に入り、何もかもメチャメチャに壊しまくるミラン。
前にミランが壊した『火の鳥』の絵は、また額に入れて飾ってあったのね…
ジウンから送られた絵ハガキも、結婚写真もビリビリに破き切り刻むミラン。
セフンのジウンへの思い出と、ミランの狂気をシンクロした映像が上手いです。
セフンのYシャツを着て、どこかおかしいミラン。
「そうだ…2人で一緒に死にましょ。天国で一緒に」

家の惨状&ベットに眠るミランが2人の写真を大事に抱いてるの見て、
どうしたらいいんだ?ミラン、君をどうしたら?と哀れむセフン。
どうせミラン、タヌキ寝入りでしょ?と思ったら、やっぱりお目目がパチッ。

ちゃんと服を着替えて、ソファーで眠るセフンに近づき、
おもむろにネクタイに手を伸ばすミラン、そしてセフンの首に・・・
しかし、やっぱり締める事は出来なく、帰るミラン。
物音で目が覚めて、首に置かれたネクタイにビックリのセフン。

ミランの様子を相談したセフンに、“境界性パーソナリティ障害”ではないかと答える精神科医(「ラブレター」シスター・ジェンマ・「春のワルツ」ウニョン母)
そっかーー、性格が悪だからじゃなくて、精神的なものなのね。
医者の話が、全て当てはまるミランの行動。
「相手が優しくすれば、つけ上がる。解決策があるとすれば、関係を一切絶つ事。同情したりすれば、一生付きまとわれる」
でも、こうなったのは自分のせいと思ってるセフン、キッパリと切れるのかな?
「相手が誰でも、そうなった」と言った医者の言葉を信じて、
そうしてくれればいいけど…

「もう遅い」と言うジウンに、「もう少し時間をくれ。俺が心変わりしたとでも?」
とジョンミン。 ここまではいいのだけど、
「君の心にアイツがいるようで」と言うのは、どうなの?
何だかジウンのせいみたいじゃない・・・
「愛してると言ってくれなかった。ずっと俺を愛してくれ…と祈り続けた。
だから俺を許してくれるだろ?これからは君の辛さも俺が背負う。
死ぬ日まで。たとえ死んで地獄に落ちても、君だけを愛する」
そう言って抱きしめるジョンミン。 でもジウンはどこか冷めて見えるんだけど。
---たとえ君を愛する事が罪でも、俺は犯す事に決めた
一生掛けて、償わせてくれ…と心で呟くジョンミン。

「セフンさんの事、今日で忘れたからね。
パパ…どうしてあの人を嫌ったの?もしパパが少しでも好きになってたら…
セフンさんの事は忘れます。過ぎた思い出も全て捨てます」
父の遺影を抱き、涙が止まらないジウン。
そんな…セフンを忘れなくても、正直に生きてもいいのに。。。
ジョンミンさんをどう思う?と尋ねていたけど、
パパは、あの男の息子とは、結婚させたくないでしょう。

父に忌まわしい運命を受け入れて、ジウンと結婚するとジョンミン。
そして、「チャン・セフンを追い出してください」と。
追い出したいなら、正々堂々と自分の力でやればいいのに。。。

「両腕に社長と副社長」なんてゴキゲンそうなソ会長。
前回「君も息子」なんて言ってたけど、
ジョンミンのいう事を聞くならば、いつかセフンを切るんでしょうね。。。

シンヨン繊維の理事や、不渡処理した銀行員を探してるセフン。
「不渡を出したシンヨウをソリンが買収しても、不思議じゃない
ビジネスマンなら、冷静に。得るものより失うものが多い」と、釘を刺すホジン。
でも、事故は自分にも原因が…と思えば、居ても立ってもいられないセフン。

セフンが嗅ぎ回ってると、情報が入ったらしいジョンミンは、呼び出して、
シンヨン繊維の不渡を調べてるって?俺も調べた。
「もしジウンさんのお父さんが生きていたら、不渡を出さなかった。
アンタの方が詳しいよな。事故の原因の一つはアンタだったから」と。
その言葉に掴みかかり、「減らず口叩くな。
いつまでも、そっちの言いなりになってると思うな」と怒るセフン。
「ソリンが不正な手段でシンヨウを潰したと?アンタが痛い目に遭う。
ソリンを追われたら、終わりだろ?下手に突っつくのは止めろ」とジョンミン。
「とっくに覚悟は出来ている。僕は引き下がらない。絶対に」とセフン。
立ち去るジョンミンの背中に、「わからせてやる。罪は必ず暴かれるという事を」と、心で誓うセフン、頑張れーー

資金難の会社を買収しろと命じるソ会長に、
「この会社が資料を出したのは、投資を求めてるから。
その情報を利用して、父さんに追い込むのは」と反対するセフン。
「借金を肩代わりしてもらって、ワシに指図するとは。いい気になって」とソ会長。

会長室から出て来たセフンは、バッタリ会ったジウンに微笑み、
ジウンは踵を返して立ち去って行きました。
その様子を見てたパク専務に、声を掛けるジョンミン。
「2人の事は内密に。会長には…いや、みんなに。この状況わかりますね」と。
そうしてくれれば、何か褒美をと言ってるみたい。

ママに10年前の会社の事を聞くジウン。
資金難で、株と引き換えに、パクさんがお金を作ってくれ、ここに住めたと。

ジョンミン宅に、食事に招かれたジウン。
会社を辞めろと言うソ会長。
「もうすぐ展示会があるので、それまで」と言うジウンの言葉を遮り、
「ジョンミンを立派な夫にしてやれ」と一方的で、ハイと頷くしか出来ないジウン。
せっかく、実力が認められて、生き生きしてたのになぁ・・・

ようやくシンヨン繊維の理事をしてた一人を見つけたセフンの部下。
会いに行ったセフンだけど、お釈迦様の言葉を話す元理事。
「善も悪も、期が熟すのを待て」と言う事らしく、
10年前の不渡の件は、何も語りません。

その夜、公園?で、ジウンの為に、
クラリネットで、結婚行進曲を演奏するジョンミン。
トランペットとか、サックスじゃなくて、クラリネットというのが渋いかも。
手を差し伸べて、「俺と一緒に暮らそう?」とジョンミン。頷くジウン。

前回の事実を知って苦悩するジョンミンに同情したのだけど・・・
セフンに悪態つくジョンミンは、やっぱり苦手だわ。。。
秘密を守るためには、致し方ないのかもしれないけど。
ジウンに戻ったのは、ジョンミンの言うように、償いの気持ちなのだろうけど、
自分の父親が運命を狂わせてしまったというのに、
事実を隠して、ジウンと結婚したい気持ちが強いようにも見えてしまいました。
ジョンミンを信じて結婚を決めたジウンが、
父の死の原因を作った人を、義父と呼ぶなんて、
事実を知ったら、また傷くのでは?と思うと可哀想。。。
でも、シンヨンの元理事が語るように、
「継ぎ目はいつか綻ぶもの」となるでしょう、きっと。
そうなったら、ジョンミンは、今以上に辛いでしょうに。

「火の鳥」他の回はこちらです。

「火の鳥」オリジナル・サウンドトラック vol.2(日本オンエアヴァージョン)(DVD付)
「火の鳥」オリジナル・サウンドトラック vol.2(日本オンエアヴァージョン)(DVD付)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年11月29日 20:15
え~~~!!あのDrはシスター・ジェンマだったんですか!?[[[ノ´゚Д゚`ヽ;;]]]オーマイガー!!!

パパの死を自分のせいだと責めてママの喜ぶ結婚をしたいと決心したジウン。
幸いチョンミンもいい人だし・・・。
でもそのパパを死に追いやったのがチョンミンの父・ソ会長・・・。
シンヨン繊維もあんな感じで強引に買収したんでしょうね。
ジウンへの愛とジウン父の死の件とで対立するチョンミンとセフン。
ソ会長も自分の罪を棚に上げてジウンを取り込む算段だし・・・。

お目目パッチリタヌキ寝入りミラン。
ネクタイに手を掛けながらそれ以上出来ないミランの思いの深さが何だか痛々しかったです。
2006年11月29日 22:38
pandaさん、こんばんわ。

ミラン、とうとう「殺人」の段階に入ってしまって、かなりヤバイですね。(セフンいい加減鍵変えないと!)
セフンはやっぱり自分の責任と思っていて、ミランから離れられないんでしょうか・・かなり不安。
ジウンはジョンミンに決めてしまったんですね。微笑んでるけど、やっぱり嬉しそうじゃないです。ジョンミンの復縁もかなり無理が・・・pandaさんの言うように、自分の思いだけ優先させたように思いました。
TBさせてください^^
2006年11月30日 23:13
sannkenekoさん、こんばんは。
そうなんです~懐かしいあのシスター・ジェンマでした。キャラが違いますよね。

ジウンは、自分の意志というより、ママを喜ばせるためという感じで痛々しいです。
前回、ソ会長の息子を思う気持ちに、罪の意識にさいなまれる姿に胸が痛んだのだけど、結局はジウンを取り込んでしまってうやむやに。早くセフンが突き止めてくれないかしら・・・

ミランは、手に掛けそうになりながらも、目は涙でいっぱいで留めましたね。執着だけだと思ってたけど、「愛」もあるのかな。
2006年11月30日 23:19
cocoansさん、こんばんは。
セフンは、どうして鍵を替えないんでしょうね~ネクタイに手を掛けたミラン。一体どこまで行ってしまうのやら。。。
セフンは、医者に言われたけど、見捨てられないような気がしました。半端な優しさは向けない方がいいのだけど、キッパリとしてくれるかしら?
ジョンミンの復縁は、それがジウンの為と言ってたけど、どうも自分本位に見えてしまいますよね。

この記事へのトラックバック

  • 「火の鳥 プルセ」第19話

    Excerpt: 良心に目を瞑って自分の愛と欲を選択すること。 愛する女(ひと)を裏切り続ける人生を選択すること。 それは自分自身を貶めること・・・。 「火の鳥 プルセ」第19話 Weblog: 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 racked: 2006-11-29 19:24
  • 『火の鳥』第17~19話

    Excerpt: 韓国ドラマ『火の鳥』第17・18・19話 BSフジジョンミンを責めていたら「あなたにも愛する資格はないわ」とジウンに言われちゃったセフン。が~ん、でしたが、「にも」ってジョンミンも、という事??とツッ.. Weblog: cocoans☆韓流よりみち日記 racked: 2006-11-29 22:55