春のワルツ 第7話

サブタイトル・・・「母の眠る島へ」
画像
☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆
凄い怒鳴り声をあげるチェハに、
「ウニョンに謝れ!」とすごい剣幕のフィリップは、耳まで真っ赤
しばし睨み合った2人をビックリして部屋を飛び出すウニョン。ウニョンを追って出て出て行ったフィリップ。

「あんなに怒る事じゃないでしょう」とイナ。
傍から見ればそうだけど、チェハにとっては怒る事、唯一大切なもの。。。
ピアノに向かって、うな垂れるチェハ。

「ヘイヘイ、アイム・ソーリー」と、ウニョンを呼び止めるフィリップ。
吹き替えで聞くと、なぜか怪しい外人に聞こえてしまう私・・・
機嫌が悪かったら、怒ってもいいの?!許せませんと言うウニョン。
イナが現れ、「勝手に触ったウニョンさんも悪い。そういうの、彼はダメなの。
あそこはチェハの練習場、わきまえて」と。 ←確かに・・・

部屋では、気持ちを紛らわせるように、ボリューム全開でCDを聴いてるチェハ。
音を消し、「とりかく謝れ!僕の好きな女の子だ」と言うフィリップに、
「楽しみだな。今度はいつまで持つのか」と嫌味を言ってしまうチェハ。

ウニョンの帰り道、トラックの中で、バイブ音が鳴り続けてる携帯電話。
自分のではなく、フィリップの忘れた携帯で、発信者は、チェハ。
家に帰り、布団に入ってからも、ずっと鳴り続るので、
迷いながらも出たウニョン。 するとフィリップだと思って話しはじめるチェハ。
「悪かった。だけど、彼女を見てるとなぜか辛くなって、イライラするんだ。
失礼な事をしてしまった。一番の親友なのに。
“アリスにも伝えて。すまなかったと”」 ←ドイツ語なので、ウニョンはわからず?
(副音声だと「失礼な事…」から、ドイツ語でした。そうだよね~フィリップはハングルがあまり分からないものね)

ウニョン、違いますってなぜ言わないの?と思ったけど、
言う暇もなく、聞き入ってしまったのかな? 後から思い返してました。
辛くなる…という部分は、ウニョンの面影が重なるのに、別人だから?
なぜながか、自分でも気持ちに戸惑っているようなチェハ。

フィリップの携帯を届けに行ったウニョン、留守だったのでフロントに預けました。
スカートが破れてしまい、化粧室で直した時、
ゴミ箱にある財布を見つけ、フロントに届けようとすると、
落とし主のおばさんが、財布を手にしてるウニョンを犯人扱いですごい剣幕!
「取ってません」と行こうとして振り向くと、丁度チェハが。
ウニョンのバックを奪い、中をぶちまけるおばさん。
フロントの人の言うように、金を盗んで財布を届けには来ないでしょうに。

「謝ってください」と懇願するウニョンを無視して帰ろうとするおばさん。
すると、途中から見てたチェハが立ちふさがり「謝れ」と。
それでも行こうとするおばさんの腕を掴み「謝れよ!」と怒鳴るチェハ、
「悪うごさいました」と、心のこもらない詫びをして、行ってしまったおばさん。
このおばさんの吹き替えは、「天国の階段」でユリママをやった唐沢潤さん、
イジワルなおばさん役が、上手いわーーーー


手伝うチェハを断って、涙を堪えて、バックの中味を拾うウニョン。
外に出て、ようやく我慢してた涙が・・・
ウニョンが心配で出て来たチェハだけど、何も声をかけられず、
トラックに乗って行ってしまうウニョンを見つめるだけ。。。

フロントから、ウニョンの落とし物と渡されたのコンパクト、
そして、お連れ様=フィリップへ渡して欲しいと、携帯電話を預かり、
ゆうべ、電話に出たのはウニョンと気付いて、気まずそうなチェハ。

フィリップに携帯を返して、ゆうべの暴言を謝るチェハ。
そして、ウニョンが落ち込んでるから、電話してみろと。
電話しないで、直接店に現れたフィリップ。
ミジョンはフィリップと、英語で会話するシュミレーション中で、
本人登場に大喜びだけど、「ウニョンは?」と聞かれて少しガクリ。
そして「お母さんに会いに」と。

船で島に着いたウニョンを待ってたのは、飛行機で先周りのフィリップ。
驚きながらも、一緒に墓に行き「私のお母さん」とウニョン。
「お母さんは、ずっと36才のままなのに、私は…」と
雑草をむしりながら、母に語りかけるウニョン。
そして「お母さん…会いたい…すごく」と。

島のポンヒおばさんは、今は元気になったウニョンに、
辛いウニョン母の死を思い、「あの親子が悪いんだ」と。
病院から突然いなくなったスホを、
父親と会って、いなくなったと思っているのかな。
フィリップを見て「ミジョンにピッタリ」と、母子で好みが似てるらしい~

夕焼けの映る海を見ながら、並んで座るウニョンとフィリップ。
伸びながらウニョンの肩を抱くフィリップに、自分も伸びて払うウニョン、
でも結局、肩に手を回すフィリップ。 

チェハの父は、時期大臣候補だと話す、イナと友人の記者・ヒジン。
ここはデパートで、向こうに化粧品屋さんで、買い物してるチェハの姿が。
自分にプレゼント?と勘違い笑顔のイナ。
でもこれは、ウニョンの為。
フロントから預かったコンパクトを開けたら、ファンデーションが粉々だったから。

3人で食事しながら、さりげなくプレゼント話を持ち出すヒジンに、
「?」顔のチェハ。
そんな様子にピーンと来たのか、「チェハさんは暖かい人と聞いてたのに。
良く言えば神秘的だけど、秘密を抱えた人に見える」と言うヒジン。
イナが諌めたけど、ホントにプライベートで初対面な相手に、ズケズケと(-_-)
耐えられなくなって、席を立つチェハが可哀想・・・


帰りの車の中で、似合いそうな服を買ったと言うイナに、
服に興味ないとチェハ。
「ありがとうって言って着ればいいのに」とイナ。「ありがとう」とチェハ。
何だか、かみ合わない2人。
チェハがいいと言ってるのに、「ロードマネージャーを手配する」と
さっさと決めてしまうし、イナって自分本位かも。

船の最終便にに乗り遅れてしまった2人、
フィリップの携帯が充電切れで、ウニョンのを借りて、
今日は帰れないとチェハに電話。
ウニョンと一緒と知り、心穏やかじゃ無さそうなチェハ。

イナはチェハに内緒で、小学校の同級生と会う機会をセッティング。
困惑しながらも、平静を装うチェハが痛々しい・・・
当時、カナダで死んだと聞いたけど、イナは信じようとしなかったらしいです。

島のウニョンとフィリップは、別々の部屋だけど、
窓から外に出て、おしゃべりしたり、指相撲したり。
裸足のフィリップに、自分は靴下だから乗せてと優しいウニョン。
このシュチュエーションからダンス?と思ってしまった。。。

ハングルの勉強の次は、英語の勉強?「アイ・ライク・ユー」の次に、
「アイ・ラブ・ユー」は?と尋ねるフィリップに、「愛してます」とウニョン。
熱い眼差しで「愛してます」とハングルのフィリップ。
「上手になった」と、ウニョン。本気と気付かないのか、はぐらかしたのか…

その夜、イナからの電話は素っ気無く切った後、
着信履歴からウニョンに電話するチェハ。
「君に言いたい事が…悪かった。怒鳴った事。
君を見てるとイライラするって言った事も、謝りたくて」と。

ウニョンのその日見た、昔の思い出の夢・・・
島の家に一人でいたウニョンに、声をかけるスホ父。
「おじさんに着いて行けば、お兄ちゃんに会えるの?」と
素直にスホ父に着いて、ソウルに来たけど、スホがいるハズもなく、
賭け事の合間に買い物に行かされ、それでも信じて待ってるウニョン。
ある日、横で寝てたハズのスホ父は姿を消し、
預け先のおばさんから、こき使われ(おばさんにしたら、厄介物を押し付けられたから当たるのでしょうね)「これで掃除したのか!」と怒鳴られ・・・
そこでハッと目が覚めたウニョン。

スホ父って、どうしてウニョン連れて行ったのか、よくわかりません。。
そのうち明かされるのでしょうが。
贖罪の為に、自分が育てようと思った…って思いたいけど、
意図的なのか、放浪癖のせいか、置いて行ってしまったし、
島で一人でいたウニョンを見る目つきは、怪しげに見えたわ。。。


フィリップは、早起きして、ウニョンの為に貝殻を拾ってくれたらしく、
バスの中でそれを見つけて、笑顔のウニョン。

ホテルに着くと、待っててとフィリップに言われ、外で待つウニョン。
そこに、帰国したチェハ父と母と、イナとチェハが。

部屋に行ってから、ウニョンにコンパクトを渡しすために戻るチェハ。
でもそこには、ウニョンの姿はありません。

中庭のようなところで、ウニョンにプレゼントの靴を出すフィリップ。
前の靴は大きかったからと、今度は違うサイズで、
「ピッタリだったら、マイガールに」と。
履いてみると、ピッタリ・・・
ウニョンを抱きしめるフィリップと、ビックリ眼で固まってるウニョン。
そんな2人を窓越しに見てしまい、複雑そうなチェハ。
抱きしめた次は、キスしようと顔を近づけるフィリップ。

今回登場の、ウニョンの養父。
プラッと出て行っては帰って来るし、金で面倒掛けてるらしいし、
まるで昔のスホ父だわーーー

見た事のない同級生に会わされたチェハが、可哀想でした。
いっそのこと、記憶喪失として育ててくれれば、
まだ気持ちはマシだったのかも。。。

「春のワルツ」他の回はこちらです。

「春のワルツ」公式ガイドブック 前編

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年11月19日 10:11
pandaさん、こんにちは。遅くなってミアネ~。
なかなか深まっていくドラマで面白くなってきました。4人の性格もはっきりしてきたしね。チェハはウニョンが気になってるよねー。
フィリップの「サランヘ」には、ほんとに天然で答えててたように見えたけど(笑)、キスはどうかわすかな~??
2006年11月20日 10:25
kbkbYさん、アンニョン♪
チェハはウニョンが気になるのに、近づけないもどかしさ・・・子ウニョンじゃない別人と思っても、気になるなら積極的に向かって欲しいけど、そこが慎重派なのね。じれったいけど~でも、彼があのスホと思えば、応援したくなります。
フィリップの「サランヘ」に、ウニョンは本気と思ってないのかしら?やっぱり天然ちゃん♪フィリップはすごい熱い視線だったのにね~
キスは、かわすに一票!
2006年11月20日 14:58
pandaさん、こんにちわ
>部屋では、気持ちを紛らわせるように、ボリューム全開でCDを聴いてるチェハ。
ここの音楽がとても迫力あって、チェハの気持ちをよく表しているように思えました。何かの曲なんでしょうか?とにかくすごかった~~
チェハは化粧品売り場で選んだり、電話で謝ったり、と意外と気配りできるのに、ウニョンの前だとどうしていいか分からないんですね。やっぱり意識してると思います。
私も一票~~^^フィリップもウニョンの天然には勝てないです。
今ブログの調子が悪いのであとでTBさせてください。
2006年11月20日 22:08
こんにちは、pandaさん。さすがはpandaさん。いつも細かいところまで見てますね~。フィリップの耳までみてるとは・・・目の付け所が違う。勉強になりました。イナの友人のヒジンでしたっけ、なかなかするどいですよね。きっとこれからも彼女に何か吹き込まれてイナが意地悪になっていくかもよ。友達もあんなにはっきり言わなくてもね~ イナの立場も考えて欲しかったよね☆
2006年11月20日 23:22
cocoansさん、こんにちは。
あの音楽のシーンは、チェハの表情も良かったし、いい演出でしたよね。私も聴いた事ある…程度で曲名が浮かびません(>_<) あの後の2人の喧嘩は、ドイツ語だったのですよ~

>チェハは化粧品売り場で選んだり、電話で謝ったり、
ココ、今回の好きなシーンです♪時に着信履歴からウニョンに謝った時は、何だかホッとしちゃいました。
早く本人の前でも、こういう素直な気持ちを出せるようになって欲しいわ~

TBの件、了解です!後からお願いしますね~待ってます(^o^) 
2006年11月20日 23:26
doramadaisukiさん、こんにちは。
なぜだか、フィリップの耳が気になりました(笑)それだけ演技にのめりこんでたのでしょうね。

イナの友人・ヒジンは良く言えば鋭いところを突いたと思うけど、私は初対面の人に言う事じゃないな~とイジワルっぽく聞こえました。そうですね、イナに何かと吹き込むかも。

この記事へのトラックバック

  • 春のワルツ#7 06/11/16 Thursday

    Excerpt: 22:00 BS2「春のワルツ」第7話「母の眠る島へ」 スホ父~~!あんたは一体何を考えてるのーー!(怒) ウニョンをだましてソウルに連れて来た時には、もうスホはチェハ両親にあげちゃってたんだよ.. Weblog: 韓流のたのしみ! racked: 2006-11-19 10:03
  • 『春のワルツ』第7話

    Excerpt: 韓国ドラマ『春のワルツ』第7話~ Weblog: cocoans☆韓流よりみち日記 racked: 2006-11-20 23:43
  • 韓国ドラマ 春のワルツ 第7話

    Excerpt: 春のワルツ  第7話    昨日見ました。   今日はイナさんに着目! イナさん、本当にチェハ君にほれ込んでいるんですね。 子供の頃からチェハ君ってそんなにかっこよかったんだ.. Weblog: 韓流好き集まれ! racked: 2006-11-21 00:23