ごめん、愛してる(吹替版) 9話・10話・11話 カットシーン

気付いた部分のカットシーンです。地上波・BS日テレ字幕版は、これよりカットが少ないようです。
ムヒョクがオ・ドゥリを見つめるシーンや、
ムヒョクとソギョン&ガルチの家族の繋がりを感じるシーンが、カットされて残念だけど、ムヒョクとウンチェのシーンを、極力残すようにしてるのかな?という感じがします。

それぞれの回の感想とあらすじは、↓です。
「第9話」 「第10話」 「第11話」 その他の回はここです。(全話あがってます)

【9話】
ユンの事故を聞き、ウンチェは病院に駆けつけていました。
記者達が押しかけていて、自分にも責任を感じて帰り、街中のウインドーに貼られたユンのポスターの前に座り込み、佇んでまいました。

オ・ドゥリが病院に来る前に、ショックで寝込んでるシーンがカット。
手術中のユンの映像と対比するようで、
またそれに対比するように、ムヒョク、ソギョン、ガルチ、
TVを見て大笑いしたり、買い物したりレストランで食事したり笑顔の3人。

ユンの意識が戻ってウンチェを呼び、迎えに来たムヒョク。
ちゃんと、母や姉の前で、
「ウンチェは?・・・どこですか?」と敬語が言えたシーンがありました。

病院に向かう車の中で、眠ってしまったウンチェ・・・の後、
到着して、ウンチェを起こさないで車にいると、
ウンチェ父に付き添われて出て来て、
「母さんがそばに付いてるべきなのに」と嘆くオ・ドゥリ。
ムヒョクが重体の時に、母はそんな風に嘆いてはくれなかったですよね。。。
眠ってるウンチェの肩にもたれるムヒョク。
安心したように目を瞑り、そのまま眠ってしまいました。
で、翌朝、ウンチェが先に目覚めて、ユンの部屋に向かって、
ミンジュと言い合うシーンに繋がります。

誕生日を祝い、ケーキを顔につけ合うムヒョクとソギョン、
その外で、爺さんから話を聞いたウンチェ父の後が、少しカット。
その後、ずっと外にいたらしいウンチェ父。
帰るムヒョクの後ろ姿を見て、目が潤んでいて、
捨てたのは自分だけど、自責の念を感じてるようなウンチェ父。
そしてウンチェとムヒョクが、すごいキスをして倒れたという、
屋台での事を思い出していました。

ユンがウンチェに車を買うシーンの前に、かなり長いシーンがカットされています。
ムヒョクが、病院に行くと、ウンチェ姉・妹が母親に電話してる声が聞こえ、
「眠ってる間も、ユンがウンチェの手を放さない」と。
それを聞いて複雑そうなムヒョクは、病室を覗くと、
ユンの傍らで、コックリコックリと居眠りしてるウンチェが。
ウンチェを自分の肩に寄りかからせ、ユンが握ってない方の手を握るムヒョク。
(ユンは眠っています)
車椅子や松葉杖になっても、片時もウンチェの手を離さないユンでした。

そしてまだ松葉杖だけど、歌手として復帰しました。
オ・ドゥリがテレビに向かって話しかけてたのは、このユンの映像。

仕事を終えるユンを待ってる間、車の中で、発作で苦しそうなムヒョク。
ユンの仕事が終わって、ムヒョクに迎えの電話をするウンチェ。
ムヒョクの携帯が鳴っているけど、出られる状態じゃありません。
ムヒョクを呼びに行こうとするウンチェを止めて、カーショップへ行くユン。
で、車を買うというシーンに繋がり、
ようやく発作が収まって、ウンチェからの着信を見て、電話したら、
ユンから「デートする」と言われてしまったムヒョクでした。

ユンの心臓は、事故で強打し、心臓が悪くなったと言ってましたが、
私が見たのでは、先天的に心臓が悪かったと言ってました。
ハングルがわからないので、どたらが正しいのか分からないですが、
事故で心臓が…より、先天的の方がしっくり来るような気がします。


【10話】
ウンチェの車を磨いてる母と姉に、呆れる妹・ミンチェ。
ミンチェが学校へ行った後のシーンがカット。
「ユンがそんな事言い出したのは、事故で頭を打ったからかも?
正気になる前に結婚させないと!」と、盛り上がる母と姉でした。

ソギョンとガルチが、倒れてるムヒョクを見つける前のシーンがカットでした。
ウンチェが帰った後、血のついた顔を洗いながら、
ユンが「ウンチェとデート中」と話した事や、
ユンが倒れたという電話を受けたウンチェが頭を過ぎり、
イラついて、桶を放り投げすてた後、フラフラとしてと倒れてしまったのでした。

そして、ここは私が好きなシーン・・・
元気になったムヒョクはガルチを連れて銭湯へ。
ガルチの背中を流すムヒョクは、
他の父子を気にしてるガルチに、「父親が欲しいのか?」と。
いえ、叔父さんがいますから」と、ガルチ。
「これからは毎日ここに来よう?」と言って、言葉に詰まるムヒョク。
「勉強もするし、母さんの事をバカって言わないから、
ずっとここに居てください」とガルチ。。。
「わかった」と涙を悟られないように、元気に答えるムヒョク。
ガルチの気持ちにジーンとし、
ずっといられないムヒョクの気持ちを思えば、悲しいです。

屋台で父と一緒に飲むウンチェ。。。の前に、
ムヒョクからの不在着信に気付き、笑顔になり、
早速会いに行こうと出かけるウンチェに、
「ムヒョクに会いに行くのか?」と父。そして、一杯飲まないか?と。
で、屋台のシーンに繋がります。

屋台で酔い潰れて、真昼間だというのに、寝てるウンチェ父子。
電話で目が覚めたウンチェ、出て見ると、明るいムヒョクの声。
しゃっくりが止まらないウンチェに、酔ってると気付いて笑うムヒョク。
そして、街中でウンチェとムヒョクが会うシーンに繋がります。

ユンの心臓が悪化して、「私の心臓を」と泣き叫ぶオ・ドゥリの後、
やり切れない思いを抑えるため?ガムを噛もうと取り出すムヒョク、
落としてしまったガムを、拾ってくれたウンチェ父、
そして、ラウンジでコーヒーを飲みながら話すシーンに。

ユンの病室の前でうな垂れ泣いているウンチェに、
「俺と遊ぼう」と話しかけるムヒョク・・の前に。。。
ユンを車椅子に乗せて、ウンチェが押し、散歩に出た二人。
そんな二人を複雑な表情で見つめるムヒョク。
ニコヤカに大分元気そうだったユンだったけど、また発作が・・・
一緒にいた時に、発作が起きて、ウンチェはショックだったようです。


【11話】
ユンの病室の前で、オ・ドゥリから、罵倒されるムヒョクの後がカット。
母から酷い言葉を投げつけられた後なのに、ドアを開けて
病室にいたウンチェを見ると、愛しそうに微笑むムヒョク。

病室から出て来たウンチェ父は、
「ユンの母親の言った事は、神経が過敏な状態だから、気にしないで欲しい。
でも、他の仕事を探した方がいい」と。
そして「お姉さんは、元気かね?」と聞き、また冷たい目になるムヒョク。

病院の玄関前に立ってると、出て来たウンチェとオ・ドゥリ。
オ・ドゥリに会釈するムヒョクだけど、母は無視。
ウンチェの後をずっとついていき、バスの中までついてくシーンに繋がります。

自分がいなくなった後を思ってなのでしょう。
ソギョンに男に襲われた時の護身術を教え、
ガルチにはダンベルで鍛えさせ、「何かあったら、守るんだぞ」とムヒョク。
「でも叔父さんが守ってくれる」と言うソギョンとガルチ。
「俺がいなくなった時は?」と、ムヒョクが言うと、
「オーストラリアに帰らないで、いてくれる」と無邪気に答える二人。

モーテルの後、ウンチェはムヒョクが来るのを待っていて、
ソギョン宅で待っているユンは、
ウンチェに電話しても、ムヒョクに電話しても不在で、益々不安そう。
そしてムヒョクは、岸壁に座り、海を見つめていました。

そのウンチェ父は、夜中に寝つけず、
ソギョンのネックレス(=自分が持たせた)を握り締め、悩んでいる様子・・・
ウンチェの苦悩の様子も、割りとカットされてる気がします。

ムヒョクの命が短いと言ったユンが、
ウンチェに「忘れろ」と言っては、自分は絶対に死なない。
お前の為に生きると気持ちを伝えたシーンの後、
二人をビデオに撮っていた芸能記者に気付き、
二人の純粋な愛を伝えたいと言われて、
プライベートはあると言いつつ、OKしたユンのシーンがカット。

ここは私が好きなシーン。。。
夕食時、ムヒョクのスプーンにおかずを乗せるソギョン&ガルチ。
「オーストラリアに行かせない、おせじです。
僕達と一緒に住もうという事です」と、笑顔のガルチ。
「私達と一緒に住んでください。
私、本当におじさんを怒らせないようにします」と頼むソギョン。
ムヒョクには、きっとすごく嬉しい言葉だったでしょう・・・
そんな時に、TVで、チェ・ユンさんの恋人と紹介されるウンチェの映像が。
悲しい目で見つめるムヒョク、そして吐き気が・・・
で、ラストのの鏡を拳で割るシーンに繋がります。


ごめん、愛してる DVD-BOX 完全版
ごめん、愛してる DVD-BOX 完全版

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック