真実のために -ADVOCATE- 第6話

サブタイトル・・・「正義の求刑」
画像
☆感想とあらすじ(ネタバレあり)☆
科学研究所から受け取った証拠品を、渡すウンジに、ソニョンが殺人を起こした事に変わらないと言い切るヘミ。
証拠の品は、チョルホに渡して控訴審の証拠にするのかな?と思ったけど、
今はソニョンを助けるのが大事だし、公の場ですり替えを明らかにすれば、
ソナの件も誤審が認められるかもしれません。

そんなヘミに見せたいところがあるとウンジ。
まず向かったのは教会で、神にすがるソナと母の姿を見せました。
父親は行方不明だそうで、傷ついた上に、家族もパラバラなのでした。。。
しかし、「キム弁護士の策略?」と言うヘミ。
今度は病院へ連れて行き、大怪我のミンギュの姿を見せるウンジ。

この事件の深さを理解し、証拠品を受け取ったヘミ。
しかーし!預かって廊下を歩く事務官に、運送屋がぶつかり、
買収されたらしい2人の検察庁職員が(全く-_-;) 、ドサクサにまぎれて、散らばったものを拾うフリして、証拠品の封筒をすり変えたのでした。。。

申し訳ありません。私も年を取りました…と、
ガックリとうな垂れる事務官が可哀想。
でもヘミは、証拠隠滅を図った証拠だと、確信。
検事も弁護士も立場は変わらないと言ってたミンギュを思い出し、
「今や正義は私に委ねられた。私にかかってるのよね?」とヘミ。

ソニョンの裁判の日、傍聴に来てたソ弁護士を見かけたウンジ父は、
血相を変えて、その場から立ち去りました。
その横顔を見て、手錠をかけられた若い男を思い出し、
ハッとして、追いかけようとするソ弁護士。
「多分人違いだ。20年前に死んだ男だ」と言ってましたが・・・

ソニョンは、殺人を認め、十数回も刺してるし、かなり不利です。
検察側のヘミは、反対尋問を放棄し、論告求刑に。
「人を刺し、殺意があったと自白もしている。
しかし動機は姉のレイプ事件。犯人だと確信してたのに、無罪判決が出た。
正義が遂行されなかったと彼は判断した。その根拠は判決が間違っていたから」
驚くソニョンと、ざわめく法廷内。
続けてヘミは「私が調べたところ、誤判だった。
人が完璧じゃない以上、裁判も同じ事」と懲役6ヶ月から1年を求刑しました。

検事がこういう発言をするのは、本当に稀だと思います。
レイプ事件は公平ではなかったけど、この場で言ってもらえて、涙のソナ母子。
検事が全て話してくれたから、弁護側からの陳述はないと言い、
「検事の姿は、法曹人としてのあるべき姿。
法律家として誇りに思います。今度こそ正義を貫いてください」とミンギュ。

レイプ事件のショックと未成年という事を考慮して、
裁判官の出した判決は、懲役3年から5年・・・
それでも前に「7から8年」と言ってたから、それよりはいいけど、
誤判という部分には、結局、触れることはありませんでした。。。
それでも、この場で姉の事件の誤判を訴えてくれたヘミに、
感謝なのでしょう…涙して、深々と頭を下げたソニョン。

そして、ソナの事件は控訴も棄却されてしまいました。。。
あの証拠品が盗まれたのは、やっぱり痛いです。
それとも上からの圧力? 
やりきれませんね・・・日本だったら、今度は民事訴訟を起こして、
犯人と認めさせる事も出来るけど、韓国ではどうかな?
でもそう民事訴訟が出来ても、やっぱり証拠がないし、ダメか・・・


辞表を出したヘミの話をして、
「最後まで闘い抜く人と思ったのに」とガッカリしてるチョルホに
「何か特別な感情でもあるのか?」とミンギュ。 ←鋭い♪

検事長は、司法修習院の教授が就任したのでしたね~
ヘミの辞表を突き返してくれて、ホッとしました。
「口座追跡チームから外された時も乗り越えた。今回も同じ。
求刑より思い判決に驚いたし、周囲の見る目も変わってショックかもしれないが。
法曹界を変えるという夢は、どうした?」と説得する検事長。
しかし、正義が通らなかった事、挫折、その他諸々…で決意は固いヘミ。

出勤したチン弁護士は、自分は応接室を使うから、
机はミンギュに使うようにと、自分がいなくなってもいいようにしてるみたい。
新聞のヘミの記事=“ソウル地検・チャン検事 理想と挫折”を見て、
居ても立ってもいられなくて、ミンギュに送られてヘミの所に向かいました。

しかし、一足早く来てたのはソ弁護士。
2人が並んで歩く姿を見て、「タイミングを逃した…」と帰ると言うチン弁護士。
そして、怪訝そうなミンギュに、ヘミは娘だと。。。

20年前自分が検事を辞めた時も、大騒ぎだったとソ弁護士。
「検事を辞めなかったら、今頃は法務長官だと」とヘミ。
ソ弁護士が検事を辞めたのは、誘拐された娘を捜すため…
そっか…彼は、辛い過去を背負った人だったのね。。。
そして娘の名前は「ソ・ウンジ」
ウンジがソ弁護士の娘? だからウンジ父は裁判所から逃げた?

自分が担当した犯罪者たちを、追い回し、問題になったと話すソ弁護士。
「父親なら当然」と厳しい口調のヘミ、父・チン弁護士への思いなのでしょう。
わかってあげなさいと、やっぱりヘミには優しいソ弁護士。

その帰り、車の中から、ウンジ父を見つけたソ弁護士。
車を置き、地下鉄に向かったけど、残念ながら捕まりませんでした。
しかし、生きてる事を確信したソ弁護士は、
イム会長部下のクォン理事に、捜すように依頼。
うーん…なんでこんな怪しい人に頼むのかな(・・・?)
ウンジ父らしき人物は、名はチョ・ガンイル。
大強盗だったそうで、捕まった後脱獄して、逃走中に死亡と推定されたらしい。
個人的に興味があると言うクォン理事、
確かにあなたは、科学研究所に忍び込んでピッキングしてたしねーーー

チン弁護士が話すヘミとヘミ母、ソ弁護士との関係は・・・
大学時代の同級生だったチン弁護士とソ弁護士は、ヘミ母を争っていて、
彼女はソ弁護士のような野心家が好きだったようだか、チン弁護士と結婚。
離婚後は、ソ弁護士が、母娘の力になってたらしい・・・と。
争ってまで一緒になったのに、別れてしまったとは、
ソ弁護士にしたら、なぜ?でしょうね。
だから、ヘミに、あんなに親身になってくれるし、
お見舞いに来た時、二度目の奥さんの写真を見て、声を荒げてたのね。。。

本屋で立ち読みしたり、自由気ままに過ごした後、
シンファのソ弁護士を尋ねたヘミ。
オ・ジュンソンを交えて3人で食事に行き、送られてきたところを見たチン弁護士。
ヘミを呼びとめ、「シンファに誘われてるそうだか、自分に合った仕事を選べ」と。
そう言われても「今更父親ヅラ?なぜソ弁護士を嫌うの?」とヘミ。
「嫌ってない。価値観が違うだけ。
検察庁に戻れ。検事長も私も残念に思ってるんだ」
「これ以上、私に関わらないで!」と父には素直に向き合えないヘミ。

チン弁護士の紹介で、大きな病院に入院する事になったミンギュ母。
(「チャングムの誓い」チョン最高尚宮・「オー!必勝」会長・「恋愛世代」のヨ・ウンゲ)
ミンギュとウンジが駅まで迎えに来て、病院まで送りました。
診察中、「痛い」と何度も言うミンギュ母を見て、
思わず吹き出して笑いながら、スケッチしてる女の子・ミナ。
(「クッキ」子役・「天国の階段」高校生ユリのパク・チミ。クッキ時より幼い感じで可愛い♪)

そのミナは、ウンジが以前家庭教師をしてた子で、久々の再会です。
裕福だったミナの家は今は破綻して、父は借金取りから逃れる為に行方知れず、母は地下鉄で物売りをして生計を立てているそう。

ミンギュから父親の事を聞いたと話すウンジに驚き、
「人に話さない子なのに。あなたを好きなのかもしれないわ」とミンギュ母。

そんな横を、「今度の患者は子供」と話しながら通り過ぎた医者は、
なにやら、マウスを使って実験を。
そんな様子に、首を捻っていた看護師。

ミナの描いてた絵は、走ってる自分の姿。
心臓が悪くて「一度でいいから、思いっ切り走ってみたいの」と無邪気に話すミナだけど、自分の心臓に穴が開いていて…と状態をわかっています。
お金がないけど、ここの病院は貧乏な人に無料で手術してくれるらしく、
あのマウスの実験から想像すると、そういう人達で効果を試している?

「治ったら画家じゃなくて、パレリーナになりたいの」と笑顔で話してたミナ。
次の日、いよいよ手術へ。

「真実のために -ADVOCATE-」他の回はこちらです。

ヨンエの誓い

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年11月09日 16:43
pandaさん、こんにちわ
裁判の結果はとても残念でした。証拠品を差し替えられてしまったんですね!(最初少し見れませんでした)。なんともひどいです・・・誤判も明らかにして欲しかったですね。

ウンジ父の過去は驚きでした。
>イム会長部下のクォン理事に、捜すように依頼。
ほんとに随分怪しい人に頼みましたね^^;ウンジ父娘のこれからが心配です。
ソ弁護士も辛い過去などでキャラに深みが出てきましたね。ヘミへの優しさも分かる気がしました。

チェゴサングンや子クッキが見れてちょっと得した気分ですが・・かなり怪しげな病院なんですね。次回が怖いです。
TBさせて下さい
2006年11月09日 22:01
cocoansさん、こんばんは。
唯一の証拠の品だったのに、こともあろうに、検察庁の中で堂々と差しかえられてしまいました。検察の職員も一枚噛んでいたようで、こういう部分は「砂時計」を思い出しました。

ウンジ父には、驚きですねーーー
それとソ弁護士、自分の娘は誘拐されていて、かつて愛した女性の娘ヘミを自分の娘のように可愛がっていて、ただの悪の側の人間では無さそうですよね。
でも何でクォン理事に…と思いますよね~

知ってる俳優さんが次々と出てきて、お!と嬉しくなりますよね~子クッキはやっぱり可愛いですね。
病院でマウスの実験、怪訝そうに見てた看護師、無料の手術…怪しいですよね。これからの展開をお楽しみに~

この記事へのトラックバック

  • 『真実のために』第6話

    Excerpt: 韓国ドラマ『真実のために』第6話 ウンジ(イ・ヨンエ)は弁護士事務所で秘書をしながら弁護士を目指して勉強中。病気で倒れた事務所の先生に代わり、ミンギュ(ソン・チャンミン)と二人三脚の弁護士事務所をスタ.. Weblog: cocoans☆韓流よりみち日記 racked: 2006-11-09 16:48