韓国ドラマ『神話』 第15話

☆感想(ネタバレあり)とあらすじ☆
画像
ヨンウンに気付かなかったのは、完全に見えないわけじゃなく「視力が弱くなってるだけとデウン。でも書類を読んでと渡されても読まずに、「病院で聞いてくるから、心配しないで」と言うし、ソヨンが来て、目の事を話そうとするヨンウンを遮り、行ってしまうデウン。

前回の一件でテハが黙ってるハズがなく、何か仕掛けてくると読んでるソヨン。
こちら側の対策として、プラズマテレビの技術を盗めと指示したのは、テハだという証拠を見つけるようにと、ドルマンに指示。
テハの方も、証拠を残さないように、
盗んだ実行犯に監視をつけろ、更ににソヨンにも監視をと指示。
で、なぜ、デウンから情報を盗んだ男が、ソヨンを監視( ̄ー ̄?).....??アレ??
この男は、裏切らない男なのでしょうね。


同じ日に、病院に来たデウン。前をソヨンが歩いてるけど、気付きません。
デウンの目は、破片のせいではなく、
ソヨンと逃げる時に頭を打って、脳出血したせいでした。
一刻も早く手術をしないと、失明する可能性が高いと。。。(T_T)
そしてソヨンは、妊娠していました。
帰り際、バッタリと会ったソヨンとデウンだけど、
お互い見舞いに来たと誤魔化して、元気で良かったなんて笑い合うから、
傍で聞いててやりきれなさそうなヨンウンが、事実を言おうとするけど、
「ソヨンと話してから帰る」とデウン。

てっきり目の事を話すんだと思ってたヨンウン。
しかし、ソヨンに話してない上に、
テハと闘うため今は手術を受けないと言うデウン。
「ソヨンがいいと言えば、私も納得する」と、話に行こうといるヨンウンを止め、
「なぜテハに勝ちたいのか自分でも分からない」とすがるデウン。
それは、ソヨンを守るためと、男と男のの勝負に勝ちたいから?

テハ側は、買占めた株を一気に売り、
ミレの悪い噂を流し、最低に下がったところで公開買付する作戦。

チョンボ電子の中には、ミソンに情報を流してくれる人がいて、
心配するミソンに「予定通り」とソヨン。
後一押しのために、チョン会長の裏資産を使わせて欲しいと頼むソヨン。
ミソンはそのつもりでも、会長を説得しなければ。
体が思うように動かなく、言葉が出なくて口元をゆがめるチョン会長、
髪の毛は振り乱して、かつての面影はありません。
ミソンから「テハを潰すために裏財産を」と聞かされ、
迷いながらも、頷いたチョン会長。

刑務所?留置所?のハ理事も、かつてのギラギラした面影はなく、
韓国の俳優さんは、こういう表現が上手いなぁ…と思います。
ミソンから聞かされて、微笑んで頷くハ理事。
もう自分達の時代は終わったという風に、見えました。

ベンチに座り話すソヨンとデウン。
なぜこんな復讐心を持つようになったのか、追い詰められたせいなのか、
性格なのか自分でもわからないと話すソヨンに、
「誰でも同じ。僕だって会社と君を奪われた時、テハを殺したかった。夢の中で殴ったけど、そこが境界腺。でも君達はいつも境界腺を越える」とデウン。
そしてソヨンがテハのような無口な男が好きなら、家で練習して、
テハのような社長が好きならと、社長にもなったと笑うデウン。
手術よりも、テハに勝つ事に拘るデウンの気持ちが、わかる気が。。。

夜景を眺めながら、ソヨンとの幸せな日々を思い、一人涙を流してるテハ。
テハが泣く時は、いつも独りぼっちで心を痛めていて、孤独です。。。

妊娠のせいでなのか、貧血気味のソヨン。それでも知り合いを尋ね、ミレへ投資にする事に協力を求めて回ってから病院へ。
(ソヨンの担当医は「グッキ」・田中医師かな?)
めまいがすると言うソヨンが気になり、採血をする医者。
そんな様子をドアの隙間から覗き、口元に笑みがこぼれるテハ。
ソヨンを見張らせた男からの情報で病院へと聞き、前にも産婦人科に行ってたし、自分の前で吐き気をもよおしてたし、確信した様子です。

そっか…ヒョングの子?と思ったけど、テハの子なのね。
そういうシーンは無かったから、いつの間に!と思ったけど、
膝枕する仲ってミソンが言ったのは、そういう意味だったのね。。。


チョンボ電子のチーム長を呼び出したドルマン。
「産業スパイ機密捜査部のもの」と名乗り、白状するように迫り、
とどめは「会長に言うぞ」 ←うまい!多分、会長の指示ですと言ったのでは?

ミレの持ち株は、向こうが35%、デウン側は合わせて33.3%。
あと2%、どうにかしないといけません。
何とかすると電話を切ったソヨンは、ミソンにもう少し裏資産を頼み、
自分も他を当たる事にして、車で出かけようとすると、待ってたテハ。
「ありがとう。俺の子を身ごもってくれたんだな。これは運命だ」
ウルウルした目で話すテハに、「堕ろしたわ。誰があなたの子なんか」とソヨン。

席を立ったデウンが、机にぶつかってしまい、驚くホンウン。
ボーッとしてたと誤魔化すデウンだけど、トイレに向かいながら、
壁を触りながら歩いていき、ほとんど見えないのでは?という感じで、
後ろ姿を見ながら、呆然とするホンウン。

デウンの事務所にやって来たソヨンは、
事務所内を手探りで、位置を確認しながら覚えてるデウンを見て驚き・・・
あー…ここは「ベルばら」のアンドレを思い出して余計泣けてくる。。。(:_;)
ドアを開けたソヨンに、「ホンウン」と言うデウン。
愕然としてその場を走り去るソヨン。

ソヨンを追いかけようとしても、手すりに捕まりながらで追いつかず、
階段を踏み外して転げ落ちるデウンが可哀想・・・

「神様、助けてください。私が犯した罪でこんなを罰?
父が死んだ時に、私も頼んだのに…なぜこんな事を?
悪いのは私。罰するなら私を罰して…デウンさんを苦しめないで…」
そう叫びながら、泣き崩れるソヨン。

少し落ち着いてホンウンと話した後に、デウンの元に行き、
膝にすがり、手術してと頼むソヨン。
「私の事も見られなくなるのよ」
「僕はずっと見て来たのに、顔を見ていない。君はテハを見てたから。
僕も君の顔を正面から見たいんだ。僕を見る君を」
デウンの思いに、私はどうすれば?とソヨン。
「君は今まで通り、僕を頼ればいい」と、そっと抱くデウン。

傷心のソヨンに、更に追い討ちをかけるように、産婦人科医から電話が入り、
「血液検査の結果、異常が見つかった。すぐ精密検査を」と。

「神話」他の回は、こちらです。

クォン・サンウ 公式プレミアムボックス

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック