12月の熱帯夜 第10話

サブタイトル・・・「悲しく甘い賭け」
画像
☆感想とあらすじ(ネタバレあり)☆
『ジヘのストーカーで付きまとい、無理心中をしようとした』という事で、警察につき出されたジョンウ、あくまでも自分を悪者にするジヘに、悲しげな目を向けていました。ヒドイ仕打ちをされ、自分は人妻なのに義姉に会うなと言ったり、勝手なのに、それでもまだ愛していたのね。。。

留置所から出るジョンウを、豆腐を持って出迎えたヨンシム。
しかし、豆腐を叩きつけ行ってしまうジョンウ、するとジヘも迎えに来ていました。
驚いて咄嗟にヨンシムの元に戻り、無理やりキスするジョンウ、ジヘに見せつけるように・・・
驚いて突き飛ばすヨンシムの、涙を拭いてあげて、
「俺、腹が減って。おごってくれないか?」と連れて行きました。

食堂に行って、何事もなかったような態度のジョンウと、動揺しているヨンシム。
「気の迷いではない。本気だった」と言うジョンウ。
店を出てから、川辺に行き、「ジヘの事は、もう忘れた。あれは執着心だった」
と話して、ずっと外さなかったネックレス(指輪つき)を放り投げ、
「これでいい。留置所にいる時、他の人の顔が浮かんだ」とジョンウ。
どこまで本心なのか、計りかねる私・・・と多分ヨンシムも。

ジョンウとキスしてしまった事で、
家に入る前も、入ってからも、唇を気にするヨンシム。
義母に「なぜ隠すの?アンタの口には醤油か味噌しかつかない」と言われても、気もそぞろで、階段でドテッ(o ><)o
二階に上がってからも、ジョンウの幻が見えて(←可笑しい!)重症で、
「お義母さん、バカな私を叱ってください」と頭を抱えるヨンシム。
下に降りると、義母と談笑してるジョンウの幻が見えて、
慌てふためくヨンシムに大ウケ!
ジヘが帰宅して、顔を凝視できません。ジヘもキスシーンを見たから、複雑そう。

ジョンウの告訴を取り下げたのは、ヨンシムが頼んだからだったのでした。
(地上派では、そのシーンはカット?)
「どういう事だ?あんなヤツを庇うなんて」と、
残ったアザを見て、怪訝そうなジェファン。
夜、夫の横で眠れないヨンシムは、
ベットから出て書斎へ行き、唇を撫でてボンヤリとしたり、首を振ったり。
そこにジファンが来て、「悩みでも?」「いいえ~」と否定するヨンシム。
「一緒に寝ないか?そうしたい…イヤか?」
夫の言葉に戸惑って、試験の勉強しないと…と断られ、寂しそうなジファン。

マダムキラーらしいギテ、オバサンを落とせるか?と賭けていたようです。
前は失敗したけど、今度は病院の跡取り息子の嫁・ヨンシムを狙い、
一週間以内にキス、三週間でノックダウンと話してると、
「俺がやる。勝ったら車を貸せ」とジョンウ。

担当が変わりましたと、車に乗りこみ、優しく教えるジョンウに、
ドキドキしながらも運転するヨンシム。
講習が終わると、留学へ行くジョンウに、プレゼントの電気毛布を渡し、
「夫が留学してたけど、外国は寒いんだって。風邪ひかないで」とヨンシム。
一瞬戸惑い顔を浮かべたけれど、笑顔でお礼を言い、
明日の試験の為に、勉強を見てあげるとジョンウ。

喫茶店で楽しく勉強してる二人、まわりを見渡して、
自分が一番オバサンというヨンシム、口のまわりにはクリームが!
前に「心に絆創膏」というセリフと言い、
このクリームと言い、とある韓ドラで見たシーン・・・
笑って指で拭いてくれるジョンウに、ドキマキしてるヨンシム。
そして明日は誕生日だから、一緒にいて欲しいと言い出すジョンウに、
困ってしまうヨンシム。でも「夫の誕生日なの」と正直に言って断りました。
即答で断れないというのが、ヨンシムには、どうも迷いがあるのかな・・・

喫茶店を出ようとして、激しい頭痛が起きたジョンウ、
それでも平気な素振りをして、先に出ていてと言って、
発作に苦しみながら、お手洗いで、薬を飲んで堪えていました。

ヨンシムからジファンに、友達と会って遅くなると電話が来たのを見て、
二人が会ってる!とピーンと来たジヘは、ジョンウに電話。
苦しい中、電話を取り「お前と話してるヒマはない」 
ジョンウ、電話に出なければいいのに。。。苦しんでる姿は痛々しい…

ヨンシムがいない食卓で、
「嫁としてる自覚が足りない。浮気してるんじゃ?」と義妹・スニョン。
「ヨンシムはお前より年下だけと、義姉だ。
下らん事を言うな!」と声を荒げるジファン。
しかし、自室に戻り戸惑っているジファン。 義妹にはピシャリと言ったけど、
妻が遅いのを、「浮気?と勘ぐっているような感じです。

その頃、ジョンウと映画を観ていたヨンシム。
一度見た映画だけど、飽きたら君の顔を見ると言ったり、
手を握ったり…これは本気じゃなくて、ギテのの賭けの為?

家に帰ると、腕組みして待ち構えてたジファン。
「最近出歩くようになった。君は一家の主婦で嫁で、何より人妻だろう?
頭を冷やせ。みっともないぞ!」と怒り、ただ俯いてるヨンシム。

夜中に目覚めたジファン、横を見るとヨンシムがいないから書斎へ。
バースディカードを書きながら、眠ってしまってたヨンシム。
自分への…と思い、フッと笑みがこぼれたジファン、しかし中を見て愕然。
『ジョンウさん、お誕生日おめでとう。一緒に祝ってあげられなくて、残念です。
あなたにわかる?最近私がどんなに・・・』 
自業自得(妻をほったらかしにして、ソウルルイトと遊んでた)とは言え、
可哀想なジファン。。。


「12月の熱帯夜」他の回はこちらです。

韓国ドラマスターLIVE (Vol.8)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

のり
2006年08月29日 17:22
今までのこと、妻の事をちょっと考え始める夫・ジファンの姿が私は好きでした~。ガフンはソウルメイトといってるけれど、元婚約者だったことだし、ヨンシムも自分がきっかけで二人が別れたという事実もあるわけで、
どうもいわゆる浮気(心は本気か・・・)の相手ではないと思うのですが。ここにきて妻の浮気(魂)を垣間見てはっとするジファン、ソンウssihはこういう役が多いですね~、ある意味はまり役です。俳優としてのナムジンはどうも背が高すぎて、優しく見つめる瞳はとてもいいのですが、どうも樹に見えてしまって・・・。でもオム・ジョンファの大ファンで、かつ初めてに近いドラマ。大抜擢の役でよくここまで演技ができたな~と改めて感心です。日本ではなかなかいませんよね、最近では亀梨くらいかな?でもちょっとまだまだ、役者としては韓国の俳優さんの方が上ですよね。
2006年08月30日 11:54
のりさん、
ジファンへの見方は別れそうですが、私もあんな勝手な夫なのに、好きです。こうなって妻の事を深く考えて、段々と自分の気持ちに気付いてきてる感じです。
最後のカードを見てしまった場面や、可哀想で…本当にハマっていて、上手いですね~

キム・ナムジンssiは初めてに近いドラマなんですか?驚きです。樹に見えますか~次に見た時、笑ってしまいそうです。
本当に韓ドラに出る俳優さんは、「初」でも上手いのですよね。そして役にピッタリです。「威風堂々の彼女」のカン・ドンウォンssiも初ドラマとは思えません!機会があればどうぞ!シン・ソンウssiも出てますよ~
のり
2006年08月30日 13:50
所見で「12月の~」を見たときに初めてシン・ソンウssiを知りました。それから「威風堂々~」が見たくて見たくて・・・機会があれば是非視聴します。それからソンウssiで視聴したのは「危険な男」です。やはり浮気男の役でした~。これからのソンウssiなかなか良いですよ!!
2006年08月30日 22:30
のりさん、「威風…」は私の中では、上位にランクしてるドラマですので、ぜひ視聴してください♪
笑いあり涙あり…のドラマでした。ここでソンウssiを知り、役柄にハマりました。

この記事へのトラックバック