12月の熱帯夜 第7話

サブタイトル・・・「片想いの行方」
画像
☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆
ヨンシムの担当は、残念ながらギテでした。
ジョンウの傷が気になって、運転を習っていても気は漫ろ、思いっきり振り向いたりして、危ないわ…と思ってたら、壁に激突!
「ヨンシムさん!」と駆け寄り、「無能な教官だ!」とギテを叱るジョンウ。
額から血を流しながらも、「その顔どうしたの?」と、自分を気にしてくれるヨンシムに、ウルッとしてるジョンウ。

額に絆創膏を上手く貼れないヨンシムに、貼ってあげるジョンウ。
そして痛むという首に湿布を貼ってあげると・・・あれ?ジョンウとお揃い!
気がついて笑うジョンウに、「?」のヨンシム。
コンパクトの鏡にお互いを写して、ねっ?という顔して笑い合う二人。
ジョンウに笑顔が戻って、良かった。。。

ギテと話してると、頭痛がして倒れてしまったジョンウ。
病院に運ばれて、医者に、最近足がしびれると言ってたと話すギテ。
意識が戻ったジョンウは、帰ろうとするけれど、
医者は、念のため検査しましょうと。MRIで、脳検査を受けるジョンウ。

ヨンシムが免許を取りに行ってる事を知った義母は、
「奇跡的に受かったら、左手に焼きごてしてもいい」と。←本当にやってね!!
義妹のスヒョンは、お金をくすねて、実家に送ってるかもしれないから、
気をつけた方がいいと言い、立ち聞きしてたヨンシムはショック。

でも、「何の話?」と知らんフリして出てきて、
「アガシ(義妹なのに『お嬢さん」』って呼んでます)は、
実母のそばにいれて、うらやましい。家事もしなくていいし。
嫁に出したら他人と思えというのに、向こうの家の人は、
実家に住む事を許すなんて、心が広いわ」とチクリ。
夫が留学してる間だけと、言い返すスヒョンだけど、更にヨンシムは、、、
「向こうはそう思うかしら?孫も嫁も取られたと…ね、お義母さん。
同じ嫁として、同じ一人娘ととして羨ましい。
アガシはお金があるから出来るのね。
田舎では娘は玉の輿で、母親は畑仕事してるって言われてる。
私にあなたのように働けば、母に送れるのに、財布はお義母さんが握っていて、
夫の給料もお義母さんの口座(←えーーー?!そうなんだ…)。
こんな豪邸に貧乏人が住んでるなんて、誰が思うかしら?」
ヨンシムに、拍手ーーー

何度電話しても出ないジョンウに、
「メールでいいからちょうだい。ケガしてない?」とジヘ。
そこにヨンシムが来て、座り、お互い「あのう…」
ジョンウの顔の傷の事を聞こうとするけど、言えないヨンシム、
ジヘの方は、ジョンウとの事は絶対に内緒にと。
「墓まで持って行くわ」と言うヨンシムに、
「感謝します。ヨンシムさんは本当の姉みたい」と手を握るジヘ。
かなり、ワザとらしく見えてしまいます。。。
そこに夫ジェファンが帰宅して、嫁同士仲睦ましいなぁと。
「妬けます?」と言うヨンシムに、
「いや、ジヘは神にも仏にも渡さない」とゾッコンなジェファン。

ヨンシムに話があるというので、気が気でないジヘ。
「ジョンウはジヘのストーカー。大学時代からで、この前もひどい事を。
ヤツの境遇を思って、殴るだけにした」と言うジェファン。
ジョンウの顔の傷の謎が解けて、呆然とするヨンシム。

父の手術代の為に、アパートを引き払ったジョンウは、ギテの所に。
韓ドラ見てると、保証金って結構も大金なのよね~
ジヘからの電話に出ないジョンウ、
「終わった…終わらせる。二度としない、恋なんて…」と呟いてました。

電話に出ないから、ジヘからメッセージが何件か入ってました。
許しを請い、会いたいとシャーシャーと言うジヘ。全て削除するジョンウ。
次のメッセージは、ヨンシムから。
「元気出して。顔に傷が出来ても、心まで傷つかないで。
心に絆創膏は貼れないでしょ?どんなに辛くても、心に傷は作らないで」
ジヘのメッセージには険しい顔だったのに、ヨンシムのには笑顔♪

夜中にガフンから電話があり、出かけるというジファン。
風邪を引いて動けないのに、家族はいないし友達もいないと言うけれど、
妻としては、こんな時間に女性宅になんて、許せるハズありません。
それに、母が来た時は面倒くさがってたのに、いそいそと行くなんて、
「義母より友達が大事?!」と止めるけれど、それでも行くと言うジファン。
「私もいくわ」と準備するヨンシム、でも無視して、置いていっちゃいました。
悲しそうなヨンシム・・・(:_;)

早朝、ガフンの家を尋ねたヨンシム。
出て来たのは、エプロン姿の夫・ジファン!
これにはヨンシムもビックリだけど、私もビックリ!
家では親はうるさいし、ここでは、自由人でいられる空間なのかも。
でもあなたは人の夫で、子の親!と言いたいけど。


ヨンシムはガフンの為にお粥を作って来たのでした。
ソファーに並んで座るヨンシムとガフン。
ヨンシムが咳をすると、ガフンも負けじと・・で、段々と大袈裟に!
「病気の真似事か?見苦しい。風邪はこんなに早くうつらない」とジファン。
「本当に咳が出るし、寒気もする」とヨンシムが言っても、本気も心配しません。

ガフンはヨンシムへのお茶と、自分のスープをジファンに命じて、
テーブルについて、待ってます。まるでこっちが夫婦みたいに。
そんな二人を見ていられなくて、ジファンを止めて、
「私がやる。インスタントのスープより、お粥がいいわ。
ガフンさん、寝ていてください。運びます」とヨンシム。

お粥の他にも、ナツメ茶とか飽きたら用に、他のお茶も持って来たヨンシム。
寝室に運ぶと、申し訳無さそうに食べて、美味しいと素直なガフン。
壁にはジファンとガフンのツーショット写真がいっぱい。。。
しかも夫はすべて笑顔だし、ガフンの肩を組んでるし。
トイレに行くと言って、一人で泣いているヨンシム・・・

帰りの車で、ヨンシム「ガフンさんの事、何て言ったっけ?ソウル…」
ジファン「ソウルメイト?」
ヨンシム「そう、ソウルメイト。私も作っていい?あなたと出来ない事するの」
ポツリポツリと言うヨンシムが悲しい…思わず急ブレーキをかけるジファン。
自分はいいけれど、妻にはして欲しくないのでしょうね。。。

教授に、プロジェクトからおろして欲しいと頼むジョンウ。
「昨日はジヘが君を下ろせと(←ひどい!チャンスって言ってたくせに。ジヘが言わなくても、ジョンウは自分から言ったのに!)、今日は君が?」と教授。
ジヘと付き合ってた事を正直に話し、努力したけどすみませんとジョンウ。
父の手術が終わった事を確認して、留学を進めてくれた教授。 
「ここにいれば埋もれてしまう」と、ジョンウの才能をかってくれてます。

ジヘはジファンと連絡がつかなくて、アパートへ。でも引っ越した後。
教習所まで、尋ねて来ました。

ジョンウの傷の真相を知って、気になってるヨンシム。
待ってたけど、中々出て来なくて、、「オ・ヨンシム。何やってんだ!」と
トボトボと帰りました。
すると、後ろからジョンウが。 ヨンシムを見つけて笑顔で駆け寄るジョンウ。
二人を見て、ワナワナ・・・のジヘ。

「12月の熱帯夜」他の回はこちらです。

↓このドラマの特集載ってます♪
韓国ドラマスターLIVE (Vol.8)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

のり
2006年08月24日 08:31
なんだかよくありがちな3角関係のいらいら感(体裁は別として)ですね~。ソウルメイトとしての存在は知っていても、あんな風に夫に行かれてしまうと・・・。もう怒ることもできない夫婦の関係というのもとても淋しいですよね。ジファンの今までの勝手が、ヨンシムのソウルメイトを作る作戦(本音なのですが)で変わるかな?とも思ったりして・・・。
2006年08月24日 11:32
のりさん、
女友達のところに走る夫を止められないヨンシムが、そしてそくで見せつけられて、可哀想でした。
ジファンにしたら、ガフンは「女」じゃないから、こういう行動するのかな?と思ったりして。
これでヨンシムがジョンウに走っても、文句は言えないですね。でもきっとすごいヤキモチを焼くでしょうね。それでヨンシムへの愛に気付くのかな?と想像。

この記事へのトラックバック