12月の熱帯夜 第1話

サブタイトル・・・「結婚10年目のハプニング」
画像
☆感想とあらすじ(ネタバレあり)☆
マウンテンバイクで必死に飛ばして走るパク・ジョンウ(キム・ナムジン)
教授の助手のバイトの後、次の教習所のバイトに向かってたのでした。
教習所のバイト仲間の友人オム・ギテ(「1%の奇跡」「雪だるま」キム・スンミン)と、長年つきあった彼女と別れた話になり、辛そうなジョンウ。

二人の会話のBGMは、ラジオから流れるヨンシム(オム・ジョンファ)の声。

看護師が持って来た、ラジオから流れる妻の声に、
しかめっ面の、ヨンシムの夫・精神科医のジファン(シン・ソンウ)
『夫とは、20才で出来ちゃった結婚。
私の郷里に医療派遣されて来た時に、ビビッと来たの。
彼はいい男だから、皆がよく結婚できたなって…』と笑うヨンシムの声に、
不機嫌そうに、ラジオを持っていけとジョンウ。
のど自慢番組で、「これから奥様の歌が始まる」と言っても、いいからと。

『あなた!私の歌を聞いて~愛してるわ~♪』夫の耳には届いてません。
変わりに聞いて怒っているのが、ジョンウの母(「オールイン」チョンエ母、「イヴすべ」ウジン母、「星に願いを」の意地悪な母)
赤ちゃんをおぶって電話に熱唱のヨンシム、「切りなさい!」と怒鳴る義母。
逃げ回りながらも歌い続け、時々「お義母さんすみません」の声と、
義母の怒鳴り声、そして赤ちゃんの泣き声が鳴り響き、
大ウケのラジオ局、聞いてたジョンウ達も爆笑!

こってり義母から絞られるヨンシム。
「お義母さん」と呼ぶと、「そう呼んでいいといつ認めたの?」と怒鳴ったり、
こんな女に…息子の人生はメチャクチャと言うように、
同居はしていても、嫁として認められて無い風のヨンシム。
いくら謝っても、「その言葉は聞き飽きた!
出てけと言っても聞かないだろうから、今は消えて!」と怒る義母。

そう言われて公園へ。ソウルに出てきて10年なのに、
こういう時に行く友達もいないと、ため息のヨンシム。
そこに田舎の母(「グリーンローズ」チョンヒョン母)から電話が。
嫁ぎ先に気を遣い、ニンニクや干物を送ってくれるのだけど、
「私が困るの!ソウルじゃ何でも売ってるし、迷惑なの」とヨンシム。
「うまくいってるのかい?」と心配して涙をぬぐう母。

大学での講師のバイト中のジョンウに、ジヘとの別れ話に質問が集中。
それを廊下で聞いたジヘ(チェ・ジョンウォン)そうとも知らずに、
「7年も付き合ったのに、他の男に乗り換えるなんて」と非難する女学生に、
「俺と結婚したいか?結婚したら病気の父と同居する。
妹の亭主はヤクザくずれで、暴力沙汰で泣きついてくる。
来年復学の予定だけど、卒業まだ2年かかる。留学なんて無理。
卒業後の就職先も知れている。こんな俺と結婚するか?
知らずに非難するな。ジヘの悪口は筋違いだ」と言い、
廊下のジヘを見つめるジョンウ。

庇ってくれたお礼を言い、式の日取りを知らせに来たとジヘ。
「お幸せに」と辛そうだけど、平静を装ってる感じのジョンウ。
行ってしまうジヘ…でも戻って来てキス&抱擁。。。
そしてやっぱり立ち去ってしまいました。
---許してジョンウ。愛し続けたら、憎しみも増すわ---心で呟くジヘ。
切ない顔で、見送るしか出来ないジョンウ。。。

ジヘは金持ちの娘で、ジョンウは苦学生(今は休学中)
先が見えなくて、繋ぎ止められないジョンウと、
待っているのが辛くなったのか、
親の縁談を断れなかったのか、別れを選んだみたいなジヘ。

そのジヘの結婚相手というのが、ジファンの弟。
(という事は「オールイン」では親子だったチョンエ母子が、ここでは嫁姑ね)
夕食の席で、ジファンの妹・スヒョンが、赤ちゃんのお守りをもてあまし、
(この赤ちゃんって誰の子?)義母も代われとうるさいし、
お腹空いてるのに…とブツブツ言いながら、交代するヨンシム。
(ジファン父は「新貴公子」のスジン父かな?)

ジファンのスカッシュの相手ガフンは、昔の彼女のようで、
勝負に「ヨリを戻す」事を賭けました。
ムキになって勝ったジファンは、ヨリを戻す気は無さそうです。
その後バーで飲んでいて、ジファンが席を外してる時に、ヨンシムから電話が。
電話に出るガフンは、「ジファン」と呼び捨てにし、
友達だから一緒に飲んでるとワザワザ。。。
ガフンの態度に怒ってるヨンシムに、話しかけてきたジヘ。
初恋の人と結ばれて羨ましいと言うジヘに、
時間が経つにつれ、色あせる。独りぼっちで寂しいから、
思い出の男がいた方がいいと笑うヨンシム。
思い出の男・ジョンウを思い、複雑なジヘ。

帰宅しても一人で書斎にこもって、レコードを聞いてるジファン。
書斎に来たヨンシムが、キャンプに行ってる子供たちの話をしても、
一緒に音楽を聴くと隣に座っても、迷惑そう。
友達の浮気話をするヨンシムに、「ガフンは違う“ソウルメイト”だ」と言い、
ソウル…?何?と意味不明なヨンシムなのに、説明もしないジファン。
ヨンシムはかまって欲しいのに、ジファンは冷めた態度です。

「死ぬまで外しちゃダメよ」とジヘと交換した指輪を、
ネックレスにして身につけてたジョンウ。
でももう忘れる為に外して、放り投げて号泣・・・
と思ったら、捨てられなかったのね…手にはまだ指輪が。。。

ジヘの結婚式。(ジヘ父は「パリの恋人」チェ理事・「ドクターズ」神父・「新貴公子」「グッパイマイラブ」「チャングムの誓い」…他色々のパク・ヨンジさん)
ジヘ母は、「真実」ヒョヌ母・「風の息子」サン&ユスン母)

ジヘの両親への言葉に、涙するヨンシム。
聞いてくうちに、もっとこみ上げて来て、思わず泣き声が漏れてしまい、
呆気に取られて感動が覚めた?ジヘの両親、出て行けと合図する義母。
席を立ち走ると、(o ><)oドテッ! スッ転んでしまったヨンシム!
ヨンシムが出て行った会場の、戸口に立ってたジョンウ。
やっぱり忘れられなくて、切なく見つめていました。。。

そのジョンウ、女子学生に話した内容は本当でした。
妹の夫は、タバコを吸ってポイ捨てした学生を注意し、(←ここまでは良い)
言う事きかないからと、殴ってしまい警察沙汰に。
駆けつけた妹は、呆れて示談にしなくていいから、好きにして!と。
でも夫は、義兄=ジョンウに連絡したから、もうすぐ金を持ってくると。
そんな様子をやりきれない表情で見てたジョンウ。
そして追い討ちを掛けるように、今度は父が倒れたと。。。

ジヘは結婚したら、同居なのね。
夫婦、長男夫婦と子供、次男夫婦…そして妹も?
大きい家だから、住むには十分かもしれないけど、嫁は大変だわ。。。
洗濯物を干しながら、旅行で田舎に帰るのを諦めているとヨンシム。
「結婚10周年なのに。、お母さんも待ってるでしょう?
私がお義母さんに頼みましょうか?」とジヘ。
「私、この家に味方が出来たみたい…」とうれし涙のヨンシム。

「いない間、ソウルメイトに会わないで」と夫にに言おうとしたけれど、
「ムダよね。勝手にすれば?私だって素敵な人と出会うかも…」とヨンシム。
全然相手にしてないジファン。
まったく冷たい…インウ(by「威風堂々の彼女」)を見てなければ、
苦手キャラに決定なのだけど、きっと根は優しい?と予想。。。

友人ギテから、「傷つけるな」と念を押されながらも車を借りて、
田舎の父の元へ向かうジョンウ。
しかしその車が、どうも不調です。
サービスエリアに寄り、修理出来るまでしばらく待つ事に。

おみやげをいっぱい持って、高速バスに乗ったヨンシム。
すると自分の席に、赤毛の女が隠れていて・・・
追いかける男達から、赤毛の女を荷物で隠すヨンシム。
二人はすっかり意気投合。クラブで働き借金取りから逃げてると言うイ・ヒョり。
高速の休憩所に着くと、おおはしゃぎのヨンシム。
「だって初めてなの。高校卒業して、すぐ結婚したから。高速バスも初めて」
あんな金持ちの家に住みながら、可哀想なヨンシム。

お手洗いで、ヒョりの赤毛のカツラを被せてもらったり、
するめなどアレコレと買ったり、楽しそうなヨンシム。
しかし彼女はおっちょこちょいなのね・・・
南海行きに乗らないとダメなのに、乗ったバスは、釜山行き。。。
気付いた時には、バスが出た後でしたーーーー
荷物はどうなるの?と心配だけど、ヒョりが預かってくれてるのかな?

バスから降りて、困ったヨンシムの目の前に、
さっき電話で「南海へ」としゃべってた男・ジファンが…
乗せてもらおうと思いつつ、断られたらどうしよう。。。
というわけで、ヒョりと同じように赤毛のカツラを被り、
後ろ座席に隠れてたヨンシムに、ビックリのジファン。

オープニング映像は、4人の幼い頃の環境がわかりますね。
ヨンシムは、海で魚を採る野生児っぽい元気な女の子、
ジファンは、子供なのにスーツを着てお坊ちゃま風、
ジョンウは、父の自転車屋を手伝い、裕福ではない雰囲気、、
ジヘは、子供のうちから、ブティック(親の?)に出入りするお嬢様。
ヨンシムが夫の家族に疎まれているのは、家柄の違いもあるのでしょうね。

「12月の熱帯夜」他の回はこちらです。

12月の熱帯夜 オリジナルサウンドトラック(DVD付)
12月の熱帯夜 オリジナルサウンドトラック(DVD付)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

のり
2006年08月10日 14:45
おお~~、12月も始まりましたね。
わたしは前半はあまりはまりきれずにいました。
きっとナムジンびいきになれるか、どうかというところが分かれ道のような気がします。
pandaさんはどうでしょうか、楽しみです。
2006年08月11日 11:52
のりさん、こちらでも始まりました♪
まだ「涙の嵐」の片鱗を感じず、どこかコメディっぽいのだけど、テンポがあって見やすいです。

>きっとナムジンびいきになれるか
第1話では、苦悩の表情ばかりでイマイチだったのだけど、第2話のはにかんだ笑顔に、少しハマってきました♪
私はシン・ソンウ目当てだったのだけど、ジファンはとんでもない夫でした~(^_^;)

この記事へのトラックバック