パリの恋人 第15話

サブタイトル・・・「祝福されない愛」
画像

☆感想&あらすじ(DVD版です)
チェ理事の口から聞かされた、ギジュの出生の秘密・・・ギヘの妊娠を知った時、父親になろうると会長に申し出て結婚するつもりだったけど、叶わなかったチェ理事。
(ギジュの父親は、結婚を申し出なかったのかな?
それともその時は、既に・・・)
「私の目が嫌いか?お前も年を取れば、兄の女を同じ目で見る。手に出来ぬ女、母親、そして権力」
掴んでいたチェ理事の胸ぐらを離して、呆然とするスヒョク・・・
何もこんな日に言わなくても…チェ理事(--〆)
でも、一層嫉妬を煽る作戦だったのでしょうね。。。


婚約式に来てたユナ母子とピルボは、結局何もせずに、
会長も行動起さず、無事終了しました。(少し拍子抜け…^^;)
婚約式の後って、旅行に行くんですね。
よかったねと見送るヤンミやゴンの隣で、ギヘの冷たい視線。
スヒョクがいない事を気にするギジュ。
ホテルの階段で、スヒョクとすれ違ったギヘは、
様子がおかしい事に気付き、尋ねるけど、「何もない」と平静を装うスヒョク。

ドレスとタキシードのまま、出発したギジュとテヨン。
「行く所がある。喜ぶところさ」とギジュが向かった先は、、、テヨンの父のお墓
お辞儀をするギジュに、テヨンと共にウルッ....(:_;)
(地上派では遠目の映像で一度きりだったけど、
ノーカット版ではきちんと三回のお辞儀をしてました)

「承諾もなく婚約しました。美しいテヨンを見せたくて」
みるみる涙が溢れるテヨン・・・(T_T)
「決して泣かせません…これは悲しみの涙でありません」
そしてテヨンを見て、泣くなよとギジュ。
必ず幸せにしますと誓ったギジュ。
私も幸せになるから、もう誰も傷つかないように、手を貸してとテヨン。

そうテヨンが願ってたけど、もう既にスヒョクの心はズタズタです。。。
同じ母親から生まれた子だったのに・・・違い過ぎる自分と叔父さん。

婚約式に出かけたユナ母は、「会長の顔ったら」と得意げです。
「下手に動けば墓穴を掘る」と嗜めるムン議員。
そこにスヒョクがやって来て、理由を察したユナ母、
席を外してと言われたのに、座ったらと呑気に。すると声を荒げるスヒョク。
ユナ母、怒鳴られていい気味と思ったけど、懲りてなく憎憎しい笑み・・・
口を割らないムン議員に、ゴルフクラブで物を壊しまくるスヒョク。
「今更蒸し返しても、多くの人が傷つく」と言うムン議員。
あの~蒸し返してるのは、あなた達では(-_-?).....????
ムン議員は、ハン社長はどうなる?と気にしつつも、
次の選挙また次と再選し続けるためには、会長の力が必要なので、
怒らせたくないし、ユナの為にも縁談をまとめたいらしい。
口を割らないけど、ムン議員の態度で、チェ理事の話は事実と悟ったスヒョク、
「一つだけ聞きたい。父親は?」 「死んだ」 
スヒョクの父じゃなく、ギジュの父なのに、教えちゃって、これでも前は弁護士。

(ここから地上派カット)
死んだと聞いて幼い頃の事を思い出したのでしょう、スヒョクは昔来た川辺に。
---幼い頃、、、手向けるように、花を一本一本投げ入れる母。
少し年上のギジュを「兄さん」と呼ぶと、「僕は叔父さんだよ。姉さんに叱られる」
ギジュだけ呼んで、花を投げさせる母、僕も…と言うと制止した母---
この時の子スヒョク、まだ何にもわからない年なのに、
母に拒否されて、寂しそうでした。。。

そこにあの日と同じように、花を持って現れた母、隠れるスヒョク。
花を投げ入れながら、「ギジュを見た?愛に夢中になる所は、あなたそっくり…
でもギジュを止めたい。二人共私の子。
片方が幸せで、片方がなくなら、両方泣いた方がマシ」と涙するギヘ。
母の後ろ姿を見つめて、涙するスヒョク。

スヒョクには母の言葉が聞こえたのかな?
聞こえていれば、母が自分も愛してると、わかったでしょうが。。。
そしてギヘが反対するのは、こういう思いと共に、
昔自分が二人の狭間で苦しんだから、テヨンに同じ思いをさせたくないのかな?
と思ったけど、それは思い過ごしでした。
いっそ二人共も泣いた方が…というのは、間違ってる気がするけどなぁ。。。


ギヘの思いのように、苦悩しているスヒョクと対比するように、
楽しく過ごしていたギジュとテヨン。
キャンピングカーが珍しくて、中で大はしゃぎのテヨン。
着替えに入っただけなのに、待ってるギジュは、
「暑いから早く。僕も着替えたいんだけど…」
車の前で記念写真を撮ろう言うテヨン、「エクボを見せて♪」とパチリ。
そして自転車2台届き、「パリでお前と乗りたかった」とギジュ。
二人でサイクリングしたり、湖のほとりで足をジャバジャバしたり、楽しそう!
ブランコに二人で乗り、そっと肩に寄りそうテヨン、抱き寄せるギジュ。
(ここまでカット)

しかーし!こんなところまで仕事を持って来てる社長・ギジュ(;^_^A
火おこしからバーベキューの用意も、汗だく&炭だらけでやってるテヨン。
ギジュの携帯にメールが届き、テヨンに読んでというと、
スンギョンからで、愛が感じられるメールでした。
どうしてあんな素敵な本部長と別れたんですか?とテヨン、
「あの頃は愛を知らなかった。今は上手くやれてるよ」
その言葉にニコッと笑ったテヨン、
しかし「どこがですか?私に全部やらせておいて!」

夜になって、テヨンの目を隠して、連れて行くギジュ。
目隠しを取って飛び込んで来たのは、
たくさんのキャンドルに彩られたイルミネーション…
真ん中にハート型の敷物で、その周りはお花♪
準備に苦労したという事は、自分で???発注が?
と、こんなにロマンチックな中にいる二人なのに、
テヨンの「もしも…」と質問の答えが、ロマンチックじゃなくて、現実的なギジュ。
呆れながらも何だか楽しそうなテヨン。
逆にギジュの質問は、どんな車が?とかなので、聞かないぞーーという感じで、
耳をふさぎ、「人生で一番幸せだった時は?」と質問するテヨン。
テヨンの手を外して「…今だ。君に会ってからの時間が一番幸せ」とギジュ。
もうこの一言で、ヘンテコな答えが吹っ飛んでしまうわ~~~

街中をフラフラと彷徨うように歩くスヒョク、
雨が降って来ても、一人ぶつかっても、なすがままで・・・

会長に、婚約を認めた事を、どうするつもりなのかと責めるギヘ。
何か思惑があるようだけど、どうするのかは話してくれません。
「お父さんの言う通りに結婚して、望まないで生んだ子だけど、
憎たらしいほどあの人に似てたるけど、スヒョクも私の子よ…」
愛した人の子ギジュ、愛さない人との子スヒョク、
二人への接し方が態度に出ていて、
それを敏感に感じてたスヒョクが、可哀想。。。


そこにずぶ濡れで帰って来たスヒョク、泣いて駆け寄るギヘに、
「よせ!豹変するな。無関心でいい」と跳ね除けるスヒョク、
そしてそのまま、バッタリと倒れてしまい。。。
眠っているスヒョクに、ずっと付き添っているギヘ。
ギヘが反対するのは、スヒョクへの贖罪もあるのかな…
目が覚めて傍らで眠ってた母を見て、複雑そうなスヒョク。

なぜ僕に話したのか?と尋ねるスヒョクに、会社を手に入れたいとチェ理事。
外孫の自分に利用価値があると思えないのに?と聞くと、
「怒りと嫉妬心。それを利用したい。ギジュに会社を奪われてもいいのか?」と。
「会社には興味がない。一人倒したい人間がいる。
僕の失った愛情を奪ってやりたい。後はあなたに譲る」とスヒョク。
「よし取引成立だ。欲しいものが違うから」

チェ理事は、ただ会社が欲しいだけなのね。。。
前はギヘの息子スヒョクを盛り立てたいのかな?と思ってました。
ギジュも自分が愛するギヘの息子なのに、悲しむでしょうに…
そして、前回二人を祝福しようと頑張ってたスヒョクだったのに、
すっかりチェ理事に火をつけられてしまって、
我慢してた糸がプッツリと切れてしまったような・・・
でも、もし成功したって、テヨンの心が自分に向くとは限らないし、
失うものが多い気がするんだけど。


(ここから地上派カット)
旅行から帰った二人は、会長に挨拶に。しかしソッポ向いてる会長、
「アボニム(お義父さま)」と呼んだテヨンに、「無理はよせ。窮屈だ」と。
それでも笑顔を浮かべて、「お茶をもらえませんか?もう少し一緒にいたいです」と言うテヨンに、「忙しいと」全然と取り付く島が無い会長。
二人が行った後、チェ秘書を呼び、「例の件、今日から始めろ」と。(ここまでカット)

社長室で、イスに座ってたスヒョクに驚くギジュ。
「座りこごちがいいけど、もう降りる。自分は座れないから」と、嫌味っぽいスヒョクに、話があったんじゃ?とギジュ。
「叔父さん…叔父さん…26年も呼んで来たのに、妙な気分だ…」と。

二人が会ってるのを見て驚いたキム秘書は、
「なぜ?近づくなと言ったろ?」と問い詰めるけど、シラを切るスヒョク。

スヒョクの態度が気になって戻ったテヨンは、
スヒョクとユナ(スヒョクが呼び出した)が二人でいるので驚き。
↑の相談は、テヨンが来たから確信に触れずに終わりました。
(電話シーンからここまでカット)

喫茶店に行き、婚約式の時も顔を見れなくて、気になってたと言うテヨンに、
「顔を見ただろ?帰れ。もううんざりだ。叔父さんと前みたいになんて無理。
婚約式の日から、俺は変わったんだ」と冷たいスヒョク。
前に祝福してくれたのに、また変わってしまっていて、
事情を知らないテヨンは、「私のせい?」と。
こんな態度を取ったスヒョクだけど、テヨンが立ち去ると、切ない顔。。。
「どうしてだ…お前だけは傷つけたくない…」
スヒョク、引き返すなら今だよーーーー

(地上派カット)
ギヘの店に寄ったテヨンだけど、やっぱり冷たい態度を取られてしまいます。
それでも「お暑いからお体に気をつけて」と、気遣って帰るテヨン。

テヨンを見張ってる会長秘書。
「失敗や、家名を汚す事をしないか見張って報告する」と言われ、
モップで邪魔もの扱いするテヨンとヤンミ。←もっとやれーーと思ってしまった。
 (ここまでカット)

隠れているピルボは、文字通り『頭隠して尻隠さず』
ゴンに見つかって、会えて嬉しいだろ?とお土産のスニーカーを出す父に、
「いいかげんにしてよ!また捨てたくせに!嬉しいどころか大嫌い!
欲しいのは父さん、スニーカーと銭湯行ける?ご飯食べれる?
母さんの話が出来る?」と泣いているゴン・・・うぅ...もらい泣き(ノД`);・
映画が出来てヒットして借金を返したら帰ると、ゴンを抱きしめるピルボ。
見てるこっちにはダメ親父に見えても、ゴンにとっては良きお父さんなのね。。。

ピルボが行った後来たテヨンは、叫んで探すけど見つからず・・・
ゴンの「呼んで出てくるなら、いなくならない」ってのは、頷きますね~
ずっと様子を見てた会長秘書は、
「息子と会って去りました。彼女は知らないようです」と報告してました。

その電話を受けてた時に、打ち合わせで側にいたギジュに、
「カン・テヨンに、週末食事すると電話しろ」と会長。

ジョンハク(11話のギジュの大学の同窓生)の会社・Jモータースは、
新車開発が難航してると、新聞に。
その新聞を、社食で読んでたスヒョクの所にギジュが来て、「なぜここに?」
「自分は叔父さんと違うから」と、自虐的な笑みを浮かべるスヒョク。
話があるというギジュに、
「よせよ。保護者気取りか?飯がまずくなる!」と怒鳴るスヒョク。

階段の踊り場で、スヒョクを殴り、「いつまでスネてるんだ?!」とギジュ。
「丁度殴って欲しかったんだ。ありがとう」と行ってしまうスヒョク。
---俺みたいな最低なクズを殴ってくれて、本当に感謝してるよ。
これで俺がする事に、迷いがなくなった---と心で呟くスヒョク。
心を開いてくれないスヒョクに戸惑い、殴った拳&心も痛そうなギジュ…

チェ理事を呼び出したスヒョク。
新車開発が難航していて、資金繰りが悪いJモータースに手を貸すと提案。
しかも叔父の金でと。
刀を抜くのか?と喜ぶチェ理事に、振り下ろすのはチェ理事とスヒョク。
「君の手を汚しては、ギヘに顔向け出来ないからな」と言うチェ理事に、
「母さんの話はやめろと言ったろ?!」と怒るスヒョク。

ジョンハクが手を回したせいで、銀行がGD自動車の融資を保留に。
頭取がジョンハクが行ってる、ゴルフ場へ急ぐギジュ&キム秘書。
頭取を盛りたてようと、愛想笑いを浮かべてるジョンハクが、妙に可笑しい。
ゴルフで勝ったギジュは、融資を保留にした事に釘を刺して、
頭取には、グサッと利いたようです。ジョンハクにも?

「独立ではなく家出だ」とキム秘書と話してた新居のマンションに、
テヨンを呼び出したギジュ。(テヨンちゃんと着替えて来てました♪)
いずれ一緒に住むマンションと言うけれど、元気がありません。
「今日ある人を殴った。僕の方が痛手が大きい」と震える声を隠すようなギジュ。

部屋の灯を消して、フランス語で話しかけるテヨン。
「ボンジュール、ムッシュ。私と踊りませんか?」
「一人の女性としか踊らない。その人は、外見よりも心が綺麗な人。
自分より僕の心の傷に、涙を浮かべて、慰めようと、ダンスに誘う素敵な女性」
こらちもフランス語で答えるギジュ。
どうして泣くのかしら?とおどけるテヨン。
「私が抱きしめてあげる?ケガをしたら包帯巻くでしょ?心の傷も同じ」
そっと抱きしめてテヨン、ギジュも抱きしめて。。。

会長宅=ギジュ宅での夕食に、緊張&笑顔のテヨン。
出迎えたスヒョクは、よそよそしい敬語…! 驚き&ちょっと悲しそうなテヨン。

「パリの恋人」他の回はこちらです。

パリの恋人 VOL.8パリの恋人 VOL.8
パリの恋人 VOL.8 [DVD]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年07月15日 21:00
やぁ~っぱり川でのキヘを見つめるスヒョクのシーンはカットされていたんですね。
何だかそんな予感が・・・。
でもこのシーンがあるのとないのではスヒョクの悲しみや苛立ちの大きさが伝わらない気がするのですが。
愛した人の子を我が子として育てられなかったキヘの想いもわかりますが、いくら夫となった人にスヒョクが似ているといってもちょっと・・・。
キジュはもちろんスヒョクにも関係ないしどうにも出来ないことなのに。

>あの~蒸し返してるのは、あなた達では(-_-?).....????
同感です。
それにしても地上波は切り刻んでいますね、相変わらず(怒)。
2006年07月16日 10:53
sannkenekoさん、こんにちは。
川でのシーンがカットと予想してたsannkenekoさん、鋭い!私はここはあると思ったのに…ここのスヒョクの表情が良かったのに。。。
ギヘが好きでもない夫に似てる子だからと、スヒョクにギクシャクした態度を取ってたのも、可哀想ですよね。
嫌いで別れ人の血を引く子であれ、可愛いと思うのが普通だと思うけど(憎い人の子と嫌う母もいるすら一概に言えないけど)母の愛を求めていたのに、いつもあんな態度とられてたスヒョクが、可哀想。。。もし愛情をかけられてたら、スヒョクはここまでギジュに仕返ししようと思わなかった気がします。

地上派は切り刻んでますよーーー時間で仕方ないけど、普通っぽいギジュのシーンが無くて残念。
会長やギヘに冷たくされても、健気に笑顔を向けるテヨンも・・・
のり
2006年08月29日 10:41
おっと15話にきてなんだか韓ドラっぽくなってきましたね。ところどころにでてくる、ギジュのときめきが癒しになってます。でもエクボとかのくだりはちょっとわざとらしい印象かな?チェ理事は過去を知り、ただ権力を得たいだけなのか・・・。スヒョクの父かと思っていたのですが、いまいち背景がよくわかりません。ギジュの父は何かの教師(まさか、冬ソナみたいな感じではないでしょう?!怖い!!)で、スヒョクの父は会長が選んだ男性(ということは理事ではないはず)。理事もただギヘに固執する人だとしたら相当しつこい人ですね。ギジュの傷は今のところスヒョクを傷つけた傷だけですが、真相の傷が発覚したらどうなっちゃうんでしょうか?
2006年08月29日 12:44
のりさん、
チェ理事は、私も、もしやスヒョク父?と思ったけど、違いました。吹き替えでギヘは、元夫の名前を言ってました。愛さない人と結婚して離婚したようですが、夫と似てるからとスヒョクを愛せなかったというのは、どうも母親としてどうなの?という感じです。
ギジュ父は教師で、死んでしまったようです。(いつ死んだかは不明だし、なぜ結婚できなかったのかもわからず…)
チェ理事は、ギヘがギジュを身ごもる前から、ずーーーっと思っていて、本当に
>そうとうしつこい人」
ですね!
ただ権力を得たいだけなんて、なーんだ…と肩すかしでした。
先に秘密を知ってしまったスヒョクが、再び苦悩です。ギジュが真相を知ったら、どうなるんだろう?と、私も気にして見てました。

この記事へのトラックバック

  • 「パリの恋人」第15話

    Excerpt: 心が通じ合っていてお互いの心の内を知っているキジュとテヨン。 それなのに・・・。 第15話『祝福されない愛』 Weblog: 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 racked: 2006-07-15 20:51