ごめん、愛してる 第15話

☆感想とあらすじ(ノーカット版です)
画像
地上派&BS日テレ(全17話版)視聴の方へ。
第15話「残された時間」の初めの方は、こちらの後半部分にありますので、参照してくださいね♪ 
このレビューは、地上波&BS日本テレ版の15話途中から16話の途中辺りだと思うので、
#16「最後の試練」を未見の方は、注意して読んで行ってくださいね~!


ムヒョクから、ガルチに電話がありました。
「叔父さんは遠い所にいる。元気でいるから心配するな」
ムヒョクがいなくなって、すっかり力が抜けたようなソギョンを支えるガルチ。
石段の前にウンチェが待ってました。
“ウンチェ姉さんは、家に来てます。叔父さん” “ウンチェは、まだいるか?” 
“はい、まだいます”・・・心の中で、語り合うガルチとムヒョク。

その頃、チェジュドで苦しみ悶えているムヒョク。
ガルチ、ウンチェ姉さんは、まだいるのか…と、心の中で尋ねながら、
その事を支えに、耐えているように見えます。
夜になって、待ちながら、膝に顔をうずめて眠ってしまったウンチェを、
おぶって連れ帰る父。

ユンは、治療を拒否して、日に日に弱っているようで、目に生気がありません。
「なぜ?母さんが死のうか?」と嘆く母にも、返事をしません。
「ムヒョクがいなくなったから?彼がどこで死のうが、お前に関係ない」
母の言葉が突き刺さり、涙がこみ上げてくるユン。ユンの表情が良いです(:_;)
そして心臓の発作が。。。

「ウンチェに負担をかけたくなくて、逃げてきたんでしょ?
涙ぐましい愛だわ。でも私は?真剣に人を愛さない罰?」
ミンジュに言われても、何も答えないムヒョク、
心の中で、ウンチェがまだそこにいるのか?と尋ねるだけ。。。
ウンチェは今日も待ってました。心配してガルチがサンドイッチを差し出しても、
「大丈夫。おじさんに会うまでは」と食べないウンチェ。
こちらも食べないどころか、水一滴も口にしてないムヒョク。
ミンジュが、ホテルに頼んで作ってもらったお粥も食べません。
「ここで終わらせるつもりですか?」ミンジュに言われても、反応せず、
“俺のバカなウンチェは、まだそこにいるのか…”と心の中で語るムヒョク。
俺の…ってところに、ウルッと来ました。。。

ミンジュは、一人で帰る事にして空港へ。
何度もかかってきたけど、出なかったウンチェからの電話に、ようやく出て、
「好きで追い回しただけ。私にとって、愛はゲーム。そのゲームに負けただけ。
死のうが生きようがあなたに任せる」と、ミンジュ。
ミンジュにとっては、本気だったろうけど、
ムヒョクとウンチェの為に、居場所を知らせてくれました。←いい子だわ~
それを聞いて、安心した顔で、走り出すウンチェ、チェジュドに向かいました。

テーブルに伏して目を瞑ってるムヒョクの手を握るウンチェ。
ウンチェの声にハッとして目を開けるけど、
「帰れ。お前を見たくなくて、逃げたんだ」とムヒョク。
どこまでも追いかけると言うウンチェ振り切って、戸を閉めてしまいました。
少しだけ、穏やかな安心したようなムヒョク、手を取りたいだろうに。。。

ユンに付き添ってた母は、ウンチェ父の肩にもたれて、眠っています。
ムヒョクも戸にもたれて眠っていて、同じような格好でした。
目覚めて、ウンチェ!と呼び、戸を開けたムヒョク、
眠ってしまったウンチェを愛しそうに見つめて、抱き上げてベットへ。

目が覚めたウンチェは、ムヒョクの隣に座って肩に寄りかかり、
「死ぬって特別じゃない。人は死ぬんです。
生きてる間は、愛して幸せに生きていけばいい。
おじさんが去ったら、あなたの石頭がどれほど悲しむか苦しむかと、
それで逃げてしまっているのを知ってます。
でも、残った人は、生きて行かなければならないんです。
私は石頭で、すごく頭が悪い。一月経てば、すぐに忘れます。
だから心配しないで…おじさんを送った後、私に後悔させないで。
私と最良の時間を過ごすの」とウンチェ。
「ああ…」と答えて、涙がこぼれるムヒョク。。。
ウンチェの話を聞いてる時のムヒョクの表情、すごーく良くてホロリです.....(:_;)

砂浜に字を書きあったり、はしゃいていると、膝を突いてしまうムヒョク、
心配して駆け寄るウンチェを抱き締めて、グルグルーーー
行商のおばさんから、海産物を買って、「あーん」と食べさせるウンチェ、
何だこれ?といいつつ、口に入れるムヒョク。。。と楽しく過ごしてた二人。

ソギョンの所にやって来たウンチェ父。
そこに、あんまんを買って来た黄色い爺さんは、
「ソギョンのおかげで、大儲けしたら、たくさん買ってやる」と。
爺さんに話しかけるウンチェ父。 出版社をまわってるらしい爺さんは、
「オ・ドゥリの原稿を、高いところに売る」と言ってます。
オドゥリは子供は死んだと思ってて、自分が悪いと言うウンチェ父に、
「それなら、彼女にそう言うといい。彼女は子供に会いに来るだろう」と爺さん。
爺さんが、オドゥリが知らない事と聞いても、驚かないのは、意外・・・
恨みがあると言ってたから、そんな事はどうでも良い?


ユンは、どんどん弱っているようで、嘆く母。
車椅子を押すミンジュは、「ムヒョクさんの為?一緒に死ぬつもり?
お母さんが捨てた兄だから、申し訳なくて?」と言い、なぜ知ってるのか驚くユン。

(17話編集版だと、ここで「第15話続く
↓から「第16話・最後の試練」です)


子守唄を歌ってるウンチェに、違うとムヒョク。
ウンチェの膝に寝転び、「母さん、側、横たわる」とムヒョク、
「ああ」と思いついて、歌うウンチェ。
目を閉じて、車の中で母がユンの為に歌ってた歌・・・
ムヒョクは、母に憎しみを向けてもいるけど、
やっぱり、母の愛を求めているんだよね。。。。o(;△;)o

そんなところに、痛みの発作が!

発作が収まると、「驚いたろ?」と笑顔を見せるムヒョク。
首を振るウンチェに、自分のこんな姿は覚えて欲しくないと言うムヒョク、
「大丈夫。忘れるのは得意。ユンを20年の思いも忘れたから」とウンチェ。
ウンチェの気持ちに、本当に嬉しそうな笑顔のムヒョク。

ベットの傍らで、ウロウロするムヒョクに、「ここで寝なさい」とウンチェ。
でもウンチェが寝てるから、ベットの端っこで背中を向けるムヒョク。
「お前はウブな石頭か?」と言うムヒョクに、
「おじさんは、どうしてそう振舞うの?本当に変態おじさん?」とウンチェ。
ムヒョクだって男だろうに、酷なんじゃ?と思ったら、、、
「思い出が一つもないのは不幸な事なんだって。
もし美しい思い出が一つでも出来たら、私、残りの人生を生きて行ける…」
ウンチェの精一杯の。。。
でも、キスして背中を向けて、「寝ろ。俺に触れたら死ぬ」とムヒョク。
ムヒョクの背中に抱きついて、「バカ…」とウンチェ。

眠ってるムヒョクの顔を、携帯に写すウンチェ。。。もう号泣..."(/へ\*))
おじさんの目、口、鼻…可愛い顔、不細工な顔…
こみ上げて、嗚咽するウンチェ。。。
ムヒョクの顔を心に刻むように、ずっと見つめていました。

治療を開始したユンに、ホッとする母。
ミンジュの話を思い出すユン。
「ムヒョクがユンのものを全て奪うために、自分に近づいた」と聞き、
あの時の車の男が、ムヒョク兄貴だった…と愕然。
ユンが治療を拒否したのは、ムヒョクの為だったのに・・・
せめてもの償いの気持ちだったろうに・・・
「兄」を感じてたようなユン、裏切られたようで、何だか可哀想でした。。。

そんなユンの元にムヒョクから、「ウンチェを連れて行け」とメールが。

話し掛けても返事をしないムヒョクに、「おじさん?」と涙して呼びかけ、
心臓に耳をつけるウンチェ。「おじさんは死んでない。石頭」とムヒョク。
安心感と、いつか…という思いからなのか、
ムヒョクの胸でしゃくり上げるウンチェ。

ススキの中で手を振る、本当に可愛い笑顔のウンチェ、
手を振って応え、ウンチェの姿を心に焼きつけるように、見ているムヒョク。
そして、車から降りてフラフラとどこかへ。。。
車にムヒョクがいなくて、探し回るウンチェ、ホテルまで来ると、ユンがいました。
ムヒョク兄貴から頼まれて来たと言っても、探し続けるウンチェ。
「ムヒョク兄貴は、母さんが捨てた子。兄なんだ。僕のものを奪って復讐する、
マネージャーになったのも、ミンジュを誘惑したのも、復讐だった。
他の誰でもいいから、ムヒョク兄貴はダメだ…」と泣いているユン。

信じないウンチェだったけど、ムヒョクが初めて家に来た時や、店で暴れた時、
オドゥリの写真の前で泣いてた姿を思い返すと、辻褄があい納得した様子です。
“私に疲れたの?わかったわ。おじさんの気持ちがそうなら、私は疲れさせない”
心で呟くウンチェ。
手を洗うと曇ってしまった鏡、ムヒョク宛にメッセージを。
---ごめん、愛してる---

ムヒョクがそうして欲しいならと、従う事にしたウンチェ。
空港に着き、携帯に残した写真を見ようとすると、「データなし」
ムヒョクの写真が、消えている。。。

写真を撮って泣いてたのに、気付いてたムヒョク。
「ここで暮らした穏やかな日、死ぬ事が悔しくて、恨めしくなってしまって、
それでこうした。すまない・・・ウンチェ」
涙を流して、写真を削除したムヒョク。。。(/_;)
ムヒョクの顔写真が無くなって泣いてるウンチェも、
泣く泣くデータを消すムヒョクにも、泣けて来ます。。。


顔を洗ったムヒョク、曇った鏡に書かれた文字に、気付いたのでしょうか?
ソウルに戻ったユンは、結婚発表の記者会見を強行しました。
うーん・・・このユンの行動は、ちょっと嫌だわ。。。

ムヒョクもソウルに戻って、ソギョン・ガルチと暮らしてました。
海苔巻き屋さんに入り、「ここを買ってあげるから、商売しないか?」とムヒョク。
意味がよくわからないソギョンに、優しく説明するムヒョク、
意味を悟って、みるみる涙がこみ上げ、大泣きするガルチ、
「死なないで、叔父さん。海苔巻き屋を買ってくれなくてもいいから、
死なないで、そばにいてください」 
もう.....ガルチに、もらい泣き。・゛・(>_<;)・゛・。
ソギョンも一緒に泣き出してしまって、
自分は涙を堪えるように、ムシャムシャ食べるムヒョク。

ボーっとしているムヒョクの傍らには、ユンとウンチェの婚約を伝える新聞が。
そこに来たのは、ジヨン。
全く反応を示さないムヒョクに、涙ぐむジヨン。

地上波&BS日テレ版でご覧の方は、続きはこちらでどうぞ♪

「ごめん、愛してる」他の回はこちらです。

ごめんね、愛してる (ミアナダ サランハダ) OST2 - Never Ending Story / I am sorry but I love you OST 2 (KBS TV Series) - Never Ending Story (韓国盤)
ごめん、愛してる OST2- Never Ending Story(韓国盤)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

のり
2006年07月26日 08:23
MISA症候群にかかり大変です。
もう前回から号泣ですが、カットのため話が切れてしまいそこが残念です。しかしカットでの放送でここまで泣けるのだから、完全版ではもっと・・・でしょう!!
早く完全版で再視聴したいです!!
ガルチ上手い!!ソギョンの何も分かってない演技も上手いし、ウンチェの演技も引き込まれます。
ジソプの代表作といえる、ごめん~、今まではガラスの靴だと思ってましたが、演技の幅などでもごめん~かなと思います。ジソプはバリでの~のような計算高い役よりも一途に愛する、ちょっと抜けてる(というか)役のほうが似合いますよね。
最終回にあわせて15話、16話を視聴して、最終回17話(関東では先週木曜2:30~)はほとんどライブで視聴して号泣でした。4:30に終っても泣いてしまい寝れませんでした。やっと今落ち着いたところです。
2006年07月26日 19:47
のりさん、こんにちは♪
廃人状態ですね~
カットシーンを紹介してる方のレビューを読めば、もったいないシーンがいっぱいで、ぜひぜひレンタルやネット配信が始まったら、見てくださいね!特に最後は、いいところがカットだったらしくて…
ガルチは上手いですね。もうガルチが泣けば一緒に泣いてしまいます。ソギョンも本当にそういう人のようでした。オ・ドゥリに泥棒扱いされた回では、撮影後もずっと怖くて泣いてたらしいですよ。それ位役に入り込んでるのでしょうね。ウンチェも、良かったし、もちろんムヒョクも(彼には、すっかり嵌ってしまいました!)ジソプssiにピッタリでしたね。彼しか出来ない気がします。「バリ…」よりこちらが好きです。

>ライブで視聴して号泣でした。4:30に終っても泣いてしまい寝れませんでした。
すごい!でも気持ちわかります。私もしばらく泣いてました。。。廃人ドラマって、引きずって、後から思い出しては、胸が痛んで涙がハラハラ…ですよね。
mayutap
2007年07月25日 13:50
「死ぬって特別じゃない。。だから最良の時を過ごすの」ムヒョクに穏やかに語るウンチェ。
「死なないで~!」とか、ひたすら泣くとか、普通ならそういうなってしまいそうですが、こんな風にムヒョクに言ってあげられるウンチェ、大好きです!
その後の携帯でムヒョクを写すシーンは、私も本当に号泣してしまいました(T T)
あとガルチのシーンでも。
最終回見るの、正直ツライです。。


2007年07月25日 20:48
mayutapさん、こんにちは~♪
そうですよね。普通だったら、ただ泣いてすがりますよね。ウンチェもそんな気持ちもあったろうに、でもそうしたらムヒョクが辛いだけだと分かってるんでしょうね。「愛」だわーー。
携帯で写すシーンは号泣でしたよね。。。
画像がなくなってた時も、それを消すムヒョクのシーンも切なかったです....(ρ_;)

この記事へのトラックバック

  • 【予約25%OFF】ごめん、愛してる DVD-BOX 完全版

    Excerpt: ごめん、愛してる DVD-BOX 完全版映画や小説、マンガの世界でしかあり得そうにない、悲しく切ないラブ・ストーリー。ある男女が背負う運命と苦しみ、互いを愛する激しい想いと愛のパワーを描いた物語。 .. Weblog: DVDを予約で格安25%OFFでゲット racked: 2006-07-13 09:02