パリの恋人 第11話

サブタイトル・・・「希望拷問」
画像
☆感想とあらすじ(DVD版です)
楽しいデートの余韻に浸る間もなく、テヨンに話しがあると、スヒョク。
帰りの車の中で、「自分で連絡したの」と言ったテヨンの言葉が蘇るギジュ。
テヨンはまたアイス屋さん!さすがスヒョクは、アイスの大きさで失敗は無いわ~
「オーディオプレイヤーを持ち歩いてるのは、待ちぼうけだから。20曲を40曲に増やした。聴いてれば夜も短い」と、寂しい事言うスヒョク。
「ごめんね…あなたの笑顔を奪った。
前は茶目っ気があって、よく笑ったのに…最近は違う」とテヨン。
トイレに立ったテヨン、涙を拭いてくる為だったのかな(・・・?)
戻ると、オーディオプレイヤーを置いて、いなかったスヒョク。
---テヨン、なぜお前が俺に気兼ねする?俺もなぜ叔父に気兼ねを?
恋して謝る必要はない。お前の顔を見られない。俺は謝りたくないから---

スヒョク母・ギヘのブティックに来て、「ギジュの事で悩んでいるかと。
私の人生で欲しいのは君だけ。過去の事は後悔してる。あの頃は若かった。今は君を見守るだけ」とチェ理事。
「私の業よ」とスヒョク母。「ああ私の業でもある」とチェ理事。

話を聞いてたスヒョクは、チェ理事に話があると言って喫茶店へ。
「会社に戻れ。欲を出して権力を握れば、金も女も名誉も手に入る。
一生ギジュの影か?」とチェ理事。
「そういうあなたこそ、会長の影だ」と言うスヒョクに「すぐ終わる」とチェ理事。
前回の予想、チェ理事=ギジュの父説は捨てました(^^ゞ
自分の愛するギヘの息子であるスヒョクを、
GD自動車のトップにしたいから、ギジュが邪魔?


日本の企業と会う事になったギジュ。
日本の企業は一ヶ月滞在し、チェ理事が張り付いて利権を握りたい様子。
新車開発は日本の企業と?と、懸念するキム秘書に、
「鍵を握るのは僕」とギジュ。
日本語も?とキム秘書に聞かれて、「僕はスーパーマンか?」と言ってたのに
家で必死に日本語のレッスンしてるギジュ! (地上派版ではカット)
スヒョクと一緒の写真を見つめ、日本語で紹介していたギジュ。
屈託のない笑顔の二人は、今どこかギクシャクしていて・・・

下に降りたギジュに「あの人(チェ理事)の言葉が頭から離れない。
叔父さんは、頼み事した事ある?」とスヒョク。
「頼み事というより伝達や指示。」と答えるギジュに、
「GD自動車会長の一人息子なら、一生頼み事をしなくても?
僕はそんな人生は送れない。だから、今すぐじゃないけど、いつか頼み事を聞いて欲しい、必ず。他に頼める人がいない」とスヒョク。

会社では相変わらずしつこいユナ。
今日は親同士が会うから、私達も話し合いましょと言うユナに、
「夜遊びに忙しいのか?早く帰宅すれば、考える時間があるはず。
僕は話などない」とビシャリと言うギジュ。(^-^)//""ぱちぱち
唇をかみ締めるユナ。

映画のコラム担当となったユナ。
映画館にやって来てテヨンに絡むったら…(-"-)テヨンも負けてないけど~!
ユナを無視して掃除に入ったテヨンとヤンミ。
映画を見終わったとスヒョクがいました。
「スヒョクさんが来ればいいのに…」ってカワイイ事言ってたヤンミは、
携帯カメラでパチリと写した後、気を利かせて二人っきりにしてくれました。

昨日突然行ったのは、叔父と一緒と聞いて嫉妬したからと話すスヒョクに、
この前読んだ本に出てた“希望拷問”の話をするテヨン。
自分を想ってくれる人にしてあげられるのは、同じように、相手を好きになる事。
でもそれは無理になら、ほんの少しの希望も与えちゃいけないって。
その相手にとっては、その希望も拷問となるから…
スヒョクとテヨンが並んで話てるのを見て、
スヒョクがテヨンの住所を教えてくれなくて、庇った事を思い出しニヤリのユナ。

そのまま真っ直ぐ、スヒョク母のブティックに現れたユナ。
事務的な素っ気無い態度で、「心は変えられない」とスヒョク母。
「その人は同級生で良く知ってます。さっきは他の男性と会ってたと、
ギジュさんにお伝えください。両親は結婚を急ぎたいと言ってます。ご理解を」
ユナの言葉に、苦々しい表情のスヒョク母。

ユナ両親とギジュ父・スヒョク母との会席。
「あれから何年か。あの時は骨を折りました」と押し付けがましいユナ父に、
「ムン弁護士!今のは脅迫ですね」と、怒りをあらわにするスヒョク母。
悪びれる事もなく、「そうよ。GD自動車の命運を握るのは、私達。
事実を株主たちに知られたら?」とユナ母。
ユナ母!嫌なおばさん!!
ユナ父も元・弁護士、今は議員のくせしてーー何て人達(怒)

「もうたくさん。見苦しい人ね」と席を立つ、スヒョク母。

(ここは地上派ではカット)
日本の企業との会談。
新車開発の事をどこまで知ってるか、聞こうとするギジュに、
「今日は顔あわせだけに」と、あまり話をさせたくないチェ理事。
急ぎたいと言うギジュに、一ヶ月もいるし、
初日から仕事の話はどうも…夜は接待があると聞いてると日本側。
韓国の女性はキレイですよね?ギジュの流暢な日本語に、
「キレイです」と、ハングルで答え、ゴキゲンな日本側。
あんまりいいように描かれてない様子の日本人。
チェ理事の配慮に怒り、「接待や滞在費はこちらて持つが、元は取る。
仕事のペースが合わなければ、契約を解消する」とピシャリと言うギジュ。

ギジュに、これは失敗だと忠告するチェ理事。
「同じメニューだと飽きる。和食の次はフランス料理」と言って、
フランスに連絡を取られるギジュ。 (と、ここまでカットです)

スンギョンから電話があり会う事に。
「昨日は寂しかった。今度は他の女性を迎えに、映画館に来るのね」とスンギョン。ずっとクールで居て欲しかったとギジュ。
下4桁がギジュと同じ番号の携帯を、今でも使ってたスンギョンは、
「解約しなきゃね。今度は彼女と同じに?」と。

いつものバーで、車のデザイン画を描いてるスヒョク、
有名なバンドからセッションの申し込みがあったと聞いても、
全然喜ぶ気配もなく、マスターも首を捻ってます。
ショールームに行き、「車が一台欲しい」と会長に電話するスヒョク。
そういう事はギジュにと言われると、「お祖父さんに頼みたかった」と。
しかし手続きに来るのは、やっぱりギジュ。
「聞いて欲しい頼み事」の為に、ギジュに頼みたくなかったスヒョク。
一体何?と気になるギジュだけど、言わないスヒョク。

ギジュは新しい携帯を買って、説明書を見ながら格闘中・・・
おニューの携帯から映画館に電話すると、
テヨンはもう帰った後で、「携帯にかけてみては?」とみかん色の髪のヤンミ。
ヤンミから聞いた番号は、下4桁がスヒョクと同じ…
丁度来たキム秘書に、あるだけの小銭をもらうギジュ。

「一対一の合コン。イエスなら1番」と、テヨンの携帯に来たメール。
笑って「ノーなら何番?」と返すテヨン。「二番しかない」と返事。
「今どこ?」と打つと「会おか?」と返事が来て、あおか…???
(地上派版では「あほか」でした~笑)

「勉強したけど、難しい」と、メールの相手のギジュ。
「実はこの携帯はスヒョクからもらったの」とテヨンが言うと、
「知ってる。下4桁が同じだ。ところでブタさんは?」とギジュ。
ギジュの口から「ブタさん」って言うのが、妙に可笑しい(#^.^#)
「お腹を空かせているかも…」テヨン。
車のトランクから、袋一杯の小銭を出すギジュ (こ、こんなにーーー*_*;)

スヒョクに会いたくて、バーにやって来たヤンミ。(マスター、一目ぼれ?)
しかし、素っ気無いギジュ。。。
ゴンが会いたがってる。テヨンはデートに忙しいくて…と聞くと、
ムッとして「誰かを傷つけそうだから」と帰ってしまうスヒョク。
ちょっと可哀想なヤンミ…でもテヨンが話した「希望拷問」の論から行けば、
これでいいのかしら・・・

(地上版のカットシーンです)
やり切れない思いをぶつけるように、ドラムを叩いたり、
道具を持ってリンクへ行き、一人ホッケーをするスヒョク。
ギジュから教えてもらったホッケー…
まだ下手っぴだった頃のスヒョク、「練習して上手くなったら、対決だ!
必ず負かせてやる。でもホッケー以外は俺の味方だぞ」
「いつもお前の味方だ」とギジュ、はしゃく二人。。。
そんな仲の良い二人を、写真に収めてくれたキム秘書。
ギジュも写真を見つめながら、物思いにふけってました・・・
(と、ここまでがカットです)

リンクから朝帰りしたスヒョクに、
「デザイン室に戻らないなら。取り消すか?」と会長。
「金も権力も名誉も、叔父と同じにしてくれる?」とスヒョク。
二人の差などない。ギジュは自分で手に入れたんだと答える会長。
出かけるギジュに、「忙しくてもちゃんとお昼食べて」と襟元を直すスヒョク母、
ヤキモチみたいな目をしてるスヒョク。
「俺達、平等だって…」と呟くスヒョクに、「今頃気付いたのか?」とギジュ。
毎朝、二人を見送るのはいいものねと言うスヒョク母に、
「叔父の世話するのは、見たくない」とスヒョク。

(地上派ではカットシーン)
テヨンから「お昼何食べた^^」とメールが来て、
返信するのに四苦八苦のギジュは、とうとう電話しちゃって、
「メールにはメールじゃないと。練習しないと」と言うテヨン。
「サンドイッチがサヌイッチになる。それにカモメみたいな字は?」とギジュ。
^^ ←確かにカモメ・・・!
電話を切った後、悪戦苦闘してるギジュ、
しかしサンドイッチと打てずに、
カーっとなってイラついてます←こんなギジュ。珍しいかも
(ここまでカットです)

大学時代のホッケー仲間の会合があるけど、興味がなさそうなギジュ。
「新車開発が本格的になれば、顔を出していれぱ、話もしやすい
同級生のジュンハクも新車開発をしてる」とキム秘書に聞かされ、行く事に。
財閥の集まりなので、自分は遠慮すると言うキム秘書、
「そこに集まる連中より、お前が大切だ」とギジュ。 ←いい言葉~~~

入れ違いに現れたユナ。勝手に招待状を見てニヤリ。
までテヨンに電話して「あなたとスヒョクのウワサ、聞きたくない?」と。
そしてスヒョクにも電話して「見せたいものがある。テヨンもいる」と。

ホッケー仲間のジュンハク、、、いけ好かない感じの男で
キム秘書に、「今でもギジュの子分か?」だって…(-_-メ)
しかしキム秘書、「先輩の所は子分を使うんですか?うちは違う」と。
そうしたらジュンハクったら、親父さんは今でも車の修理?なんて言って、
自分たちとは、別世界とでも言いたそうなセリフ。

ギジュの会合に現れ、「友達を紹介して」とユナ。
新聞報道で、婚約がダメになった話をみんな知ってるけど、
「延期になっただけ」と婚約者としい
ギジュ、いつもは冷たい態度だけど、
やっぱりユナに恥をかかせては…と思ったのか、黙ったままでした。

その会場に、普段着でやって来たテヨン。
ここにいるセレブな人達は、場違いな格好に、バカにした視線・・・
すると、運悪くとぶつかった相手は、ジュンハク、
飲み物でスーツを汚してしまって、詫びるテヨン。

テヨンの姿を見つけたユナは、「友達が来たわ、テヨン~」
驚くギジュとテヨン。
テヨンに馴れ馴れしく、肩を抱いて上に行こうと言うジュンソク、
あまりにもしつこいけど、何も言えないテヨン。
「触るな!俺の恋人に触るな!」と怒鳴り、ジュンソクを殴るギジュ!
「腕ても折ってやりたいが、彼女の前だからな」とジュンソクを怒鳴りつけ、
テヨンの手を引いて出て行くギジュ。
後を追おうとするユナを止め、
「無駄です。もっとミジメになりたいですか?」とキム秘書。
よく言ってくれたわ~!カッコイイ♪

「なぜ放せって言わない?彼女だと言えばいい」とテヨンを怒るギジュ、
「あなたの為に我慢したの。この服装で言えと?
私のプライドで、あなたを傷つけたくなかった」と涙するテヨンに、kissするギジュ。

ここに到着したスヒョク・・・見てしまうのかな・・・
それにしても、ユナは、一体なぜスヒョクを呼んだのか、よく分からない。。。
テヨンを呼んだのも、ギジュがテヨンの味方するとは、考えなかったのかしら?

「パリの恋人」他の回はこちらです。


パリの恋人 VOL.8
パリの恋人 VOL.8 [DVD]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年06月17日 21:32
今週はカットが多いですね(呆)。
地上波ではパク・シニャンの日本語のシーンは全然ないんですね・・・あんなに練習していたのに。
和食の次はフランス料理とか日本側とのやり取りも・・・。
サンドイッチとカモメのときのテヨンは本当に可愛かったし。
(しか~し休憩中にメールしようね)。
アイスホッケーの回想シーンなんか3人の関係を表すいいシーンだと想うけど・・・。

>ユナは、一体なぜスヒョクを呼んだのか、よく分からない。。。
笑いものにされているテヨンを見せるため?
でもキジュが黙って見ているわけがないし実際ニース以来のストレートパンチだったし。
ユナって思いつきで行動する人なんでしょうか?(謎)

ところで
>「鍵を握るのは僕」
ドラマ韓では射撃の時の流れから「引き金を引くのは俺」になっています。
2006年06月17日 22:38
sannkenekoさん、そうなんです(:_;)あんなに日本語のレッスンを頑張ってたのにーー!携帯メールも、あんなに必死にやってたのにーー!テヨンも楽しそうだったのにーー!
日本との商談が決裂したシーンって、必要ないんでしょうかね~?

ユナがスヒョクを呼び出した理由が、よく分かりませんよね。ギジュやテヨンがユナの思った通りに動くハズないのに…
>ユナって思いつきで行動する人なんでしょうか?
きっとそうなんでしょう~!ギジュが「夜遊びに忙しいのか?早く帰宅したら考えれるハズ」と言ったのを思い出しました。考える暇もなく、思いつきで行動する人なんでしょうね~ε=( ̄。 ̄;A フゥ

>ドラマ韓では射撃の時の流れから「引き金を引くのは俺」
ドラマ韓の方が、チェ理事を真っ青にさせた時の言葉が生きてきますね!
2006年06月20日 14:49
こんにちは♪
ギジュが日本語を練習しているシーンや商談している所はカットされていたんですね。
相変わらずユナはむかつくけど、最後にはいい人になるんでしょうかね?報われないスヒョクは可哀相だけど、嫌なヤツにはなってほしくないです~!
2006年06月20日 22:04
tomoさん、こんばんは~
ギジュの日本語のシーンは、全てカットでしたね。一生懸命だったのにーーーそれにスヒョクを紹介するシュミレーションしながら写真を眺めてるギジュは、何となく複雑そうでした。この頃笑って並んでるけど、最近はどうもギクシャクしてるから…と思いました。

スヒョクは、私はいい印象じゃないんです・・・
仕事もしないで、勝手な事ばっかり言って…と、つい厳しい目になってしまってます。
「ガラスの華」見てましたか?この時のドンゴンは隙だったので、巻き返して欲しいです!本当に、嫌なヤツにならないで欲しいですよね。

>相変わらずユナはむかつくけど
激しく同感です!
のり
2006年08月23日 03:09
スヒョクの切なさが危うい方向に向かなければいいのですが・・・。それにしても希望拷問、的を得ているけれど恐ろしい言葉ですね・・・。ヤンミも可愛いし、テヨンもなんていい子なのでしょう。ユナは意地悪役ですが、いわゆる韓ドラの悪女よりもゆる~く、ユナ自信の頭の悪さが強調されてしまいますね、なんだか見ていて滑稽です。ラストのキスシーン、スヒョクは見てしまうだろう・・・と思っていたらエンドロールで、あれれ?引っ張るのかな?と思ったら!!!やっぱり彼はばっちり見ていましたね。次回以降スヒョク(の行動)にも注目です。
2006年08月23日 19:11
のりさん♪
希望拷問、すごい言葉ですよね。
それでもそう言われれば、少しの優しさを勘違いしちゃって、一層傷つく事もありますよね。
スヒョクはドラムを叩いたりホッケーしたり、自分の気持ちを抑えるのに必死です。テヨンの言うように笑顔が無くなって寂しくなってきました。
ユナは悪役なんだけど、本当にに、韓ドラの悪役にしては、ツメが甘いです。この回の最後の場面は、テヨンとスヒョクを呼んで、何したかったの?という感じです。ギジュがテヨンを庇うのは、わからなかったのでしょうかね~
それでもスヒョクが見てしまったのが、ユナの作戦は、結果的に成功だったのかしら?

この記事へのトラックバック

  • 「パリの恋人」第11話

    Excerpt: 初めて携帯でメール(〒 ^^)/~□ o(^^o)した時を思い出しました。 それにしても『希望拷問』って凄いサブタイトルがあるものです。 Weblog: 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 racked: 2006-06-17 20:59