クッキ 第10話

サブタイトル・・・「13年目の再会」
画像
☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆
テファの散骨してる川に来たサンフン。悪どい彼だけど、やり切れない様子です。
サンフンを睨みつけるクッキ。 間接的にとはいえ、サンフンがあんな事しなければ、テファは死ぬ事はなかったかもしれない…
「あの丘で再会しなければ良かった。知らない方が良かった。
あなたに会うのはあと一度だけ」と言うクッキ。
テファ堂は売ってしまったけど、必ず買い戻すから、その時に会いましょうという事のようです。
「あなたのお父さんは、同じ仕事してたけど、あったかかった。口は悪かったけど、人情のある人だった。あなたは違う。変わってしまった」と言うクッキ。
せせら笑い、「お前に何が分かる?!親父と俺の、何を知ってるんだ?!」
と声を荒げるサンフン。
本当に辛い事が、サンフンを変えてしまったと思うんだけど…
その事を、せめてクッキに話して欲しいのだけど…
簡単に口にする事さえ、出来ないほどの事なのかも・・・


シニョンのコンサートは、観客がいっぱい。
客席ょ覗くシニョンは、ミングォンが来てるかどうかが、気になるようです。
楽屋に来たシニョン母は、「こんなら人気者になるなら、
あんなに叱らなければ良かったよ」と、何だか笑えるわ~ヾ(>▽<)o
シニョンは、「ミングォンおじさん」ではなく、
「ミングォンさん」に、呼び方が変わりました。

コンサートに行く準備をしてたミングォンに、
「ミン・グッキの登録があった」と知らせに来た秘書。
迷って「明日の夜にしよう」と言うミングォン。
前は、アメリカから帰国したばかりでも、すっ飛んで行く勢いだったのにーーー
と、ちょっとガクッと思ったら、劇場に着いたら、
さっきの「ミン・グッキ」の住所がここから近いから、行ってみると言うミングォン。
良かったーーー(^o^)

テファから送られたノートには、古くから書きとめた字の他に、
新しく「クッキへ」と書かれてました。
テファは、万が一の時を考えていたのかも、しれません。
ノートを抱き締め、嗚咽るクッキ・・・
そこに現れたミングォン。
クッキの白いチマチョゴリなどを見て、不幸があったと察しました。
「お父さま?」と聞くと、「はい」と答えるクッキ。
あーー、ミングォン、勘違いして行ってしまうの?と思ったら、
クッキが持ってた懐中時計に気づいたミングォン。ホッ。。。

この懐中時計は父の物と言い、亡くなった人?と聞かれると首を振るクッキ。
「ミン・ヨンジュ先生…」とミングォンに、「ハッ」とするクッキ。
「クッキさん…」と抱きしめるミングォン。。。

「父に何か良くない事が?」と聞くクッキ。 
頷くミングォンの様子で、亡くなったと察したクッキ。
「父は私の事、一目で分かったんです。
だから私も、分かると思ってたんです。亡くなってたら、感じるだろうって…」
涙がこぼれて、父の最期の様子を尋ねるクッキ。
「もう少し早ければ…こんな悲しい日に伝えなくて済んだ。
申し訳ない」とミングォン。
本当に…父と慕う人の葬儀の日に、実父の死を知るなんて。。。

ミングォンが現れないので、ヤキモキしながら歌ってたシニョン。
休憩の時に、ミングォンの所の受付の女の子が、花束を持って来て、
ミングォンが、人を尋ねに行った事を聞いたシニョン。
マネージャーが止めるのも聞かず、ミングォンの元へ行こうとするシニョン。
シニョンにしてみれば、ミングォンがいてこそ、
コンサートが成功すると思ってて必死です。
でも一応プロなんだし、抜け出すなんて、
やっぱりワガママシニョン…と思ってしまいました。
でも、だから再会出来たんだけど。。。

案の定、中々始まらないコンサートにイラついてる観客たち。
物を投げるわ、罵声は飛ぶわ・・・

「お父さんの所に行きましょう、今なら外出禁止死時間に間に合う」と言うミングォン。(韓国では、長い間、夜間外出禁止の時代があったのでした)
外に出た所で、タクシー飛ばしてやって来たシニョンが。。。
「あの時のパン屋の?」
「この前の劇場前の?歌手になったのね!」
「あなた太ったわね。分からなかったわ」そう言って、抱き合う二人・・・
この前の喧嘩したわだかまりも、パッと消えて、やっぱりクッキとシニョンです。
クッキとミングォンを連れて、劇場に戻るシニョン。

劇場ではブーイングの嵐の中、物をぶつけられながらも、宥めようと、
歌ったり、病院に行ったと言い訳で大変なマネージャー。
そこにステージに颯爽と現れたシニョン。
「今の私にとって、忘れられない人がいます。
もう会えないと思ってた幼い頃からの友人に、13年ぶりに会えました。
今日は、命の恩人の為に歌おうと思ってたけど、
クッキ…あなたのために歌うわ」
歌い終わると、ステージから降りて抱き合う二人。。。
「クッキ、会えて嬉しいわ・・・」

チュテと妻とも、再会し、喜ぶクッキ。
チュテは内心穏やかではないでしょう。
麺工場おばさんは、立派に成長したクッキともう一度会えて、ウルウルです。
以外と喜んでるチュテ妻、昔の事は忘れたみたいな( ̄ー ̄?).....????
積もる話もあるから、うちに来てと言うシニョンと母、
「実はお父さんのお墓参りに」と断り、必ず今度行くからと別れました。

しかし、今日は疲れたから明日にというクッキ。
家に戻ると、「ミングォンさんに会わない方が良かったのかも。
父が生きていて、私を探してくれてると信じていれた…」
テファもいない今、余計そういう思いが募るのかもしれないです。
テファの遺影を抱き「少しここを離れるけど、いつか取り戻してみせるわ」とクッキ。

翌日、キソプとユンジャに退職金と、新しい仕事先のメモを渡すクッキ。
「やっかい払いって事?イヤよ、おじさんの代わりに、約束を守って!
私達は身寄りのない戦争孤児。帰る家もない。
仕事の面倒も、結婚の面倒も見るって言ったじゃない!
私達だって、社長の事、大好きだった…」とヨンジャ。
言い方はキツイけど、クッキと離れなくないし、
テファ堂のために、力になってあげたい思いなのでしょう。
キソプはクッキを「ねえさん」と呼び、
「大変な時だからこそ、一緒にいます。
俺もユンジャも、店をこのままにして行けません」と。。。

着々とビルを建てるために、計画を進めているサンフン。
しかし、心中は穏やかでなく、事務所に泊まり、酒を煽っていたようです。
サンフンたちがテファ堂に行くと、
丁度引っ越し荷物をリヤカーに積んでるところでした。
鍵をかけサンフンに渡し、「あの言葉、忘れないで」と。

ミングォンに連れられ、父のお墓参りに行ったクッキ。
「泣けないんです。約束したんです。父の前でだけ泣いていいと。
そうすれば、涙をぬぐってやれるからって父が…一生泣けないわ…」
そう淡々と話すクッキを、辛そうに見つめるミングォン。

家に連れて行き、父の形見のカバンをクッキに渡したミングォン。
恐る恐る中を開けると、残されてた血痕・・・
そしてガーゼに包まれた銃弾を手にすると、
「それを私にいただけませんか?」とミングォン。
「辛い死に方をしたんですね…悲しい最期だったと。聞かなくても分ります。
どんな姿で、なぜ亡くなったのか、教えてください」とクッキ。
「いつもあなたを思ってました…解放された祖国で命を無くすなんて…
あなたを見つけた今、私は先生を殺した男を見つけます。約束します
なぜ先生は殺さたのか、突き止めてみせます…」とミングォン。

帰ろうとするクッキに、
「先生が本当に渡したかったものは、こんなものじゃありません」とミングォン。
クッキの為にお菓子を買うヨンジェ、
無残に血で染まってしまった娘へのおみやげの回想シーン・・・
「本当に渡したかったものを、渡せなくてすみません」と言い、
ずっと何も食べてなかったのでしょう?と気遣い、食事を勧めるミングォン。
「お父さんが作ったものだと思って、今日だけ私をお父さんだと思って食べて。
食べないと帰しませんよ」
涙がこみ上げてくるクッキ。。。ようやく泣く事が出来たのね・・・
涙を拭いてあげて抱き締め、
「クッキさん…、今までよく我慢しましたね」とミングォン。
ここは、副音声で聞くと、かなり泣けてきました・・・(ToT)

テファ堂を壊すためにやって来たサンフンたち。
何も無くなった部屋に残された、サンフンがあげた双眼鏡。
クッキがテファ堂にやってくると、店を壊してる最中で、無残な店の姿に驚き。。。
「ここまでする必要があるの?」とサンフンに詰め寄るクッキ、
「お前が素直に店を売れば、こんな事にはならなかった」と、
止めようとはしないサンフン。
「おじさんが作った看板を、あなたに壊されるのは、ごめんよ」と、
ハシゴを上り、看板を外すクッキ。
クッキが車に、父の遺品のカバンを忘れた事に気付き、Uターンしたミングォン。

「クッキ」他の回はこちらです。

クッキ 教養・文化シリーズ―韓国ドラマ・ガイド
NHK出版

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

茶ぱん
2006年06月09日 21:38
茶ぱんで~す☆また参加させてくださいね。
第10話、13年ぶりの再会よかったわぁ^^シニョンとクッキが笑顔で抱き合うシーン嬉しくなりました。
ただシニョンが自分の父親の悪行をいずれ知ってしまう時が来ると思うと・・・何も疑っていないクッキだってかわいそう。テファと父の死、サンフンの裏切り、これ以上苦しむことがない様にミングォンには支えになって欲しいですね。もしかしたら2人は恋に落ちる?
どうしてもサンフンが上島竜平に見えてしまうんですぅ。クッキは長山洋子、ミングォンはジャッキーチェン
といったところかしら。韓国の俳優さんを日本の芸能人にたとえると誰に似ているのかを考えるのって面白いデスヨネ♪
それからキム・ヘスさんは映画「風林高」で初めて拝見した時はスリムだったのに?でも今のまん丸なお顔の方が健康的でお美しいです。小林綾子さんの声もとってもあっていていい感じですね♪
2006年06月10日 01:44
pandaさん、アンニョン♪
やっとミングォンに再会できてよかったわぁ~。確かにシニョン、プロ意識ないけど、まあシニョンらしいよね。けどあまりにも一気に色々ありすぎてかわいそうになってしまった。2人の父の死が同時だなんてね。。。

今回シニョンの場つなぎをしたあのマネージャーの新人歌手です!といったのには爆笑しちゃった♪そして「あんた太ったわね~」にも(笑)

それにしてもサンフン、彼があーなってしまったいきさつが早く知りたいですよね。彼はクッキにしたことを後悔しているし、心はジュテとは違うから。
2006年06月10日 09:01
茶ぱんさん、こんにちは~
クッキとシニョンが抱き合うシーン、あの劇場での一件も吹っ飛んで、笑顔で再会を喜んでる姿に、本当に嬉しくなりました。
シニョンはワガママだけど、根は悪い子じゃないから、父の本当の姿を知ったら…「友」クッキ父の死に関わってる事を知ったら…可哀想ですね。シニョンもだけど、クッキだって「いいおじさん」と思ってるから、ショックでしょうね。

>サンフンが上島竜平
そういや、似てますね!特に口元が!
キム・ヘスさんは、「愛の群像」でも、「ポッチャリしてるとこが好き」って言われてました。他の女優さんが細いから、こういうセリフが飛び出すのかな?太ってるほどじゃなく、肉感的でナイスバディ~と思います。肌もキレイで美しいですよね♪
2006年06月10日 09:39
so-so♪。さん、こんにちは~
亡くなったのが「父」と聞いて、ミングォンが帰ろうとする時は、えーー!と思ったけど、気づいてよかった!クッキは1日で色々とありすぎで、可哀想でしたね。。。最後にミングォンの胸で泣けて、ホッとしました。

新人歌手、シニョンのマネージャーも、「太ったわね」には、私も笑ってしまいました~
サンフン、なぜあんな風になってしまったのか、早く知りたいですね。今まで散々悪どい事してただろうに、クッキの店の件では、迷っていて、本当にチュテとは違います。辛い思いを乗り越えて、優しいオッパーに戻って欲しいなぁ~
2006年06月10日 14:41
pandaさん♪
こんにちは! もう平日の視聴を諦めました(笑)
キムへスさんの演技が素晴らしくて!...
父の前でしか泣かないと約束したクッキが泣くシーンは
泣かされました。
シニョンとの再会シーンも良かったしで...
また、立ち寄りまーす。 
P.S.観終わったばっかりでぐったりでーす(笑)
2006年06月10日 17:05
じゅんさん、こんにちは~
平日の視聴、諦めましたか~(^o^)
じっくり見たいドラマですよね。
父の前でしか泣かないと、ずっと耐えていて、ミングォンが「父と思って」でようやく泣けて…ここは吹き替えではウルッくらいだったけど、生声では、かなり泣きました(/_;)
今、ぐったりしてるじゅんさんに申し訳ないですが、ぜひ生で見て欲しい気もしますよ~サンフンへの訴えも良かったですよ。
シニョンとの再会は、幼い頃の二人のまんまという感じで、また良かったですねーーー

PS…「春の日は過ぎ行く」まだ見てないんです…じゅんさんの記事を気にしながら、ボチボチ見ないと!と思ってました~
2006年06月10日 17:43
育ての父ともいえるテファおじさんのお葬式の日に、実の父の死を知らされるなんて、クッキにはとても辛いことだったと思います。
涙を見せることなく、気丈によくこらえてましたね。
でも、ミングォンの前で泣くことができてよかった。
やっぱり悲しい時には思いっきり泣かせてあげたいですよね。
あと、ミングォン、シニョンとその家族達との再会もあったのも同じ時期でよかったのかもしれませんね。
再会したことで、チュテがどう動くのかとても気になります。
2006年06月10日 22:05
YUZUJAMさん、こんばんは。
ミングォンがクッキを見つけてくれて、本当に嬉しいのだけど、クッキにとっては、二人の父の死を同時に味会うなんて、悲しいですよね。。。
泣くのは父の前だけという約束を、ずっと守るなんて、健気なクッキ…最後に思い切り泣けて良かったです。YUZUJAMさんの言うように、悲しい時は泣かないと、余計辛さが募りますよね。
そうそう、ミングォン、シニョンとその家族達と、いっぺんに会えて良かった気がします。チュテと先に会ってたら、画策されて、ミングォンとは会えなかった気がします。
次回のチュテの動きが気になりますね。
2006年06月10日 23:04
pandaさん、こんにちは。
最初の写真、クッキと子クッキがすごくいいですね~!それ見ただけでジーンと胸が熱くなってしまいました。
クッキにとって激動の日々だったんじゃないかしら。サンフンとの確執あり、ミングォンにシニョンと、立て続けに再会して。
私、劇場を抜け出したシニョンの代わりにヘタな歌を歌っていたのって、チュテかと思っちゃいましたよー。んなわけないよね(爆)
2006年06月11日 10:44
kbkbYさん、アンニョン♪
>クッキと子クッキ
一緒にするハズのない二人のこの写真、いいですよね~子クッキの姿見るだけで、何だかウルッとしちぇう私だけど、実は番組始まる前は、クッキが生む子供かしら?思ってたパボです。

クッキにとって、色々な事が押し寄せすぎる日々でしたよね。何もこんなにいっぺんにーーーでもクキッは、よく耐えてましたよね…

>シニョンの代わりにヘタな歌を歌っていたのって、チュテかと思っちゃいましたよ
爆笑!ヾ(>▽<)o
想像しちゃったよ~~~

この記事へのトラックバック

  • クッキ10話

    Excerpt: あークッキには色々なことがあった日だったね。一度に育ての父、待っていた実の父がなくなってしまいました、、、あーけど、せめてもの救い、ミングォンと会えてよかったわぁ~。ミングウォンとのこの再会、これはテ.. Weblog: diary(徒然なるままに) racked: 2006-06-10 01:41
  • 韓国ドラマ『クッキ』10話みましたぁ!

    Excerpt: グッキ10話.......『13年目の再会』 9話のテファ(チョンムソンさん)の最後...ほんと大号泣だったんですけど...今週はちょっとテンションが落ちるかな?とかすごく心配だったんです。ところが.. Weblog: 韓ドラのたまり場 racked: 2006-06-10 14:35
  • クッキ(第10話)

    Excerpt: テファ堂を出る前に、店を綺麗に掃除するクッキ。ユンジャに(追い出されるのに)今更こんなことしても…と言われても、黙って掃除を続けます。 このお店への、テファおじさんへの感謝の思いがそうさせるのでしょ.. Weblog: ゆずじゃむぶろぐ racked: 2006-06-10 17:43
  • クッキ#10 06/06/08 Thursday

    Excerpt: BS2 「クッキ」第10話「13年目の再会」 今回は、クッキとシニョンの再会!シニョンは「クッキ、あなたのために歌うわ」と、ステージを盛り上げていましたね。 でも、サンフンとの再会。よう.. Weblog: 韓流のたのしみ! racked: 2006-06-10 22:50
  • 8日BS放送『クッキ』ウォッチング・レポート

    Excerpt: 本日放送の『クッキ』は、第10話「13年目の再会」でした。クッキとシニョンが、今 Weblog: 海外ドラマ専科 racked: 2006-06-11 03:04