ごめん、愛してる 第7話

サブタイトル・・・「ささやかな願い」
画像
☆感想あらすじ(ネタバレあります)
ウンチェの声で、ミンジュから離れたムヒョクは、ウンチェに気づかれる事無く、後ろ姿のまま、エレベーターのドアは閉まりました(波乱が起きるかと思ったけど、無かったわ~)

「何も見なかった」と言い、ユンが待ってるからと、無理っくりミンジュの手を引き、家に連れて行ったウンチェ。自分のマフラーをミンジュの顔に巻いてあげて、二人の為に一生懸命です。
死んだように、ボーーっとテーブルに伏してたユンは、
「ミンジュ」の一言で起き上がりウルウル・・・
後ろで抱き合う二人に、背を向けて行ってしまうウンチェ。。。
「怒ってた訳じゃなく、チンピラみたいな私は、ユンに愛される資格が無い。
あんなに必要なのは、ウンチェみたいな人…だから自分に怒ってた。
ウンチェは、あなたを愛してるの」と言うミンジュに、驚くユン。

呆然として門を出て来たウンチェに、「石頭、俺と遊ぼう」と誘うムヒョク、
いいよと言われて、ニッコリ笑顔♪
ウンチェがスナック菓子を買ってる間、店の外でもめてるムヒョク。
バスの事を尋ねる爺さんに、タメ口で答えるから、叱られてたのでした。
見知らぬ者同士でも、年上には敬語を使う事に厳しい韓国。
爺さんの杖で、ムヒョクのお尻をペンペン(!)するウンチェ。
そして杖を返して、何度も頭を下げて・・・
こういう風に叱るウンチェって、お母さんみたい。。。

敬語を使えないから、いつかこういう事が起きると思ってたと、
地下鉄の中で、「ありがとうございます」を教えるけど、
返事をしないムヒョク、「もうおじさんと遊ばない」と席を立つウンチェ。
引きとめて、「ありがとうございます」と渋々のムヒョク。
他にも色々と、ウンチェが言うのを復唱し、
「分からない時は『ヨ』を最後につければいい」と言われ、「○○…ヨ」とムヒョク。
「すこい…ヨ」は、ヘンだったみたいで、ハングル分かれば面白いだろうなぁ~
段々と笑顔も出てきて、一生懸命習ってる様子です。

韓国語はワイフに習ったけど、ワイフは結婚したと答えるムヒョク。
ちゃんと最後に「・・・ヨ」と、取ってつけたように言うのが、おかしいわ~
嫌な話になったから(?)「もう丁寧語はいい」と、スタスタ行ってしまうムヒョク。
すると、階段を上がれないお婆さんの所に行き、
リンゴの箱をヒョイと担ぐムヒョク。優しい・・・o(*^^*)o
「1教えれば10理解するのね」とウンチェ。

ユンから電話が来て、「1分以内に来い!」と。
行けないところに居ると言うと「30秒以内に」って(;^_^A  
様子がヘンなので、ムヒョクを気にしつつ、ユンの元へ行ってしまうウンチェ。
(追いかけて、一言かけてから行っても、大したロスじゃなさそうなのに~)

リンゴを担いだまま、かなり歩いてるムヒョク。(かなり疲れてます。
って事は、このお婆さん、
どうやってここまでリンゴを運ぶ気だった( ̄ー ̄?).....????
リンゴをくれるというのも聞かず、一目散に地下道に戻るムヒョク、
途中で花を売ってるのを見つけ、とっても嬉しそうな顔して買って、
「石頭」「石頭」と呼び続けるムヒョク・・・でもウンチェはいない。。。
花を片手に、ずっと叫んでるムヒョクが、悲しい・・・

急いで家に戻ると、「愛してるウンチェ」と、バルコニーから叫ぶユン。
信じらない表情で、崩れ座りこんでしまうウンチェ。
降りてきて、ウンチェの胸の音を聞くユン。「バクバクしてる」って、試したのかい!
「お前は僕を愛してる。ダメだよ。僕達は家族じゃないか、兄弟、近親相姦みたいじゃないか。しっかりしろ、ウンチェ」と、ホッペをペチペチするユン。

うな垂れて道を歩くムヒョク(背中が寂しそう…)
ユンから電話が来て、「明日風船をいっぱい用意して」と。
その後ろから聞こえるウンチェの声に、ハッとするムヒョク。
ウンチェは、ユンを安心させる為に、
「結婚を約束したサラリーマンの彼がいる。優しくて金持ちで、洗練された人」と。
その言葉に、みるみる涙が溢れるムヒョク・・・(:_;)
花を落として、帰って行きました。。。

黙って帰ってしまったから、ムヒョクに電話してるウンチェ。
でもシャワー中のムヒョクは、気づきません。
出て来たムヒョクは、「着信・ウンチェ」と見て、はにかんだ笑顔♪
電話しようとしたのかな?すると丁度ユンから電話が来て、真顔に。
ユンに頼まれた風船を持って、ミンジュのマンション前へ。
トランクを開ければ、プロポーズの言葉が飛び出すサプライズを用意してるユン、
今日のスタイルを気にするユンに、バッチリだと笑顔のムヒョク。
でもその笑顔は、作り笑顔って感じ・・・
そのままマンションに入り、変装ムヒョクに!

エレベーターで、ミンジュを掴み、無理やり車に乗せるムヒョク。
待ち続けてるユンの横を通り過ぎ、ホテルへ。
「私は遊び人だけど、相手と時は選り分けてる」と、ミンジュ。
何も言わず、プレゼントを差し出し、帰って行くムヒョク。
プレゼントを開けると、スカーフが・・・
母が忘れて行ったスカーフを思い出すミンジュ、
そしてこのホテルは、母が「一度だけ食事を」と言ってたソウルホテル?
変装ムヒョクのこういうやり方は、ミンジュの心の奥底に、
どんどん入り込んでいくのでは?

「急に用が入った」とミンジュから電話が来て、
待ちぼうけの哀れなユンは、風船を空へ飛ばしました。

布団の中で、妹・ミンチェに話すウンチェ、
「そのおじさんを見てるともいつも私を見てるみたい。
恥かしがりやで無口で、自分を素敵に表現出来なくて、彼は可哀想なの…」
ウンチェは、ムヒョクの事を嫌がってるように見えて、
実は、ちゃんと見てたのね。。。

「はぁ?」と妹・ミンチェ、「ダメ、オッパーは、私が先に見つけたの」と姉・ソクチェ。
韓国から一番遠い所は「アフリカ」と聞き、そこへ行こうと言うウンチェ。
そんな、、、突然(~_~;)

家を出たウンチェと行き違いに、やって来たムヒョク。
家の前に近づき、ウンチェに電話するムヒョクは、何だかワクワクした表情。
「石頭」と、満面の笑みから、「お前、誰だ?」とムッした顔に変わるムヒョク。
ウンチェの携帯で喋りながら、出て来た姉・ソクチェ。
ムヒョクに可愛い仕草を見せるソクチェが、おかしいわ~~~(^o^)

どこかに寄ってから、アフリカに行くと出て行ったと聞き、探し回るムヒョク。
しかし見つける事は出来なくて、ソギョンの家に帰ると、ウンチェが!
ムヒョクの、幸せそうな笑顔ったら・・・"^_^" 寄る所=自分だったんだもんね。
しかし、別れの挨拶に来たと言うので、顔が曇るムヒョク。
オーストラリアが貸したジャケットを返して、行ってしまうウンチェに、
「俺の姉は海苔巻きは上手いけど、キムチは作れない作って行ってくれ」とムヒョク、「私も出来ないの…」とウンチェ。
キムチと言えば第1話のジヨンとのエピソードを思い出します。。。
ガッカリするムヒョクに、「カクテギなら」と言うウンチェ、
俯いてたムヒョクが、本当に嬉しそうな笑顔で、顔を上げ・・・

スーパーで、野菜を選ぶウンチェを見るムヒョクの顔、ドキッとする表情です。
カートに乗っかったり、試食品を食べ回ったり、子供みたいで、
オーストラリアに養子に行った事、帰国して姉を捜した事を話し、
「事情があったんだろ。貧しくて、金持ちに育ててもらおうと…」とムヒョク。
もうそれは違うとわかっていても、こう話すムヒョクに、ウルッと来ました・・・
そんな気持ちを誤魔化すため(?)試食品を、次々と口に入れるムヒョクは、ノドに詰まらせてしまいましたーーー
すると売り場の牛乳を差し出すウンチェ、前に海苔巻きを詰まらせた時は、
合図しても何もしてくれなかったのに・・・目を丸くするムヒョク。
「韓国語も学んで、キムチも好きで、いいおチビちゃん」と、お尻を叩くウンチェ、
牛乳を吐き出してしまうムヒョク(笑)

出来上がったカキテギを、味見すると、「!」のウンチェ。
ムヒョクも食べてみると「!」、でもgoodのサインを出して、エライわ~!
でも、辛かったのね~隠れて水をカブカブ飲んだりして、おかしいムヒョク。
水をジャバジャバ入れて、二人で混ぜ混ぜして…
カクテギを作ってる時、味見してる時の二人は、本当にいい感じ。(〃^▽^〃)。

コーディネーターも辞めて、ウンチェがいなくなって、イラついてるユン。
アフリカに行ったと聞き、「僕はどうしたらいい?」と、すがるユンに、
ユンとミンジュに負担をかけない為に行ったんだと、怒鳴るウンチェ母。
その夜眠れず、“ウンチェはあなたを愛してる”という言葉が頭を巡り、
「ああ、僕を殺せ」と。。。ようやく自分の気持ちに気づいたユン?

トイレで戻してるムヒョク、カキテギのせい?ではなく、頭の銃弾のせい。
ウンチェが帰ろうとすると、ガルチと泣いてるソギョンが帰宅。
犬に吠えられて、粗相してしまったソギョンを、「僕だって」と慰めるガルチ。
出て来たムヒョクは、そんな姉に「よくやった。見事だ」と嫌味を…
そして泣きやめ!と怒鳴るムヒョクを、「本当に悪い人。お姉さんなのに、何て口の利き方。教えたのに!」と、叩いて叱るウンチェ。
やっぱり、ウンチェって、お母さんみたい・・・
ソギョンにも、「私は布団にもしちゃうわ。お姉さんは?」と。
いいえと言うソギョンに、「私よりいいわ。今は大人でも漏らす人がたくさんいるって、新聞に出てたのよ」と慰め、一緒に洗いましょうとウンチェ。
そんなウンチェの優しさが、心に染みているようなムヒョク・・・

ソギョンの髪をとかしてあげ、一度も塗った事のないと言ってたローションを、眠ってから塗ってあげ、寝てたムヒョクにジャケットをかけて、帰ろうといるウンチェ。
起き上がりウンチェを抱きしめ「行かないでくれ…ウンチェ」とムヒョク。
「大切にする。行かないでくれ…」 ムヒョクの切ない表情に涙です・・・(:_;)
その夜、ソギョンたちの横で眠るウンチェを、愛しそうに見つめているムヒョク・・・やっぱりドキッとしてしまう私。。。(#^.^#)

ユンと新しいコーディネーターを乗せて、撮影所に向かうムヒョク、
途中、道でソギョンたちと一緒に、海苔巻きと餅を売ってるウンチェを見つけて、
優しく微笑むムヒョク・・・いい顔です♪ ユンは目を閉じていて、気づきません。

コーディネーターが何を言っても、気乗りしなかったユンだけど、
一緒の撮影のミンジュがやってくると、笑顔を見せてました。
お正月特集の撮影で、ユン&ミンジュの他にも、ユン&母の写真も。。。
フラッシュが光るたびに、ムヒョクの鋭い目も光り…
コワイ目なんだけど、潤んでいる瞳。。。

ウンチェがパーマをかけに連れて行ってくれ、
帰り道、店のドレスにウットリしてるソギョン。
こんなの着たいでしょ?好きな人でも?と聞くと、「おじさん」と答えるソギョン。
「叔父さんは自分の弟だろ?結婚出来ないよ」と呆れるガルチ、
「絶対結婚するの!」と言い張るソギョン。
ああ、やっぱり…粗相した時の恥かしがりようは、もしや好き?と思ったら。。。

ユン・母・ミンジュが食事中、
待ってるムヒョクに、ガルチから電話が掛かってきて、「カラオケにいる」と。
黄色い爺さんの歌は、演歌調で、みんなで「×」してて、可笑しいわ~
歌ってと言われて、ウンチェが選んだ歌は、ユンの曲。
スクリーンいっぱいにユンの笑顔が映る中、切なく歌っているウンチェ、
そこにやって来たムヒョクは、マイクを取り上げ、「愛国歌を」と。
大声で怒鳴るように歌うムヒョク。悲しそうなウンチェを止めたかったのかな…

二人で外に出たムヒョクとウンチェ。
「アフリカに行かないで、俺の姉さんとガルチ、お前が面倒を見てくれないか?
後で、俺がいなくなった後で、困らないように…」とムヒョク。
ムヒョクのこの言葉は、悲しすぎる・・・(/_;)
どうして?と聞かれても、それ以上言わず、帰ろうとムヒョク。
ムヒョクを止めて、、「おじさん、一度だけ抱いてあげたいの。
一度も抱いてあげる事が出来なかったから…」とウンチェ。
涙が溢れてくるムヒョク・・・抱きしめるウンチェ
「暖かいですか?寂しくないでしょう?今は…」
涙顔だけど、嬉しそうなムヒョク・・・ 
ムヒョクはずっと、誰かに抱きしめてもらいたかったような、
誰かに寂しい気持ちをわかってもらいたかったような。。。
離れた二人・・・ウンチェの頬を撫で、唇を重ねるムヒョク。
その瞬間、涙がこぼれて・・・(ノД`);・ 


「ごめん、愛してる」他の回はこちらです。

アクターズ・スタイル韓国(KOREA) Vol.9 (200 (9)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

haru
2006年06月07日 14:37
pandaさん、こんにちは♪
7話好きなんです~♪
ムヒョクにとって、まだおだやかな時間が流れている感じがして。
でも、やっぱり可哀想なシーンもありますけどね・・・

地下鉄で敬語を勉強する2人がなんだか可愛くて微笑ましいですよね♪
でも、その後のウンチェを呼び続けるムヒョクが辛いです~。
ホントにウンチェったら一声かけてから、行ってもいいのに・・・

そして、買い物シーン、大好きなんです♪
カートに乗ったり試食しまくりのムヒョク、ウンチェと一緒なのが、うれしくて、はしゃいでる子供みたいですよね~(^-^*)
そうなんです、前はむせても、見向きもされなかったのに、牛乳を差し出されてビックリした、ムヒョクの顔がまた可愛い~。

ムヒョクはよくドキッとする表情しますよね~。
私も弱いんです・・・
「行かないでくれ・・」にもかなりやられました。。。

カラオケ後のシーン、ムヒョクの言葉・表情、
ウンチェの優しさに涙、涙です・・・
このキスシーンは悲しいけど、とてもキレイだと思いました。
2006年06月08日 00:19
haruさん、こんばんは~
この回は、ムヒョクの笑顔がいっぱいで、一緒に顔がほころんでました。もちろんムヒョクがウルッとすると、一緒にウルウル…
彼の表情って、なんであんなに、ドキッとしてしまうんでしょうね~(*゚ー゚*)ポッ
ラストのキスシーンは、ムヒョクの表情、ウンチェの思いやり、一筋の涙…そうそう、悲しいけどキレイで、胸がいっぱいになりました。。。

地下鉄のシーンは、窓ガラスに映る二人の姿が、また良かったです。微笑ましかったですね!
買い物シーンは、子供みたいで、私もカワイイ♪と思ってしまいました。
のり
2006年06月21日 23:46
ムヒョクがウンチェに惹かれる様子が手に取るようにわかりますね。ウンチェもまた、ユンへの想いではない別の想いに気づくような・・・。7話はこれからの伏線になる軸の話しなのかな?きっとこの先一変しそうですね。カットが多い為そう思うのか、私的にはムヒョクはラリアでは両思い出いない方が良かった気がしています。勿論彼女にはとてもよくしてもらいムヒョクの片思いという設定で。その方がウンチェとの恋が生きてくるように思うのですが・・・。それにしてもあの変装はどうにかならないのか?というかミンジェも気づくでしょう~~!!ムヒョクが変装して瞬時にポーズをつけるため、その間を影で走っている・・・と思い浮かべると笑えます!!
2006年06月23日 00:02
のりさん、こんばんは♪
変装ムヒョクは、どんな風に急いで行動してるんだろ?と思うと、可笑しいですよね。
ムヒョクがウンチェに対する笑顔やガッカリする姿もそして切ない表情がすごく良かったです。
ウンチェもまだユンに走りつつも、ムヒョクの寂しさに気付いているところが、これからどうなるの?!という感じですね。
ムヒョクのオーストラリアでの彼女とは、両思いでない方が…というのは、そうかもしれないですね。ジヨンとは同棲してたくらいだから、大人の付き合いだったけど、ウンチェに対しては、ピュアな感じがしてます。
mayutap
2007年07月14日 06:37
初めまして。
実は、今アメリカに住んでおり英語字幕で見ているので、わからない部分を補足したくて、pandaさんのこちらのブログに辿り着きました。
解説&ご自身のコメントが本当にお上手ですね~
解説を読んで「そういう事だったのね~」と納得し、コメントに「そうよね~」共感しながら拝見しています!
キスシーンはムヒョクの涙がとっても美しく、何回も見ました!
ウンチェのピュアな心にどんどん惹かれていくムヒョク。。このまま復讐心を捨ててくれたら。。と思いますが。
ジソプssiの表情、ホントに上手いです。引き込まれます。。

2007年07月14日 12:11
mayutapさん、こんにちは~。はじめまして♪
解説に共感してくれてありがとうございます。好きなドラマで自分と目線が合うと嬉しいし、そうそう!と頷きますよね。
実は「ごめ愛」はかなり入れ込んでいて、レビューもつい長々と書いてしまいましたが、楽しんでくださいね。このドラマを見てる間は、ジソプssiにハマってました。ウンチェを見つめる優しさや切ない、母を恋しいと思いながらも憎しみを向ける目、本当に上手いですよね!
この回のキスシーンは私も泣きましたよ(:_;)
裏話をすれば、涙を溜めてキスしてから涙を一筋と指示されて難しかったそうですが、そんな事など感じさせませんよね。
抱きしめてくれたウンチェにキスしてしまったムヒョクの涙は綺麗だったし、彼の境遇を思えば悲しくもあり…でした。
本当に復讐を止めて欲しいですよね。。。ユンは悪い子じゃないから傷つけないでーーと思ってました。

この記事へのトラックバック

  • 『ごめん、愛してる』7話みましたぁ!

    Excerpt: 『ごめん、愛してる』7話.....『ささやなな願い』 変装ムヒョク(ソジソブさん)がミンジュとエレベーターの中で『chu-』しているのをミンジュのマンションを訪ねてきたウンチェが偶然目撃してしまった.. Weblog: 韓ドラのたまり場 racked: 2006-06-22 12:46