ポップコーン 第14話

サブタイトル・・・「心の整理」
画像
☆感想とあらすじ(KNTV版)です。☆
母との食事をせずに、勝手に帰ってしまったオ次長を責めるペ室長。
まだそこまでじゃないからと、躊躇…というか尻込みするオ次長に、「付き合ってと言ったのに、どうして?考える時間をあげます」とペ室長。

ペ室長の母のと食事に呼ばれて、舞い上がっている社長。
最高級のドレスを作るとナ室長に頼んでいるので、不思議そうなジヒ。
社長から、女性はどんなプロポーズがいい?と聞かれて、
社長の一方的に思い込みと思って、
「オ室長とペ室長はもいい仲」と言ってしまったジヒ。
ペ室長母との食事は、オ次長に断られて自分に…と知り、ショックな社長。

撮影に、今日からスジョンを一緒に連れて行くというヒョンス。
自分がいなくなった後を思って、引継ぎしようとしてる?と複雑そうなヨンフン。
撮影現場では、ヒョンスの荷物を持ってあげるヨンフンに、
「急に優しくして!」と顔をしかめるヒョンス。
「スジョンさんをこき使わない為」と、ワザとに減らず口のヨンフン。
「ホントはそんな人じゃないのよ」と、庇うようにスジョンに話すヒョンス。

三人で食事に…とヨンフンが誘うのを断ってチャンスとデートのスジョン。
留学の書類を出したと聞き、言葉を失ってしまうスジョン。
留学するのは、お前とお姉ちゃんの為と話すチャンス。
韓ドラで留学といえば、お金持ちの娘・息子の定番だけど、
孤児であるチャンスが留学出来るというのは、すごい事なのでしょう。
レストランに入ろうとするチャンスに、「他の店に」と連れて行くスジョン、
そこには、ヒョンスとヨンフンが・・・
チャンスとヨンフンを仲直りさせようと、女性二人が仕組んだのでした。
最初はよそよそしい態度だったけど、お互いに詫びて握手!

4人でバスケ勝負をした後、チャンスと話すヨンフン。
「今でも反対ですか?」と聞くチャンスに、
「正直に言うとそう。体の事でなくて、時期が…」とヨンフン。
どういう事?と不思議がるチャンスだけど、
「なんとなく…」としか言えないヨンフン。

どこかにロケハンに行こうと、ヒョンスを誘うヨンフン。
「前の詫びに、俺が用意する。その代わり仕返しにすっぽかすなよ!」
そうそう、前にヒョンスが海苔巻き作って楽しみにしてたのに、
ヨンフンがすっぽかす形になってしまったのでしたね♪

社長はショックのあまり、マン・フォトを売る決意を!
ヨンフンに、売る事は言わないで、ソウル・フォトを受けてみろと。
しかし面接に行かずに、ヒョンスとロケハンに行くヨンフン。
肩を組もうとするヨンフンに、「やめてよ~」と言いつつ、
「これならいいでしょ?」と腕を組むヒョンス、可愛らしいです(#^.^#)

線路の上を手を繋いで歩く二人。
「お前に出会ってから、訳も無く幸せなんだ。こんな喜びは、今まで知らなかった。
ヒョンスに会って、一緒にいるだけで幸せ」とヨンフン。
「私もヨンフンさんと出会って嬉しいわ」とヒョンス。
「喜びって、シーソーに乗ってるような物。
重さが違うもの同士、同じ高さにするには、重い方が内側に行く。
喜びも、を多く感じる方が相手に近づく。シーソーも喜びも、相手がいる限り続く…」
ヒョンスがいる限り、自分はずっと嬉しいし、
自分がいる限り、ヒョンスの喜びは続くんだよ…と言っているよう。
「私達、ずっと幸せでいられるかな?」
二人の思いが切なくて、こんな幸せが、ずっと続いて欲しいです。。。
そんな時にめまいがしてしまうヒョンス、
ベンチに座り、自分に寄りかからせ、抱きしめるヨンフン。
病気…という事を、まざまざと感じて辛いでしょう。。。

会社に戻ると、「何で面接に行かなかった?」と社長。
ヒョンスに知られまいと、慌てるヨンフン。
あんまりにもしつこく「面接に」と言う社長に、怪訝そうなヨンフン。
ギドンは「ここを畳むらしい」とヨンフンに告げました。

社長から「そこに入れば出世だ。説得してくれ」と頼まれたヒョンス、
スタジオ前でヨンフンを待ってて、「写真の撮り方を教えて欲しい」と。

ヨンフンから写し方を教えてもらって、「撮ってあげる」と
ファインダー越しにヨンフンを見つめ、ウルウルしてきてしまうヒョンス。
「知ってるか?お前をまともに撮った事がない」とヨンフン。
「撮りたい?」とヒョンス。
「いいや…今度キレイに撮ってやるよ」と、悲しい笑顔のヨンフン。。。
ヒョンスが写した写真は、本当に下手…^^;
初めての事だから、こんなものなのかな?
「でも背景はキレイ」とからかうヨンフンに、
「写真しか能がないくせに!」と言い返すヒョンス。
「あるよ!」「何が?」色々…としか言い返せないヨンフンに、
「一つあった!言葉に詰まるとはぐらかす」と、仕返し(?)のヒョンス。
そして、「ヨンフンさんは、写真を撮る時が一番素敵よ…」と。。。
目が潤んでくるヨンフン。。。
「チャンスを逃さないで」と、ソウルフォトに行く事を勧めるヒョンス。

留学の種類を出す決定的瞬間だからと、スジョンに電話してきたチャンス。
慌てて止めに来て、書類を奪うスジョン。
「理由を言えよ!」と言われても、言えないスジョン。
書類を返せと言うチャンスに、「ヒョンスオンニーが…」と。
もう、止めるには、病気だと告げるしかありません。。。

ヒョンスとヨンフンが帰って来ると、家の前でオロオロしてたスジョン。
ヒョンスが部屋に入ると、荒れた室内・・・
「いつまで隠すつもりだった?留学の間に死ぬつもりだったのか?」
「チャンス…病気の事は、悪いクジを引いたと思って。
私だって生きたい…でもどうする事も出来ない…あなたにはあなたの道がある」
涙して話すヒョンス。でも、突然、たった一人の肉親の姉が死の淵にいるのが、
そして自分が知らなかったのが、やり切れない様子のチャンス。
「だから留学に行けって?」と、どうとようもない思いをぶつけるように、
暴れるチャンス・・・そして家を出て行ってしまい、追いかけるヨンフン。

スジョンが中に入ると、部屋の中で、一人で泣いてたヒョンス。
「ごめんなさい…本当に…チャンスが行ったら二人共後悔しそうで…」
泣かないで…とヒョンスを抱きしめるスジョン、
スジョンの胸で泣いているヒョンス。
ヒョンスが病気の事で、誰かの胸で泣けたのは、初めてだったのでは・・・(/_;)

屋台で酒を飲み「どうして…?」と泣くチャンス。
自分の事でずっと苦労して来たのに、愛する人も出来たのに、
あまりにも理不尽で、悲しくてたまらないチャンス。
「お姉ちゃんを助けて…」ヨンフンにすがるチャンス、涙が溢れてくるヨンフン。
本当に助けてあげられる事なら、何だってするだろうに。。。

スジョンを帰らせて、入れ違いに来たヨンフン。
「ヨンフンさんも自分の道を諦めないで。じゃないと私、自分を責めちゃう…
今まで人の役に立てなかったけど、自分の愛する人の邪魔をしたくない。
これ以上弱気になったら、倒れてしまう…
だからヨンフンさんも、強い姿を見せて…」
黙ってヒョンスを抱きしめるヨンフン。。。

翌日、ソウルフォトへ面接に行く事にしたヨンフン。
チャンスは家に帰って来たけど、ヒョンスと口を利いてくれません。。。
チャンスが出かけた後、旅支度をして、どこかへ向かうヒョンス。
「留学に行って欲しい」と手紙を残して・・・

ペ室長とオ次長は、お互い態度をハッキリとさせる事に。
社長から、「どうして私をもて遊ぶんですか?
本音で接した事ないんですか?」と言われ心が揺れたペ室長。
悩んでると「こんなのオ次長らしくない!」とジヒに言われ、ハッとしてたオ次長。
「返事を…」「私も…」と言い難そうな二人だったけど、
ここは男・オ次長、「合わないと思います」と。「そうそう」と同意するペ室長。
「ありがとう」「こちらこそ」 
二人とも心底ホッとした様子で、あれは一体なんだったの?と可笑しい!

「ポップコーン」他の回は こちらです。

ポップコーン〈上〉

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック