砂時計-モレシゲ- 第8話

サブタイトル・・・「光州事件・後編」
画像
ウソクたち軍は、光州の人々が出られないように、境界部分で見張りです。
軍の上官は、光州の人々は北の思想に惑わされている。
ここを出て行くものは、全て射殺…との命令。
でも、よく考えれば、北の考えに感化されたら「民主主義」を訴えるわけ、無い気がするのだけど、軍の下の人達は、「だから武装してたのか」と信じてます。
ウソクと仲の良いカンは、
「あの女性助かったかな?動脈が切れてたから、ダメかも。
イヤな時に入隊したもんだ」と。
私もそう思いました…この時期入隊した人は、
本当に大変な思いをしたんだろうな。。。

カンの言葉を遮るように「寝ろ!」と怒鳴るウソク。
ウソクたち大学生を目の敵にしてたマ中将が、わざわざ、
「色々と考えるな。敵が来たら撃て」とウソクに言いに来たように、
心のどこかに迷いがありつつ、軍の為にここにいるウソク…という感じです。

一方光州。
この事件の事は、光州の市民以外知らないのだそう。
報道は嘘ばっかり…太平洋戦争終わりころの、日本軍のよう?と思いました。
「一人でも市外に出て、この事件を知らせよう」という事になり、
志願する人々の中に、ジンスも。
テスも参加しようとすると、「兄貴は光州の人じゃない」と止めるジンス。
しかし、そう言われて、「はいそうですか」と言うテスではありません。
一緒に参加する事に。
「団体で歩くと目立つから、少し別れて。俺が先導する」
とすっかり、リーダー格のテス!

川を進んでいると、市民側の一人が転んだ拍子に発砲してしまいました。
その音で、いきり立つ軍側。
市民側と軍は、お互い銃撃戦になり、
そんな中で、ウソクの友人・カンが撃たれてしまいました!
慌てて衛生兵を呼ぶウソク・・・でももう虫の息です。
「俺、このまま死ぬのかな…?母ちゃん…」
母を呼び、逝ってしまったカン。。。(:_;) 本当にこの時期に入隊してなければ.....

そして、市民の一人が撃たれてしいました!
テスから「伏せろ!」と言われてたのに、この事で怒ってしまって、
立ち上がって軍に発砲したジンスは、撃たれてしまいました。。。

銃を構えてたウソクの目に飛び込んできたのは、
ジンスの元に行き、抱きかかえて逃げようとする友・テス。。。
驚いたでしょう.....呆然とするウソクの横で、銃を構えるマ中将。
撃たせまいと、体当たりして、テスを助けたウソク。。。
テスとウソク、この争いで再会するだろうとは思ってたけど、
あまりの状況で、涙でした。。。(:_;)

そして、この後、ウソクの処分はどうなったんだろう?と気になりました。

ジンスをおぶって、光州へ戻るテス。
(ジンスが重くて大変だろうなと、いいシーンなのに余計な心配^^;)
ジンスに話しかけながら(「チャングム…」を思い出した)
フラフラの足取りのテスは、転んでしまい、「ごめんジンス」と。
しかし、ジンスはもう答えてくれません・・・
「ジンス、ジンス!」と叫び、心臓マッサージをするテス。。。
予告で薄々そうなるのかな?と思ってたけど、悲しい・・・

体育館みたいなところに、たくさんの棺が・・・たくさんの家族の嗚咽。
ジンスに会いに来たジンス母と弟妹。。。
大極旗をもらって、棺にかけてあげるジンス母、
「親不幸者!」と、棺にすがる母。。。(/_;) やりきれない表情のテス。。。

「戒厳令解除」「金大中、釈放」の放送が流れる中、冷静な市民達。
これも、嘘の報道だっのたかな?
軍が総攻撃を仕掛けてきそうなので、道庁に立てこもっている市民たち。
そこにジンスの弟もいるので、顔を見に行きたいとテスに頼むジンス母。

道庁に行くと、ジンス弟の友達がいで、驚くジンス母。
この友達は、ここにいる事は、親も了解済みだと話し、
それを聞いて、「アンタに会えたから」と、息子には会わずに帰る事に。
友だちの親が了解してるから、自分も送り出そう…という気持ちだったのかな?
息子の顔を見れば、引き止めたくなるから、あえて会わなかった気がします。
何だか、お国の為に、泣く泣く戦争に出す母のようでした。。。

自分も、この立てこもりに傘下すると言うテスに、
「光州の人じゃないから、死んじゃダメ。
生き残って、光州以外の人にこの事実を知らせて欲しい」とジンス母。
「弟分が殺されたのに?そうしたら、私は一生苦しむ」と、
涙して答えるテス・・・テスの涙。。。切ないです。
それでも、言う通りにして、生き延びて欲しいとジンス母。

道庁で立てこもってるジンス弟は、ナイフを取り出して壁に「お母さん」と…
テスから、これをもらった時に、無邪気に喜んでたジンス弟なのに…
ジンス弟の友達は、明日テストだったとか話してました。
受けられない事がわかってても、
ワザと気を紛らわせるために、そういう話をしたのか、
それとも、この闘いは、すぐ終わって、テストを受けれると思ってたのか・・・
その後、離れた場所から、
すごい爆音が何度もするのを聞いてたテスとジンス母。

港の町の、おばさんの家にやっかいになってるへリン。
ある夜、「許してください…」と言いながら、服を脱ぐおばさんの娘ソネ。
仕事仲間の別なおばさんに、ソネの事を尋ねると、
「ドンイル紡績工場で、組合活動をしていた。
その時、その後裸になって抗議デモした。
警察に逮捕された後、五ヶ月も入院してた」
違うわと言うへリンだけど、新聞にも出てない事を何で知ってる?と言われ、
詳しく語る事は出来ません。。。
ソネが服を脱いでたのは、警察の取調べの拷問で、
そうされたのがトラウマとして残っているのでは?と思いました。

おばさんの家に帰ると、家中の服をハサミで刻んでいたソネ。
「自分も活動をしていて、ドンイル紡績の事も知ってるし、ハンストしてるのも見た」と話すへリンだけど、ハサミの手を止めないソネ。
無理やりハサミを奪って、手を切ってしまうヘリン、
「あなたがこんなじゃ、私、おかしくなりそう」と叫ぶへリン。
活動から離れてここで悶々としてるのが、もどかしくて、
そして自分がして来た事が、否定されてしまったように感じたのでしょうか。。。

ある日、警官とバッタリ会ってしまったソネは、怯えて逃げてしまい、
不審に思った警官は、追いかけます。
転んでしまったソネは、「許してください…」と。。。
そして、「家に大学生がいる。その人を捕まえるように」と。
警察での拷問が、かなりの心の傷となってしまってるソネ、
自分が助かるために、密告してしまったソネを、責める事は出来ません。。。
この後の、警察でのへリンのシーンを見て、尚更思いました。

そんな事とも知らず、ここを出る支度をしてるへリンは、晴れ晴れとした顔。
おばさんには、光州に行くとバレバレでした。
行きの旅費をくれたおばさん・・・

駅で列車を待ってたへリン、ふと気付くと、警官が。。。
連行され、警察に連れて行かれたへリンと廊下ですれ違ったのは、
拷問されたらしく、傷だらけの仲間。。。
そしてへリンを待ってたのは、酷い取調べ・・・
段々傷が増えていくへリン・・・寝かせないようにさせられ、
水も与えてもらえなかったのでは・・・?

へリンが警察に捕まった事を知ったへリン兄は、チャン・ドシクに頼むけど、
「自分の上のものが、大統領を暗殺して以来、厳しい立場だ」と
前のようには、いかないと。
それと、「父上の判断じゃないですね?」と聞いてたところを見れば、
へリン父からの頼みだったら(・・・?)

取調室に連れて行かれるへリンの目は、明らかに怯えの色が・・・
大学の同士が連れてこられて、「この男は?」と尋ねられ、
運動員の幹部であると言われて、頷いてしまうへリン。
失望の目と哀れむような向ける同士。。。
組織図を書けと言われて、書いてしまうへリン。
ソヌと同様、へリンを責める事は、私は出来ません・・・
心を病んでいたソヌを見てたへリン、
やはりそうなるよりは、楽になりたいと思うのは仕方ない事です。。。


今回は、ウソクの友カンが撃たれた辺りから、ジンスの死まで、
何とも言えない悲しみで、涙が出てきて、
あらすじをメモしてる紙に、ポタリと涙が・・・
自分でも、どうしてこんなに涙が出たのか、驚きです。。。
何だか、ドラマというより、現実という感じがしてた気がします。
そして後半はもへリンの取調べが、痛々しくてーーー(>_<)
前半でも相当重いのに、後半も重かった・・・
このエピソードを1話の中に入れるとは、、、
重たくて、胸が締め付けられてます。。。(ToT)

「砂時計モレシゲ-」他の回は こちらです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年05月29日 17:53
pandaさん、すっかり遅くなりました。
光州事件。すさまじかったですね。前編のつづきのような市街戦かと思っていたら、こんな後編だったとは・・・胸が痛くて辛かったですね。
事件にそれぞれの登場人物を絡めて。今後が気になります。ヘリンにはペク君がついていて欲しい。ヘリン、大丈夫かなあ・・・
2006年05月30日 10:07
kbkbYさん、こんにちは~
リアルタイムで見てるkbkbYさんは、もう次を見たのかな?羨ましいわ~(^o^)
今回は、前半だけでも相当重いのに、後半あんな風に持って行くなんて参りました。
へリンには、ペク君に着いていて欲しいですよね。ペク君、何で、一人で行かせちゃったのかな~居場所をこっそり突き止めてもいなかったんですね。
へリンは痛々しかったですね…女性にあそこまで。。。
2006年06月22日 21:51
pandaさん、アンニョン♪
あーー私の見ているものと、エンデイングがずれていますね。書かれているエンディングは今日見てしまった9話にありましたぁ。
今回はジンスの死と母の嘆きが可哀想で。あの母が必死にテスにここを出て!というシーンyと銃撃を聞いて背中を落とすシーンが印象的でした。
2006年06月23日 00:28
so-so♪。さん、アンニョン♪
ギョッ?!回の切れ間が違うとはーー
>今日見てしまった9話にありましたぁ。
見てくれててホッ…じゃないともろネタバレでしたね。

亡くなったジンスには泣きましたーーヒョンが来てくれて、あんなに喜んでたのに…
ジンス母も、一人良さそうなお母さんだったし、余計に棺にすがって泣く姿が悲しくて・・・
ジンス弟を送り出して、銃撃を聞いて、ガックリと…覚悟を決めてたとはいえ、悲しい母の姿でした。

この記事へのトラックバック

  • 砂時計#8 06/05/15 Monday

    Excerpt: 22:00 BS朝日「砂時計」第8 話「光州事件・後編」 先週の「前編」は、光州事件そのものにスポットがあたっていました。今週もその続きかと思っていたら、光州事件や民主化運動に主人公達が.. Weblog: 韓流のたのしみ! racked: 2006-05-29 17:42
  • 砂時計7・8話

    Excerpt: 7・8話通して、光州事件を扱ったこの会は衝撃的でした。名前は知っているけど、概要も何も知らなかった無知な私です。ここまで大きな事件だったとは、後でネットで見て驚きました。民衆にむやみやたらに発砲するす.. Weblog: diary(徒然なるままに) racked: 2006-06-22 21:50