ごめん、愛してる 第2話

画像
☆感想とのあらすじ(ノーカット版です)ネタバレあり☆
ステージで歌っているユン。 すごい人気なのね~♪自称「韓国一の歌手」と言ってたのは、嘘じゃなかったようです。
母をエスコートして、一緒にステージへ。
ユンの母は、女優(元?)、本当は歌手になりたかったらしい。
ユンの横で歌う母、終わるとお互いに頬にキス・・・

その頃、病院に運ばれてる血だらけのムヒョク。
ユン&母の場面とシンクロさせるという事は、ユン母がムヒョク母?
もしそうだとしたら、今瀕死の重症のムヒョク、
煌びやかなステージで息子を抱きしめる母、、、
何だかやるせなくなってしまいます。。。


頭への二発の銃弾は、一つは取り除いたけど、
もう一つは危険な場所なので、そのままに。
「奇跡的に助かったけど、いつまで生きられるかは…
医者の言葉に、泣いているジヨン。
そして頭が撃たれた事によって、性格や人格が変わる可能性があり、
暴力的になるかもしれないと言う医者。
今でも暴力的だと思うんだけど、、、もっと?
それとも逆になる?…と期待したけど、やっぱり前者だったようです(;^_^A


退院したムヒョク、どこか心が定まらない感じで、ぼんやりとしています。
と思ったら、危ない運転して来た車の運転手に食ってかかり、やっぱり暴力的に。
「やめて!」と止めるジヨン。
スーツケースを持って来たジヨン、「帰って来たんだ。信じてたよ」とムヒョク。
私もそう思ったよ・・・
しかし、スーツケースの中は、ムヒョクの服とたくさんのお金、
そして韓国行きのチケット。

ジェイソンが殺そうとしてるのよ。私達の命を救ってくれたのに…ごめん
そう言うジヨンに、殺されるなら死ぬと言うムヒョク。
「死ぬなら韓国で死んでよ」ジヨンの言葉に、
「俺、死ぬのか…?」と、涙ぐみ、自虐的な笑いを浮かべるムヒョク。

姉の働く電気屋さんで店番をしてるウンチェ。
ビデオカメラに向かって、「ジュリエット」を演じてます♪
姉曰く、「アンタ、贔屓目になしで、才能ある」と。
そこにユンのマネージャーから電話がかかってきて、急いで向かうウンチェ。
ウンチェ姉の後ろのテレビに、ムヒョク!
ウンチェの演技のシーンも、ムヒョクが映るシーンも、
売り場のテレビの使い方が、効果的です。
帰国して、親を探す番組で出ているムヒョク、
親を探す唯一の手掛かりは、指輪にヒモを通したネックレス
車のテレビでそれを見て驚いてる男。
後から、この男は、ウンチェ父と判明しました。
(「悲しき恋歌」ジュンヨン父、「サラン」ヨンジの恋人でイナの先輩のイ・ヨンハ)
助手席に乗ってるのは、ユンの母。
信号待ちしてる間に、隣の人がしてる真珠のネックレスが気に入り、
どこで手に入れたか聞いて来てと言うユン母。
「はい、お嬢さん」と、車から降りて聞きに行く(!)ウンチェ父。
ウンチェ父が、ユン母が生んだ子を、ネックレスと共に孤児院へ?

その頃、そのテレビを見てる子供が、ママのと同じと気付き・・・
しかし、ママの方は、「しんちゃん見よう」と言い張り、全然気付いてません。
(ハングルのクレヨンしんちゃん!新鮮です)
何で気付かないんだろう?とこの時は不思議でしたが、、、
7歳の時、孤児院前で交通事故に遭い、知能が低くなったそう。。。

TV局に向かったウンチェ、出て来たムヒョクとすれ違ったけど、
お互い、気付かず。。。

街をフラフラと彷徨うムヒョク。
目に留まるのは、親子・・・串焼きを食べて口を汚す子を、優しく拭くお母さん。
屋台で串焼きを食べてるムヒョクは、ワザとにタレを口の周りにつけ、
屋台のオバサンに「これで拭きな」と言われると、
「母さんが見つかったら、拭いてもらう」と。
ムヒョクのこの言葉は、何だか切なくなりました。。。
電車に乗ってても、まだ口は汚いまま・・・
そして広告を口に出して読み始め、傍から見れば、ちょっとおかしい人。。。

ミンジュの新聞記事を見て、ショックで居なくなってしまったユンを探しに、
同じ電車に乗ってたウンチェ、やっぱりお互い気付きません。

ミンジュの撮影現場で、ラブシーンを見て、
ガックリとうな垂れて、クラクションをビーと鳴らしっばないのユン。
かなり迷惑です。。。(--〆)
止めに来たウンチェに、「捕まえたいのに、捕まえられない!」と叫ぶユン。

家に帰ってトッポッキでも食べると言うユン。
吹っ切れたのかな?と思いきや、やっぱりミンジュ宅へ向かいました。
そこには男と一緒のミンジュ、車から降りて、二人近づくユン。
言い争いになったらしくて、男二人は殴り合いに。
ユンに何するの!と、ユンを庇いに行ったウンチェは、
男に突き飛ばされてしまって、転んでしまいました。
駆け寄るミンジュを押しのけて(!)、ウンチェを起こして連れて帰るユン。
本当に心配そうなユン。
ユンは、ミンジュが逃げるから、追いかけるけど、
気付いてたいけど心の底では、ウンチェの方が、大切と思ってるんじゃ(・・・?)

痛々しい顔なのに、「大丈夫」と言うウンチェ。
「情けない…お前をどうしてくれよう…」と嘆くユン。

部屋に戻っても、まだ口が汚いムヒョク。
この時見てるチャン・ドンゴンの映画って、
「ローファーム」でジソプssiが見てたのと同じ?
そこにTV局か連絡が来て、ようやく口を拭きました。

TV局にいたのは、クレヨンしんちゃんを見てたあの女性。
息子・ガルチが連絡してくれたのでした。
指輪の内側に書いてるのを読めと言われても、
読めないこの女性・・・「お前バカか?」と言うムヒョクに、
ガルチがママが昔事故にあってこうなったと話し、
そして“永遠に” “一緒に” と読んでくれました。
「お前、俺がわかるか?」・・・首を振る女性。女性の名前は、ソギョン。

ムヒョクとソギュンは、双子でした。
赤ちゃんの時に孤児院に来て、指輪のネックレスを持っていたそうで、
その時の写真を、見つめて、ムヒョクはウルウル。。。
自分が赤ちゃんの時の写真なんて、初めて見たんだろうなぁ…
そしてそこに写っているのは、初めて触れる肉親(姉)です。


ソギョンは、ガルチと一緒に路上で海苔巻きを売ってました。
…というか、夜通し海苔巻きを作ってるソギュンは居眠りして、
ガルチが健気に客を呼んで、一生懸命売ってるのでした。
そんな様子を、こっそりと見ているムヒョク。。。
隣のおばさんは、ガルチが捕まえた客に、もっと安く売りつけるズル(-"-)
ガルチの所に行き、海苔巻きを全部買うと、金を出すムヒョク。
そけを見た隣のおばさんは、半額でいいから、うちのを買ってと・・・( ̄  ̄;)
「おばさん、さっきズルしたでしょ?」シラを切るおばさんだけど、
正直に言えば買うというので、認めました。
すると、おばさんの海苔巻きを、蹴飛ばしてメチャメチャにし、
「今度チビスケに手を出したら許さない」と。

ウンチェの家族は、ユンのお宅に間借りしてしたのですね(地続きの隣)
1話で、泡風呂に入れられたウンチェ、
一体どうやって帰ったんだろ?と思ったけど、なるほどです。
「真実」のジャヨンとシニの家族を思い出しました。
地下室ではないけど、肩身は狭そうな。。。姉妹三人同じ部屋だし。

父は前半の方で出た、ユンママの運転手?マネージャー?
ウンチェ母曰く、「お嬢様(ユンママ)の腰巾着」だそうで…
ウンチェの母は、「バリ出来」のヨンジュ母。
ウンチェ姉は、ユンの持ち物をこっそり売って、儲けてたみたいです。
叱り付けてたウンチェ母、金になると聞いて、ちょっと乗り気に。。。
ちょっと面白いキャラです。その商売(?)は、ウンチェが怒って、ダメになったけど。

ユンとユンママは、ホームビデオを撮影中。
「母の事を思うと涙が出ます。僕を育ててくれてありがとう。愛してるよ…」

その頃、ソギョンをおぶって家にソギョンとガルチの家に向かってるムヒョク。
冒頭で思ったように、ユンママが二人の母ならば、
この対比、二人が可哀想に思えてきます・・・
ガルチはとってもいい子で、敵をとってくれたムヒョクなんだけど、
「大人にそんな事しちゃダメだよ。あのおばさんも可哀想な人」と。
それなのに、「嫌だ」ってムヒョク、、、子供みたいです(^o^)
学校には行ってないけど、字も書けるし、九九も出来ると話すガルチ。

ソギョンの家は、韓ドラでよく見る貧困街、坂道を上った所にありました。
そこにいたガルチが「黄色いおじさん」と呼ぶ謎のおじさん。
ムヒョクを見て「目元が母親に似ている。大きくなったな」と。
(黄色いおじさんは、「風の息子」ミスク父、映画「8月のクリスマス」のハン・ソッキュの父)
「母さんを知ってるのか?ここに住んでる?」とムヒョク。
「こんなところに住むものか…
“事必帰正”(過ちは、必ず正しい道理に帰する)“因果応報”
先祖はよく言ったものだ。どうしてあんな女を…」と答える黄色いおじさん。

ユン宅の台所で玉ねぎをむいてるウンチェの、後ろからそっと抱き、
「ごめんな…顔に傷が残ったら、僕の所に来いよ…」とユン。
モロ、ドキマキしてる感じのウンチェ。
ウンチェの気持ちを知らないユン、ちょっと罪作りな言葉です。

ユン宅から出かけるユンママとウンチェ父。
その姿を、ジッと見つめているムヒョク。。。

ユンを尋ねて来たミンジュ。「男と別れて来た。ごめんね忘れさせて」だって…
夕べ、ユンが自分を突き飛ばして、ウンチェを庇ったから、
ただ繋ぎ止めたくなっただけなんじゃ?

ユン、俯いて突っぱねるのかな?と期待したんだけど、抱き締めてました。
そんな二人を見て、辛そうなウンチェ。

門を叩く音がして、ウンチェが行ってみると、「トイレ貸して」と、
ムヒョクなんだけど、ウンチェからは顔が見えません。
断るウンチェに、じゃあ、ここで…って、ホントにしてるムヒョクw( ̄∇ ̄;)w!!
様子を伺ったウンチェは、ムヒョク顔を見て「あっ!」

「ごめん、愛してる」他の回はこちらです。

もっと知りたい!韓国TVドラマ Vol.13

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年05月19日 22:57
pandaさん、アンニョン♪
こちらにも~!今テレビ東京でやり始めました。吹き替え版ははい?????でしたけど、昨日の深夜から、生声で!カットシーンはあるものの、やはりMISAはいいですね~。2回目の視聴ですが、これから楽しんでみて行きます。
あ、そうか黄色いハラボジはハンソッキュの父かぁ。今まで気付かなかった~!!
TBしまーす。
2006年05月20日 09:38
so-so♪。さん、アンニョン♪
私も関東の方々と共に、盛り上がっていきたいです!よろしくね~o(^-^o)
so-so♪。さんも、MISAを貸してくれた友人も、すごくオススメと言ってくれただけあって、二話まででもかなり入り込んでる私です。
吹き替え版は、怖いもの見たさで見たい気もするよ~
ジソプssiの声優さんは、私が見てた海外ドラマで、軽いヤツだったから、合わない気がしてるんだけど…
後で遊びに行きますね♪
2006年05月24日 01:29
pandaさん♪こんばんは! 地上波ではどうも明るいシーンのカットとかがあるみたいで...スクチェのシーンとかカットでしたけど... ストーリーとかが楽しめてきたかな?って感じがしてます。
なんか2話も16話版と同じ区切りでした...
私は今回ジックリ視聴ですけど...また、立ち寄りまーす
2006年05月24日 11:59
じゅんさん、こんにちは~
全体にテーマが重いから、明るいシーンは残して欲しいけど、ストーリー重視だと、そうも行かないのでしょうね…
この回も、韓国版と同じなんですね。ラストに近くなってら、分けるんでしょうかね。でも1話だけじゃなく、どうせなら、もっと増やせなかったのかしら…なんて思います。
全然ストーリーを知らなくて、ムヒョクはよく写真で見るあの格好でずっといるのかな?と思ってました^^;
孤児で、母親を探すという展開になるとは…こういうテーマには、かなり弱い私です。
じゅんさんも、楽しめてきたようですね♪
PS:じゅんさんからのTBが、スパムに保留になってました(>_<)ごめんなさい!何度も試してくれて、すみません…
のり
2006年06月17日 03:03
脚本が始めからきちんと決まっていたのか、珍しく(?)テンポがいいドラマですね。ムヒョクの指輪も、もっと引っ張るかと思いきやあっさり双子と判明、母親の存在もちらつかせて、他のドラマならもう5話くらいの内容ですよね~。もっとこの先展開するのかな、どうなることやら!性格が変わるのくだり、私も「優しくなるのかな?」なんて咄嗟に思いましたが、パワーアップしてるじゃん!と突っ込んでしまいました。
2006年06月17日 11:31
のりさん、
私も指輪の事や双子の姉がいるとか、もっと引っ張るのかと思いきや、意外と早くにボンボンと事実が判明して、二話にして、すっかりこのテンポの良さに引きこまれてました。
ムヒョクの性格は、やっぱり「逆に優しくなる?」と思いましたよね~もっと凄くなってて、あらあら…でした。

この記事へのトラックバック

  • ごめん、愛している 1・2話(テレ東版)

    Excerpt: 久々に見ました、MISA。初視聴は去年の夏、それ以来、あまりにも泣き過ぎて封印していました、いいドラマです。久しぶりに見てムヒョクのジソブ、めちゃくちゃ格好いい!!!!私はこのドラマの前に彼の作品は4.. Weblog: diary(徒然なるままに) racked: 2006-05-19 22:55
  • 『ごめん、愛してる』2話みましたぁ!

    Excerpt: 『ごめん、愛してる』2話.....『ソウル、再会』 2話ファーストシーンは歌手ユン(チョンギョンホさん)のコンサートシーンでした。往年の大女優を母に持つユンは、妙に仲の良い感じがとてもあやしいですよ.. Weblog: 韓ドラのたまり場 racked: 2006-05-24 01:30