ポップコーン 第13話

サブタイトル・・・「悲しみよ、こんにちは」
画像
☆感想とあらすじ(KNTV版)
医者に、ヒョンスの病気の事を聞こうと食い下がるヨンフン。
「患者が秘密にしたいと言ってる」と答える医者だったけど、「本人には知らないフリを」と念を押して、血液ガンと話してくれました。
「最近進行が早くなっている。残された時間は半年…」
そう医者から聞いたヨンフンは、うな垂れて、「本人も知ってますか?」と。
「はい、今まで周りに隠してきたけど、もうこれ以上はダメです」と医者。
助かる可能性を聞くヨンフンに、
「希望を持つべき。今まで希望を捨てずに生きてきた。
そんな彼女をそばで守ってやるのです。
希望を持ち続けていられるように…分りますね?」と念を押す医者。
t患者の秘密を話したのは、ヒョンスが一人で病気を抱えていて辛いと、
ヨンフンに支えになってもらいたくて、話したような気がします。

病院の帰り、呆然として、赤信号を渡ってしまうヨンフン・・・

チャンスとのデートだけど、気が沈んでるスジョン。
子供の頃お姉ちゃんと、よく食べ物の取り合いをしたと、
楽しそうに話すチャンスの姿に、一層何も言えなくなってしまってます。。。
そんな時にヨンフンから電話があり、デート中と断ろうとするチャンスに、
「会ってみたら?」と薦めるスジョン。

医者から、今回は救急車を呼べたけど、これから、そういう訳にはいかないかも。
家族と友人に話しなさいと言われて、頷くけど困り顔のヒョンス。

「男同士で話したかったんだ。俺の家に泊まりに来ないか?」とヨンフン。
ヒョンスに電話しようとすると、偶然向こうから掛かってきて、
「今日友達の家に泊まる」と誤魔化すヒョンス。
そんなウソをついて、一人病院にいるヒョンスを哀れむヨンフン。。。
泊まりに…というのは、ヒョンスが帰らないとチャンスが心配するから、
先回りしたヨンフンの気遣いだったのかな?
明後日、お姉ちゃんの誕生日。感動させないとと言うチャンス。
指輪のケースとカメラのベルトを、妙な組み合わせと笑いながら、
「何度もチャレンジしないと。2年位留学するかもしれないから、
僕がいない間、お姉ちゃんを頼みますよ」と言うチャンスに、驚くヨンフン。

写真を撮る事を嫌がった事、ビンに時間を詰めて欲しいと言った事、
私を愛さないで…と泣いてた事、結婚出来ないと言った事、、、
今までのヒョンスの事を思うと切なくなり、
そして自分が出来る事をしてあげようと。。。そんなヨンフンです。

スタジオ掃除をせっせとしてるヨンフン。
社長が来ると、頭を下げて、「辞めると言ってすみません!」と。
「次は容赦しないぞ」と言いつつも、喜んでる社長。
しかし、ヨンフンったら~社長がいなくなった途端、
モップを放り投げるのは…ヾ( ̄ー ̄;ォィォィ


出勤したヒョンスは、とても明るく振舞っていて、複雑そうなスジョン。
ヨンフンに、「会社辞めるんじゃなかったの?」とヒョンス。
「そっちこそ。失恋して、失業するなんてイヤだ」と、おどけるヨンフン。
でもやっぱり、ヒョンスの顔を見る時は、つい心配顔に。。。
「夏バテなの」と言うヒョンスに、
「俺に性格はバレてる。か弱いふりしたったダメだ」
と、笑ってからかっても、やっぱり切なく見つめているヨンフン・・・

留学事を話すために、ヒョンスとスジョンをランチに呼び出したチャンス。
えっ?と思いながらも、「良かったわね」と言うヒョンス。
帰りに二人になって、「どうしても行くの?」と言うスジョンに、
「いないと寂しいか?」とチャンス。
「ヒョンスさん、一人ぼっちね」と呟くスジョンに、
姉ちゃんは逞しいし、ヨンフンさんもいるから大丈夫とチャンス。
そして、明日は、姉ちゃんの誕生日、パーティやるから来ないか?と。

客の写真を集めてるヒョンスの為に、
この前の友達の写真を持って来てくれたヨンフン。
そして、今日の撮影はジヒと行くから、夏バテのヒョンスは休んでろと言うけど、
「私の客だから行く」と、頑固に言い張るヒョンス。
ジヒが来て、100組まであと10組と話してるので、
「どうして100に拘る?1000は?1000組を目指そう」と、励ますヨンフン。

撮影中に、ボンヤリとして指示を聞き逃してしまうヒョンス。
そんな様子に気付いて、自分からブーケを変えにくるヨンフン。
今日はおかしい。いつもなら怒鳴るのに…と、怪訝そうなヒョンス。
仕事を辞めない事にした理由を聞くヒョンスに、
「生きなきゃダメだから。生き続ける為に仕事を」と、
さり気なく、生きる希望を与える言葉を言うヨンフン。。。

「これからは、気楽にやろう。結婚の話はしない。
でも確かめたい事がある。俺を愛してるだろう?」とヨンフン。
黙っているヒョンスなので、UFOキャッチャーで占う事に。
見事キャッチして、よし♪と安心し、
「“ヒョンスは、ヨンフンを愛してる”…だろ?」と。

朝、ワカメスープを作ったのに、食べずに大学へ行ってしまうチャンス。
誕生日にワカメスープを飲むというのは、
これからも長生きするように…だったような…何だか切なくなりました。

会社でヨンフンに、「今日、一緒に夕食どお?」と誘うヒョンス。
約束があるというヨンフンに、
キャンセルできない?というヒョンスが、可愛らしい~


サプライズパーティの準備をしているヨンフンとチャンス、
スジョンが、ヒョンスを足止めする事に。
話があると言って、喫茶店へ。
「実は大学生じゃない、真面目でじゃないのに、チャンスは知ってて、
傷だらけの私を・・・ヒョンスさんには打ち明けたかった…」とスジョン。
そして、チャンスにも言えない事は、ヒョンスさんに話すから、
ヒョンスさんも言えない事あったら、私に話してください、と言うスジョン。

家に帰ると、パーティの準備が・・・(*^ー^)/゚・:*:・。・:*:・゚\(^ー^*)
オドロキ&嬉しそうなヒョンス、ロウソクの火を消す時には、
「ここにいるみんなに、幸運が訪れますように…」と。。。
チャンス&スジョンからは、ピンクのワンピースをプレゼント。
急だったから用意しなかったと言うヨンフン。さっき買ってたのだけど、、、

そのワンピースに着替えに、席を立ったヒョンス。
留学を考え直してくれと言うヨンフン。
「この体だから?」と、ムッとするチャンス。
「…そうだ、一人じゃ無理だ」「ヨンフンさんは、違うと思ってたのに…」
ヒョンスの為にチャンスにそばにいて欲しいから、
傷つける事を言って、悪者になるヨンフンに、ジーン。。。(:_;)


ヨンフン宅にの屋上に来たヒョンス。
「ごめんな…誕生日を台無しにして」と謝るヨンフン。
そして、パーティの続きをしようと、買出しに行きました。
その間、ヨンフンの部屋で待ってるヒョンスは、
自分宛のプレゼントと、“ヒョンス、誕生日おめでとう。本当におめでとう”
と書かれたカードを見つけました。
用意が出来たと呼ばれて、屋上に出て見ると、ワイン&花束の準備が。
「二度も祝ってもらうのは初めて。特別な誕生日だわ」とヒョンス、
「特別はいいことだよな?」と、笑顔のヨンフン。
そして、パーティと言えばダンスだと、
BGMを流して、手を取り踊る二人。
「プレゼント、ごめんな…来年には必ずいいプレゼントするから…
本当だ、期待していいぞ…来年には…必ず素敵なプレゼント約束する」
溢れる涙を堪えるヨンフン。。。見てるこっちが泣けて来ます・・・(ToT)
約束よ…と涙のヒョンス。

ヒョンスが可哀想で可哀想で…それは今でもそうなんだけど、
今回は、ヒョンスの為に、一生懸命笑顔で接するヨンフンの姿に、
何度もウルウルです。。。(/_;)


一方、他の人々。
母親を前に、さすがのペ室長もタジタジ。
空港に迎えに行ったナ室長は、「結婚相手を見に来たんじゃ?」と。
自分が?と、思ってた社長だったけど、ペ室長が誘ったのはオ次長。
それなのに、ボールペンのインクがこぼれてしまい、ワイシャツが大変な事に!
丁度良かった♪と、デパートに行き、オ次長のコーディネイトをするジヒ。
靴を履かせてもらってるオ次長、完全にジヒを意識してます(#^.^#)
喫茶店に寄り、ズーズー音立てて飲んでるオ次長に、
「ストロー音を立てたら、貧相に見えます。
女はマナーとムードに弱いんです」とアドバイスするジヒ。

ペ室長とレストランの前まで来たけど、
「挨拶するには、早すぎる」と帰ってしまったオ次長。
会社に戻って、ジヒの手伝いをしてました。
一方、一張羅に着替えて、花束まで用意して、ずっと待ってた社長!
ペ室長からようやく呼び出されて、大喜び~
ペ室長は、どっちでもいいのかしら~?
でも、せっかく社長が準備してたんだから、こうなって良かったのかも。。。


「ポップコーン」他の回は こちらです。

ソン・スンホン ever
ソン・スンホン ever [DVD]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック