ナルニア国物語 第1章 -ライオンと魔女-

公開されて、もう幾日も経っていて、今更なのですが、
ようやく見に行ってしました!
よく拝見してる映画のサイトでは、評判がまあまあだったけど、
面白かったです! 童心になって、一緒にハラハラしてました。
子供向け映画という感じもしましたが、
原作を知らない私には、難しくなくて、丁度良かったかも♪

以下、ネタバレです。↓↓↓

吹き替え版を観たのですが、
どうして最後の「声の出演」って、あんなに早く切り替わるのーーー!
最初に「女王 大地真央」は、一人でバーンと出て、
次は、大勢がズラーッと。そして早いから、所々しかチェックできなかった!
アスランは、津嘉山正種さん。 重みがあってよかったです!
生声の、リーアム・ニーソン(「スターウォーズ」エピソード1「シンドラーのリスト」他…)も聞きたかったんだけど。。。
タムナスさんは、関智一さん(今のスネオや「カードキャプターさくら」のお兄ちゃん他…)
かなり好きな話し方だったので心に染みて、
タムナスが一番感情移入した登場人物(…人ではないが)でした。
ビーバー夫婦が、麦人さんと、堀越真澄さん、ここまでしか読めませんでした。
子役の次男と長女は、一般公募だったそうだけど、
次男は現役小学生! 上手かったです。

先ほども書きましたが、一番好きなキャラがタムナスさん。
ルーシーと会って、初めて(久しぶりに?)誰かと心を通わせ、
女王に命じられたけど、逃がすと言ってくれたシーンには、ウルウル。。。
牢に閉じ込められてる時に、隣にいるエドマンドが、ルーシーの妹と気付き、
「鼻が似てる」と言ったりして、ちょっと親近感を覚えたのに、
実はエドマンドがチクッたと聞いて、
悲しみのまま石にされたシーンに、またウルウル。。。
まあ、ナルニアが昔のようになれば、元に戻るとは思ったけど、、、

エドマンドが、ズルイ子供という感じなんだけど、
しっかり者の兄に反抗して、余計にヤンチャになってしまってるような感じ。
ルーシーの後をつけて、自分もナルニアに行ったのに、
自分が会ったのは、女王ではなく「魔女」と知り、動揺してる様子。
兄弟を連れておいでと言われたのは、実は罠だと気付き、
ルーシーが親しくしてるホーンのタムナスの事まで、女王に喋ってしまって…
「ナルニアなんて知らない。子供は空想が好き」なんて言って、
ルーシーを傷つける事言ったりして。子供ってこんなもんかな?
女王に、「王」にしてくれると聞いた時は、
「ピーターも?」と、ライバル心剥きだしで、可笑しかったけど~
口の回りに、おかしの粉をつけたままだったし~

女王に捕らえられたエドマンドが戻って来て、姉と妹と抱き合うシーン、
兄とは抱き合わないので、おや?と思っただけど、
その分、最後の兄弟の抱擁シーンに、ググッと来ました~

アスランが、女王の元へ向かう所は、
自分が身代わりに殺されに行くと思える場面だったので、
もう可哀想でした。。。 生き返るとは思わなかったから・・・
前知識が無く見たのだけど、
このシーンは「キリストの復活」のイメージなんだそうですね。
毛を刈られたりして、屈辱的!

あの女王…いや魔法使いは、怖くて本当にいい雰囲気でした。
最後に女王にとどめを刺したのは、闘ってたピーターではなくアスラン。
ピーターは、オオカミを殺す時も、躊躇してたし、
(結局、オオカミが向かってきて刺してしまったという感じ)
やはり子供だし、殺せないのかな?と思ったりして。
アスランが一人ひっそりと、国を出て行く後ろ姿は、
オーラがあってカッコよく、どこか寂しげで、またジーンと来ました。。。
本当に、「神」のようなライオンでした。

疎開してきた時に、ここの主人(教授)は、厳格な方なので、
屋敷を走り回らない、物に勝手に触らないと言われてた四人。
すごい気難しい人なんだろうなあ…と想像してたので、
自分の言う事を信じて貰えず、泣いて走って行ったルーシーがぶつかった時には、ギョッ! でも優しい人でした~~~
彼はナルニアの国の事を信じているのですね。

映画「永遠の愛に生きて」の主人公が、
「ナルニア…」の原作者・C.S.ルイスと知り、ビックリ!でした~
この映画を観たのは、随分前ですが、
彼を演じたアンソニー・ホプキンスの姿を思い出します。


「ナルニア国ものがたり」全7冊セット 美装ケース入り

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

こーわ
2006年05月05日 16:17
観たんですね! 良いですね、、、うちも観たい、、、
2006年05月07日 19:52
こーわさん、
観に行く暇がないのかな?
映像がとってもキレイだったので、レンタルでも楽しめるかも。
でも、やっぱりスクリーンで観ると良かったですよ~!次作も楽しみです。
こーわ
2006年05月08日 00:22
土曜に 行こう!って 子供らに言ったんだけど
反応が悪くて 断念、、、
本の方も 読んでみたいんだけど、まだ読めてないのが色々あって、、、
それから 『西遊記』 も読んだ事ないから 読んでみたいな~ あれも映画化されるらしいですね(^_^;)
2006年05月08日 10:28
こーわさん、こんにちは。
お子さんたち、あまり乗り気じゃないんじゃ、仕方ないですね。子供に分り易い映画でしたが…
原作は私は全然知らないんです。パラパラと立ち読みしたら、映画はかなり忠実に作ってる気がしました。
2008年05月20日 14:51
すっかりご無沙汰しておりますm(_ _ )m
遅ればせながらテレビで観ました。
CMで見て原作とイメージが違う~とスルーしていたので・・・。

白い女王の声は大地真央だったんですね。
この人も原作とは・・・と思っていたので全く気がつきませんでした。
でもアスランとビーバー夫妻とタムナスさん、特にタムナスさんはイメージ以上で何だか嬉しくなりました。
2008年05月23日 12:00
sannkenekoさん、こんにちは♪
お久しぶりです!
私は原作を知らずに観たせいか楽しめたのですが、原作を知ってる方々には「違う」という声も多いようですね。
私は白い女王が大地真央にしか見えなくて、そこはちょっと…(汗)
タムナスさんは人間じゃないけど人間的で、一番のお気に入りキャラでした。その方が原作のイメージにピッタリとは何だか嬉しいわ~~~。

この記事へのトラックバック