ピアノ(地上波版) 第3話~第6話 カットシーン

画像うーん…もったいない…というか、
後からのシーンに生かさせるシーンが、切れてるので、ノーカット版と地上波版では、感じ方が違ってくるだろうなぁ。。。
それでもやっぱり、何度も泣けて来たーーー(ノД`);・

第3話では、屋台をクビになったオッカンが、酔ってジェスの学校で暴れた夜、ジェスに八つ当たりしてひどい事を言って泣かせてしまい、
ジェスが眠った後、毛布をかけてあげながら、
「おい…お前は一体、どこから来たんだ?」と呟くシーン。
父親になろうとしてるけど、まだ戸惑ってるオッカンでした。

第4話では、鍵盤を強く叩くスアに、「波が怒っているみたい」と言ったジェス。
その後のシーンで、狂ったようにピアノを弾き、泣きながら出て行ったスア。
探しに行ったジェスが見つけた時に、スアは嗚咽してましたが、
それは、 「ノドバムナム(地上波版では“お前も栗の木か”)は偽者だけど、
叫んだら本当の栗の木になった。僕も偽者の弟だけど、弟だよ…」

とジェスが叫んだのを聞いて、余計泣き出してしまった感じでした。
そのシーンがないと、ママがパパを忘れた事で、怒って出て行って、
そのまま泣いてるようにも思えますが、
地上波で視聴の方は、どのように感じたのかな?

第5話の最初に、新聞配達をしてるジェス、
途中で牛乳を買って、新聞と共に、スアに届けてました。
黙って、窓の外にぶらさがってる袋に入れて・・・

この三箇所は、後からのシーンにも絡んで来て、
余計ググッと来たんだけどなぁ・・・


スアはジュヒにすごく冷たかったけど、
銀行にジュヒが来た時は、笑顔でした。
スアはいつもキツイ顔してるか、怒ってるか、泣いてるみたいなイメージだけど、
この時は優しい顔だったし、ジェスが新聞を届けてくれる時は、切ない表情。。。

怪我して戻って来たギョンホが、スアがごはんを作ってる間に寝てしまって、
その姿は、子供の時と同じように無邪気な顔・・・
そういえば、子役時代も、ギョンホのこういう表情はカットだったなぁ・・・
意地悪で睨みつけてる顔ばっかりだった少年・ギョンホ。
もっと汚い事を言ったり、ママに対して開き直った態度もカットだったけど、
その裏に見せる表情に、屈折した心を感じました・・・

第6話、冒頭のジュヒの作文。
最後の、「近頃うちの父ちゃんは、兄ちゃんの事で悩んでいます」
という一文がカットされてました。
病院にギョンホを迎えに行った時は、低姿勢で、明るく振舞って、
ギョンホとスアに必死に食い下がってたけど、
その前には、本当にどうしていいのか悩んでる風だったオッカン。

前もそうだったけど、次回予告の後に流れるエンドロールを見てると、
カットシーンがいっぱいです!

ここで流れるというのは、大切なシーンだからだと思うんだけど、、、
5話では、スアとギョンホが、幼い頃の写真を見て笑い合ってるシーン、
目元を指差されたジェスは、ウ院長に「医者の目」と言われました。
前のシーンはあったけど、ここだけ微妙にカット。

6話では、オッカンが倒れてた所に、女性の足元が・・・というのがカットでした。
これは、ギョンホを助けられなくて、ボコボコにされたオッカンが、
ヘリムの家の前に倒れてた時の出来事で、ヘリムの幻?という感じでした。
川に法事に行った時に、
「あの時来てくれたんですよね?」とオッカンは語りかけてました。

制服姿のジェスが、何かを見て涙ぐんでるシーン・・・
これは、ギョンホの荷物の中にあった家族写真
(ギョンホとスアと本当の父と母との)
を見つけたジェスが、一人一人に涙して謝ってたのでした。。。

北海道では、夕べ第5話と第6話が放送されましたが、
録画を消してなければ、エンドロールをチェックしてみてください!

紹介したのは、ほんの一部です。
ノーカット版の記事は、↓こちらからどうぞ♪
「第3話」「第4話」「第5話」「第6話」


韓国ドラマ名優カタログ―本当のコリア・エンターテインメント「通」になれる!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

みこちん
2006年05月01日 00:26
pandaさん、お久し振りです。
インソン君の活躍する姿を見たくて、まだか,まだかと、待ちわびる日々に耐えていました。
真夜中、それも2話ずつでは、さすがに録画視聴になってしまいます。
漸く、5、6話目を視聴できたので、コメントをと開いてみると、嬉しい,嬉しいカットシーン..。
pandaさんの、深い愛に、感謝、かんしゃ、カンシャ(涙)です。
素晴らしい、脚本に泣いて、出演者それぞれの表現力に泣いて、その上pandaさんの優しさに感激しています。
地上波は時間の制約があるので、仕方ないのでしょうが、本当に残念です。長々とごめなさい。
これからも宜しくお願いいたします。
2006年05月01日 10:34
みこちんさん、お久しぶりです!
全部見終わったのに、またSTV版を視聴してます。それ位好きなドラマなんです!
みこちんさんに、こんなに感謝されて、照れてしまいますーーーー゚。(*^▽^*)ゞ
カットに文句を言いたいところだけど、タダで見てるから仕方ないですね。それでも、伏線となってるようなシーンがないのは、「うーん…」という感じ。
それでも楽しめるドラマだと思います。
インソン君、主人公ではないけど、鋭い眼光で、いい演技ですよ。まだ20歳くらいなのに、オドロキです。

この記事へのトラックバック